Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog > 先輩花嫁さまをご紹介!チャペルでの色打掛ウェディング♪

先輩花嫁さまをご紹介!チャペルでの色打掛ウェディング♪

“ゲストとの距離感を大切に”をコンセプトに、幸せいっぱいな新郎新婦さまを送りだしている会場・En Fance。

これまでにも何度かご紹介させていただいている通り、ルーブル・ブライダルサロンの提携挙式会場となっています。

円形のチャペルが印象的で、都会の真ん中という好立地でありながら非日常的な雰囲気を満喫できるというのがこの会場の魅力。

今回は、そんな素敵な結婚式場でお式を挙げられた先輩花嫁さまをご紹介したいと思います。

 

 

はにかみ笑顔がとってもキュートなこちらの新郎新婦さま。

お写真の通り、お二人は色打ち掛けと紋付き袴姿でお式を挙げられました♪

いつでも穏やかな表情で、スタッフにもとても優しくお声をかけてくださるお二人。

とっても仲良しで、お衣装の好みもぴったりマッチ。

お気に入りのお衣装もすぐに見つかりました◎

新婦さまは、柔らかなクリーム系カラーがベースの生地にカラフルな花々を刺繍した1点。

暖かみにあふれた色使いは、新婦さまの優しい笑顔をよりいっそう明るく演出してくれていますね♪

新郎さまは根強い人気の黒羽織×縦縞袴のコーディネイト。

凛々しさを際立たせてくれる黒は全体の印象を引き締める効果もあり、様々なタイプの挙式会場にマッチするおすすめのカラーです◎

お二人の晴れ姿は、開放感たっぷりのEn Fanceのチャペルにぴったりでした!

 

 

今回プレ花嫁さまにご注目いただきたいのが、新婦さまのヘッド装花です。

ピンポンマムと呼ばれるお花がメインに構成され、すべて生花でできています◎

ピンポンマムとはその名の通り、ピンポン球のように花びらがまん丸に広がっているマム(=菊)の1種。

オランダで生まれた花ですが、和・洋どちらのアレンジにも使いやすく、かわいらしい見た目から特にウェディングシーンではとても人気の品種となっています。

花言葉は数々ありますが「君を愛す」「真実」「高貴」などが有名です。

色味としては白や赤・緑などもありますが、今回は刺繍糸に合わせて黄色・オレンジの暖色系をチョイス♪

 

 

ピンポンマムは春夏と秋冬という年2度に旬のシーズンが分かれています。

シーズンごとにリリースされるお色味も異なるので、ブライダルシーンには特にぴったりなんです!

さらに実モノの植物とバランスよく組み合わせれば、シンプルなアップヘアも一気に華やかな印象に◎

最近は生花だけでなく実モノを合わせるのがトレンドとなっているので、ヘッドアクセに生花を考えている方はぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

チャペルでの和装婚もスタンダードになりつつある近年。

前例が少なかったこれまでは、和装でのチャペル式を断念された花嫁さまも多くいらっしゃいます。

これからはそんな固定概念にしばられることなく、とっておきのお衣装を着て挙式も披露宴も過ごしていただけるはず!

周りに同じような経験をした人がいなくてイメージが湧かずに悩んでいる、そんな新郎新婦さまはぜひスタッフにご相談くださいませ。

当サロンの先輩花嫁さまをご紹介させていただきます♪