Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog > おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

11月に入り、秋から冬へとだんだん季節が移り変わっていく今日この頃。

ブライダルシーンでは、紅葉などの日本らしい景色が増えてくるこの季節は特に、和装の人気が高まるシーズンでもあります。

そこで今回は、和装のなかでも人気がグングンと上昇している色打ち掛けの掛下アレンジをご紹介したいと思います◎

 

 

そもそも、掛下とは何かといいますと、白無垢や色打ち掛けの下に着ている着物のことを指すのですが、そのお色味は“白”と昔から決まっていました。

白無垢はすべてを白で統一するものとされていましたし、文様などで豪華さを表した色打ち掛けを引き立てるものとされていたからです。

しかし、挙式スタイルに始まり、お衣装や小物など様々なシーンが多様化してきた近年。

“掛下は白”という決まりも取り払われ、コーディネイトをもっと自由に楽しむというスタイルが増えてきました。

 

とはいえ、白がベーシックとされていた掛下のアレンジは難しいもの。

普段着とも異なるため、そのコーディネイト方法に頭を悩ませている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちサロンスタッフの出番です♪

新作の掛下を使ったコーディネイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ご紹介するのは、こちらの柔らかなグリーンの掛下です。

若草色とも呼べる優しいお色味の掛下には、同じくふんわりとしたカラーリングの色打ち掛けがぴったり。

ピンクや黄・朱色などたくさんのお色味が使われていますが、ペールトーンで統一されているので派手な印象はありません◎

もちろん、白の掛下との組み合わせも格式高く上品な雰囲気で素敵です。

ですが、グリーンの掛下を合わせることで色打ち掛けの淡いカラーが浮かび上がり、その魅力が存分に発揮されるんです♪

 

 

“末広(すえひろ)”と呼ばれる扇子や、化粧ポーチの役割を果たす“筥迫(はこせこ)”は、えんじ色のものをチョイス。

全体的に淡いお色味のコーディネイトなので、引き締め効果のあるカラーを足してあげるのがポイントです◎

 

 

新郎さまとのコーディネイトバランスも重要。

カラーリングはグリーンで合わせて統一感を出せば、2人が並んだ時にちぐはぐな印象を与える心配もありません♪

袴のグリーンには、深い色味のものを持ってくるのがオススメ。

グリーンが持つ知的なイメージに、凛々しさがプラスされること間違いなしです◎

 

 

ちょっぴり難易度が高い掛下アレンジ。

だからこそ、コーディネイトの幅が一気に広がるので、おしゃれ好きな花嫁さまにはぜひとも挑戦していただきたいアイテムです◎

ルーブル・ブライダルサロンでは多種多様な掛下と、たくさんのコーディネイトパターンをご用意しております。

一歩先を行く掛下アレンジを、どうぞお楽しみくださいませ♪