個性派オーバードレスで簡単イメージチェンジ!

ラベンダーカラーを基調とした淡いグラデーションのやわらかなチュールが素敵なこちらの一着。

MP-034 PU①

ルーブル・ブライダルサロンで登場の新作CDです♪

胸元のシンプルなビスチェデザインが素敵な、プリンセスライン。

ウエスト部分から大きく広がるスカートは、ロマンチックな雰囲気たっぷりです。

ブルーやピンク・ラベンダーの暖色系がメインのグラデーションカラーは、女性らしさをぐんとアップさせてくれます。

薄いチュール素材が重なってできたグラデーションなので、動くたび表情が変わるのもドラマチック。

実は、こちらのドレスにはもう一つの姿があるんです。

それは、たっぷりのお花が散りばめられたオーバースカートをつけたスタイリング。

 MP-034 PU⑤

大ぶりで立体型のお花がついていて、同じカラーリングでありながらガラッとイメージが変わる優秀っぷり♪

オーバードレスは、ベースより青みがかったパープルカラー。

青みのあるカラーのオーバードレスを上に重ねることで大人っぽい印象に。

さらにウエストマークにはより濃いお色味のリボンを使用しているので、きゅっと引き締まって見えるのも嬉しいポイントです。

時間やご予算的に2度のお色直しは難しいのが実際のところ。

けれど、こちらのドレスなら1着で2着分のスタイリングが楽しめちゃいます。

当日でなくても前撮り時に使用してもいいですよね!!

スカートあり・なしだけでなく組み合わせる小物次第で、コーディネイトは多種多様。

お気に入りのスタイリングを見つけに、ぜひサロンへお越しくださいませ。

 

2017年上半期、人気TXランキング!

今年も残すところあと半年。

そんな本日は2017年上半期の人気タキシードランキングをご紹介です!

今年に入ってからお式を迎えられた方や、挙式・前撮り撮影にてご予約頂いているタキシードからラインナップ。

これから衣装を探し始めるという未来の新郎さまは、ぜひご参考にしてくださいませ♪

まずは第3位!

今年5月の入荷から人気急上昇の、新作デニム生地タキシードがランクイン。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

入荷から間もないこちらのタキシードは、マリン柄のベスト&蝶タイも可愛いと評判の一着です。

デニム生地というファッション性の高さとは裏腹に、落ち着いた色味が使用されているのでシックな装いにも見えるという特徴が。

マリン柄アイテムはお色直し時に使用し、ベーシックカラーの小物を取り入れれば挙式にもマッチします。

続いて第2位!

ゴールドスワロー

ベーシックなカラーリングが根強い人気、ゴールドカラーのタキシード。

マットな素材なので光沢が苦手!という方にも抵抗なく着て頂ける1着です。

定番人気のゴールドは“新郎さま”らしさ溢れるスタイリングです。

ゴールドと聞くと何だかハードルが高く感じる…。

そんな新郎さまににもご安心頂けるのが、写真にもある引き締めカラーのベスト♪

全体の印象にグッとまとまりが出るのも嬉しいですね。

そして第1位!

 8‐1位 (2)

印象的なチェック×デニムの組み合わせがファッショナブルなこちらの一着。

グレーベースに落ち着いたカラーリングの大ぶりチェックなので、カジュアルすぎず気軽に挑戦できるデザインです♪

デニム生地のベスト&蝶タイもチェック柄と同じトーンのブルーなので、落ち着いた雰囲気も出せるのがこのTXの人気ポイント。

 8‐1位 (1)

挙式でも着用できる大人デザインは、組み合わせる小物によってマッチするシーンが変わるもの。

ホワイトのスニーカーや花嫁さまのドレスに合わせたシューズを合わせれば、ガーデンやビーチでのウェディングにもぴったりです◎

いかがでしたでしょうか?

新郎さまのお衣装も、コーディネイトは様々。

勿論、ランクインしたタキシードもご試着いただけます。

新郎新婦さまのご来館予約、お待ち致しております♪

新作インポートドレスは、世界も注目するレース素材が魅力♪

根強い人気を誇るインポートドレスから、新作WDの登場です!

 1

細部まで丁寧につくり込まれたレースの袖が美しい、こちらの一着。

レースと聞くと女性らしく柔らかなイメージにぴったり。

ですが、イメージが先行してしまうせいか普段のお洋服姿を思うとなかなか選べない…という花嫁さまも多いのではないでしょうか?

ガーリーになりすぎず、シンプルにレースを着こなすにはレースの面積がポイント!

こちらのWDのように、デコルテ部分と袖にのみレースが施されているデザインなら大人っぽく着こなすこともできちゃうんです♪

IMG_0916

袖つきデザインは、国内外問わず広く愛されているまさにトレンドデザイン。

今年520日に挙式を迎え、そのドレス姿が世界中から注目を集めた英国キャサリン妃の実妹フィリパ・ミドルトン(愛称ピッパ)。

e894e62a481cab20ef8850298c4ce33f[1]

彼女も総レースの半袖丈WDを着用した一人なんです♪

一見首元が詰まって見えてしまうこちらのデザイン

レース素材が使われているので、ほんのり透けて見える肌がすっきりとした印象を与えてくれます。

おしとやかな雰囲気でありながらも、華やかで繊細な質感が女子ゴコロをくすぐるこちらの新作インポートドレス。

ぜひ実際に袖を通し、その魅力を肌で感じてみてくださいね。

スタッフ一同、素敵なドレスたちと共にお待ちしております。

流行ニュアンスカラーでおしゃれ花嫁さまに♪

皆さんは“ニュアンスカラー”をご存知でしょうか?

ここ一年ほどで耳にする機会が増えた、このキーワード。

ビビットカラーや原色とは異なり、はっきりと何色だと明言できない様なあいまいなカラーの事を言います。

グラデーションを使っていたり、淡い色を重ねていたりと、その表現方法も様々。

ニュアンスカラーは柔らかさや自然さを表す色と言われており、現在ブライダルシーンでも注目のカラーなんです♪

そんな、ニュアンスカラーがおしゃれなブルーのカラードレスが入荷されました!

7 (2)

ライトブルーからネイビーへのグラデーションが美しく、光の加減でライトグレーにも見えるこちらのドレス。

胸元にはクリアホワイトのフラワーパーツが施されており、ドレス全体とのコントラストが際立ちます◎

7 (1)

ウエストの切り返し部分には、全体カラーよりほんの少し濃いブルーのリボンが。

濃淡をつけたリボンをウエストに持ってくることで全体にメリハリをつけ、更にはスタイルアップ効果も期待できるんです♪

また、細かな粒子のラメで柔らかさの中に華やかさを添えてくれます。

そして実はこちらのドレス、WDCD2WAYでの着用が可能なんです!

MP-033 OW① MP-033 OW②

 

WDCD2WAYタイプは珍しく、ご予算上ドレスを2点着ることが難しい…という花嫁さまにおすすめです。

もちろん、WDのみ・CDのみでの着用も可能です◎

デザイン性と機能性にも長けた新着ドレス、ぜひ一度ご自身の目でご覧くださいませ。

ご来館のご予約等、お気軽にご連絡ください。

サロンスタッフ一同、心をこめてご案内させていただきます。

ドレスに合わせた似合わせヘアのご紹介!

お気に入りのドレスが決まり、ぴったりの小物が決まり…。

そこで次に花嫁さまが悩んでしまうのが、髪型です。

特に明確な流行というものが分かりづらいヘアスタイル。

中でも生花を使ったアレンジは数多くあり、トレンドの移り変わりも速いもの。

今シーズンも続いているナチュラルデザインの流行に合わせ、主流だった花冠も昨年のトレンド。

そこで本日は生花を使った最新トレンドヘアのご紹介です♪

今シーズンはバックスタイルに生花をつけたスタイルが主に人気。

0a7ff687a7842ae722883048e71751b9f7e1565fbig[1]

花冠とは異なり、正面から見た際に地味な印象を受けてしまうのでは?と思われるかもしれません。

けれど、ヘアジュエリーと比べてみてもたっぷりとボリュームがあるのが生花の特徴。

そのためバックにつけた生花も、サイドからしっかりと見えるんです♪

中でもおすすめのスタイルをいくつかご紹介いたします。 

まずは、小ぶりながらビビットなカラーがアクセントのバックカチューシャスタイル♪

4 (1)

流行のスタイリングではあるのですが、小さめの生花を使用しているので挑戦しやすいのがおすすめポイント。

低めの位置でまとめあげたアップスタイルなので、シンプルデザインがお好みの大人花嫁さまにもぴったりです◎

また、小ぶりサイズのお花なので季節に応じたキャッチーなカラーも選びやすいですね。

ナチュラルなデザインのドレスにも合うのですが、ダウンヘアにしてマーメイドラインのドレスと合わせるのもおすすめです。

二つめは、女性らしいふんわりとしたデザインが可愛いポニーテールスタイル。

4 (2)

編み込みやねじりアップで全体に動きを出し、結び目には花びらの多い大ぶりのお花を添えて。

華やかな中にも柔らかな雰囲気があるので、Aラインやプリンセスラインのドレスにもマッチします♪

三つめは、こだわり派の花嫁さまにおすすめの、個性が輝くスタイル♪

4 (3)

定番人気のお花は合わせず、グリーンなど動きのある生花を中心にスタイリングしたこちら。

カラーリングもビビット系は外し、くすみカラーを入れてこなれ感を演出しています。

ポニーテール部分の真ん中から毛先にかけてお花を散らして、遊びごころも忘れていません♪

生花そのものに動きがあるので、画像とは別にダウンヘアに合わせても全体に雰囲気が出て可愛いですね。

トレンドにもなっているレースデザインのドレスや、スレンダーラインに合わせても◎

普段の生活ではなかなか目にすることのないブライダルヘア。

流行はもちろん、ドレスに応じてぴったりのスタイルも異なります。

悩まずに、まずはお衣装と合わせてお気軽にご相談くださいませ。

 


メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせは06-6212-1277
お電話でのお問い合わせは06-6212-1277
ページ先頭へ戻る