Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

タキシードコーディネイトの最新トレンド!!

お衣装選びの際、「主役は新婦だから」とご自身のコーディネイトにはこだわらないという新郎さまはたくさんいらっしゃいます。

トレンドやコーディネイトアイデアを知らないから、というのも理由の1つかもしれません。

しかし、もちろん新郎さまのお衣装にもトレンドはあります!

そのことを知らないまま、お衣装を決めてしまうのはもったいない!

そこでタキシードの最新トレンドをご紹介したいのですが、今回はそのなかでもお色直しシーンでのトレンドをご紹介いたします♪

 

現在お色直しシーンでトレンドとなっているのが「ベスト姿で入場すること」なんです。

これまではお色直しの際にベストをチェンジしても、上からジャケットを羽織ってしまうため気づかれないこともしばしば。

そんなお悩みも、ジャケットを脱ぎベスト姿で登場すれば万事解決!

これなら、挙式と同じタキシードを着ていても“違った雰囲気”を演出できちゃいます♪

 

 

こちらの新郎さまはタキシードの白に合わせ、やわらかい印象のベージュカラーのベストをチョイス。

ダークブラウンのストライプが、白を基調としたコーディネイトのアクセントになっています◎

ストライプは、スタイルアップ効果が期待できるという特徴も。

膨張色とされる白色も、ストライプ柄が加わることでスタイリッシュな印象になりますね♪

 

 

ダークブラウンのタキシードと、ネイビーベストの組み合わせが個性的なコーディネイトとなっているこちら!

一見ちぐはぐなイメージになってしまうのではと思う組み合わせも、カラートーンを合わせれば問題なし♪

こちらの新郎さまはダークトーンのお色味に統一することで、大人っぽい落ち着いた着こなしとなりました。

ダークトーンのコーディネイトでも暗い印象にならないのには、ツヤのある素材を使用しているから。

ベストとスラックス、いずれかに光沢感のあるアイテムを選べば問題なしです◎

 

 

最後にご紹介するのは、チェック柄ベストがポップなこちらのコーディネイト!

子どもっぽくなりがちなチェックも、落ち着いたお色味のものを選べば大人っぽく仕上がります♪

また、遊び心あるチェック柄は蝶ネクタイとの相性抜群!

披露宴はもちろん、1.5次会や2次会などのカジュアルなシーンにもぴったりです。

 

 

今回ご紹介したほかにも、ベスト×カラーシャツの組み合わせもおすすめ◎

同系色でまとめてもいいですし、反対色でメリハリを利かせてもいいですよね。

パステル×パステルや、パステル×ビビッドなど色合わせも楽しめちゃいます。

「おしゃれにこだわりたい」という新郎さまも、納得のコーディネイトに仕上がるはずです♪

 

肩肘はらない身軽さが魅力の、このスタイル。

挙式・披露宴で1着のタキシードを着まわすという場合にも、ガラリと雰囲気を変えられるのでとってもおすすめなんです♪

これからお衣装を選ばれるという新郎さまは、ぜひスタッフまでご相談くださいませ。

 

意外と知らない白無垢の魅力をご紹介♪

四季折々、シーズンごとにさまざまな表情を見せてくれる日本のウエディングでは、1年を通して前撮り撮影が人気。

 

やわらかな雰囲気の春。

さわやかで生き生きとしたイメージの夏。

風情あふれる秋。

澄んだ空気が魅力の冬。

 

その季節ならではの雰囲気を楽しめるのが、前撮り撮影の魅力。

前撮り撮影でのお衣装は、日本らしさを満喫できる和装が人気となっています。

和装といっても、色打ち掛けや引き振袖など種類はさまざま。

なかでも不動の人気を誇るのが、女性の憧れ“白無垢”でのウエディングです!

そこで今回は先輩花嫁さまのお写真とともに、白無垢の世界をのぞいてみたいと思います♪

 

 

まずは、差し色の“赤”がおしゃれ度をグンと高めてくれているこちらのコーディネイト!

眩しいほどの“白”と鮮やかな“赤”の組み合わせがメリハリを生み、ワンランク上の着こなしができるんです♪

すっきりとまとめたアップヘアも、“赤”の存在感を高める大切なポイント。

強いイメージがある“赤”も、おでこを出したさわやかスタイルのおかげでマイルドにまとまっています◎

 

 

次にご紹介するのは、深いブルーの小物たちが目を引く、こちらのコーディネイト!

和装ウエディングでは、重要な役割を担う必須アイテムがいくつかあります。

花嫁さまの胸元に見えているのが、筥迫(はこせこ)と壊剣(かいけん)です。

———–

筥迫(はこせこ)は、かつては化粧道具や壊紙(かいし)を入れていたとされる、いわゆる“化粧ポーチ”。

壊剣(かいけん)は護身用の短剣で、花嫁さまを災いから守り、無病息災を祈るアイテム。

———–

 

実は、これらのアイテムにもさまざまなデザインが登場していることをご存知でしょうか?

こちらの花嫁さまのように深い色味のアイテムを選べば、ひと味違った白無垢コーディネイトが楽しめちゃいます♪

また、ボールブーケを合わせたのもポイント!

コロンとしたフォルムがかわいいボールブーケですが、実は和装にもぴったりなんです。

というのも、花材やお色味によって雰囲気がガラリと変わるのがボールブーケの特徴。

お写真のように、スズランなどの花びらが小さな花に純白のバラを合わせれば、白無垢にもマッチ◎

これからブーケデザインを決めるという花嫁さまは、ぜひ1度検討してみてくださいね♪

 

 

最後にご紹介するのは、絞り生地を使用したこちらのコーディネイト♪

人とは違う着こなしをご希望の花嫁さまには、特におすすめです。

生地を糸で縛ったり、器具を使って生地をはさんでその部分に染料が入らないように防染して染めます。

生地全体に立体感が生まれる素材なので、ツヤっとした白無垢のアクセントとしてぴったり!

さらに珍しいのは掛下も絞りを使用しているということ!!

絞り自体には柄は入っていません。たからこそ、掛下と合わせて使用することで

柄では出せない気品ある白無垢になるのです!!

シンプルすぎることもありません。嘘だと思うなら一度試して見てください!

きっと印象が変わりますよ♪

 

 

人気の白無垢をご紹介した今回のブログは、いかがだったでしょうか?

ご覧いただいた先輩花嫁さまのお写真の通り、白無垢にもさまざまな着こなしがあるんです◎

意外と知らない白無垢の世界。

当サロンでは、奥が深い魅力の数々をご紹介いたしております。

お気軽にお問い合わせくださいませ♪

 

 

袖付きドレスの大本命!ノースリーブドレスの魅力を紹介♪

これまで、ブライダルシーンでのドレスといえば、胸元が大きく開いた“ビスチェ”タイプが主流でした。

“ビスチェ”は肩ひもがないデザインを指し、デコルテはもちろん、バスト・ネックラインをきれいに見せてくれるのが特徴。

しかし当ブログでもご紹介している通り、近年は袖付きドレスが定番となっています。

オフショルデザインやノースリーブデザインなど、種類はさまざま。

実は、この“袖付き”というのは肩を隠すデザインを指しているため、ノースリーブドレスも含まれるんです◎

そこで今回は、ルーブル・ブライダルサロンにてご用意しているおすすめのノースリーブドレスをご紹介いたします!

 

 

1着目は、シースルー素材が特徴のこちら。

デコルテが透けて見えるシースルー素材を使用することで“抜け感”が生まれ、おしゃれ度がグンとアップ!

首元が詰まって見える心配もないので、ハーフアップなどのダウンヘアにもぴったりです♪

また、片側の胸元から肩にかけてあしらわれているフラワーモチーフの刺繍もポイント。

繊細な刺繍デザインは、カジュアルなイメージがあるノースリーブドレスに高級感をプラス。

年齢を問わずお選びいただけます◎

 

 

後ろ姿はこちら!

浮かび上がる肩甲骨は、ヘルシーな美しさをアピールするのにぴったりのパーツ。

大きく開けたバックショットですが、シースルー素材を使用することで露出を抑えられるんです◎

シャイな花嫁さまには、特にお試しいただきたい1着♪

さらに、かわいらしさをプラスしてくれている細めのリボンもポイント。

細部にまでこだわりの詰まった、“技あり”ドレスとなっています。

 

 

2着目はタンクトップタイプのドレス。

キュートなお花がたっぷりと敷き詰められたようなデザインは、ナチュラルな雰囲気のガーデンウエディングなどにぴったり。

胸元のカッティングが、“ハートカット風”なのも特徴です。

丸みを帯びたフォルムは、女性らしさを演出してくれています♪

さらに、ハートカットデザインはV字ラインを作ってくれるのもポイント。

デコルテをすっきり見せられるので、キラキラと輝くビジューネックレスとの相性も抜群です◎

 

 

レース素材が特徴の3着目。

首元は、さりげない肌見せが魅力の“ボートネック”を思わせるデザイン。

鎖骨に沿って曲線を描いているため、デコルテを見せながらも控えめな印象♪

 

 

バックショットはこちら。

最大の特徴は、くるみボタンを使用している点!

レース素材に合わせることで、甘すぎない“大人かわいい”を実現できるんです♪

また、くるみボタンはシンプルなデザインなので、主張しすぎないのもポイント。

レースの魅力を上手に引き出してくれています◎

 

 

神話に出てくる“女神”を連想させる、儚くも美しいデザインのこちらのドレス。

エンパイアラインのドレスなどにみられるタイプで、大人っぽさを演出したい方におすすめです。

肩部分のビジューをきれいに見せるため、アップヘアなどのすっきりとしたスタイルがベストマッチ◎

ざっくりと大きく開いた背中部分とのバランスを取るため、アップヘアのなかでもローポニーなどを合わせてみてくださいね。

動くたびに揺れる毛先が肌の上をすべり、うっとりとしてしまうほどの美しさを演出してくれるはず♪

 

 

首元の詰まり方や、デコルテ・背中の見え方によって印象が変わるノースリーブドレス。

多種多彩なラインナップを誇る当サロンでは、さまざまなデザインをご用意いたしております。

ぜひ1度ご試着にお越しくださいませ。

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

3つのポイントで美しく♪猫背改善方法

毎日、たくさんの花嫁さまと接する私たちスタッフ。

お衣装のご相談はもちろん、挙式・披露宴での演出関係など、さまざまなお話をさせていただきます。

お話をさせていただく機会は挙式後にもあり、話題は当日のエピソードやご感想など。

もちろん、「ああしていれば良かったなあ」という後悔話もあります。

そんな後悔話のなかで最も多く耳にするのが、ご自身の“姿勢”について。

写真を見返してみると、想像していたよりも猫背になっていたということが多々あるそう。

挙式当日は普段とはまったく異なる状況のなか、緊張感やワクワク感からあっという間に時間が過ぎてしまいます。

そのため、姿勢にまで意識がまわらないというのが原因のようです。

そこで今回は、ほんの少しの意識の差で、あっと驚くほど見違える“姿勢を整えるコツ”をご紹介したいと思います!

 

 

Point.1

肩甲骨がしっかりと浮き出るように意識する!

 

このポイントは「巻き肩」を解消する方法でもあり、猫背改善にはかかせません♪

「巻き肩」とは、両肩が胸より前に出て、さらに内側を向いてしまっている状態を指します。

現代人に多いとされている「巻き肩」は、姿勢を悪く見せる要因の1つなんです。

そんな「巻き肩」を治すには、肩を後ろに引っ張ることで肩甲骨が浮き出るように意識することが重要◎

左右両方の肩甲骨を、背骨の中心に向かって寄せるイメージです。

こうすることで肩が開き、猫背が解消されます。

肩甲骨が浮き出ることで、後ろ姿が美しく見えるのもうれしいポイント。

同時に鎖骨もきれいに出てくるため、女性らしいデコルテが手に入るんです♪

 

 

Point.2

アゴは上げすぎないように意識する!

 

猫背になると、アゴは前に突き出してきてしまいます。

これは、背中から頭・顔の筋肉バランスを崩してしまう可能性があり、姿勢が悪く見えるだけでなく頬がたるんでくる危険性もあるんです。

ご結婚式に限らず、お顔がたるんでしまうことは何としてでも避けたいですよね。

アゴをきゅっと引くことで、猫背解消だけでなく、お顔まわりもスッキリ見せましょう♪

 

 

Point.3

ヒジは“くの字”に曲げる!

 

3つ目のポイントは、ヒジを”くの字”に曲げること。

おへその下でブーケを持つように意識すると、きれいな“くの字”になります◎

体と腕の間を、だいたい握りこぶし1つ分あけるのもポイント。

そうすることで、二の腕が押しつぶされることなく、ほっそりと見えるんです♪

 

 

今回ご紹介したポイントは、どれも簡単なものばかり。

ほんの少し意識するだけで、見え方はずいぶん変わるんです◎

とはいえ、当日に急に意識しようと思っても、なかなか難しいもの。

日頃から取り入れていれば、本番にはきっと意識せずともシャキッと美しい姿勢に。

ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

もちろん、こちらのポイントを抑える為にはきちんとご自身の体系に合ったブライダルインナーも欠かせません。

どうせ見えないし…そんなことはありません!!

結婚式当日身に付ける物に必要ないものなどありません。

スタッフにお声がけしてみて下さいね。

 

 

 

軽井沢「石の教会」ご利用♪先輩カップルさまのご紹介

今回は、軽井沢にある会場「石の教会 内村鑑三記念堂」にてご結婚式を挙げられた先輩カップルさまをご紹介いたします!

 

 

さわやかな緑を背景に、風になびかれたベールがなんともドラマチックなこちらのショット。

コントラストがはっきりとしたお写真は、夏ウエディングらしい鮮やかさが魅力です♪

やわらかなシフォン素材は、風に吹かれるロケーションフォトにぴったり。

新郎さまが選ばれたモスグリーンのタキシードも、ナチュラルな雰囲気を高めてくれていますね。

 

お写真のなか、太陽の光に負けないくらい眩しい笑顔を見せてくれている新婦さま。

明るく快活な新婦さまはおしゃべりが大好き!

とっても楽しそうに話すお姿に、スタッフもつられておしゃべりを。

あまりの楽しさに、ついつい時間が経つのも忘れてしまうほどでした♪

 

ちょっぴり恥ずかしそうな表情をしている新郎さまは、とっても優しい人。

普段からたくさんお話をされる方ではありませんでしたが、新婦さまがドレスについて悩んでいると、まっすぐ真剣に向き合ってくださる姿が印象的でした◎

そんな新郎さまのお衣装選びは、即決直感タイプ!

すぐにお気に入りのタキシードを見つけ、お決めになられました。

 

 

ご結婚式後、サロンまで足を運んでくださった新郎新婦さま。

挙式中に撮影された素敵なお写真の数々を、お持ちくださいました◎

ハネムーンには、フィンランドとスペイン・バルセロナに向かうと伺いました!!

長旅になるかと思いますが、素敵な旅路となっていますように♪

スタッフ一同、心より願っております。

 

 

 

 

 

デザインと付け方でガラリと雰囲気が変わる!ボンネの魅力をご紹介♪

現在、ウエディングシーンで注目を集めているヘッドドレスをご存知でしょうか?

当ブログでも過去に何度かご紹介したことのある“ボンネ”が、花嫁さまからたくさんのラブコールを受けて大人気となっているんです♪

しかし、日常シーンとはかけ離れている印象の“ボンネ”。

デザインの種類や付け方など、詳しくは知らないという方も多いかと思います。

そこで今回は“ボンネ”の魅力を紹介しつつ、コーディネイト例をご紹介いたします!

 

 

デザイン:リーフモチーフ、ビジューとパールを使用

付け方:ハーフアップヘア、左後ろ側

1つ目は、こちらのコーディネイト!

リーフモチーフを用いたナチュラル感とビジューの華やかさが、シンプルすぎず派手すぎない絶妙なバランスを可能に◎

“ボタニカルウエディング”がトレンドとなっていることもあり、リーフモチーフはおすすめデザインの1つとなっています。

上品にあしらわれたパールが、女性らしいあたたかさとやわらかさを表現。

大きめサイズのボンネですが、小ぶりのパーツを使用しているので、かわいらしい印象のハーフアップにもぴったりです♪

また、左後ろ側に付けているのもポイント。

式・披露宴中は新郎さまの左側に立つことがほとんどの新婦さま。

そのため、ゲストからしっかりと見ていただけるよう、ヘッドドレスなどは左側につけるのがベストなんです◎

 

 

デザイン:カチューシャタイプ、小ぶりのビジューとパールを使用

付け方:ゆるやかウェーブのシニヨンヘア、バックカチューシャ風にON

2つ目は、シンプルコーディネイトのこちら。

小さめサイズのパーツを使用しているため、ヘアスタイルもしっかりとアピールできるのがポイント◎

また、トレンドスタイルのバックカチューシャ風にセットしているのも特徴です。

挙式シーンなど、後ろ姿を見られる機会が多いウエディングコーディネイト。

バックカチューシャアレンジなら、後ろ姿もきらびやかな印象に仕上げてくれます♪

 

 

デザイン:フラワーモチーフ、ビジューをたっぷり使用

付け方:フェイスラインに沿って

最後にご紹介するのは、ボンネが抜群の存在感を放っているこちらのコーディネイト!

ボンネは、きらびやかなビジューをたっぷりと使用したデザイン。

フェイスラインに沿って付けることで、表情がパッと華やぐのがポイントです♪

お顔まわりの髪をキュッとまとめているので、小顔効果も期待できちゃいます◎

このコーディネイトにぴったりなのが、ショート~ボブの短めヘア。

ご結婚式に向けて髪を伸ばすという新婦さまは多いですが、お仕事の都合などから伸ばせない方もいらっしゃいます。

そんな花嫁さまにおすすめなのが、今回のコーディネイト。

大きめサイズのボンネは、首まわりがすっきりとしたヘアスタイルとの相性が抜群なんです!

ファッションでも、大きめトップス×スキニーパンツなどの「ゆる×ピタ」バランスは定番中の定番。

そんな「ゆる×ピタ」の法則は、ウエディングシーンでもおすすめです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

ご覧いただいたように、ボンネは「デザイン=大きさ」と「付ける位置」によってガラリと雰囲気が変わります。

ヘアスタイルのほかにも、お衣装のデザインやジュエリーとのバランスによってもイメージを変えられるのが最大の魅力の1つ。

「もっと“ボンネ”の魅力に触れたい!」という方は、ぜひスタッフまでお声掛けくださいませ♪

 

 

 

大好評!「アニバーサリーフォトキャンペーン」お写真集♪

6月~8月末の期間中で実施していた「アニバーサリーフォトキャンペーン」。

多くのお客さまにご利用いただきましたこと、スタッフ一同心より嬉しく思います。

人と人とのつながり。

それがいかに大切で素晴らしいものか、改めて実感することのできるひとときとなりました。

 

ご来館いただいたお客さまのなかから、いくつかお写真をピックアップしてみました。

素敵なお写真をたっぷりとご紹介いたします♪

 

 

1枚目は、新郎さま側の親御さまが撮影されたこちらのカット。

新郎新婦さまと一緒に、4人でのフォトプランをご満喫されました♪

お写真の通り、親御さまはちょっぴり照れくさそうな表情。

長年、お互いに“親の顔”で過ごしてきたため、なんだか恋人時代にタイムスリップしたような、とってもロマンチックなお写真となりました◎

 

 

こちらは、親御さまを撮影されている新郎新婦さまのお姿。

見ているだけで笑みがこぼれてしまうような、なんだかグッとくるシーンです。

銀婚式や金婚式など、ご結婚記念日のプレゼントとしてもぴったりでした◎

 

 

お子さまが生まれ、ご家族3人でのお写真撮影をご希望されたお客さま。

ご家族が増えた喜びが、ギュギュッと詰まった1枚となりました♪

お子さまの成長はとても早いので、今この瞬間にしか見られない姿をお写真に残すというのはおすすめ!

お宮参りや七五三など節目節目のお写真と見比べれば、成長を感じられる思い出の一枚となること間違いなしです◎

 

 

こちらは、当サロンをご利用された花嫁さまの妹さま。

ご結婚された際に式を挙げられなかったそうで、今回のご利用へとつながりました◎

さまざまな事情から、式を挙げられないカップルさまは多くいらっしゃいます。

もちろん式を挙げることがすべてではありませんが、“結婚すること”は大切な思い出の1つ。

そんな思い出を、将来、見返せる形で残すのはとっても素敵なことだと思うんです。

今回そのお手伝いができたことは、私たちスタッフにとっても何より嬉しい出来事でした。

 

 

4枚目は、以前当サロンのウエディングドレスをご利用されたカップルさまのお写真です。

ご結婚式当日はウエディングのみのご着用となったため、かねてからのご希望だったカラードレスを着ての撮影をされました♪

近年「ゲストと過ごす時間を少しでも多く取りたい」というお考えから、お色直しをしないカップルさまは増えています。

そんな時にぴったりなのが、今回の「アニバーサリーフォトキャンペーン」などを利用した後撮りです◎

当日はゆっくりと時間を取ることは難しいですが、フォトプランならのんびりと撮影することが可能。

お気に入りのカラードレスを身にまとい、撮影をめいっぱい楽しまれた花嫁さまの姿に、スタッフまで嬉しくなってしまいました。

 

 

ほかにも、ご紹介したいお写真がたくさん生まれた「アニバーサリーフォトキャンペーン」。

多くの方々に楽しんでいただき、スタッフも幸せのおすそ分けをたくさんいただきました♪

これからも“人と人のつながり”を大切にしながら、日々お客さまをご案内してまいります。

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

「美女と野獣」の世界を再現!先輩カップルさまの“コンセプトウエディング”

お衣装を選ぶ際、皆さんは何をポイントに決定されますか?

好きな色・ドレスライン・デザインetc…

さまざまなポイントがありますが、先日ご結婚式を挙げられたお客さまは”ある作品”をテーマにお衣装はもちろん、

装飾物までこだわり抜かれました。

今回は“コンセプトウエディング”を実現された、先輩カップルさまをご紹介したいと思います!

 

 

お写真を見て、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

新婦さまがテーマに選ばれたのは、ディズニー作品「美女と野獣」でした♪

ディズニーが大好きな新婦さま。

「ベルのドレスが着たい!」という熱い想いを胸に、当サロンへとお越しくださいました。

初来店の際から明確なイメージ像があったため、お衣装選びはとってもスムーズ♪

作品のなかでベルが着ていたような、鮮やかながらも上品な輝きを放つイエローのカラードレス。

新婦さまのイメージにもぴったりとはまったようで、ご結婚式当日はとっても素敵な笑顔が見られました◎

 

 

ポイントは、作品のなかでも目を引いた”ひだ”部分!

華やかな印象の”ひだ”は、まさにベルが着ていたドレスそのもの♪

細かなラメがあしらわれていて、日の光をうけて動くたびにきらめく点も魅力です。

 

夢や憧れに満ちた新婦さまの瞳は、キラキラと輝いていました。

そんな新婦さまのご希望を、しっかりと汲み取ってくださった優しい新郎さま。

隣で優しく見守られている姿が、とっても印象的でした。

 

 

ウエディングドレスには、つややかな光沢感が特徴の1着を選ばれた新婦さま。

ハート型にカットされた胸元のデザインが、キュートな印象のビスチェドレス。

丸みを帯びた女性らしいデザインは、新婦さまのやわらかな表情に華を添えてくれました。

 

 

カラードレスはもちろん、ウエディングドレスもとっても気に入ってくださった新婦さま。

ご結婚式当日には、手作りのミニチュアドレスをご用意されました。

細かなデザインまでしっかりと再現されたミニチュアドレスは、ゲストの方々からも大好評だったそう♪

ドレスそのものを手元に置いておくことは難しいですが、ミニチュアドレスなら大切な思い出とともにいつまでも残しておけるのが嬉しいですよね◎

 

 

「美女と野獣」が大好きな新婦さまのこだわりは、ドレス以外にも!

ウェルカムスペースには、作品のなかで重要な役割を担う”1輪の赤いバラ”が飾られていたり、

 

 

燭台や振り子時計、ティーカップセットが仲良く並んでいたり…。

登場するキャラクターをイメージしたアイテムもズラリと並び、まるで作品のなかに飛び込んだような世界観となっていました◎

 

 

いかがだったでしょうか♪

お衣装がなかなか決まらなくて悩んでいる新郎新婦さま、ぜひ“コンセプトウエディング”を1度検討してみては?