Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

意外と知らないベールの世界♪

今年は10連休となったゴールデンウィーク、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

当サロンでは、いつにも増してたいへん多くのお客さまがお越しくださいました。

ご案内させていただくなかで、花嫁さまからはたくさんのご質問が。

そこで今回は、花嫁さまからのご質問が多い“ベールの長さ”についてご紹介したいと思います♪

 

ルーブル・ブライダルサロンでは3種類の長さのベールをご用意しております。

 

 

まずはこちらのショート丈のベール。

新郎新婦さまから「思っていたよりも長かった」というお声をいただくように、実はバックスタイルでは腰あたりまでの長さがあります。

すっきりとしたシルエットが特徴なので、スカート部分にボリュームのあるドレスなどにぴったりです◎

 

 

ショートベールは可憐なイメージを演出してくれるので、全体の印象をかわいらしくまとめたいという花嫁さまにおすすめ♪

 

 

こちらはミディアム丈のベール。

ヒップラインをすっぽりと覆ってくれる長さがあるので、「下半身のラインが気になる」という新婦さまにおすすめのデザインとなっております◎

ショートベールと比べてみると分かる通り、二の腕にかかる部分が長いのも特徴。

女性にとって、悩みのタネになりがちな“二の腕”をカバーしてくれるというメリットもあるんです♪

 

 

ロングトレーンのドレスを着た時のバックスタイルでは、特に抜群のバランスを誇るミディアムベール。

歩くたびにふんわりと揺れるベールは、ドラマチックなムードを生んでくれること間違いなし!

ロイヤルウエディングなどをイメージした、「ロマンチックな雰囲気の挙式にしたい」という花嫁さまにぜひ1度ご試着いただければと思います♪

 

 

最後にご紹介するのが、こちらのロング丈のベール。

お写真の通り、ドレスのトレーンより長くなることも多いのがこちらのタイプ。

バージンロードを歩くときなど見た目にも華やかなので、古くから多くの花嫁さまに愛されているデザインとなっています♪

またエレガントな印象を与えるロングベールは、王道かつ正統派イメージを演出するのにぴったりです◎

 

 

ロング丈だと、「せっかくのドレスデザインが隠れてしまうのでは?」と不安に思う花嫁さまもいらっしゃるかと思います。

そんな時は、お写真のように透け感のあるベールを選ぶのがおすすめ。

スカート部分に施された繊細なレースデザインを生かしつつ、ロングベールでロマンチックなシルエットをプラスできちゃいます♪

 

 

ひとくちにベールと言っても、長さだけでなくさまざまなデザインがあるもの。

それだけたくさんあると、どれにするか決めるのもひと苦労ですよね。

ベールを選ぶ際、なによりも重要なのはドレスのバックデザインとの相性です。

リボンがあしらわれているキュートなデザインのドレスなら、リボンが隠れてしまわないようショート・ミドル丈のベール。

気品あふれる刺繍が魅力的なドレスなら、ロングベールのなかでも透け感たっぷりのデザインをチョイス。

当サロンではそんなドレスとベールの相性チェックもさせていただいております◎

ぜひお気軽にご相談くださいませ♪

 

 

 

奥が深いサテン生地の世界♪新たな魅力をご紹介!

ここ数年、ナチュラル志向の花嫁さまが増えたこともあり、ウェディングトレンドもナチュラルでかわいらしい“チュール”が人気の素材となっていました。

しかし、実は最近“サテン”生地を使ったドレスの人気が高まってきているのをご存知でしょうか?

サテン生地のドレスと一口に言っても、その種類は様々。

そこで今回は、それぞれのサテン生地が持つ特徴を当サロンのウェディングドレスと共にご紹介したいと思います♪

 

 

まずは通常のサテン生地を使用したこちらの1着。

サテン生地らしいハリ感が魅力で、クラシカルなロイヤルウェディングを思わせるデザインにマッチします◎

ビジューなどのキラキラと輝くパーツとの相性も良く、シンプルなデザインのドレスでも華やかに演出してくれるのが特徴です。

 

 

通常のサテンはほかのものと比べて特にハリがしっかりとしているため、後ろ姿のシルエットが美しく見えるのもおすすめポイントの1つ。

そのため、歩いている際もきれいなラインを保ってくれるので、挙式中の後ろ姿がいっそうロマンチックに見えるはず♪

こちらのお写真のように、繊細なデザインの刺繍レースとの相性も抜群です◎

 

 

こちらが“ミカドサテン”と呼ばれる生地を使用したドレス。

ほかのサテン生地と比べ、密度が高くボリューミーなのが1番の特徴。

サテン生地のなかでも最高級といわれるだけあり、その光沢は上品さと華やかさを兼ね備えています♪

ミカドサテン特有のボリュームたっぷりなシルエットは、シンプルなデザインでもしっかりと存在感を放ってくれるはず◎

 

 

袖のないビスチェタイプなら、デコルテラインをより美しく見せてくれるのがこの生地の特徴。

つややかな質感と気品あふれる輝きに、花嫁さまの表情まで明るく映し出してくれるはず◎

ステンドグラスのある大聖堂や、長いバージンロードのあるドラマチックな会場には特におすすめの素材となっています♪

 

 

最後にご紹介するのが、ナチュラル志向のトレンドも押さえられる“サテンオーガン”のドレスです。

サテン生地が持つリッチな光沢感に加え、チュール素材を思わせる柔らかさも併せ持ったこの生地。

“サテン”と“チュール”両方の魅力をいいとこ取りした素材は、こだわり派の花嫁さまも頷くぜいたくさです♪

 

 

サテン生地でありながら、ふんわりと優しい質感も兼ね備えたこちらの1着。

花嫁さまの動きに合わせて様々な表情を見せてくれるため、前撮り撮影にもうってつけです◎

また、ナチュラルなロケーションにもマッチするという嬉しいポイントも♪

レディな美しさも演出してくれるサテンオーガンのドレスなら、流行のガーデンウェディングでも魅力を存分に発揮してくれそうです♪

 

 

ナチュラルなデザインや素材がトレンドとなっている今。

本日のブログを通して、意外と知らないサテン生地の魅力に触れていただけたのではないでしょうか?

品のある質感はもちろん、スタイルを良く見せてくれるのがサテン生地の最大の特徴。

しかし、その魅力はまだまだあります◎

奥深いサテンドレスの世界を、覘いてみませんか?

当サロンのスタッフが、余すことなくご紹介させていただきます♪

気になる方はぜひ、スタッフまでお声掛けくださいませ。

 

 

 

個性派デザイン!南国気分を満喫の新作タキシード

本日ご紹介するのは、春・夏ウェディングにぴったりのタキシード!

新郎さまのお色直しも一般的になりつつある今、ぜひおすすめしたい1着です♪

 

 

爽やかな白色が目を引く、こちらのタキシード!

ご覧の通りハーフパンツスタイルのため、人気のリゾートウェディングにもぴったり◎

ハーフパンツでも子どもっぽくならないのは、生地の質感に秘密が。

それは軽やかな雰囲気のなかに高級感が隠れている、マット系の素材を使用しているから。

子どもっぽくなりすぎる心配もないため、身長を気にせずお選びいただけるのもこのタキシードの特徴です♪

 

さらにポイントとなるのが、木のボタンを使用しているところ。

遊び心たっぷりで、おしゃれ好きな新郎さまも納得のデザインとなっています◎

小さなパーツながら、イメージをガラリと変えてくれる木のボタン。

正統派な白のタキシードも、カジュアルダウンしてお楽しみいただけるはずです♪

 

ベストと蝶ネクタイには、トロピカルな花柄デザインをオン!

一気にリゾートムードが漂うこちらのアイテム、実はリバーシブル仕様となっているんです。

花柄の裏側はシンプルな白色のベストなので、挙式や披露宴の入場シーンでは白を見せ、再入場の際に裏返してガラッと雰囲気を変えても◎

南国気分を味わえるベストは、ご友人さまが集まる2次会シーンにもおすすめ。

ドレスコードを“花柄”に設定して、ゲストとのリンクコーディネイトを楽しむのも素敵ですね♪

 

リゾートウェディングや2次会なら、スニーカーを合わせるコーディネイトもぴったり!

新婦さまとおそろいのスニーカーにすれば、キュートなお写真が撮れること間違いなしです◎

動きやすさも兼ね備えたスニーカーは、ご移動が多いリゾート地での撮影時にも大活躍。

靴ずれなどを気にすることなく、お写真撮影をお楽しみいただけるはず♪

 

 

いかがだったでしょうか?

自由なコーディネイトを楽しめるようになってきた、現在のウェディングシーンならではのタキシード。

「結婚式も、堅くなりすぎず普段の自分らしいスタイルで臨みたい」という新郎さまにはうってつけの1着。

入荷からどんどんご予約をいただいておりますので、ぜひお早めにチェックください♪

皆さまのご来館をお待ちいたしております。

 

 

 

おしゃれタキシード特集!〜第1弾ツートンカラーデザイン集〜

新婦さまのドレスと同じように、おしゃれなデザインがどんどん増えているタキシード。

チェックやデニム素材を使ったものや、ガーデンウェディングにもぴったりなハーフパンツデザインのものなど。

多種多様なデザインが生まれているのですが、世間の認知度はまだまだ……なのが現状です。

そこで当ブログでは、まだ見ぬおしゃれタキシードの存在を広めるべく、いちおしデザインのタキシードをご紹介したいと思います♪

 

 

第1弾はツートンカラーのタキシード!

ジャケットとパンツのお色味が揃っているのが、タキシードの一般的なデザインですよね。

スタンダードなカラーリングももちろん素敵ですが、写真のようにツートンにするだけでおしゃれ度がグンとアップするんです♪

シルバー×グレーのツートンデザインも生地の素材を合わせれば、ちぐはぐなイメージになってしまう心配もありません。

光沢感のある素材を使用しているので、程よいエレガントさが演出できるのもポイントです◎

中に合わせたストライプベストにも白と黒に近いカラーを使うことで、ジャケットとパンツを上手に繋いでくれています♪

 

 

次にご紹介するのは、チェック柄とダークグレーが英国紳士のような上品さを演出しているこちらの1着!

2018年から続くファッショントレンドのチェック柄は、大きめのブロックチェック。

ブロックチェックは、子どもっぽいイメージのあるチェック柄をシックで大人っぽい雰囲気に仕上げてくれています。

パンツのお色味を黒ではなくダークグレーにすることで、柔らかいイメージをプラス。

「個性的すぎて挑戦しづらい」と思われがちなツートンデザインも、このカラーリングなら挑戦しやすいはず♪

 

 

いかがだったでしょうか?

ツートンカラーと聞くと、個性的で派手な印象を受けるかもしれません。

しかし今回ご紹介した2点のように、素材感やカラーリングでその印象はガラリと変えることができるんです!

「1度はベーシックデザインのタキシードで決定したけれど、おしゃれなデザインのものも試してみたい」という新郎さま。

ぜひ当サロンのスタッフまでご相談くださいませ!

バラエティに富んだラインナップから、様々なコーディネイトをご案内させていただきます。

 

 

 

先輩花嫁さまのご紹介♪カラードレス用ブーケの重要性!

お衣装のレンタルだけでなく、トータルコーディネイトのアドバイスもさせていただいている当サロン。

特にご相談されることが多いのが、小物関係。

ベールやグローブ・ヘッドドレスなどはもちろん、ブーケのデザインなど多岐にわたります。

そんななか、多くの花嫁さまからご質問いただくのが“カラードレス用ブーケの必要性”について。

「ウェディングドレス用に1つあれば充分では?」と思っている方も多いんです。

確かに2個目のブーケ、となると後回しにされがちですよね。

しかし、カラードレス用ブーケはとっても大切な役割を担っているんです!

コーディネイトをまとめるアイテムとしてだったり、雰囲気がばらばらなアイテムを繋げたり。

ブーケのある・なしで、ゲストに与える印象も大きく変わってくるんです。

そこで今回のブログでは、ブーケにスポットを当ててコーディネイトをご紹介していきたいと思います◎

 

 

まずは、パープルのカラードレスにラウンドブーケを合わせたこちらのコーディネイト。

ピンクにもパープルにも見える、絶妙な配色が魅力のこちらのドレス。

大人っぽくorかわいらしく、好みの雰囲気に演出できちゃう優秀カラードレスには、なりたいイメージに合わせたブーケ型を選ぶのがおすすめ◎

キュートな雰囲気を目指すなら、こちらの花嫁さまのように、丸くやわらかな印象を与えてくれるラウンドブーケがぴったりです。

キュートなピンポンマムに、レディなイメージのバラを数色組み合わせれば子どもっぽくなりすぎる心配もありません♪

 

 

おとぎ話に出てくるプリンセスのような、やさしいブルーのカラードレスに合わせたのは、トレンド感ばっちりのクラッチブーケ。

やわらかくも美しい発色のドレスなので、ブーケも同じくブルー系でまとめてみました。

ドレスと花材のカラートーンを統一し、なおかつ濃淡に差をつけることで全体に鮮やかなグラデーションが生まれるんです◎

シンプルながらもおしゃれに見せるには、ブーケも含めたカラーコーディネイトが重要となります♪

 

 

3つ目は今季もトレンドのくすみ系カラーのなかでも、特におしゃれ度が高いカーキドレスとのコーディネイトです!

合わせたのは、すずらんなどの小花とグリーンを中心とした個性派クラッチブーケ。

インテリアトレンドとしても話題のドライフラワーを取り入れれば、ほかとはひと味違う“技アリ”コーディネイトが楽しめちゃいます♪

挙式・披露宴後はプリザーブドフラワーにして、スワッグとして新居に飾るのも素敵です◎

 

 

いかがだったでしょうか?

ひと口にカラードレス用ブーケと言っても、その種類や魅せ方は多種多様です。

もちろん、ウェディングドレスで使ったブーケを上手にコーディネイトすることも可能。

しかし、細部にまでこだわって作られたドレスだからこそ、そのお衣装が最も輝く小物はそれぞれ異なるんです。

花嫁さまにとっての大切な1日に、華を添えるコーディネイトとなるように。

私たちスタッフが、責任を持ってお手伝いさせていただきます。

先輩花嫁さまのブーケ写真は、今回ご紹介したほかにも多数ございます。

ご自身のドレスに合うブーケはどんなデザインか、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

 

 

コーディネイトの幅は無限大!優秀サテンドレスが登場♪

賑やかなお正月ムードも落ち着いてきた今日この頃。

ルーブル・ブライダルサロンには、年末年始にご挨拶をすまされた沢山の新郎新婦さまがお越しくださっております♪

今回のブログでは、お衣装選びのなかで皆さんが最初に見られる、ウェディングドレスをご紹介いたします。

 

 

つるんとした質感が美しい、サテン生地のウェディングドレス。

シンプルなデザインだからこそ際立つ高級感や、エレガントさが最大の魅力です♪

全体のシルエットは、ウエスト部分から緩やかなカーブを描きながら広がるプリンセスライン。

幼いころに夢見た“理想の花嫁さま像”が叶う、スタンダードデザインとなっています。

 

さらに、ただシンプルなだけじゃないのがこちらのドレスの特徴。

写真をよくご覧いただくと分かる通り、実は襟付きデザインなんです。

さりげなくあしらわれた襟が、きちんと感をしっかりと演出。

シンプルな中にも正統派なアレンジが効いているのも、このドレスのおすすめポイントとなっています♪

 

 

クラシカルなイメージにぴったりの、編み上げデザインが魅力のバックスタイル。

肩甲骨を美しく見せてくれるのも、花嫁さまにとっては嬉しいところ♪

ゲストに後ろ姿を見られる機会の多いウェディングドレスでは、バックスタイルのデザインも重要なポイントとなってきますよね◎

ウエスト部分にあしらわれたリボンがウエストマークとなり、脚長効果も期待できちゃいます!

 

 

実はこのドレスが持つ最大の特徴は、花嫁さま1人1人にあわせてセミオーダーのように仕上げることができる点にあるんです。

例えば、こちらのお写真のようにトレーン付きのデザインを楽しむことも◎

繊細なレースが施されたトレーンがヴァージンロードに広がる様子は、きっと息をのむほど美しいはず♪

ステンドガラスが使用されているチャペルや、厳かな雰囲気が魅力的な大聖堂での挙式を予定されている花嫁さまには特におすすめのアレンジとなっています。

 

 

セミオーダーのように多種多様なコーディネイトが楽しめるのは、ドレスデザインがシンプルだからこそ。

 

色とりどりの小花を使ったブーケを合わせれば、かわいく。

憧れのマリアベールとのコーディネイトなら、クラシカル。

総レースのロンググローブを付けると、モダン。

変幻自在の優秀ドレスなら、あなただけの理想のコーディネイトが見つかるはず♪

当サロンのスタッフと一緒に、とっておきのアレンジを探しませんか?

 

 

人気上昇中!タキシードアイテム・カマーバンドのご紹介

挙式・披露宴を控えた新郎新婦さまに、新作お衣装やアイテムなど様々な情報をお届けしている当ブログ。

本日は新たなアイテム“カマーバンド”についてご紹介させていただきたいと思います♪

 

 

こちらのお写真のウエスト部分に見えるアイテムを“カマーバンド”と呼ぶのですが、ご存知でしょうか?

「見たことはあったけど、名前は知らなかった」という新郎さまも多いはず。

カマーバンドの歴史は長く、かつてはタキシードを着る上での“三種の神器”といわれるほど重要なアイテムでした。

★豆知識

ちなみに、残りの2つは“拝絹(はいけん)”と“蝶ネクタイ”。

拝絹(はいけん)はタキシードや燕尾服(テイルコート)の衿部分を指します。

 

カマーバンドは主に、ベストの代わりとしてその役割を果たします。

そのため、ジャケットを羽織った時に気になる肩部分のゴワつきが解消されるんです◎

さらにウエスト部分がすっきり見えるというのも、カマーバンドの大きな特徴となっています。

 

 

こちらのお写真のように、カマーバンドを取り入れた際はベルトを使わないのが一般的。

緊張するシーンの多い挙式・披露宴では、普段は気にならない少しの締め付けも気になってしまうもの。

カマーバンドならその心配もありませんので、普段とは異なるウェディングシーンでものびのびと過ごせるはず♪

 

 

スタンダードな黒やネイビーなど、ダーク系カラーのタキシードに合わせるとスタイリッシュな印象に。

正統派な印象のカマーバンドと、茶目っけのある蝶ネクタイとの組み合わせもなんだか新鮮です♪

カマーバンドはハイウエスト効果もあるため、脚を長く見せてくれるのも特徴。

挙式会場でのヴァージンロードや披露宴でのテーブルラウンドなど、新郎新婦さまは歩くシーンが多いので、脚長見せは重要です◎

 

 

スタンダードなタキシードとの組み合わせももちろん素敵ですが、こんな個性派タキシードとの組み合わせはいかがでしょうか♪

実はこの写真、お花で隠れて見えないのですがカマーバンドを合わせたコーディネイトなんです。

ちょっぴり勇気が必要なおしゃれタキシードも、カマーバンドや蝶ネクタイを組み合わせることでクラシカルな印象が増し、挑戦しやすくなります◎

 

 

今季少しずつ人気が上昇しつつあるタキシードアイテム、カマーバンド。

近年のファッショントレンドでもある“レトロ感”と、スタイルアップが期待できる機能性の高さが特徴です。

ブログにてご紹介した以外にも、サロンでは数多くのお写真やコーディネイト例をご用意いたしております。

もっともっとカマーバンドの世

界に触れてみたいという新郎さま、ぜひスタッフまでお声がけくださいませ♪

 

 

 

コーディネイトの要!ドレス試着と共にブーケもチェック♪

ドレスやブライダルジュエリーのほかにも、多種多様な小物が存在するウェディングシーン。

それらのバランスを見つつコーディネイトを組むのが、お衣装を決める上での重要なポイントとなるのは皆さんご存知ですよね。

ほかにもヘアスタイルやブライダルジュエリーなど、ウェディングシーンでは数えきれないほど多くのアイテムが登場します。

それらはすべて事前のお打ち合わせにて決定します。

ドレスが決まったあとはジュエリーなどの小物打ち合わせを行い、その後ヘアメイクスタッフと髪型などを相談しますよね。

その際に小物を実際に手に取ってみたり、ヘアスタイルもリハーサルを行ったりと、ご自身の目で確かめていくことがほとんど。

ところが、本番当日になってみないと実物を見ることができないものがあるんです。

主に生花を使用して作られる、ブーケです。

 

 

当日の朝、最もコンディションの良いお花を選んで作るブーケは、結婚式本番にならなければ見ることができません。

もちろん、造花やドライフラワーを使ったアレンジブーケもありますが、やはり根強い人気を誇るのは生花のブーケです◎

当日になるまで、お衣装やほかの小物とのバランスを見ることができないのは、やはり不安が残るもの。

そこで、ルーブル・ブライダルサロンでは様々な種類のブーケをご用意しております。

 

 

今回新たに加わったのが、こちらのリースブーケ♪

クリスマスシーンなどで見られる、リースのように輪の形をしたブーケのことを指し、近年人気が高まっているブーケの1つなんです。

手首にかけるタイプのブーケなので、ドレスでの慣れない移動の際にも両手が空いて安心するのも人気の秘密◎

とはいえ、まだまだ見る機会の少ない最新トレンドブーケなので、ドレスとの相性チェックは必須!

花嫁さまからのリクエストも多かったこちらのブーケを、今回新たに取り入れましたのでご紹介させていただきます♪

 

 

細めの枝を使用しているので、ナチュラルで可憐な雰囲気を演出するのにぴったり◎

白・グリーンを基調としながらも、アクセントに紫を取り入れているのがポイント。

かわいらしさと大人っぽさの両方を兼ね備えた、まさに“大人かわいい”が叶うデザインです♪

 

 

メインの花材にはマーガレットが使われており、その花言葉は「信頼」や「真実の愛」「優しい思い出」など。

儚げでありつつ、しっかりとしたメッセージを秘めているのが魅力的です♪

バラは主にピンクに近い薄紫から濃い紫にかけて、グラデーションとなるお色味を使用。

同じお色味でも濃淡を持たせることで、クールにもキュートにも合う優秀アレンジとなっています◎

 

今季もトレンドが続いている袖付きドレスのなかでも、フレアやパフスリーブタイプとの相性は抜群!

小花をベースにアレンジがされているので、肩口にボリュームのあるドレスでも派手すぎる印象になる心配もありません♪

 

 

こちらは、本番当日実際にリースブーケを使用された花嫁さまのお写真。

ベースのデザインは先ほどのものと大きく変わりないのですが、グリーン×紫がメインのちょっぴり大人っぽいデザインがポイントです。

グリーンの柔らかい雰囲気も、濃い紫が加わることで全体にメリハリが生まれスタイリッシュなイメージにもぴったり◎♪

 

 

こちらも、実際の花嫁さまが使用されたもの。

アンティーク調のブーケで、おしゃれな雰囲気たっぷりです。

インテリアトレンドにもなっているドライフラワーをベースにしたリースブーケは、こだわり派の花嫁さまにおすすめ◎

かわいらしいイメージが先行するスズランも、ドライにすることでグンと大人っぽさが増し、落ち着いた雰囲気に。

くすんだお色味の花材を使用していることもあり、アンティーク調の質感が魅力的。

繊細なレースをたっぷりとあしらったドレスや、スレンダーラインのドレスなどにぴったりです♪

 

 

このように、あらかじめリースブーケとドレスとの相性を確認しておくだけで想像力がアップするもの◎

そうすることで、よりドレスにぴったりのブーケをチョイスできるんです♪

 

 

ブーケが1つ変わるだけで、全体の印象はガラッと変わるもの。

特にデザイン性の高いリースブーケは、コーディネイトのなかでも重要なポイントとなります。

だからこそ、事前のチェックが大切なんです◎

当サロンではリースブーケのほかにも、様々な種類のブーケをご用意しております。

できる限り本番に近いスタイリングをチェックし、より結婚式当日が楽しみになりますように。

そんな願いを込めて、ご用意した様々なウェディングアイテムたち。

ぜひともご試着の際に役立ててくださいね。

 

 

 

こだわりたっぷり!先輩カップルさまのウェディングレポート♪

11月に入り、2018年もいよいよ残り約2カ月となりました。

鮮やかな紅葉やイルミネーションが写真映えすること間違いなしのこの季節、ご結婚式を控えていらっしゃる新郎新婦さまは多いのではないでしょうか。

秋・冬ウェディングを控えたお客さまに向けて、本日は先輩カップルさまをご紹介したいと思います!

 

 

なんともロマンチックなこちらのショット。

お2人は人気会場「En Fance」にて挙式を迎えられました。

随所にこだわりを持ったとってもおしゃれな花嫁さまと、その想いを何よりも尊重してくださる優しい新郎さま。

そんなお2人のウェディングは、スタッフから思わず感嘆の声が挙がってしまうほどに絵になる素敵なものでした。

 

 

新郎さまが挙式シーンのお衣装として選ばれたのは、スタンダードな白タキシードにピンクのベストを合わせたコーディネイト。

スタイルの良さと爽やかな印象がより際立つ白のタキシードは、笑顔が素敵な新郎さまにぴったりでした。

定番タキシードにピンクのベストを合わせたのは、実は新婦さまの好きなお色がピンクだから。

新婦さまを大切に想っていることがよく伝わる、素敵なエピソードですよね♪

 

新婦さまは繊細なつくりのレースが美しい、マーメイドラインのウェディングドレスをチョイス。

お衣装選びを始めた当初から、ドレスのラインはマーメイドと決めていたそう。

当サロンでも数多く取り揃えているマーメイドラインのドレスのなかから、ピンと来たものを直観で選ばれました◎

マーメイドタイプのドレスは、女性らしい身体のラインをきれいに見せてくれるのが特徴。

スタイル抜群の新婦さまに、とってもお似合いでした♪

 

 

こだわり派の新婦さま、実はお衣装小物からご披露宴で使用される小物まで、そのすべてをご自身でご用意されたんです!

そのこだわりはお写真からもしっかりと伝わってきますよね◎

1つ1つすべてを手作りで準備するのはとてつもなく大変な作業なのですが、だからこそ統一された世界観が生まれるんです。

 

 

お色直しには、華やかなドレスをご希望されていた新婦さま。

華やかでドラマチックな雰囲気が魅力の、星空ドレスを選ばれました。

今季トレンドの星空ドレスは、華やかさと大人っぽさを併せ持った優秀ドレス◎

ベースのネイビーカラーが夜空をイメージさせる1着なので、星のようにキラキラと輝くヘッドドレスを組み合わせました。

あえてシンプルに下ろしたポニーテールスタイルが、全体のバランスを取る絶妙な役割を果たしてくれています。

 

 

新郎さまのお色直しタキシードには、新婦さまのドレスと合わせたマットブラックのものをチョイス。

お2人が並んだ時のお衣装バランスを見るのも、私たちスタッフの大切な役目です◎

挙式時は、上質な大人の魅力が光るコーディネイト。

そしてお色直し後は、トレンドをばっちり押さえたおしゃれ上級者コーディネイト。

全く異なる雰囲気ですが、新婦さまの手作り小物のおかげで一貫したイメージが保たれています♪

 

 

いかがだったでしょうか?

こだわりと信念を持ち、お2人のウェディングにたくさんの夢を詰め込んだ新婦さま。

そんな新婦さまの夢や憧れを尊重し、優しく寄り添ってくれた新郎さま。

喜びと共に困難も数多く待ちうけるウェディング準備も、お2人を見ているとめいっぱい楽しめるような気がしてきます◎

そんなお2人を間近で見てきたスタッフだからこそ、お伝えできるアドバイスもたくさんあるはず。

悩んだ時・壁にぶつかった時には、お気軽にご相談くださいませ。

皆さまのウェディングが素晴らしいものになりますように、スタッフ一同心より願っております♪

 

 

おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

11月に入り、秋から冬へとだんだん季節が移り変わっていく今日この頃。

ブライダルシーンでは、紅葉などの日本らしい景色が増えてくるこの季節は特に、和装の人気が高まるシーズンでもあります。

そこで今回は、和装のなかでも人気がグングンと上昇している色打ち掛けの掛下アレンジをご紹介したいと思います◎

 

 

そもそも、掛下とは何かといいますと、白無垢や色打ち掛けの下に着ている着物のことを指すのですが、そのお色味は“白”と昔から決まっていました。

白無垢はすべてを白で統一するものとされていましたし、文様などで豪華さを表した色打ち掛けを引き立てるものとされていたからです。

しかし、挙式スタイルに始まり、お衣装や小物など様々なシーンが多様化してきた近年。

“掛下は白”という決まりも取り払われ、コーディネイトをもっと自由に楽しむというスタイルが増えてきました。

 

とはいえ、白がベーシックとされていた掛下のアレンジは難しいもの。

普段着とも異なるため、そのコーディネイト方法に頭を悩ませている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちサロンスタッフの出番です♪

新作の掛下を使ったコーディネイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ご紹介するのは、こちらの柔らかなグリーンの掛下です。

若草色とも呼べる優しいお色味の掛下には、同じくふんわりとしたカラーリングの色打ち掛けがぴったり。

ピンクや黄・朱色などたくさんのお色味が使われていますが、ペールトーンで統一されているので派手な印象はありません◎

もちろん、白の掛下との組み合わせも格式高く上品な雰囲気で素敵です。

ですが、グリーンの掛下を合わせることで色打ち掛けの淡いカラーが浮かび上がり、その魅力が存分に発揮されるんです♪

 

 

“末広(すえひろ)”と呼ばれる扇子や、化粧ポーチの役割を果たす“筥迫(はこせこ)”は、えんじ色のものをチョイス。

全体的に淡いお色味のコーディネイトなので、引き締め効果のあるカラーを足してあげるのがポイントです◎

 

 

新郎さまとのコーディネイトバランスも重要。

カラーリングはグリーンで合わせて統一感を出せば、2人が並んだ時にちぐはぐな印象を与える心配もありません♪

袴のグリーンには、深い色味のものを持ってくるのがオススメ。

グリーンが持つ知的なイメージに、凛々しさがプラスされること間違いなしです◎

 

 

ちょっぴり難易度が高い掛下アレンジ。

だからこそ、コーディネイトの幅が一気に広がるので、おしゃれ好きな花嫁さまにはぜひとも挑戦していただきたいアイテムです◎

ルーブル・ブライダルサロンでは多種多様な掛下と、たくさんのコーディネイトパターンをご用意しております。

一歩先を行く掛下アレンジを、どうぞお楽しみくださいませ♪

 

 

ワンポイントアドバイス付き!ヘッドアクセサリー4選

ティアラや生花が主流だったヘッドアクセサリー。

最近では、カチューシャやボンネなどのアイテムが注目を浴びているのをご存知でしょうか?

そのモチーフも様々で、根強い人気のビジューやボタニカルデザインの流行による小枝モチーフなど。

バラエティに富んだラインナップに、頭を抱えている花嫁さまも多いはず。

本来であれば1つ1つのアイテムをドレスと共にお試しいただくのですが、時間の都合などからそれも難しいのもまた事実。

本日はそんなヘッドアクセサリーたちを、ワンポイントアドバイスと共にご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてみてくださいね!

 

 

 

【気分はまるでプリンセス!王道アクセサリー・ティアラ】

「ウェディングドレスといえばティアラ!」と言うほど、長年愛され続けてきたのがこちらのアイテム。

大小様々な宝石やスワロフスキーが散りばめられており、ティアラ1つで一気に華やかな印象に。

正統派な花嫁さまのイメージが定着していることから、ゲストの顔ぶれや年齢を問わずお選びいただけるというのが特長です◎

 

★ワンポイントアドバイス★

ティアラそのものが華やかな存在感を放つので、メイクやその他アイテムとのバランスが重要!

大ぶりの石があしらわれたティアラには、シンプルデザインのイヤリングをチョイス。

キラキラと輝く石がたっぷり使われているものには、ラメ感を抑えたセミマットなメイクがぴったり。

引き算のコーディネイトで、パーフェクトなバランスを作り上げるのがポイントです♪

 

 

 

【季節感も楽しめる!イメージ変幻自在の定番アイテム・生花】

お色直し時の定番アイテムといえば、生花ですよね。

人気の理由は、そのアレンジ幅の広さにあります。

アップヘアはもちろんハーフアップやショートヘアなど、どんなヘアスタイルにも合うのが何よりの特長です♪

加えて、チョイスするお花の種類によって季節感を表現できるのも魅力的ですよね。

他にも自分だけのキーワードとして、花言葉を取り入れられるのも嬉しいポイントです。

 

★ワンポイントアドバイス★

年間を通して人気のアイテムだからこそ、最新トレンドをいち早く取り入れて!

ボタニカルブームが続く今は、グリーンを多めに取り入れるのがトレンド。

お花なら、すずらんなどの小ぶりのものが人気です◎

気軽に流行を取り入れられるのが生花の良さでもあるので、ちょっぴり大胆に遊び心たっぷりのアレンジにしてみるのもおすすめ♪

 

 

 

【クラシカル感が魅力!レトロ×モダンなボンネアレンジ】

レトロブームでもある今、改めて注目されているのがこちらの“ボンネ”です。

“ボンネ”とは、60年代に流行した“つばなし帽子”を指します。

バレッタと比べると大ぶりなデザインのものが多く、平面的なアクセサリーでありながらインパクト十分なのが特徴◎

ロイヤルウェディングのような気品溢れるアレンジが叶うので、“大人かわいい”を目指す花嫁さまにぴったりです。

 

★ワンポイントアドバイス★

存在感抜群のアイテムなので、ヘアスタイルはあえてストレートにする等のギャップ作りがおすすめ!

アップヘアの結び目に付けるのが、オーソドックスなアレンジ。

もちろんそれでも充分かわいいのですが、トレンドの最先端を目指すおしゃれな花嫁さまには、ぜひストレートヘアに合わせてほしいです!

現在トレンドの洗いざらしのようなウェッティーヘアに合わせて、ギャップを楽しんでみてください♪

お写真のような、アップヘアでのアレンジを楽しんだあとのお色直しで取り入れてみるのもおすすめです◎

 

 

【プラスワンアイテムで簡単ボタニカルアレンジ!小枝カチューシャのススメ】

最後にご紹介するのが、こちらの小枝カチューシャ。

グリーンの花材や、くすみ系カラードレスの流行により登場したボタニカルアレンジ。

ナチュラルで気取らない雰囲気が魅力ですが、一体どうやってアレンジすれば良いのか悩んでいる花嫁さまも多いそう。

そこでおすすめなのが、プラスワンするだけであっという間にボタニカルなイメージに近づけてくれる“小枝カチューシャ”なんです。

お写真のようにシンプルデザインのベールと合わせれば、自然が似合うナチュラルコーディネイトに大変身!

 

★ワンポイントアドバイス★

組み合わせる生花やグリーンも、小ぶりのものを選んで統一感を出すのが吉!

バランスを取るのが意外と難しい、ボタニカルアレンジ。

ですが、カチューシャのモチーフとなっている小枝と同じように、その他のアイテムも小ぶりデザインのものを選べばOK!

レースなら目の細かいもの、ジュエリーは一粒パールなどがぴったりです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

一見するとコーディネイトを組むのが難しそうなアイテムも、ポイントを押さえれば安心!

ブログにてご紹介した以外にも、アレンジ方法はたくさんございます◎

どうぞお気軽にスタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

 

最新トレンドヘア3選!

1年で最も人気のウェディングシーズン・秋。

そんな秋のウェディングでは、和装を選ばれる方がたくさんいらっしゃいます。

和装婚としては春も同様に人気のシーズンとなっているのですが、季節をイメージさせる色彩が日本らしさに溢れているからかもしれませんね。

そこで今回は、これからヘアの打ち合わせをされるであろう、秋・冬ウェディングを控えた花嫁さまに向けて最新ヘアスタイル3選をお送りいたします♪

 

 

まずはこちらの、白無垢に合わせたスタイリング。

前髪をすっきりと上げたアップスタイル。

額(ひたい)の丸みは女性らしさを象徴しており、古き良き日本の美を体現する白無垢にぴったりです◎

普段のヘアスタイルとはまったく異なるおカツラを選ぶのは、なかなか勇気が出ないかもしれません。

しかし、おカツラを彷彿とさせるアップスタイルの洋髪なら、ヘアチェンジも気軽に行えるので挑戦しやすいはず♪

 

 

ヘッド装花には、赤と白のバラをメインとした生花をチョイス。

一輪の真っ赤なバラが、とってもドラマチックです◎

白無垢×バラという和洋折衷な雰囲気も素敵ですよね。

 

 

次にご覧いただくのは、色打掛×アップスタイルの組み合わせ。

こちらのスタイリングはぴっちりと結い上げるのではなく、ウェーブをかけた髪に空気を含ませながらまとめるのがポイントです◎

髪と髪の間に空間をつくることでシルエット全体に柔らかさが生まれ、タイトでクールなイメージのまとめ髪も、パステル調の色打掛にマッチするように♪

 

 

ヘッド装花には、打掛に描かれたお花と同じものをチョイスして。

そうすることで、コーディネイト全体に統一感が生まれます。

この方法は、特に装花に2色以上のお色味を取り入れる際におすすめです◎

 

 

最後は、大人っぽいロイヤルブルーのカラードレスに合わせたヘアスタイルをご紹介。

ポニーテールのように見えるこちらのアレンジ、実は今人気のハーフアップヘアなんです!

下ろされた下半分の髪を、前ではなく後ろに流すのがポイント。

小さな違いですが、こうすることで前はすっきり大人っぽく、後ろはボリューミーでキュートな雰囲気に。

かわいらしさが全面に出て子どもっぽく見えやすいハーフアップも、フェイスラインを見せることで程よいかわいさをキープしつつ、きちんと感も演出できちゃうんです♪

 

 

こちらは、同ヘアスタイルをレモンイエローのカラードレスに合わせたバージョン。

ドレスのお色味やラインを選ばないオールマイティなヘアアレンジという点も、現在の人気につながっているのかもしれませんね。

ヘッドアクセサリーには生花を合わせているのですが、トレンドのバックカチューシャなどもおすすめ◎

もちろん、定番人気のビジューもきっと似合うはず♪

ご試着の際に、ぜひお試しくださいませ。

 

 

今回は、ヘアスタイルにフォーカスを当てたブログをお送りさせていただきました。

多種多様なアレンジがある今だからこそ、意外と決まらないヘアスタイル。

当サロンのスタイリストは、ヘアスタイルも含めたトータルコーディネイトをご提案させていただきます。

お衣装のことだけでなく、お悩みの際はどうぞお気軽にご相談くださいね。

皆さまのご来館を、スタッフ一同お待ちいたしております。

 

 

1 2 3 4 5 6