Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

人気上昇中!タキシードアイテム・カマーバンドのご紹介

挙式・披露宴を控えた新郎新婦さまに、新作お衣装やアイテムなど様々な情報をお届けしている当ブログ。

本日は新たなアイテム“カマーバンド”についてご紹介させていただきたいと思います♪

 

 

こちらのお写真のウエスト部分に見えるアイテムを“カマーバンド”と呼ぶのですが、ご存知でしょうか?

「見たことはあったけど、名前は知らなかった」という新郎さまも多いはず。

カマーバンドの歴史は長く、かつてはタキシードを着る上での“三種の神器”といわれるほど重要なアイテムでした。

★豆知識

ちなみに、残りの2つは“拝絹(はいけん)”と“蝶ネクタイ”。

拝絹(はいけん)はタキシードや燕尾服(テイルコート)の衿部分を指します。

 

カマーバンドは主に、ベストの代わりとしてその役割を果たします。

そのため、ジャケットを羽織った時に気になる肩部分のゴワつきが解消されるんです◎

さらにウエスト部分がすっきり見えるというのも、カマーバンドの大きな特徴となっています。

 

 

こちらのお写真のように、カマーバンドを取り入れた際はベルトを使わないのが一般的。

緊張するシーンの多い挙式・披露宴では、普段は気にならない少しの締め付けも気になってしまうもの。

カマーバンドならその心配もありませんので、普段とは異なるウェディングシーンでものびのびと過ごせるはず♪

 

 

スタンダードな黒やネイビーなど、ダーク系カラーのタキシードに合わせるとスタイリッシュな印象に。

正統派な印象のカマーバンドと、茶目っけのある蝶ネクタイとの組み合わせもなんだか新鮮です♪

カマーバンドはハイウエスト効果もあるため、脚を長く見せてくれるのも特徴。

挙式会場でのヴァージンロードや披露宴でのテーブルラウンドなど、新郎新婦さまは歩くシーンが多いので、脚長見せは重要です◎

 

 

スタンダードなタキシードとの組み合わせももちろん素敵ですが、こんな個性派タキシードとの組み合わせはいかがでしょうか♪

実はこの写真、お花で隠れて見えないのですがカマーバンドを合わせたコーディネイトなんです。

ちょっぴり勇気が必要なおしゃれタキシードも、カマーバンドや蝶ネクタイを組み合わせることでクラシカルな印象が増し、挑戦しやすくなります◎

 

 

今季少しずつ人気が上昇しつつあるタキシードアイテム、カマーバンド。

近年のファッショントレンドでもある“レトロ感”と、スタイルアップが期待できる機能性の高さが特徴です。

ブログにてご紹介した以外にも、サロンでは数多くのお写真やコーディネイト例をご用意いたしております。

もっともっとカマーバンドの世

界に触れてみたいという新郎さま、ぜひスタッフまでお声がけくださいませ♪

 

 

 

コーディネイトの要!ドレス試着と共にブーケもチェック♪

ドレスやブライダルジュエリーのほかにも、多種多様な小物が存在するウェディングシーン。

それらのバランスを見つつコーディネイトを組むのが、お衣装を決める上での重要なポイントとなるのは皆さんご存知ですよね。

ほかにもヘアスタイルやブライダルジュエリーなど、ウェディングシーンでは数えきれないほど多くのアイテムが登場します。

それらはすべて事前のお打ち合わせにて決定します。

ドレスが決まったあとはジュエリーなどの小物打ち合わせを行い、その後ヘアメイクスタッフと髪型などを相談しますよね。

その際に小物を実際に手に取ってみたり、ヘアスタイルもリハーサルを行ったりと、ご自身の目で確かめていくことがほとんど。

ところが、本番当日になってみないと実物を見ることができないものがあるんです。

主に生花を使用して作られる、ブーケです。

 

 

当日の朝、最もコンディションの良いお花を選んで作るブーケは、結婚式本番にならなければ見ることができません。

もちろん、造花やドライフラワーを使ったアレンジブーケもありますが、やはり根強い人気を誇るのは生花のブーケです◎

当日になるまで、お衣装やほかの小物とのバランスを見ることができないのは、やはり不安が残るもの。

そこで、ルーブル・ブライダルサロンでは様々な種類のブーケをご用意しております。

 

 

今回新たに加わったのが、こちらのリースブーケ♪

クリスマスシーンなどで見られる、リースのように輪の形をしたブーケのことを指し、近年人気が高まっているブーケの1つなんです。

手首にかけるタイプのブーケなので、ドレスでの慣れない移動の際にも両手が空いて安心するのも人気の秘密◎

とはいえ、まだまだ見る機会の少ない最新トレンドブーケなので、ドレスとの相性チェックは必須!

花嫁さまからのリクエストも多かったこちらのブーケを、今回新たに取り入れましたのでご紹介させていただきます♪

 

 

細めの枝を使用しているので、ナチュラルで可憐な雰囲気を演出するのにぴったり◎

白・グリーンを基調としながらも、アクセントに紫を取り入れているのがポイント。

かわいらしさと大人っぽさの両方を兼ね備えた、まさに“大人かわいい”が叶うデザインです♪

 

 

メインの花材にはマーガレットが使われており、その花言葉は「信頼」や「真実の愛」「優しい思い出」など。

儚げでありつつ、しっかりとしたメッセージを秘めているのが魅力的です♪

バラは主にピンクに近い薄紫から濃い紫にかけて、グラデーションとなるお色味を使用。

同じお色味でも濃淡を持たせることで、クールにもキュートにも合う優秀アレンジとなっています◎

 

今季もトレンドが続いている袖付きドレスのなかでも、フレアやパフスリーブタイプとの相性は抜群!

小花をベースにアレンジがされているので、肩口にボリュームのあるドレスでも派手すぎる印象になる心配もありません♪

 

 

こちらは、本番当日実際にリースブーケを使用された花嫁さまのお写真。

ベースのデザインは先ほどのものと大きく変わりないのですが、グリーン×紫がメインのちょっぴり大人っぽいデザインがポイントです。

グリーンの柔らかい雰囲気も、濃い紫が加わることで全体にメリハリが生まれスタイリッシュなイメージにもぴったり◎♪

 

 

こちらも、実際の花嫁さまが使用されたもの。

アンティーク調のブーケで、おしゃれな雰囲気たっぷりです。

インテリアトレンドにもなっているドライフラワーをベースにしたリースブーケは、こだわり派の花嫁さまにおすすめ◎

かわいらしいイメージが先行するスズランも、ドライにすることでグンと大人っぽさが増し、落ち着いた雰囲気に。

くすんだお色味の花材を使用していることもあり、アンティーク調の質感が魅力的。

繊細なレースをたっぷりとあしらったドレスや、スレンダーラインのドレスなどにぴったりです♪

 

 

このように、あらかじめリースブーケとドレスとの相性を確認しておくだけで想像力がアップするもの◎

そうすることで、よりドレスにぴったりのブーケをチョイスできるんです♪

 

 

ブーケが1つ変わるだけで、全体の印象はガラッと変わるもの。

特にデザイン性の高いリースブーケは、コーディネイトのなかでも重要なポイントとなります。

だからこそ、事前のチェックが大切なんです◎

当サロンではリースブーケのほかにも、様々な種類のブーケをご用意しております。

できる限り本番に近いスタイリングをチェックし、より結婚式当日が楽しみになりますように。

そんな願いを込めて、ご用意した様々なウェディングアイテムたち。

ぜひともご試着の際に役立ててくださいね。

 

 

 

こだわりたっぷり!先輩カップルさまのウェディングレポート♪

11月に入り、2018年もいよいよ残り約2カ月となりました。

鮮やかな紅葉やイルミネーションが写真映えすること間違いなしのこの季節、ご結婚式を控えていらっしゃる新郎新婦さまは多いのではないでしょうか。

秋・冬ウェディングを控えたお客さまに向けて、本日は先輩カップルさまをご紹介したいと思います!

 

 

なんともロマンチックなこちらのショット。

お2人は人気会場「En Fance」にて挙式を迎えられました。

随所にこだわりを持ったとってもおしゃれな花嫁さまと、その想いを何よりも尊重してくださる優しい新郎さま。

そんなお2人のウェディングは、スタッフから思わず感嘆の声が挙がってしまうほどに絵になる素敵なものでした。

 

 

新郎さまが挙式シーンのお衣装として選ばれたのは、スタンダードな白タキシードにピンクのベストを合わせたコーディネイト。

スタイルの良さと爽やかな印象がより際立つ白のタキシードは、笑顔が素敵な新郎さまにぴったりでした。

定番タキシードにピンクのベストを合わせたのは、実は新婦さまの好きなお色がピンクだから。

新婦さまを大切に想っていることがよく伝わる、素敵なエピソードですよね♪

 

新婦さまは繊細なつくりのレースが美しい、マーメイドラインのウェディングドレスをチョイス。

お衣装選びを始めた当初から、ドレスのラインはマーメイドと決めていたそう。

当サロンでも数多く取り揃えているマーメイドラインのドレスのなかから、ピンと来たものを直観で選ばれました◎

マーメイドタイプのドレスは、女性らしい身体のラインをきれいに見せてくれるのが特徴。

スタイル抜群の新婦さまに、とってもお似合いでした♪

 

 

こだわり派の新婦さま、実はお衣装小物からご披露宴で使用される小物まで、そのすべてをご自身でご用意されたんです!

そのこだわりはお写真からもしっかりと伝わってきますよね◎

1つ1つすべてを手作りで準備するのはとてつもなく大変な作業なのですが、だからこそ統一された世界観が生まれるんです。

 

 

お色直しには、華やかなドレスをご希望されていた新婦さま。

華やかでドラマチックな雰囲気が魅力の、星空ドレスを選ばれました。

今季トレンドの星空ドレスは、華やかさと大人っぽさを併せ持った優秀ドレス◎

ベースのネイビーカラーが夜空をイメージさせる1着なので、星のようにキラキラと輝くヘッドドレスを組み合わせました。

あえてシンプルに下ろしたポニーテールスタイルが、全体のバランスを取る絶妙な役割を果たしてくれています。

 

 

新郎さまのお色直しタキシードには、新婦さまのドレスと合わせたマットブラックのものをチョイス。

お2人が並んだ時のお衣装バランスを見るのも、私たちスタッフの大切な役目です◎

挙式時は、上質な大人の魅力が光るコーディネイト。

そしてお色直し後は、トレンドをばっちり押さえたおしゃれ上級者コーディネイト。

全く異なる雰囲気ですが、新婦さまの手作り小物のおかげで一貫したイメージが保たれています♪

 

 

いかがだったでしょうか?

こだわりと信念を持ち、お2人のウェディングにたくさんの夢を詰め込んだ新婦さま。

そんな新婦さまの夢や憧れを尊重し、優しく寄り添ってくれた新郎さま。

喜びと共に困難も数多く待ちうけるウェディング準備も、お2人を見ているとめいっぱい楽しめるような気がしてきます◎

そんなお2人を間近で見てきたスタッフだからこそ、お伝えできるアドバイスもたくさんあるはず。

悩んだ時・壁にぶつかった時には、お気軽にご相談くださいませ。

皆さまのウェディングが素晴らしいものになりますように、スタッフ一同心より願っております♪

 

 

おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

11月に入り、秋から冬へとだんだん季節が移り変わっていく今日この頃。

ブライダルシーンでは、紅葉などの日本らしい景色が増えてくるこの季節は特に、和装の人気が高まるシーズンでもあります。

そこで今回は、和装のなかでも人気がグングンと上昇している色打ち掛けの掛下アレンジをご紹介したいと思います◎

 

 

そもそも、掛下とは何かといいますと、白無垢や色打ち掛けの下に着ている着物のことを指すのですが、そのお色味は“白”と昔から決まっていました。

白無垢はすべてを白で統一するものとされていましたし、文様などで豪華さを表した色打ち掛けを引き立てるものとされていたからです。

しかし、挙式スタイルに始まり、お衣装や小物など様々なシーンが多様化してきた近年。

“掛下は白”という決まりも取り払われ、コーディネイトをもっと自由に楽しむというスタイルが増えてきました。

 

とはいえ、白がベーシックとされていた掛下のアレンジは難しいもの。

普段着とも異なるため、そのコーディネイト方法に頭を悩ませている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちサロンスタッフの出番です♪

新作の掛下を使ったコーディネイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ご紹介するのは、こちらの柔らかなグリーンの掛下です。

若草色とも呼べる優しいお色味の掛下には、同じくふんわりとしたカラーリングの色打ち掛けがぴったり。

ピンクや黄・朱色などたくさんのお色味が使われていますが、ペールトーンで統一されているので派手な印象はありません◎

もちろん、白の掛下との組み合わせも格式高く上品な雰囲気で素敵です。

ですが、グリーンの掛下を合わせることで色打ち掛けの淡いカラーが浮かび上がり、その魅力が存分に発揮されるんです♪

 

 

“末広(すえひろ)”と呼ばれる扇子や、化粧ポーチの役割を果たす“筥迫(はこせこ)”は、えんじ色のものをチョイス。

全体的に淡いお色味のコーディネイトなので、引き締め効果のあるカラーを足してあげるのがポイントです◎

 

 

新郎さまとのコーディネイトバランスも重要。

カラーリングはグリーンで合わせて統一感を出せば、2人が並んだ時にちぐはぐな印象を与える心配もありません♪

袴のグリーンには、深い色味のものを持ってくるのがオススメ。

グリーンが持つ知的なイメージに、凛々しさがプラスされること間違いなしです◎

 

 

ちょっぴり難易度が高い掛下アレンジ。

だからこそ、コーディネイトの幅が一気に広がるので、おしゃれ好きな花嫁さまにはぜひとも挑戦していただきたいアイテムです◎

ルーブル・ブライダルサロンでは多種多様な掛下と、たくさんのコーディネイトパターンをご用意しております。

一歩先を行く掛下アレンジを、どうぞお楽しみくださいませ♪

 

 

ワンポイントアドバイス付き!ヘッドアクセサリー4選

ティアラや生花が主流だったヘッドアクセサリー。

最近では、カチューシャやボンネなどのアイテムが注目を浴びているのをご存知でしょうか?

そのモチーフも様々で、根強い人気のビジューやボタニカルデザインの流行による小枝モチーフなど。

バラエティに富んだラインナップに、頭を抱えている花嫁さまも多いはず。

本来であれば1つ1つのアイテムをドレスと共にお試しいただくのですが、時間の都合などからそれも難しいのもまた事実。

本日はそんなヘッドアクセサリーたちを、ワンポイントアドバイスと共にご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてみてくださいね!

 

 

 

【気分はまるでプリンセス!王道アクセサリー・ティアラ】

「ウェディングドレスといえばティアラ!」と言うほど、長年愛され続けてきたのがこちらのアイテム。

大小様々な宝石やスワロフスキーが散りばめられており、ティアラ1つで一気に華やかな印象に。

正統派な花嫁さまのイメージが定着していることから、ゲストの顔ぶれや年齢を問わずお選びいただけるというのが特長です◎

 

★ワンポイントアドバイス★

ティアラそのものが華やかな存在感を放つので、メイクやその他アイテムとのバランスが重要!

大ぶりの石があしらわれたティアラには、シンプルデザインのイヤリングをチョイス。

キラキラと輝く石がたっぷり使われているものには、ラメ感を抑えたセミマットなメイクがぴったり。

引き算のコーディネイトで、パーフェクトなバランスを作り上げるのがポイントです♪

 

 

 

【季節感も楽しめる!イメージ変幻自在の定番アイテム・生花】

お色直し時の定番アイテムといえば、生花ですよね。

人気の理由は、そのアレンジ幅の広さにあります。

アップヘアはもちろんハーフアップやショートヘアなど、どんなヘアスタイルにも合うのが何よりの特長です♪

加えて、チョイスするお花の種類によって季節感を表現できるのも魅力的ですよね。

他にも自分だけのキーワードとして、花言葉を取り入れられるのも嬉しいポイントです。

 

★ワンポイントアドバイス★

年間を通して人気のアイテムだからこそ、最新トレンドをいち早く取り入れて!

ボタニカルブームが続く今は、グリーンを多めに取り入れるのがトレンド。

お花なら、すずらんなどの小ぶりのものが人気です◎

気軽に流行を取り入れられるのが生花の良さでもあるので、ちょっぴり大胆に遊び心たっぷりのアレンジにしてみるのもおすすめ♪

 

 

 

【クラシカル感が魅力!レトロ×モダンなボンネアレンジ】

レトロブームでもある今、改めて注目されているのがこちらの“ボンネ”です。

“ボンネ”とは、60年代に流行した“つばなし帽子”を指します。

バレッタと比べると大ぶりなデザインのものが多く、平面的なアクセサリーでありながらインパクト十分なのが特徴◎

ロイヤルウェディングのような気品溢れるアレンジが叶うので、“大人かわいい”を目指す花嫁さまにぴったりです。

 

★ワンポイントアドバイス★

存在感抜群のアイテムなので、ヘアスタイルはあえてストレートにする等のギャップ作りがおすすめ!

アップヘアの結び目に付けるのが、オーソドックスなアレンジ。

もちろんそれでも充分かわいいのですが、トレンドの最先端を目指すおしゃれな花嫁さまには、ぜひストレートヘアに合わせてほしいです!

現在トレンドの洗いざらしのようなウェッティーヘアに合わせて、ギャップを楽しんでみてください♪

お写真のような、アップヘアでのアレンジを楽しんだあとのお色直しで取り入れてみるのもおすすめです◎

 

 

【プラスワンアイテムで簡単ボタニカルアレンジ!小枝カチューシャのススメ】

最後にご紹介するのが、こちらの小枝カチューシャ。

グリーンの花材や、くすみ系カラードレスの流行により登場したボタニカルアレンジ。

ナチュラルで気取らない雰囲気が魅力ですが、一体どうやってアレンジすれば良いのか悩んでいる花嫁さまも多いそう。

そこでおすすめなのが、プラスワンするだけであっという間にボタニカルなイメージに近づけてくれる“小枝カチューシャ”なんです。

お写真のようにシンプルデザインのベールと合わせれば、自然が似合うナチュラルコーディネイトに大変身!

 

★ワンポイントアドバイス★

組み合わせる生花やグリーンも、小ぶりのものを選んで統一感を出すのが吉!

バランスを取るのが意外と難しい、ボタニカルアレンジ。

ですが、カチューシャのモチーフとなっている小枝と同じように、その他のアイテムも小ぶりデザインのものを選べばOK!

レースなら目の細かいもの、ジュエリーは一粒パールなどがぴったりです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

一見するとコーディネイトを組むのが難しそうなアイテムも、ポイントを押さえれば安心!

ブログにてご紹介した以外にも、アレンジ方法はたくさんございます◎

どうぞお気軽にスタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

 

最新トレンドヘア3選!

1年で最も人気のウェディングシーズン・秋。

そんな秋のウェディングでは、和装を選ばれる方がたくさんいらっしゃいます。

和装婚としては春も同様に人気のシーズンとなっているのですが、季節をイメージさせる色彩が日本らしさに溢れているからかもしれませんね。

そこで今回は、これからヘアの打ち合わせをされるであろう、秋・冬ウェディングを控えた花嫁さまに向けて最新ヘアスタイル3選をお送りいたします♪

 

 

まずはこちらの、白無垢に合わせたスタイリング。

前髪をすっきりと上げたアップスタイル。

額(ひたい)の丸みは女性らしさを象徴しており、古き良き日本の美を体現する白無垢にぴったりです◎

普段のヘアスタイルとはまったく異なるおカツラを選ぶのは、なかなか勇気が出ないかもしれません。

しかし、おカツラを彷彿とさせるアップスタイルの洋髪なら、ヘアチェンジも気軽に行えるので挑戦しやすいはず♪

 

 

ヘッド装花には、赤と白のバラをメインとした生花をチョイス。

一輪の真っ赤なバラが、とってもドラマチックです◎

白無垢×バラという和洋折衷な雰囲気も素敵ですよね。

 

 

次にご覧いただくのは、色打掛×アップスタイルの組み合わせ。

こちらのスタイリングはぴっちりと結い上げるのではなく、ウェーブをかけた髪に空気を含ませながらまとめるのがポイントです◎

髪と髪の間に空間をつくることでシルエット全体に柔らかさが生まれ、タイトでクールなイメージのまとめ髪も、パステル調の色打掛にマッチするように♪

 

 

ヘッド装花には、打掛に描かれたお花と同じものをチョイスして。

そうすることで、コーディネイト全体に統一感が生まれます。

この方法は、特に装花に2色以上のお色味を取り入れる際におすすめです◎

 

 

最後は、大人っぽいロイヤルブルーのカラードレスに合わせたヘアスタイルをご紹介。

ポニーテールのように見えるこちらのアレンジ、実は今人気のハーフアップヘアなんです!

下ろされた下半分の髪を、前ではなく後ろに流すのがポイント。

小さな違いですが、こうすることで前はすっきり大人っぽく、後ろはボリューミーでキュートな雰囲気に。

かわいらしさが全面に出て子どもっぽく見えやすいハーフアップも、フェイスラインを見せることで程よいかわいさをキープしつつ、きちんと感も演出できちゃうんです♪

 

 

こちらは、同ヘアスタイルをレモンイエローのカラードレスに合わせたバージョン。

ドレスのお色味やラインを選ばないオールマイティなヘアアレンジという点も、現在の人気につながっているのかもしれませんね。

ヘッドアクセサリーには生花を合わせているのですが、トレンドのバックカチューシャなどもおすすめ◎

もちろん、定番人気のビジューもきっと似合うはず♪

ご試着の際に、ぜひお試しくださいませ。

 

 

今回は、ヘアスタイルにフォーカスを当てたブログをお送りさせていただきました。

多種多様なアレンジがある今だからこそ、意外と決まらないヘアスタイル。

当サロンのスタイリストは、ヘアスタイルも含めたトータルコーディネイトをご提案させていただきます。

お衣装のことだけでなく、お悩みの際はどうぞお気軽にご相談くださいね。

皆さまのご来館を、スタッフ一同お待ちいたしております。

 

 

ブライダルエステサロン“ワヤンサラ”特別優待券のご案内

結婚式当日に向けて準備するものは、会場や衣装・小物類といったアイテムだけではありません。

特に花嫁さまはヘアカラーやネイルにまつげエクステなど、準備物は多岐にわたります。

準備の際時間やコスト以上にかかるのが、お店のチョイスやご予約などの下準備なんです。

なかでもエステサロンは馴染みがないという方も多く、「どのサロンにすれば良いのか悩んでいました」というお声をよく聞きます。

そこで今回は、当サロンおすすめのエステサロンとおすすめコースをご紹介いたします♪

 

 

こちらがおすすめのブライダルエステ専門店“ワヤンサラ”です。

ブライダルエステを専門にしているため、先輩花嫁さまからのご紹介実績が業界随一なのも安心ポイントの1つ。

さらに各地域の“地域保健法”に基づいた衛生・設備基準を満たしている専門店として、業界で唯一の保健所認可を受けているという点もポイントですね◎

 

 

サロンが決まって、次に悩むのがどのコースにするかということ。

調べれば調べるほどに、「あれもこれも」と混乱してしまって…という方におすすめなのが“背中シェービング”です!

効果を実感しづらいエステですが、“背中シェービング”は施術するのとしないのとではその違いが一目瞭然◎

というのも、ドレスというのは普段はなかなか目に触れることが少ない“背中部分”が最も衣服だからです。

ゲストの視界に入ることも多いので、当日はボディファンデーションを使用します。

この時お顔と同じように、シェービングをしているかどうかでファンデーションのノリが大きく変わってきます。

 

ご予約・施術時期の目安については、

<予約>挙式の21日〜14日前まで

<施術>挙式の7日〜前日まで

上記の通りとなっております。

 

 

エステと聞くと、高価で敷居が高いイメージがあるかもしれません。

そんなお悩みをお持ちの花嫁さまのため、ルーブル・ブライダルサロンご紹介の「特別優待券」をご用意いたしました!

お気に入りの衣装を、今の自分が自分史上最もキレイと胸を張って身につけていただけますように。

まずはぜひ無料相談会に足を運んでみてくださいませ◎

 

 

今回ご紹介したサロン“ワヤンサラ”のパンフレットや「特別優待券」は、すべて当館試着室内のテーブルにてご用意いたしております♪

ご試着にお越しの際は、ぜひお気軽にお持ち帰りくださいませ。

 

 

ドレスのご紹介!トレンドのソファスタイル披露宴にぴったり♪

ウェディングシーンでは、お衣装やヘアスタイルのトレンドと同様に挙式スタイルも変化していくことをご存知でしょうか?

ブライダル業界に身を置いている人にしか、そのトレンド状況は届いてこないもの。

しかし、これから挙式・披露宴を迎えようとしている新郎新婦さまにとっては、何より必要な情報です。

本日のブログでは、まさに今移り変わりつつあるウェディングシーンでの流行をお届けしたいと思います◎

 

 

披露宴では、新郎新婦さまは高砂(たかさご)と呼ばれる席に座るのが一般的。

しかし、近年のカジュアルで親しみやすいウェディングが好まれる傾向にある事も影響し、この高砂スタイルが変化してきました。

それが、高砂席を作らずに新郎新婦さまのお席としてソファを用意するスタイルです。

ソファ席であれば、ゲストテーブルとの高低差が生まれることもありません。

そのため、新郎新婦さまとより近い距離で過ごしていただけるんです◎

 

 

披露宴での座席スタイルが変わると、共に変化するのがゲストの目線。

ソファ席になることでゲストとの間を隔てるものがなくなり、お衣装全体がゲストの視界に入ることになります。

そのため、これまでのバストアップだけではなくドレス全体が見られることを考慮して、お衣装を選ぶ必要が出てきました◎

 

本日のブログでは、新たな披露宴スタイルでもゲストの視線を釘づけにできちゃうドレスたちをご紹介いたします♪

 

 

たとえば、スカートの裾にレースがたっぷりとあしらわれているドレス。

レースなら派手すぎるイメージもないので、気品あふれる大人の女性らしい雰囲気が手に入るはず♪

 

 

また、レースは小さな動き1つで重なり方が変わるもの。

花嫁さまが動くたび表情を変えるので、どの瞬間もけっして見逃すことができません◎

 

 

 

ほかにも、スカートやトップス部分にポイントがついているものもおすすめ。

アクセントが1つあるだけで、ゲストに与える印象も変わるもの。

こちらのドレスのように、ベースカラーはシンプルなお色味でも大胆にあしらわれたコサージュでゲストの視線を独り占めです♪

 

 

こちらのドレスのように、裾に異なるデザインを取り入れるのも人気となっています◎

同じ素材を使用していてもカッティングやレースのデザインが異なるだけで、座った際にドラマチックな動きを見せてくれるんです。

 

 

さらに、スカートのベースカラーとトレーンのお色がツートンカラーになっている個性派デザインも♪

トレンドをしっかりと押さえたツートンカラーで、おしゃれな花嫁さまも納得の1着です。

このツートンカラーに合わせて、新郎さまのチーフやネクタイを選んでみるのもおすすめ♪

 

 

ドレスを選ぶ際のポイントとしてよく挙げられるものには、お色味・ドレスライン・生地の素材、などがあります。

昨今の挙式・披露宴スタイルの変化から、更に“どのシーンでどんな風に見られるか”も選択ポイントに加えるべきかもしれません。

どう見られるかはどう見せたいか、に繋がるもの。

その点を考慮することで、新婦さまの目指す花嫁さま像を叶える近道になる可能性も◎

ご試着の際、ご自身のウェディングスタイルをぜひスタッフにお聞かせくださいませ。

お2人のウェディングシーンにぴったりのお衣装をご用意させていただきます♪

 

 

毎年人気!秋の和装フォトウェディングをご紹介♪

酷暑となった2018年、平成最後の夏。

そんなひと夏も、もうそろそろ“晩夏”を迎えようとしています。

“晩夏”とは夏の終わりのことを指し、大体8月下旬から9月上旬のことを呼びます。

まだほんの少し残る夏の香りと早くも訪れる秋の音、その両方が感じられる今の季節。

春・夏ウェディングのお客さまは無事本番を迎えられ、当サロンには次の秋・冬ウェディングに向けてたくさんの新郎新婦さまがご来館くださる季節でもあります。

 

そんな新郎新婦さまにぜひともご紹介したいのが、ルーブル・ブライダルサロンのプランの中でも特に人気の前撮りプランです。

前撮り撮影で最も人気なのが、春の桜シーズンと秋の紅葉シーズン。

 

 

そんな人気シーズンの前撮りフォトプランの受付が、今年もスタートいたしました!

 

 

白無垢姿の新婦さまのお姿と、赤い絨毯とのコントラストが美しいこちらの1枚。

日本の伝統文化の1つである白無垢も、日本らしい紅葉をバックにすることでその魅力がいっそう引き出されていますよね♪

 

 

一口に紅葉といっても、撮影日が微妙に異なったり撮影場所が変わることによって葉の色目もまったく別のものに。

その日・その場所でしか残せないシーンがあるのも、ロケーションフォトの醍醐味ですね。

 

 

準備にかかる時間やヘアチェンジの難しさから挙式本番では挑戦が難しい“おかつら”も、前撮り撮影なら叶うんです◎

1度は夢見たことのある正統派の和装ウェディング、挑戦してみてはいかがでしょうか♪

 

 

打って変わって、こちらは赤や黄色の紅葉カラーとのコントラストが美しい洋装姿での前撮り写真。

もちろん、ルーブル・ブライダルサロンでは洋装でのフォトプランもご用意しております◎

輝く黄金色や、趣深い紅色の葉。真っ白なドレス。

それぞれとの対比で生まれる和洋折衷の雰囲気は、なんだかノスタルジックなおしゃれさがありますね♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

日本らしい風景を写真に収めるには打ってつけの、秋フォトウェディング。

毎年大好評のこのシーズン、今ならまだご予約可能となっております!

秋らしさがグンと増す9月に入ると、お問い合わせ数が急増いたします。

この機会をお見逃しなきよう、お早めのご予約がおすすめです♪

 

 

先輩カップル様 ~当日レポート(*^_^*)~

鶴見ノ森迎賓館にて、お式を挙げられましたお客様のご紹介です。
 

 

挙式当日は、ウエディングドレス・カラードレス・和装の
3点をお召しになりました。


 


 

お衣裳選びのときから、本当にお2人との時間が楽しくて
いつも笑っていたように思います。
いつもニコニコ明るく気さくな新婦様は、
いらっしゃるだけで周りの皆をハッピーにしてくれるそんな素敵な方です♪

そんな新婦様ととっても仲良しで何事にも丁寧な新郎様。
優しさが滲み出た笑顔とトークで楽しい時間を作ってくださったこと、本当に感謝しております。
 

ご家族様とも、一緒にご来店下さり、
お二人共本当にお似合いなお衣裳を、皆様でチョイスされました。

 


結婚式当日のお写真を拝見すると、
こちらもとても幸せな気持ちになります。
一生忘れることのできない素晴らしい1日を過ごされたことと思います。

初めてお会いしたときから長い準備期間を一緒に
お手伝いさせて頂けたこと、
数あるドレスショップの中からルーブルでお決め頂けたこと、心より嬉しく思います。
 

 

これからもドレスコーディネーターとして、
新郎新婦さま・ご家族さまの大切な結婚式の
お衣裳のお手伝いを精一杯務めていきます。
どうぞお気軽に何でもご相談くださいませ。

先輩カップルご紹介♪ナチュラル×ガーリーコーディネート

こちらは、円形の温かみあるチャペルが特徴の会場・En Fanceにて式を挙げられた先輩花嫁さまのお写真です。

 

 

ウェディングドレスとしてチョイスされたのは、シンプルかつ高級感のあるサテン生地の1着。

1番のポイントは、写真映えバッチリのロングトレーン♪

かつては長ければ長いほど、身分の高さを表したとされるトレーン。

現代では長いデザインのものはゴージャスなイメージがありますが、サテン生地なら優雅で気品あふれるイメージに。

トレンドのオフショルダーを取り入れているので、“伝統的なスタイル”と“今っぽさ”のバランスも抜群ですね。

 

 

ピュアホワイトのサテン生地は光を優しく反射してくれるので、室内でもお顔を明るく見せる“レフ板”の効果も発揮。

ブーケに使用されているグリーンと、会場の雰囲気との相性も◎。

 

 

ヘッドアクセサリーは、キラキラと輝くリーフデザインのものをチョイス。

いつでも明るくにこやかな新婦さま。

ヘッドアクセサリーも含めたドレスのご試着を、いつもとても楽しみにしてくださっていました。

新郎さまは「どちらが似合うか」「どれが良いか」など、新婦さまの言葉1つ1つにしっかりと向き合ってくれる優しい方でした。

そんなお2人の姿に、スタッフの心もとても温まりました♪

 

 

カラードレスは、かわいらしいラベンダーカラーの1着を選ばれました。

ふんわりと広がるチュールスカートも、ボリュームを抑えることでナチュラルなイメージに。

折りかさなるチュールが自然な色の濃淡を生み出し、動くたびロマンチックな雰囲気を演出していました。

サイドに下ろした髪にあしらったピンク系の生花たちのおかげで、ガーリーさもしっかりと表現◎

 

 

先輩カップルさまの実際のコーディネートを見ると、より当日のイメージが湧いてくるもの。

まだまだ本番の様子がイメージできないという方や、コーディネートに迷っているという方。

先輩カップルさまのお写真を見て、理想のコーディネートを見つけてくださいね♪

多数のお写真をご用意して、スタッフ一同ご来館のご予約を心よりお待ち致しております。

 

 

最新トレンド情報!人気ブーケデザイン4選

花嫁さまの手元を華やかに彩るブーケ。

あまりイメージがないかもしれませんが、実はブーケにもトレンドがあるんです◎

いわゆる派手婚と呼ばれるスタイルや昨今人気のナチュラルスタイルなど、流行のウェディングスタイルと共に変化していくのがブーケトレンド。

そしてそのブーケは、コーディネイトを考える上でとても重要な役割をはたしています。

そこで今回は、普段なかなか知る機会の少ないブーケのトレンドについてご紹介したいと思います♪

 

 

まずはこちらのリーフブーケ!

ゲストハウスなどでのガーデンウェディングが流行となり、ナチュラル志向が強まっている昨今のウェディングシーン。

もちろんコーディネイトの面でもその傾向は見られています◎

これまではガーベラやバラなどの色とりどりの花々をメインとしたブーケが主流でしたが、お写真のようなリーフ(葉)をメインとしたブーケが今のトレンド♪

柔らかなチュールや繊細なレース使いが特徴の、女性らしいドレスをカジュアルダウンしてくれるのがこのタイプ。

キュートさに寄りすぎてしまわないよう、上手にバランスを取ってくれるんです。

お花がメインのブーケと比べ、予算を抑えられるのもリーフブーケの良いところ◎

リーズナブルなブーケなので、その分でお色直しに合わせてブーケを変えることもできちゃいますね。

 

 

続いては、こちらのクラッチブーケ。

これまでのブログでも何度か登場しているほど、現在最も人気なブーケタイプの1つです♪

その特徴はグリーンやお花たちを、摘んできたそのままの形で1つに束ねたかのようなナチュラル感にあります。

通常ブーケは長さや太さの異なる植物を綺麗に揃え、水分を含ませた布などで包んで作るもの。

こちらの方がお花の持ちが良いとされているので、挙式・披露宴から2次会までと長時間の利用を考えている場合は通常タイプがおすすめです◎

反面、クラッチブーケはデザイン性が高く、より写真映えするタイプのため前撮り撮影などにもぴったりです♪

 

 

1種類のお花を中心にスズランを添えたクラッチブーケなら、一気にかわいらしいイメージに!

2次会などで活躍するショート丈のドレスなどにもマッチしそうですね。

 

 

次にご紹介するのは、こちらのボタニカルブーケです。

最初にご紹介したリーフブーケと同様に、お花を使わずにリーフなどを中心としたタイプ。

トレンド感やデザイン性の高さが抜群なので、おしゃれに敏感なこだわり派の花嫁さま必見です◎

リーフは1枚ごとの形や大きさの差も大きく、色味も異なるため色合いの違いも楽しめます。

お写真のほかに今流行になりつつあるのが、多肉植物をメインとしたボタニカルブーケ。

特徴的なフォルムがおしゃれで、また個性もバッチリ表現できると話題になっているんです♪

お花やリーフを中心としたブーケに、1種類の多肉植物を加えるだけで全く違った印象に。

ドレスのデザインも選ばないので、1度試してみてはいかがでしょうか★

 

 

最後にご覧いただきたいのが、こちらのリースブーケ。

定番デザインが大多数を占めるブーケ選びのなかでも、目新しいイメージのあるこちらのタイプ。

腕に通せるという持ちやすさや見た目のインパクトから、実は今、人気に火がつきそうなデザインなんです♪

キャンドルサービスやお写真撮影でのテーブルラウンドなど、披露宴は特に移動するシーンが多いもの。

そのため、動きやすさはぜひとも押さえておきたいところ。

リースブーケなら腕を通すだけでOKなので、移動中も両手を空けておけるのが嬉しいですね◎

日本ではまだまだチョイスする人が少ないこちらのブーケなら、人とかぶってしまう心配もありません。

人とは違う、個性にあふれたウェディングをしたいという花嫁さまにも打ってつけです!

挙式後おうちで飾る際には、飾る場所を選ばないというメリットも。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

ネット環境が整ったこともあり、ドレストレンドなどもキャッチしやすいこの頃。

しかし、ブーケの最新トレンドまではなかなか耳に入ってこないことも確かです。

当サロンのスタッフは、お衣装だけでなくウェディングに関する幅広い流行をチェック◎

お衣装選びと共に、様々な面でのコーディネイトをお楽しみいただければと思います。

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

1 2 3 4 5