Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

予約受付スタート!紅葉シーズン★前撮りフォトプラン

年間を通してご好評いただいている「前撮りフォトプラン」。

この度、9月~11月期間のご予約がスタートしましたのでお知らせいたします。

秋から初冬にかけてのシーズンで人気なのが、和装での前撮り。

暑さもやわらぎ、過ごしやすくなってきた9月~11月は慣れない和装を切るのにぴったりの季節です◎

 

 

秋といえば、紅葉!

赤やオレンジに色づいた木々は、太陽に照らされ輝く白無垢との相性抜群。

美しいコントラストに、思わずためいきが漏れてしまうほどです♪

秋色に染まった木々にあわせ、ヘッドドレスの生花を赤やオレンジに統一するのがおすすめのコーディネイト。

こちらのお写真のように、ドラマチックな1枚が残せること間違いなしです◎

 

 

紅葉をバックにしたお写真は、実は洋装にもマッチするんです。

第一礼装用のハットを合わせれば、和洋折衷の大正レトロコーディネイトに♪

新婦さまの小物にはマリアベールやボンネを合わせ、クラシカルにまとめればお二人のお衣装バランスもばっちりです!

 

 

こちらは、紅葉の鮮やかな彩りに溶けこんだ色打掛での1枚。

色打掛のなかでも、赤を基調としたものは紅葉写真のベストパートナー。

ひとくちに紅葉といっても、紅~朱色など色味はさまざま。

そのため、多種多彩なトーンの赤色打掛とマッチするんです◎

さらに、黄金色のいちょうは色打掛にあしらわれた金色の刺繍とぴったり。

色彩豊かな紅葉と色打ち掛けは、意外にも親和性が高いんです♪

 

 

和装にも洋装にも、ぴったりマッチする紅葉シーズンの前撮り撮影。

そのお写真がいかに美しく魅力的かは、数枚のお写真を見ただけで伝わったのではないでしょうか。

だからこそ、このシーズンのご予約はとっても埋まりやすいんです。

9月~11月でのプラン利用をご検討中の方は、ぜひお早めにお問い合わせくださいませ!

スタッフ一同、お待ちいたしております♪

 

 

森の中のウエディング♪「鶴見ノ森迎賓館」先輩花嫁さま特集

多数の挙式会場と提携を結んでいることが魅力の1つでもある、ルーブル・ブライダルサロン。

なかでも人気なのが、大阪鶴見区にある「鶴見ノ森迎賓館」です。

1990年に花博が開催されたことで知られるこの場所は、大阪の都心でありながら豊かな緑を満喫できる絶好のリゾートウエディングスポット。

今回はそんな「鶴見ノ森迎賓館」にて式を挙げられた、“先輩花嫁さま特集”をお送りいたします♪

 

 

まずご紹介するのは、木のぬくもりが感じられるチャペルでのお写真。

壁や天井にはたくさんの木が使用されており、肩肘はらないナチュラルなウエディングをご希望の花嫁さまにぴったりのチャペル。

大きな窓からはたっぷりの自然光が入り、お二人の表情を明るく輝かせてくれること間違いなしです。

また、窓の外に大きな木や緑があふれているのも“森の中”をテーマにした会場ならでは♪

 

 

挙式・披露宴中の撮影でも、魅力的なロケーションがたっぷり!

ウッドチェアに腰かけたお二人は、いつもと変わらない自然な笑顔。

会場の雰囲気にぴったりな、グリーンのガーランドもキュートですよね♪

 

 

こちらは、「こもれびガーデン」での1枚。

その名の通り木々の間から光が差すこの場所では、挙式後にゲストとのひとときを楽しむことができるんです◎

とってもおしゃれなテントのなかには、色とりどりの花や緑がたっぷり。

アフターセレモニーのお時間も、ゲストと素敵なお写真を残していただけます♪

 

 

当日は、約4,000坪にもなる広い会場のすべてがお二人の貸しきり。

そのため、ボートに乗って入場するというサプライズ演出もできちゃうんです。

まるで物語の主人公になったかのような演出に、思わず心が躍ってしまいます♪

日常では得られない特別な体験の数々が、大切な1日に彩りを添えてくれるはず。

 

 

数々の提携会場のなかでも、高い人気を誇る「鶴見ノ森迎賓館」は非日常空間でスペシャルな演出ができるのも大きな魅力。

“森の中”をテーマにしたこちらの会場には、ご紹介した花嫁さまが着られていたような優しいカラーリングとやわらかなお衣装がぴったり◎

お衣装にぴったりの小物はもちろん、会場の雰囲気にマッチするブーケデザインなどトータルコーディネイトをご提案させていただきます。

今回ご紹介した以外にも、先輩花嫁さまのお写真を多数ご用意しております。

スタッフまでぜひお気軽にお声掛けくださいませ♪

 

 

「Summer ★ Bridal Fair」開催♪8月1日(木)~

梅雨も明け、本格的な夏到来といった今日この頃。

お盆休みという長期休暇を控え、里帰りとあわせてご親族さまへの挨拶をご予定されている方も多いかもしれません。

挨拶を済ませて、いよいよお衣装探しスタート!

そんな花嫁さまに向けて、当サロンでは8月1日(木)よりブライダルフェアを開催いたしております!

 

 

【Summer ★ Bridal Fair】

2019年8月1日(木)〜31日(土)

 

2020年冬に挙式・披露宴をご予定されている花嫁さまを対象とした当フェア。

今回は洋装と和装のどちらでもお選びいただける、とってもお得なブライダルフェアとなっております♪

 

 

ウエディングドレスとカラードレス。

スタンダードなデザインのドレスはもちろん、個性派ドレスなどバラエティに富んだラインナップでご用意しております。

トレンドを押さえたくすみカラーのドレスや多種多彩なドレスラインの展開など、思わず目移りしてしまうほど♪

 

 

ここ数年でどんどん需要が高まっている和装も多数ご用意!

数々の小物類をご用意しているルーブル・ブライダルサロンなら、白無垢や色打ち掛けも幅広いコーディネイトをお楽しみいただけるはず◎

 

ぜひこの機会をお見逃しなく!

ご来館予約はスタッフまでお気軽にどうぞ♪

 

 

 

マーメイドドレスを着こなす!おすすめドレスとコーディネイトアイデア集

Aラインやプリンセスラインなど、さまざまな種類が存在するドレスデザイン。

なかでも、上品かつエレガントなイメージを持つのがマーメイドドレスです。

ほかのものと比べて体のラインが出やすいということもあり、苦手意識をお持ちの花嫁さまは多いかもしれません。

しかし週に1・2着は必ずと言っていいほどご利用があり、根強い人気を誇っているんです。

そこで本日は、まだ見ぬマーメイドドレスの魅力をより多くの方に知っていただくべく、その魅力をご紹介したいと思います◎

 

 

こちらの新婦さまが着用されているのは、レース素材がレディな美しさを際立たせている1着。

ベーシックなラインデザインで、幅広いデザインの小物とも相性がよいのがポイントです◎

おすすめの小物は、写真のようなグリーンをメインに使用したクラッチブーケ。

トレンドのボタニカルブーケはグリーンを中心に作られていて、ナチュラル感・親しみやすさが魅力。

そのため、マーメイドドレスが持つ高級感をほどよくカジュアルダウンしてくれるんです。

ブーケで全体イメージをカジュアルダウンした分、ブライダルジュエリーはキラキラと輝くビジューデザインのものがおすすめ。

すっきりシルエットのマーメイドドレスと、大ぶりジュエリーの相性は抜群です!

 

トレーンが長いのもこちらのドレスの特長。

バージンロードに伸びる長いトレーンは、後ろ姿までもエレガントに演出してくれるはず♪

 

 

次にご紹介するのは、シンプルデザインのこちら。

こちらのドレスが持つ最大の特徴は、膝のあたりまで繊細なカットワークレースがあしらわれている点。

レースはデザイン性が高く、シンプルなマーメイドドレスに自然な立体感を生み出してくれます♪

カットワークレースが加わることで、ウエスト~ヒップラインをさりげなくカバーできちゃうんです。

これにより、多くの女性が抱く「スタイルに自信がない」というお悩みをすっきり解決◎

また、こちらはマーメイドとスレンダーのちょうど中間あたりのシルエットをしているというのもポイント。

マーメイドラインのエレガントさと、スレンダーラインのスタイリッシュさを兼ね備えている優秀ドレスなんです!

 

 

最後は、こちらのソフトマーメイドラインのドレス。

ソフトマーメイドドレスは、あまり耳なじみがないものの、実は“挑戦しやすいマーメイドドレスNo.1”なんです!

マーメイドドレスの良さは、ゆるやかにS字を描く曲線美にあります。

しかし、スタイルに自信のない方にとっては、はっきりと体のラインが出てしまうのはNG。

その点、ソフトマーメイドはふんわりとしたラインデザインをしているため、一般的なマーメイドドレスほどスタイルが気にならないんです。

「1度は着てみたいけど、あまり体のラインは目立たせたくない…」という花嫁さま必見のドレスとなっています♪

 

 

上品でエレガント、そして大人っぽくて美しい。

そんな多くの魅力を兼ね備えているマーメイドドレス。

「ドレス選びのなかでまだ1度も着ていない」という花嫁さまは、ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

 

ウエディングトレンド最新事情!フレア袖のドレスをご紹介

ここ数年続いているウエディングトレンドを代表するのが、袖付きデザインのドレス。

ルーブル・ブライダルサロンでも、日々さまざまなデザインの袖付きドレスが登場しています。

そんななか、今最も注目を集めている袖デザインが“フレア袖”。

本日は最新トレンド・フレア袖のウエディングドレス3選をご紹介いたします!

 

 

まずはスカートのチュールデザインも相まって、まるで少女のような可憐さが魅力となっているこちらの1着。

フレアの袖部分にフラワーモチーフがあしらわれていて、かわいらしさ満点です♪

フラワーモチーフ×フレア袖の組み合わせは、“大人かわいい”を叶えてくれる優秀デザイン。

髪型は、ゆるくウェーブをかけたニュアンスアレンジが似合いそうですね◎

かわいらしいデザインながら、後ろ姿は大きくカッティングされた大人っぽさがポイント。

挙式シーンなど、ゲストからの視線が後ろ姿に集中するウエディングドレスでは、バックショットが重要。

“天使の羽”と称される肩甲骨を、より美しく魅せられるこちらのデザイン。

ベールには、ショート丈のものをあわせたいですね♪

 

 

2着目は、フレア部分のボリュームがたっぷりなこちらのドレス。

気になる二の腕のカバー力が抜群のデザインですが、シースルー素材を使用しているので重たく見えないのがうれしいところ♪

シースルーの袖越しに見える肌は、透明感がアップして見えます◎

 

また、こちらのドレスはウエスト部分にあしらわれたリボンも特徴。

スタイルアップ効果があるウエストマークは、ウエストを細く・脚をスラリと長く見せてくれます。

 

 

3着目にご紹介するのは、レース素材とVネックラインの組み合わせが印象的なこちら。

高級感を演出する繊細なレースは、大人の女性としての魅力をよりいっそう引き出してくれます♪

さらに、首を細く長く見せてくれるVネックラインというのもポイント。

「美人=首が長い」を実現することで、憧れの“小顔美人”になれちゃうんです◎

 

レース素材を主役としたシンプルデザインのドレスは、ボタニカルコーディネイトとも好相性。

葉や茎といったグリーン系の植物をメイン花材としたクラッチブーケを合わせれば、トレンドのガーデンウエディングやリゾートウエディングにもぴったりです!

 

 

フレア袖付きのドレスは、いかがだったでしょうか?

ビスチェタイプやオフショルダータイプと比べて、肩・二の腕のシルエットをカバーしてくれるのが特徴。

学生時代に水泳やテニスなどをされていたり、肩幅や二の腕の筋肉を気にしている花嫁さまは意外と多いもの。

そんなお悩みも、袖のデザイン1つで実は簡単に解消できちゃうんです♪

「どんなドレスが着たいか?」も、もちろん大切。

ですが、「どんな花嫁さま像をイメージしているか」や「どんなシルエットを作りたいか」もとっても大切なんです。

ドレスを着た際のシルエット作りは、私たちプロにおまかせあれ◎

どうぞお気軽にご相談くださいませ♪

 

 

先輩カップルさまのご紹介!人気会場「シティプラザ大阪」で叶えるウエディング♪

当サロンでは、これまで数々の先輩カップルさまをご紹介してきました。

お衣装・小物選びはもちろん、式場選びの参考にしたりと大変ご好評いただいております♪

本日ご紹介するのは、大阪市内堺筋本町という好ロケーションでのウエディングが叶う会場「シティプラザ大阪」にて式を挙げられたカップルさまをご紹介いたします!

 

 

新婦さまがウエディングドレスに選ばれたのは、定番人気を誇るサテンオーガンの1着。

ツヤ感が魅力のサテン生地ドレスは、高級感たっぷりのロケーションフォトにもしっかりマッチ。

スタッフも息をのんでしまうほど、フォトジェニックな1枚が撮れました♪

 

 

カラードレスは、数多くの花嫁さまから支持を集めるローラアシュレイの1点をチョイス。

“大人かわいい”が叶うトレンド感たっぷりのパープルドレスは、新婦さまの肌をより白く・美しく演出してくれていました◎

ピンクなどの暖色系ドレスはかわいいイメージが先行しがちですが、くすみ系のパープルならほどよい“落ち着き感”もあるので年齢を問わず選んでいただけるのが魅力。

普段着ではブラックやブルーなど、クールな色を選ぶという新婦さまも挑戦しやすい色味となっています♪

さらに、こちらのドレスは胸元にあしらった刺繍が特徴的。

フラワーモチーフの刺繍にあわせてブーケを作るもよし。

同じく繊細な刺繍があしらわれたボンネットをあわせてもよし。

さりげないフラワーモチーフが、コーディネイトの幅をグンと広げてくれています◎

 

実はカラードレスを決める際、ギリギリまで2着のドレスで迷っていた新婦さま。

人によって異なりますが、こちらの新婦さまはご家族の皆さまの意見がドレス選びの決定打となりました。

ご家族の意見を取り入れたこともあり、お式当日の新婦さまはとびきりの笑顔で過ごせていたように見えました。

普段をよく知るご家族さまだからこそ、新婦さまが最も輝くドレスを見抜けたのかもしれませんね♪

 

 

ドレス選びの間も常に笑顔満開で、仲の良さが随所で感じられた新郎新婦さま。

そんなお二人らしく、ご披露宴の余興ではドレス当てクイズを楽しまれたそう。

 

 

写真は、余興用テーブルのコーディネイトを撮影したもの。

選択肢となるカラフルなドレス人形は、新婦さまの手作りなんだそう♪

手作りアイテムのヒントとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したほかにも、当サロンでは多数の先輩カップルさまのお写真をご用意しております。

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

ブログ読者だけにお届け!入荷予定の注目ドレスをご紹介♪

本日は、先取り情報をご紹介!

当ブログをご覧のお客さまだけに、次回入荷予定の注目ドレスをご紹介したいと思います♪

 

 

登場するのは、トップスとスカートが完全セパレート型のドレスです!

ちょっぴり珍しいセパレートデザイン、ポイントは“自由度の高さ”にあるんです。

どんな“自由度”があるのか、ご紹介いたしますね。

 

まずはトップスのデザイン。

今ご覧いただいているのは、繊細なレースをあしらい、美しさと気品を兼ね備えたアレンジです。

素肌がうすく透けて見える総レースは、肌見せも上品に演出してくれるのがポイント。

また、気になる二の腕もカバーしてくれるため、腕をほっそりスリムに見せてくれるというメリットも。

そんなトップスデザインに、どんな“自由度”があるのか?

 

 

実は、トップスの総レース部分は取り外しが可能なんです!

ノンショルダーのラウンドネックデザインは、シンプルな美しさを演出。

「トップスはシンプルにして、ヘッドドレスやブーケデザインにアクセントを置きたい」という花嫁さまにおすすめのアレンジです。

トップスにあしらわれたキュートなフラワーモチーフにも注目。

さりげないモチーフづかいは、おしゃれ花嫁さまも納得のデザインではないでしょうか♪

 

 

スカートは、トレンド感抜群のニュアンスグレー。

やわらかく流れるチュールスカートは、生地の重なり具合でグラデーションが生まれるのが魅力。

テーブルラウンドなど、歩くたび表情を変えるドレスにゲストの視線もくぎづけです◎

 

 

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれないのですが、こちらのドレス、実はウエディングドレスにもカラードレスにもなれちゃうんです!

トップスの白に合わせたブーケを持てば、ウエディングドレス。

グレーカラーにインスパイアされたブーケを合わせれば、カラードレス。

自由度の高いこのドレスなら、着用シーンに応じてイメージだって変幻自在!

スタッフいちおしの新作ドレス、ご予約はお早めに♪

皆さまのご来館をお待ちいたしております。

 

 

 

意外と知らない!デコルテデザインのすすめ

多種多彩なデザインが登場しているウエディングドレス。

当サロンにお越しの花嫁さまには、さまざまな角度からドレス選びのポイントをご紹介しています。

そのなかの1つに“デコルテのデザイン”があるのですが、実は意外と「気にしていなかった」という花嫁さまが多いんです。

そこで今回は、ご試着の際にぜひ注目していただきたい“デコルテデザインのすすめ”についてご紹介したいと思います。

 

 

まず最初にご紹介するのは、V字デザインのこちらの1着。

V字デザインが持つ最大の魅力は、首をスラリと長く見せてくれるという点にあります。

細く長い首は小顔効果があるという事もあり、昔から『美人は首が長い』と言われているんです。

「小顔になりたい!」という女性の夢を叶えてくれるV字デザインは、キュートにもクールにも仕上げられるのが嬉しいポイント。

写真のようにレース素材を使ったドレスなら、キュートなイメージ。

サテン生地の高級感あふれるドレスなら、クールビューティーなイメージ。

年齢を問わずお選びいただけるV字デザインは、ぜひ1度お試しいただきたいオールマイティさが強みです◎

 

 

次にご紹介するのは、ドレープをもちいた1着。

ドレープとは、布素材の流れに沿って自然に生まれるひだを活かしたデザイン技法の1つ。

美しいシルエットが魅力のドレープデザインはエレガントさを演出してくれるため、ロイヤルウエディングに憧れる花嫁さまには特におすすめです♪

 

また、ドレープをつくることで立体感が生まれるのもポイント。

胸元に自然な膨らみができるので、バストにボリュームがほしいという花嫁さまはぜひ試してみてくださいね。

 

 

最後の1着は、胸元のフラワーコサージュが印象的なこちらのドレス。

デコルテは、ゆるやかなハートカップデザインとなっています。

ハートカップとは、ビスチェの胸元がハート型にカットされているデザインを指し、デコルテラインが女性らしいラウンドを描いているのが特徴。

デコルテをすっきりと見せてくれるため、ハト胸さんなど、「胸元のボリュームを抑えたい」という花嫁さま必見のデザインとなっています◎

 

 

意外と知らない“デコルテデザイン”。

イメージをガラリと変えてくれたり、悩みを解決してくれたりと、実は大きな役割を担っているんです。

デコルテ部分を含めたバストアップは、着席時に最も視線が集まる場所。

そのため着席シーンが多い披露宴などでは、特に重視しておきたいポイントです◎

小さな違いに思えるかもしれないですが、デコルテデザインも個性を演出できる重要なパーツ。

それぞれのデザインが持つ魅力を楽しみつつ、お気に入りのドレスを見つけてくださいね♪

 

 

 

悩みを解消してとびきりの1日に!先輩カップルさまのご紹介♪

 

本日ご紹介する先輩カップルさまは、こちらのお二人!

青空の下でのロケーションフォトが大人気の会場、「Coeur et coeuR」にて挙式をされたカップルさまです。

 

 

普段のお洋服から、とってもおしゃれな新婦さま。

おしゃれでこだわり派の新婦さまだからこそ、どんなドレスが着たいかもはっきりとされていました。

そんな新婦さまが選ばれたウエディングドレスが、こちらのマーメイドタイプの1着。

身体のラインを美しく演出してくれるマーメイドドレスは、ハイセンスな新婦さまにぴったりのデザインでした♪

実はこちらのウエディングドレス、新郎さまは挙式当日に初めて目にするという“ファーストミート”でのチョイスだったんです。

当日まで新郎さまには内緒だったので、ご試着にはお母さまがお越しくださいました。

女性同士でのドレス選びは本当に楽しそうで、見ているスタッフまでなんだかとってもワクワクしてしまいました♪

 

総レース、かつスパンコールをたっぷりと使用したこちらのウエディングドレス。

マーメイドドレスが持つエレガントな雰囲気に、ラグジュアリーなイメージがプラスされているのがポイントです。

 

 

もちろん、カラードレスもとことん悩み抜いてチョイスされた新婦さま。

どのドレスにも真っすぐに向き合って選んでくださったからこそ、当日はとびきりの笑顔を見ることができました♪

 

 

ドレスを選ぶ際、多くの新婦さまが抱えているさまざまなお悩み。

新婦さまは「ささいな悩みなんだけど…」と話されるのですが、悩みに大きいも小さいもありません。

どんなに小さく思える悩みだって、私たちスタッフは「解決したい」と思っています。

すべての悩みや不安を取り除いて、とっておきのお衣装を身にまとって当日を迎えてほしい。

私たちスタッフの願いは、お二人の心からの笑顔です♪

これからご結婚式を迎えるという新郎新婦さま、ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

実は奥深いティアラの世界!

さまざまなヘッドドレスが登場するなか、根強い人気を誇るウエディングアイテム・ティアラ。

生花やそのほかのアイテムとは異なり、日常生活で身につける機会がほとんどないというのも人気の秘密となっています。

なかでも親御さまからの人気は高く、挙式シーンでのヘッドドレスとして選ばれる方が多数いらっしゃいます。

しかしその人気ぶりに反して、 デザインの種類や特徴などを知らない方がほとんど。

「小物選びも楽しんでいただきたい!」そんなスタッフの想いから、本日は“実は奥深いティアラの世界”をご紹介いたします。

 

 

【キラキラ輝く王道デザイン!プリンセスティアラ】

“ティアラ”と聞いて、多くの人が思い浮かべるであろう定番人気のこちらのタイプ。

宝石をたっぷりと使用しキラキラと輝くプリンセスティアラは、お姫さま気分を味わえるキュートなデザインです♪

クラシカルデザインのドレスはもちろん、シンプルなドレスにもマッチする優秀さがポイント。

身につけるだけで華やかな印象がグッと増すので、ヘアスタイルはシンプルなアップスタイルが人気です。

 

 

【気品と華やかさが魅力!クラウンティアラ】

次にご紹介するのは“クラウン=王冠”の名にふさわしい、上品さが魅力のクラウンティアラです。

英国王室のウエディングをイメージさせる、凛とした華やかさが人気ポイント♪

横幅が広いタイプならゴージャスな雰囲気に、狭いタイプならかわいらしい雰囲気に。

デザインタイプによって、まとう雰囲気が変わるのもクラウンティアラをおすすめする理由の1つです。

 

 

【女性らしい優雅さがポイント!カチューシャティアラ】

ティアラのなかでも、比較的カジュアルな印象があるカチューシャティアラ。

取り外しが簡単なことから、2次会で使用される方も多いのがこちらのタイプです◎

ご披露宴や2次会のお色直し中など、短い時間でササッと取り付けることができるので、「ゲストとの時間は減らさず、でもイメージチェンジはしたい!」という願いも叶えてくれる優れモノ♪

また、現在流行中のヘアスタイルでもあるダウンヘアとの相性も抜群!

ざっくり巻いたダウンヘアに付ければ、トレンド感だけでなく優雅な雰囲気も手に入ってしまいます◎

 

 

“ティアラ”と聞くと、一般的にプリンセスタイプのティアラを思い浮かべる人がほとんど。

しかし、実は高さや横幅のサイズ感によって大きく印象が変わるんです!

まだ小物選びの途中という花嫁さま!

ぜひ1度当サロンにて、ティアラのご試着をお試しくださいませ。

まだ見ぬ素敵な世界が待っているかもしれません♪

 

 

 

こだわり抜いたドレスを身にまとって♪先輩カップルさまのご紹介

夏を目前にした今、ルーブル・ブライダルサロンのお客さまも続々と本番を迎えられています♪

今回ご紹介する先輩カップルさまは、人気会場「Coeur et coeuR」にて式を挙げられました。

 

 

こちらは、会場の人気フォトスポットである屋上でのショット。

さわやかな青空をバックに、自然光に照らされたお二人の表情はキラキラと輝いていました♪

いつも穏やかで笑顔が魅力の新婦さま。

この日は、今までのなかでもとびきりの笑顔を見ることができました。

 

 

新婦さまは、当サロンのパンフレットにも載っているサテンのウエディングドレスをチョイス。

初めて目にした時から気に入ってくださり、即決となった1着。

ツヤ感が魅力のサテンドレスは、外でのロケーションフォトにうってつけです♪

繊細なつくりのレースがあしらわれたロングトレーンは、バージンロードを歩くシーンなど、さまざまな場面でゲストの視線をくぎづけにしてしまう美しさ。

 

 

ピンクやイエローなど、キュートな印象が強いドレスは苦手だという新婦さま。

カラードレスにはネイビーの1着を選ばれました。

クールな印象はもちろん、女性らしい凛とした佇まいを生むのがネイビーブルーの特徴です。

 

夜空に瞬く星を思わせるラメは、それだけでロマンチックなムードを作りだしてくれます♪

粒の細かいラメを使用しているので、派手になりすぎる心配もありません。

カラードレスを着用されるご披露宴は、テーブルラウンドなど移動が多いもの。

動くたびに輝きを放つラメは、どの瞬間・どの角度から見ても“隙のない美しさ”を演出します。

 

個性的なアシンメトリーデザインのドレスなので、女性らしさのなかに格好よさを秘めているのもポイント◎

 

 

カラーはもちろんシルエットや質感など、さまざまな面でこだわり抜いた新婦さま。

「晴れの日を華やかに彩ってくれるドレスは、心からお気に入りのものであってほしい。」

それは、私スタッフの願いでもあります。

とっておきの1着が見つかるよう、日々心をこめてご案内しております。

皆さまのご来館を、スタッフ一同お待ちいたしております。

 

 

 

グリーンベースがトレンド!~ブーケデザイン3選~

“ウエディングブーケ”と聞いた時、まっさきにイメージするのはどんなブーケでしょうか?

ずいぶんと前から“ウエディングブーケ”といえば、白い花を基調としアクセントにほんの少しのグリーンを加えたものが定番でした。

もちろん定番ブーケも素敵ですが、今ではウエディングブーケもさまざまなデザインのものが登場していることをご存知でしょうか?

今回は先輩花嫁さまのブーケを参考に、トレンドとなりつつあるブーケデザインについてご紹介したいと思います!

 

 

1人目の花嫁さまは、さまざまな種類のグリーンをたっぷりと使ったブーケ♪

たくさんの花材を使っていながらも統一感が生まれているのは、グリーンベースにしているから◎

バラエティに富んだグリーンづかいは、立体感のあるブーケを作ることができるんです。

さらに“グリーン”と一口に言っても、少しずつカラートーンは異なります。

そのため、自然とグラデーションが生まれるのもこちらのブーケデザインのおすすめポイントです!

 

 

グリーンをベースに、今大注目の花材“パンパスグラス”をアクセントにしたこちらのブーケ。

ススキに見た目が似ていて、ボリュームたっぷりのふわふわ感が特徴の“パンパスグラス”。

今季もトレンドとなっているテーマ“ボタニカルウエディング”に、ぴったりの花材です♪

大輪のお花を組み合わせれば、個性派ドレスにもマッチするトレンドデザインに!

こだわり派の花嫁さまには特におすすめのデザインとなっています◎

 

 

ウエディング用ブーケにも、カラフルな花材を合わせる方が増えてきました。

暖色系の花材で揃えられたこちらの花嫁さま。

お色直し後のカラードレスに合わせたカラーリングにしても素敵ですよね◎

花材には生花を使われる方もいらっしゃいますし、ドライフラワーを使うことも。

ドライフラワーを使えば、ご披露宴から2次会など長時間ご使用いただけます♪

 

 

いかがだったでしょうか?

“ウエディングブーケは白でなければいけない”なんて決まりは、ありません!

お好きな花材・カラーリングで、自分好みのブーケを作ってくださいね♪

 

 

 

1 2 3 4 5 6 8