Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

ドレス×ブーケの組み合わせで作る!“お二人らしさ”を詰め込んだウェディング♪

挙式・披露宴の当日、お二人らしさを表現するポイントは数多くあります。

そのなかでも、最初にゲストをお出迎えするウェルカムスペース。

お二人のウェディングの第一印象となるそこは、“らしさ”を存分にアピールしたいところですよね♪

先日挙式を迎えられたこちらの先輩カップルは、ウェルカムスペースをお二人らしく「ナチュラル」で「親しみやすい」スペースに作り上げられました◎

 

 

BIGサイズのウェルカムベアはインパクト大!

ベアが抱えるのは、レセプションへと案内する木製看板。

なんだか、森のパーティーに迷い込んだような楽しげな雰囲気にあふれています♪

ナチュラルでかわいらしいイメージに合わせ、ウェディングドレスはチュールのオフショルダーデザインをチョイス。

 

 

今回の先輩花嫁さまのコーディネイトで注目いただきたいのは、ドレスとブーケの組み合わせ方!

こちらのウェディングドレスには、トレンドを押さえたグリーン多めのクラッチタイプを組み合わせました。

お花畑から摘んできてそのままざっくりと束ねたようなスタイルで、海外ウェディングを彷彿とさせるようなナチュラル感が魅力のブーケです。

そんなブーケとマッチするのが、ドレス全体に施されたリーフ刺繍♪

モチーフとして取り入れられているので、強すぎることのないさりげない主張なのも大切なポイントです。

 

 

カラードレスは、トレンドのくすみカラーの中からピンクグレーを選ばれました◎

かわいらしさと共に、大人っぽさも兼ね備えたカラーリングが魅力のこちらのドレス。

個性派のリースブーケを組み合わせて、人気カラーのドレスも自分らしくアレンジです♪

ブーケの花材もはっきりとした色味のものは使わず、中間色を中心に。

小物も含めた全体のカラートーンを合わせれば、キュートなピンクもレディな雰囲気に仕上がるんです◎

さらに、リースブーケの良いところは遊び心あるデザイン性だけではないんです。

それは挙式後プリザーブド加工をした時に分かります。

ボックスなどに入れて保存する事が主とされるブーケですが、リース型なら新居のドアなどに飾れちゃうんです!

思い出がたくさん詰まったブーケを、いつでも目の届く場所に飾っておけるのは嬉しいですね。

 

 

 

 

ウェルカムスペースのデザインから、ドレス×ブーケの組み合わせまで。

細部に渡って“らしさ”をしっかりと詰め込んだ新郎新婦さま。

当サロンのスタッフは、お衣装コーディネイトだけでなく、こうした多岐に渡る様々なアイディアも目にしております。

お衣装を含め、お悩みごとが出てきた際にはお気軽にご相談くださいませ。

 

 

理想のスタイルを生み出す♪サテン地ウェディングドレスのご紹介

明日から始まる3連休、皆さまはおでかけのご予定などございますか?

16日(月)の祝日は「海の日」ということで、これから迎える夏本番に心躍る方も多いのではないでしょうか♪

今夏、挙式や前撮り撮影を控えている新郎新婦さま。

これからの季節はもちろん、秋・冬ウェディングでもお楽しみいただけるオールマイティな新作ドレスが登場しました!

 

 

それが、こちらのウェディングドレスです♪

トレンドデザインとして、ここ数年多くの新婦さまからのラブコールを受けているオフショルダー。

首から肩にかけてのラインをすっきりと見せているデザインで、爽やかな雰囲気を演出。

シンプルデザインでのヘルシーな肌見せなら、気軽に挑戦できるのも嬉しいポイントです◎

サテン生地を使用することで、シンプルな中にも洗練された美しさが。

さらに、ドレスそのものが持つラインを綺麗に見せてくれるのがサテン生地の特徴。

新婦さま1人1人が持つ、それぞれの身体のラインは唯一無二です。

その個性を活かしつつ、より美しく際立たせてくれるのがサテン生地の持つ質感。

シンプルでありながらも、自分らしさを表現できる理由はここにあるんです♪

どんな素材ともマッチする特徴を持つため、小物類で個性を出すことができるのもおすすめするポイントの1つとなっています。

 

 

チャペルなどでは特にその存在感を放つ、ロングトレーン。

古くから、トレーンの長さとフォーマル度は比例すると言われています。

そのため、大聖堂などの荘厳な雰囲気のチャペルにはロングトレーンのドレスがぴったり。

優雅で華やかなロイヤルウェディングに憧れる新婦さまには、このトレーンの長さにもこだわっていただければと思います◎

反対に、かわいらしく元気なイメージにしたいという場合には短めのトレーンのドレスがおすすめ。

動きやすさも伴うため、披露宴や1.5次会などのパーティーシーンでウェディングドレスを着用する予定の方にはうってつけです♪

 

 

バックスタイルは、ウエスト部分に施されたリボンと繊細なレースが注目ポイント。

太陽の光を受けてキラキラと輝いているのは、ところどころに散りばめられたビジュー♪

サテン生地のつややかなイメージに、華やかさをプラスしてくれています。

トレーンは、足元が透けて見えるほどに繊細なつくりのレースでできており、その後ろ姿にゲストの視線もくぎづけです◎

 

 

 

 

当サロンでは今回ご紹介した以外にも、様々な特徴を持つサテンドレスを多数ご用意しております。

なかでも人気のオフショルダーデザインのドレスは、思わず目移りしてしまうほどの品揃え♪

シンプルなドレスほどデザインによって、魅せるポイントが異なってきます。

“ここのラインを綺麗に見せたい”“こんなイメージにしたい”等ご要望をお聞かせくださいませ。

理想のスタイリングに合わせて、お衣装をご用意させて頂きます。

 

ルーブル・ブライダルサロンは、この祝日も通常通り営業を行っております!

秋・冬ウェディングを控えた新郎新婦さまはもちろん、この夏にパーティーや前撮り撮影を予定されている方もぜひご来館くださいませ。

 

 

人気リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」に研修に行ってきました!

先日スタッフ研修のため、山梨県と長野県の県境に位置する星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」に行ってきました!

世界的建築デザイナー“マリオ・ベリーニ”が手掛けたことでも有名な、こちらのリゾートホテル。

ワイン向けぶどうの名産地である山梨県・長野県らしく、毎日ワイン学校が開かれています。

他にも、大人から子どもまで幅広い世代の方が楽しめるアクティビティが目白押し!

ブライダルロケーションとしても抜群の会場。

今回の研修ではチャペルやパーティー会場を見て、ここにはどんなお衣装が合うのかを学んできました◎

 

 

まるでヨーロッパの街に降り立ったかのように錯覚してしまうほど、美しい街並み。

滞在型リゾートホテルなので、おしゃれでのんびりとした雰囲気を心ゆくまで楽しめます♪

 

 

挙式会場はガーデンタイプのチャペルで、光と風に包まれた空間「ZONA」。

優しい自然光がたっぷりと降り注ぐ、緑豊かな空間での挙式が叶います。

ガーデンウェディングらしいナチュラルデザインのドレスもぴったりですが、どこか厳かな雰囲気も感じさせるこの会場には、クラシカルなデザインも似合いそうです♪

 

そしてこの会場1番の魅力は、何と言ってもメインストリートにある「アンブレラステージ」です!

季節によって変化する「アンブレラ・スカイ」は写真撮影スポットとしても話題ですよね。

シンプルなドレスに映える、色とりどりのアンブレラ。

 

 

その場に立つだけで、ドラマチックな気分を満喫できること間違いなしです!

海外映画のワンシーンのようなお写真が残せるこの場所で、とっておきの1枚を残してみてはいかがでしょうか♪

メインストリートは四季折々の表情があり、どの季節もとっても素敵なんです。

どのシーズンで挙式を迎えるか、というのもうれしい悩みどころですね。

 

 

実はこの会場、こんなに素敵なポイントがたくさんあるにも関わらず距離的に関西からのカップルさまは少ないそう。

確かに山梨県と長野県の県境と聞くと、遠くに感じてしまいますよね。

しかし実際は、リゾートウェディングとして人気の軽井沢と距離を比べてみても、大きな差はないんです◎

 

 

リゾートウェディングをご検討中のカップルさま。

また、今回のブログで「リゾナーレ八ヶ岳」についてもっと知りたい、と思ってくださったカップルさま。

研修でたっぷりと魅力を学んできたスタッフに、ぜひお声掛けくださいませ♪

 

 

 

お写真たっぷり!ドレス&白無垢フォトのご紹介♪

大正15年に誕生した、情緒溢れる会場“音羽山荘”。

近年のレトロファッションブームもあり、当サロンご利用のお客さまにもフォトロケーションとして大変人気となっています。

大正といえば、和と洋の文化が美しく融合した時代。

そんな時代の魅力がたっぷりと詰まったこの会場を、お式と前撮り撮影にて存分に満喫された新郎新婦さまをご紹介したいと思います♪

 

 

まずは、こちらのウェディングドレスを着用したショット。

純白のスカートと赤いじゅうたんのコントラストが、なんともロマンチックな1枚です◎

ブーケの花材には正統派のカラーをチョイスして、スタイリッシュかつ清楚な雰囲気に。

 

 

全体的にすっきりとしたシンプルデザインのドレスなので、ハーフアップのヘアスタイルで甘め要素をプラス◎

ヘアアクセサリーとして選ばれたシフォンのリボンが、風になびいて女性らしい柔らかさを演出していますね。

新郎さまはドレスの色に合わせて、白の紋付き袴をチョイス。

和と洋の組み合わせも、それぞれの衣装の色を合わせるだけで統一感が一気にアップします♪

さらに、新郎さまはこんなアイテムをプラス。

 

 

それが、こちらの蝶ネクタイ。

黒の蝶ネクタイが加わることで、会場にもぴったりな和洋折衷の独特な趣を深めつつ、コーディネイト全体を引き締める効果もあるんです◎

遊びをきかせた小物使いと、伝統的な紋付き袴の組み合わせはまさに“大人のおしゃれ”という雰囲気ですね。

 

 

別カットのお写真では背景に木々と人力車も加わり、異国情緒溢れる1枚となりました。

そんな非日常的なお写真のなかでも、いつもと同じ素敵な笑顔を浮かべるお二人の姿で“らしさ”もしっかりと表現しています♪

 

 

そして前撮りに新婦さまが選ばれたのは白無垢でした。

日本の伝統的な婚礼衣装である白無垢は、背筋が伸びるようなほんの少しの緊張感が加わるのが魅力の1つ。

新郎さまも黒の紋付き袴に着替え、お二人の雰囲気がガラッと変わりました。

小物の番傘と背景の石橋がロケーションと相まって、まるでタイムスリップしたかのような1枚に。

 

 

一方、こちらはお二人揃って扇子を持った可愛らしいショット。

動きのあるポージングに自然な笑顔で、見ているこちらまで笑顔になってしまいますね♪

新婦さまのまとめ髪も、鮮やかな色味が綺麗な生花によってより華やかに◎

色を持つのが髪飾りだけなので、白無垢そのものが持つ“白色”の美しさが際立ちます。

 

 

同じ会場でも、お衣装が和から洋に変わるだけで印象もまったく違うものに。

前撮り撮影ならお着替えの時間もゆっくりと取れるので、どのお衣装撮影も心ゆくまでお楽しみいただけます。

また、レトロな雰囲気を楽しめる音羽山荘では四季を楽しめるのも特徴。

これからの季節なら、夏の緑あふれる風景や華やかな紅葉など、素敵なお写真が残せること間違いなしのシーズンが目白押し!

挙式・披露宴を控え、前撮り撮影を検討中の新郎新婦さまはぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

自分好みのコーディネイトに!アレンジ小物盛りだくさんドレス

関西も梅雨の季節を迎え、しとしとと雨粒が窓を濡らす日も多くなってきました。

お出かけも億劫になりがちですが、そんな日にはご自宅でどんなお衣装を着ようか・アクセサリーやヘアスタイルはどうするか、のんびりと考えを巡らせるのもいいですよね♪

お家にいながら数々のお衣装をご覧いただけるのが、先日新しくなった当サロンホームページ最大の特徴◎

ブログではお衣装のご紹介はもちろん、コーディネイトなどもご提案しています。

衣装ページだけでなく、ブログもぜひチェックしてくださいね。

 

 

今回ご紹介するのは、シルエットの美しさが際立つエンパイアラインのウェディングドレス。

 

 

エンパイアラインとは胸下に切り返しのついたドレスのことを呼び、ナチュラルウェディングがトレンドの現在、とっても人気のデザインとなっています。

お色味は、肌や表情を明るく見せてくれるピュアホワイト。

サテン生地×純白の組み合わせは、優雅で上品な美しさを演出しています。

白とシルバーのビジューが輝くのは、ウエストマークになっている切り返し部分。

胸下すぐの場所にある切り返しのおかげで、お腹はすっきりスリムに見えるのも嬉しいですね。

さらに脚長効果も期待できるのが、エンパイアドレスのおすすめポイントの1つです♪

 

 

シンプルなフロントデザインと打って変わって、バックスタイルは大きなサテンリボンが目を引く女性らしいデザイン。

ビッグサイズのリボンと聞くと可愛らしいイメージが先行しますが、サテン生地なら大人っぽく見せることも◎

 

 

これだけでも十分魅力たっぷりなのですが、まだまだアピールポイントが隠されているんです!

それは、アレンジ幅の広さ!

実はこのドレス、セット小物が満載なので1着で様々なコーディネイトが楽しめちゃうんです♪

 

 

たとえば、取り外し可能な袖を付けると、トレンドのオフショルダードレスに大変身!

二の腕が気になる、という新婦さまのお悩みをたちまち解決してしまうオフショルダー。

シンプルデザインのドレスなので、大ぶりのネックレスを合わせても素敵ですよね。

視線を集めるネックレスのおかげでデコルテラインがさりげなく強調され、女性らしさが一気にアップ。

さらに前髪をあげたアップスタイルなら、顔周りもスッキリとして小顔効果も♪

袖部分は背中のリボンとおそろいデザインなので、全体バランスが崩れてしまう心配もありません。

 

 

そしてこちらが、今季話題となっているワンショルダーのコーディネイト!

スタイリッシュな大人の雰囲気をまとえるコーディネイトですが、フリルがついていることでかわいらしさも演出してくれています。

ドレスだけでなくファッションシーンでも注目されているアレンジで、トレンドを押さえたおしゃれ花嫁さまに◎

 

 

さらにオーバー袖&スカートコーディネイトも!

挙式ではシックなビスチェドレスとして、写真撮影や披露宴入場時にはオーバー袖をつけて。

1着で全く異なる着こなしを楽しむことができるオーバー袖は、時間も予算も節約できちゃう優秀小物なんです♪

 

 

いかがでしょうか?

まるでオーダードレスのように、自分好みのドレスにアレンジできてしまうこちらの1着。

いくつものアレンジが楽しめる小物たちに、ヘアスタイルやブーケなどのアイテムを加えればコーディネイトの幅は無限大!

あれもこれも、と様々なコーディネイトを楽しみながら、理想のスタイルを叶えてくださいね。

ぜひ当サロンのスタッフと共に、ドレスコーディネイトの楽しさに触れていただければと思います♪

 

 

 

シンプルだからこそ光る♪技ありデザインのウェディングドレス

大変ご好評いただいた今回のお衣装フェアも、残すところあと4日となりました。

スケジュールの都合上、お越しになれない新婦さまももちろんいらっしゃいますよね。

そんな新婦さまのなかには、フェア期間中でないと気に入るドレスが見つからないのでは、と焦っている方もいるかもしれません。

ご安心くださいませ、ルーブル・ブライダルサロンではフェア期間外もコンスタントに新作ドレスを入荷しております♪

本日ご紹介するのは、シンプルだからこそ素材の良さが光る1着です!

 

 

フロントショットはこちら。

ラインの美しさが際立つ、シンプルデザインのウェディングドレスです。

トップス部分に散りばめられているのは、クリスタルのビジュー。

ビジューのほかに強く目を引くポイントをあえて作らないことで、クリスタルのキラキラがより華やかに輝いています♪

シンプルなデザインのため作り込んでいないようにも見えるのですが、綺麗なラインを生み出すための技がいくつも隠れているんです。

まずは、ネックライン。

ハートカットと呼ばれ、その名の通りハート型にカットされた胸元は女性らしい丸みを演出。

女性には嬉しい、デコルテラインをほっそり繊細に見せてくれる効果も◎

2つ目は、ウエストラインの高さにあります。

プリンセスラインドレスの特徴でもある切り替え部分が高い位置にあることで、脚長効果と華やかな印象に。

 

 

次のポイントは、シンプルなチュールでできたスカート。

ウエストラインからまっすぐ落ちるように作られたチュールは、見事なまでの裾の広がりを生み出してくれます。

挙式会場などで、ゲストに後ろ姿を見られる機会が多いウェディングドレスだからこそのデザインなんです♪

足元に広がるチュールスカートは思わず息を飲んでしまうほどに美しく、ゲストの視線も釘付けになってしまうこと間違いなし!

 

 

 

 

どんなタイミングでサロンを訪れていただいても、とびきりの1着を見つけていただけるように。

常にトレンドも追いかけながら、バラエティに富んだ品揃えでお客さまをお迎えできるように随時新作お衣装を入荷しております。

ブログやホームページ上ではすべてのお衣装をご紹介しきれませんので、ぜひご自身の目でお気に入りを探してみていただければと思います♪

来館ご予約はスタッフまで。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

どんなお悩みも万事解決!優秀アイテム・オーバースカートのすすめ

様々なラインデザインがあるウェディングドレスや、色とりどりのカラードレス。

由緒正しき日本の伝統美が光る白無垢に、華やかな色使いが魅力の色打ち掛け。

試着を続けていくと、あれもこれもと着てみたいお衣装がどんどん増えていってしまうのはよくあること◎

しかし、お色直しはしないという選択をされる方も多くいらっしゃいます。

その理由は様々。

時間の都合や予算、親族のみを招いてのアットホームなウェディングであることなど。

日本のブライダルシーンが少しずつ多様化している事もあり、新郎新婦さまの数だけお悩みもあります。

そんな現状を知る私たちスタッフの願いは、新郎新婦さまの夢や願いが1つでも多く叶えられる挙式・披露宴が実現されること。

そこで今回は、お色直しを諦めようかと悩んでいる新婦さまのお悩みを解決してくれるアイテムをご紹介したいと思います。

 

 

一見オフホワイト×グリーンのツートンカラードレスに見えるこちら。

実は、オフホワイトのウェディングドレスにグリーンのオーバースカートを重ねているんです◎

ドレスのウエスト部分に巻きつけるだけの簡単セットで、雰囲気をガラッと変えられるのがオーバースカートの特徴。

プリンセスラインやAラインのウェディングドレスなら、元々ウエスト部分がキュッと締まったデザインなのでスカートを取り付けても違和感が生まれる心配もありません♪

巻きつけるために使用しているリボンがウエストマークの役割も兼ねており、スタイルアップ効果も期待できちゃいます◎

写真のように濃いお色味のスカートも、透け感のある素材ならベースとなるドレスのカラーも活かせるんです。

 

 

バックスタイルはこんなイメージ◎

上から重ねると不自然な膨らみができるのでは、と不安に思われる方もいらっしゃいます。

基本的にオーバードレスは、下に着ているドレスを生かしたアレンジとなるように作られているので、そんな心配もありません。

写真のように柔らかなチュールスカートなら、空気を含んだ自然な膨らみが生まれます。

まるで元々こういったデザインのドレスだったかのように、一体となっているのが分かりますね♪

 

重ねるだけで準備OKなので、挙式・披露宴という限られた時間のなかでも時間を有効的に使うことができます。

お値段もカラードレスを1着追加するよりも圧倒的にお安くなっているので、とっても経済的◎

さらに、準備時間がよりタイトな2次会にもぴったりの優秀アイテムなんです。

 

 

 

 

時間の都合や予算面など、これまで新郎新婦さまを悩ませていたあれこれが一気に解決するアイテム・オーバースカート。

当サロンでは、カラー・素材・質感違いのアイテムを幅広くご用意しております。

ベースとなるウェディングドレスとのバランスを見つつ、お気に入りのオーバースカートを見つけてくださいね。

 

 

先輩カップルさまご紹介!鶴見ノ森迎賓館でナチュラルウェディング

先月・5月は新緑シーズンという事もあり、1年のなかでも特に人気の高いウェディングシーズン。

そのため、当サロンのお衣装で挙式を迎えられた先輩カップルさまもたくさん誕生されました♪

今回はそのなかから、人気挙式会場である鶴見ノ森迎賓館にてお式を挙げられたお二人をご紹介いたします。

 

 

まずはこちらの前撮り撮影でのショット。

鶴見ノ森迎賓館の人気ポイントの1つでもある、緑あふれるロケーション。

新婦さまのウェーブヘアも、ナチュラルな雰囲気にぴったりマッチしています♪

前撮り撮影では、小物を使った自由度の高いカットを押さえられるのがポイント。

お二人の手には、ここ数年で人気がグンと上がったチョークボードが。

鶴見ノ森迎賓館のような自然に囲まれた会場や、ガーデンウェディングには特にぴったりのアイテムですね◎

 

 

そしてこちらがご結婚式当日のお写真です。

新婦さまは前撮り時と同じウェディングドレスを着用されているのですが、髪型をダウンヘアからアップヘアに。

ヘアスタイル1つでガラッと印象が変わるので、手軽に異なるコーディネイトが楽しめるのは女性の特権でもありますね。

 

今回新婦さまが選ばれたウェディングドレスは、生地にゴールドが入ったタイプ。

眩しいほどの美しさが魅力のピュアホワイトのドレスも素敵ですが、新婦さまはほんのりお色味が入ったタイプの方がしっくりくる、とのこと。

新婦さまの魅力を熟知していらっしゃるお母様のご意見も同じものだったので、お衣装はすぐに決まりました◎

ご入場時は、トレンドのサッシュリボンを使ったアレンジで♪

リボンをささっと巻くだけの簡単アレンジで、かわいらしさと上品さがプラスできちゃうおすすめのコーディネイトです。

ウエスト部分のアクセントになっているチュールは、腰の位置を高く見せてくれるスタイルアップ効果も!

 

新郎さまはスタンダードなネイビーのタキシードと思いきや、実はオレンジのスティッチが◎

シルエットそのものはシンプルに、けれどスティッチデザインと鮮やかカラーでアクセントをつけた技ありタキシードなんです。

由緒正しい神聖さと、様々なアレンジが加えられる遊び心。

お二人のお衣装は、迎賓館の持つそれぞれの特徴を存分に発揮できるコーディネイトとなりました♪

 

 

 

 

会場とお衣装はとても密接な関係にあります。

今回の先輩カップルさまのように、コーディネイト次第でそれぞれの魅力を最大限に引き出すことも可能なんです。

提携会場はもちろん、近郊情報についてもしっかりと熟知しているスタッフがおすすめのお衣装をご提案させていただきます。

既に会場を決定された方、お衣装探しと同時に会場も探していらっしゃる方。

ぜひ一度ルーブル・ブライダルサロンにお越しくださいませ♪

 

 

新作ドレスフェア開催のお知らせ♪6月9日(土)〜

以前のブログでもご紹介した通り、5月の連休後にウェディング準備を始められる方はたくさんいらっしゃいます。

理由としては、ゴールデンウィークのタイミングでご両家に挨拶をし、さて次は会場探し!お衣装探し!となる新郎新婦さまが多いから◎

それに伴い、ルーブル・ブライダルサロンでは5月末から新作ドレスが続々と入荷中!

今年の秋・冬ウェディングを控えた新郎新婦さまの楽しそうなお姿を見ていると、ご案内しているスタッフまで嬉しくなってしまいます♪

と言いつつも、ドレスという普段なかなか目にする機会の少ないお衣装を選ぶというのは、大変なことでもあるんですよね。

良し悪しの判断基準が分からなかったり、そもそも自分自身がどんなドレスを着たいのか・どんなドレスが似合うのかが分からないという新婦さまのお声をよく耳にします。

 

新婦さまには安心できる環境で、心ゆくまでお衣装選びを堪能していただきたい!

大切な結婚式、準備期間も楽しい思い出になるような素敵なひとときを過ごしていただきたい!

そんなスタッフの思いから、ドレスフェアの開催が決定いたしました♪

 

<2018年6月9日(土)〜7月1日(日)まで>

 

今週末から始まるお衣装フェア。

本日はそのフェアでもご覧いただけるドレスの中から少しだけ、ブログをご覧いただいているあなただけに、ひと足お先にご紹介したいと思います◎

 

 

大人っぽくも柔らかな雰囲気の秋ウェディングにぴったりのカラードレス。

ちょっぴりオレンジがかったチュールスカートは、シックな秋ムードにぴったり。

そして1番のポイントは、丁寧に丁寧にあしらわれた刺繍です♪

赤〜ピンクの絶妙なグラデーションが綺麗な花々と、立体感を生み出してくれている豊かなグリーン。

色数は多いのですが、どのカラーも共通してスモーキーなお色味なので派手に見えてしまう心配もありません◎

カントリー調で一見可愛らしいデザインなのですが、注目すべきはバックスタイル。

刺繍の施された肩口の生地は透け素材で、なおかつ肩甲骨を美しく見せるカッティングが。

キュートさの中に隠されているのは、大人の女性ならではのしなやかな美しさ。

様々な表情を見せてくれるカラードレスは、必見です!

 

 

陽の光がとても似合う、こちらのウェディングドレス。

1番に目を引くのはやはり、ドラマティックなトレーンですよね。

かつてトレーンの長さは身分の高さの象徴とも言われていたように、その姿は気品と優雅さに溢れています。

厳かな雰囲気の教会などが特に似合うデザインで、ステンドグラスがあるような大聖堂にもぴったり。

繊細かつ華やかなデザインの刺繍が施されたトレーンは、長いヴァージンロードに映えること間違いなしですね♪

ネックラインは、今絶大な人気を誇っているオフショルダー。

あごからデコルテにかけてのラインを美しく演出してくれるのがポイントで、鎖骨も華奢に見せてくれる優秀デザインです◎

首元がすっきりとしているオフショルダーには、ダウンスタイルの髪型がおすすめ。

お写真のように低い位置でまとめたポニーテールも素敵ですし、シンプルなウェーブのみのダウンヘアも似合うはず♪

全体的にシンプルなデザインのドレスなので、ヘッドアクセサリーやブーケなどの小物でのアレンジが楽しめそうな1着です。

 

 

最後にご紹介するのは、こちら。

まるでお花畑からやってきた妖精のようにキュートなカラードレスです♪

ピンクベージュという落ち着いたお色味の上に、赤や緑・黄色のカラフルな小花がたくさん散らされたデザイン。

カラフルではありますが、小花はすべてペールトーンで統一されているので全体にまとまりが生まれています◎

ドレスのラインも、ウエストマークとしてリボンが巻かれたプリンセスライン。

ウエストがキュッと細く見えるという点と、脚が長く見えるという嬉しい効果が♪

色とりどりの小花たちを結ぶのは、華やかなグリッターピンクのツル。

このキラキラが、幼くなりがちなお花モチーフを大人っぽく仕上げてくれているんです。

 

 

本日は、今週末に始まるドレスフェアでご試着いただけるお衣装のなかからおすすめの3点をご紹介いたしました。

気になるお衣装は見つかりましたか?

今回のブログをご覧いただき、なんとなく自分の好きなドレスの傾向やどんなドレスが着たいのか。

そんな、結婚式へのイメージを膨らませていただければと思います。

ドレス選びは、サロンを訪れてからが本番です!

ルーブル・ブライダルサロンのスタッフと一緒に、楽しく・理想のドレス探しをしませんか?

 

 

まるで女神な新作ウェディングドレスをご紹介♪

6月に入り、いよいよジューンブライドシーズン突入です♪

いつからか“6月の花嫁は幸せになれる”といわれるようになり、日本では今もなお人気のシーズンとなっています。

その由来は様々ですが、なかでも有名なのはギリシャ神話に登場する結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」の守護月が6月だから、という説です。

ほかにも色々な説があるので、気になる方は調べてみるのも楽しいかもしれません◎

さて、そんな人気ブライダルシーズンである6月最初のブログはおすすめウェディングドレスのご紹介です。

 

 

ギリシャ神話に出てくる女神のような優美さが魅力のこちらの1着。

最大の特徴は、そのハイカットタイプのネックラインにあります。

クラシカルな印象のこのタイプは、近年人気に火がつき始めているデザインの1つ。

2016年に挙式された女優・北川景子さんが着られたことで、記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

彼女が選んだドレスがこのタイプだったことも、人気急上昇の要因のひとつかもしれません♪

さらに、こちらのドレスは袖がパフスリーブタイプというのもおすすめポイントの1つ。

ここ数年トレンドと中心にいるパフスリーブデザインは、女性らしさを一気に引き上げてくれる優れモノです◎

襟から袖にかけて使用されているのは、繊細なつくりのレース生地。

レース生地でつくられたパフスリーブと聞くと、可愛らしすぎるイメージがあるかもしれません。

しかし、こちらのレースは目が細かくところどころにキラリと輝くストーンが施されているので、大人っぽくも見せられるんです。

 

 

このドレスの特長はデザインだけではなく、実用度の高さにもあります。

と言うのも、上のお写真のように衿と袖の部分は取り外しが可能なんです!

ドレスのベースは王道人気のサテン生地。

そのため、取り外した後はガラッと雰囲気が変わり、シンプルでシックな装いに変身してしまうんです♪

スカート部分は、裾にかけてレースが施されたデザイン。

サテン×レースの組み合わせは、いつの時代も色あせない優雅な美しさがありますよね。

さらに、ロイヤルウェディングのような品格が感じられるプリンセスラインというのもポイント!

 

 

ドレスを選ぶ上で、後ろ姿がどう見えるかというのも重要なカギを握っています。

このウェディングドレスは背中部分にお花モチーフの大きなコサージュがあしらわれていて、いつでもどこでも、ゲストの視線をひとり占めできちゃうんです♪

 

 

見どころたっぷりのウェディングドレス、いかがでしたでしょうか?

取り外し可能な袖デザインなら、挙式から披露宴へのわずかな時間でのお色直しも簡単◎

クラシカルなイメージにぴったりなので、ヘッドアクセサリーはシンプルにティアラのみというのも素敵です。

そこにマリアベールを組み合わせれば、神秘的な雰囲気も♪

ぜひ一度、サロンにて袖を通してみてくださいね。

皆さまのご来館をスタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

 

 

変幻自在のコーディネイト!サッシュリボンの魅力

突然ですが、皆さんは“サッシュリボン”をご存知でしょうか?

簡単・便利なイメージチェンジツールとして今季トレンドになりつつあるアイテムなのですが、今回はこの“サッシュリボン”の魅力をお届けしたいと思います。

 

 

サッシュリボンとは、ドレスの腰部分に巻くベルトのような役割を持ったリボンのことを言います。

色やデザイン・形も様々なので、ドレスとの組み合わせ次第で様々なイメージが作り出せるんです♪

 

 

ピュアホワイトのシンプルデザインが可愛いウェディングドレス。

このドレスをベースに、サッシュリボンが生み出す雰囲気の違いをお楽しみくださいませ♪

 

 

まずは真ん中のライトブルーのリボンを合わせてみます。

 

 

涼しげな色合わせなので、春・夏ウェディングにぴったりの爽やかイメージに変身です。

サテン生地は柔らかなイメージと清楚なイメージのどちらも持っているので、大人かわいいが叶う優れもの。

さらにリボンをぐるりと1周させることで、ウエストのほっそり見えが期待できちゃいます♪

 

 

お次はサーモンピンクのリボンを合わせたこちらの着こなし。

先ほどのブルーと同じサテン生地を使用しているのですが、暖かみのあるサーモンピンクはよりふんわりと女性らしい雰囲気に。

“可愛らしいコーディネイト”に馴染みがないという花嫁さまにも、チャレンジしていただきやすいアレンジです◎

 

 

こちらは、大きなビジューが印象的なリボンを組み合わせたコーディネイト。

ドレスに施されたレースとの組み合わせが、とっても華やかな着こなしですよね♪

紫みのある青“ネイビーブルー”の大人っぽさと、煌びやかなビジューでレディな印象。

ウエストに濃いお色味を持ってくることで、脚長効果も!

 

 

リボンを後ろで結べば、フロント部分だけでなく後ろ姿もガラリと雰囲気が変わるんです。

白に映える濃いブルーが良いアクセントになっていますよね。

 

 

 

 

サッシュリボンは、お色味やデザインの他に素材の種類も豊富。

組み合わせるドレスによって全く異なる表情を見せてくれる万能アイテムなんです。

挙式から披露宴、挙式から写真撮影、などの短い時間でも印象を変えたいという花嫁さまには特におすすめのアイテムとなっています♪

ドレスが決まった際には、ぜひ1度お試しくださいませ。

様々なタイプのリボンをご用意してお待ちいたしております。

 

 

お衣装選びの手助けに!先輩カップルご紹介♪

大阪・天満橋駅にある、アットホームで「こころとこころを繋ぐ」をコンセプトにしている結婚式場クーレクール。

先日この会場で晴れてご夫婦となられた新郎新婦さまがいらっしゃいます。

 

 

綺麗な青空がどこまでも広がっているこちらは、挙式前の屋上での1コマ。

明るくハキハキとしていて、決断の早い新婦さまは早い段階でウェディングドレスとカラードレスのどちらも2着ずつに絞られていました。

それぞれ、2着のうちどちらにするか。

悩んだ末、お衣装の決定はご自身のことを1番近くで見てこられたご家族さまと新郎さまに委ねられた新婦さま。

 

 

ウェディングドレスはアシンメトリーなデザインが印象的な1着をチョイス。

動きのあるデザインは、屋外などの開放的な空間での撮影にぴったりです。

すっきりとした質感のサテン生地とは対照的な、柔らかい生地のチュールを使ったこちらのドレス。

異素材を採用することで、個性的なラインが生まれるんです♪

奇抜になりすぎないように、シンプルなピュアホワイトのカラーでバランスを取っているのも注目ポイントですね◎

 

 

お色直し入場前のショットなのですが、リラックスした様子のお二人。

新婦さまが身にまとっているのは、夜空に瞬く星たちが散りばめられたようなネイビーのカラードレス。

深みのあるネイビーにキラキラと粒子の細かいラメを加えると、幻想的でロマンチックな雰囲気に♪

ヘッドアクセにもスワロフスキーがあしらわれた華やかなカチューシャを。

スカート部分のラメのように繊細な、小さな石を組み合わせたタイプなら上品な華やかさを演出してくれますね。

ボブヘアの新婦さまのスタイリングは、綺麗めのネイビードレスに合わせてアップに。

毛先をくるっと内側に折り込めば、短めのボブヘアもレディなアップスタイルに変身です◎

 

 

 

 

ご試着室の中だけでは、挙式当日のイメージがなかなか湧かないという新郎新婦さまには実際のお客さま写真をご紹介しています。

そうすることで、ご自身の花嫁さま像を客観的にイメージできるようになるんです。

さらに同じ会場の先輩カップル写真なら、より具体的に想像できるもの。

たくさんの先輩カップルがいるのも、お衣装ラインナップが豊富なルーブル・ブライダルサロンならでは。

何かお困りごとが出てきた時には、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

 

1 2