Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

じっくり選んでとっておきの1着を♪先輩カップルさまのご紹介

ようやく秋も深まってきた今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

秋はウエディングの人気シーズンということもあり、ルーブル・ブライダルサロンでは、本番を迎えた新郎新婦さまから素敵なお写真が続々と届いております◎

そのなかから今日は、人気会場「シティプラザ大阪」にて式を挙げられた先輩カップルさまをご紹介したいと思います!

 

 

「一生に一度のドレス選びだから、焦って決めたくない!」と、お早い段階でご来館くださった新婦さま。

ラインや色・素材など、さまざまなデザインのドレスを慎重にご試着されました。

そのなかから新婦さまが選ばれたウエディングドレスは、サテン生地のロングオフショルタイプ。

艶やかなサテン生地の魅力は残しつつ、バックスタイルは透け感が美しいこちらのドレス。

シティプラザ大阪のチャペルは、白大理石を使用したバージンロードが特徴。

洗練された美しさを誇るバージンロードが、新婦さまの後ろ姿をより魅力的に演出してくれていました♪

 

 

ユリの花がデザインテーマとなっていて、ドレス全体にあしらわれた大輪のユリ刺繍は、繊細さと華やかさを兼ね備えています◎

ご覧の通り、気品あふれるユリの花は写真映えもバッチリ!

ブーケももちろん、ユリを使ったキャスケードタイプ。

流れるようなシルエットが特徴のキャスケードブーケは、存在感も抜群。

新婦さまが選ばれたこちらのドレスは、ブーケとの相乗効果でさらに上品さを演出してくれていました♪

 

 

カラードレスには、ラベンダーパープルのチュールデザインの1着をチョイス。

女性らしいやわらかさがポイントのパステルカラー。

そのなかでも特におすすめなのが、こちらのラベンダーパープルなんです◎

披露宴会場などの離れた場所からでもしっかりと発色してくれるので、薄くぼやけて見えてしまう心配もありません。

また、太陽の光に映えるお色味でもあるので、シティプラザ大阪のようにガーデン付き会場にはぴったりの1着となっています!

 

 

いかがだったでしょうか?

挙式・披露宴は、自分たちのために大切な人たちが集まってくれる特別なひととき。

そんなかけがえのない1日だからこそ、お気に入りの衣装で過ごしてほしいというのが私たちスタッフの願いです。

じっくり・楽しく・納得がいくまで。

スタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

皆さまのご来館を、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

 

 

 

こだわり抜いたドレスを身にまとって♪先輩カップルさまのご紹介

夏を目前にした今、ルーブル・ブライダルサロンのお客さまも続々と本番を迎えられています♪

今回ご紹介する先輩カップルさまは、人気会場「Coeur et coeuR」にて式を挙げられました。

 

 

こちらは、会場の人気フォトスポットである屋上でのショット。

さわやかな青空をバックに、自然光に照らされたお二人の表情はキラキラと輝いていました♪

いつも穏やかで笑顔が魅力の新婦さま。

この日は、今までのなかでもとびきりの笑顔を見ることができました。

 

 

新婦さまは、当サロンのパンフレットにも載っているサテンのウエディングドレスをチョイス。

初めて目にした時から気に入ってくださり、即決となった1着。

ツヤ感が魅力のサテンドレスは、外でのロケーションフォトにうってつけです♪

繊細なつくりのレースがあしらわれたロングトレーンは、バージンロードを歩くシーンなど、さまざまな場面でゲストの視線をくぎづけにしてしまう美しさ。

 

 

ピンクやイエローなど、キュートな印象が強いドレスは苦手だという新婦さま。

カラードレスにはネイビーの1着を選ばれました。

クールな印象はもちろん、女性らしい凛とした佇まいを生むのがネイビーブルーの特徴です。

 

夜空に瞬く星を思わせるラメは、それだけでロマンチックなムードを作りだしてくれます♪

粒の細かいラメを使用しているので、派手になりすぎる心配もありません。

カラードレスを着用されるご披露宴は、テーブルラウンドなど移動が多いもの。

動くたびに輝きを放つラメは、どの瞬間・どの角度から見ても“隙のない美しさ”を演出します。

 

個性的なアシンメトリーデザインのドレスなので、女性らしさのなかに格好よさを秘めているのもポイント◎

 

 

カラーはもちろんシルエットや質感など、さまざまな面でこだわり抜いた新婦さま。

「晴れの日を華やかに彩ってくれるドレスは、心からお気に入りのものであってほしい。」

それは、私スタッフの願いでもあります。

とっておきの1着が見つかるよう、日々心をこめてご案内しております。

皆さまのご来館を、スタッフ一同お待ちいたしております。

 

 

 

奥が深いサテン生地の世界♪新たな魅力をご紹介!

ここ数年、ナチュラル志向の花嫁さまが増えたこともあり、ウェディングトレンドもナチュラルでかわいらしい“チュール”が人気の素材となっていました。

しかし、実は最近“サテン”生地を使ったドレスの人気が高まってきているのをご存知でしょうか?

サテン生地のドレスと一口に言っても、その種類は様々。

そこで今回は、それぞれのサテン生地が持つ特徴を当サロンのウェディングドレスと共にご紹介したいと思います♪

 

 

まずは通常のサテン生地を使用したこちらの1着。

サテン生地らしいハリ感が魅力で、クラシカルなロイヤルウェディングを思わせるデザインにマッチします◎

ビジューなどのキラキラと輝くパーツとの相性も良く、シンプルなデザインのドレスでも華やかに演出してくれるのが特徴です。

 

 

通常のサテンはほかのものと比べて特にハリがしっかりとしているため、後ろ姿のシルエットが美しく見えるのもおすすめポイントの1つ。

そのため、歩いている際もきれいなラインを保ってくれるので、挙式中の後ろ姿がいっそうロマンチックに見えるはず♪

こちらのお写真のように、繊細なデザインの刺繍レースとの相性も抜群です◎

 

 

こちらが“ミカドサテン”と呼ばれる生地を使用したドレス。

ほかのサテン生地と比べ、密度が高くボリューミーなのが1番の特徴。

サテン生地のなかでも最高級といわれるだけあり、その光沢は上品さと華やかさを兼ね備えています♪

ミカドサテン特有のボリュームたっぷりなシルエットは、シンプルなデザインでもしっかりと存在感を放ってくれるはず◎

 

 

袖のないビスチェタイプなら、デコルテラインをより美しく見せてくれるのがこの生地の特徴。

つややかな質感と気品あふれる輝きに、花嫁さまの表情まで明るく映し出してくれるはず◎

ステンドグラスのある大聖堂や、長いバージンロードのあるドラマチックな会場には特におすすめの素材となっています♪

 

 

最後にご紹介するのが、ナチュラル志向のトレンドも押さえられる“サテンオーガン”のドレスです。

サテン生地が持つリッチな光沢感に加え、チュール素材を思わせる柔らかさも併せ持ったこの生地。

“サテン”と“チュール”両方の魅力をいいとこ取りした素材は、こだわり派の花嫁さまも頷くぜいたくさです♪

 

 

サテン生地でありながら、ふんわりと優しい質感も兼ね備えたこちらの1着。

花嫁さまの動きに合わせて様々な表情を見せてくれるため、前撮り撮影にもうってつけです◎

また、ナチュラルなロケーションにもマッチするという嬉しいポイントも♪

レディな美しさも演出してくれるサテンオーガンのドレスなら、流行のガーデンウェディングでも魅力を存分に発揮してくれそうです♪

 

 

ナチュラルなデザインや素材がトレンドとなっている今。

本日のブログを通して、意外と知らないサテン生地の魅力に触れていただけたのではないでしょうか?

品のある質感はもちろん、スタイルを良く見せてくれるのがサテン生地の最大の特徴。

しかし、その魅力はまだまだあります◎

奥深いサテンドレスの世界を、覘いてみませんか?

当サロンのスタッフが、余すことなくご紹介させていただきます♪

気になる方はぜひ、スタッフまでお声掛けくださいませ。

 

 

 

コーディネイトの幅は無限大!優秀サテンドレスが登場♪

賑やかなお正月ムードも落ち着いてきた今日この頃。

ルーブル・ブライダルサロンには、年末年始にご挨拶をすまされた沢山の新郎新婦さまがお越しくださっております♪

今回のブログでは、お衣装選びのなかで皆さんが最初に見られる、ウェディングドレスをご紹介いたします。

 

 

つるんとした質感が美しい、サテン生地のウェディングドレス。

シンプルなデザインだからこそ際立つ高級感や、エレガントさが最大の魅力です♪

全体のシルエットは、ウエスト部分から緩やかなカーブを描きながら広がるプリンセスライン。

幼いころに夢見た“理想の花嫁さま像”が叶う、スタンダードデザインとなっています。

 

さらに、ただシンプルなだけじゃないのがこちらのドレスの特徴。

写真をよくご覧いただくと分かる通り、実は襟付きデザインなんです。

さりげなくあしらわれた襟が、きちんと感をしっかりと演出。

シンプルな中にも正統派なアレンジが効いているのも、このドレスのおすすめポイントとなっています♪

 

 

クラシカルなイメージにぴったりの、編み上げデザインが魅力のバックスタイル。

肩甲骨を美しく見せてくれるのも、花嫁さまにとっては嬉しいところ♪

ゲストに後ろ姿を見られる機会の多いウェディングドレスでは、バックスタイルのデザインも重要なポイントとなってきますよね◎

ウエスト部分にあしらわれたリボンがウエストマークとなり、脚長効果も期待できちゃいます!

 

 

実はこのドレスが持つ最大の特徴は、花嫁さま1人1人にあわせてセミオーダーのように仕上げることができる点にあるんです。

例えば、こちらのお写真のようにトレーン付きのデザインを楽しむことも◎

繊細なレースが施されたトレーンがヴァージンロードに広がる様子は、きっと息をのむほど美しいはず♪

ステンドガラスが使用されているチャペルや、厳かな雰囲気が魅力的な大聖堂での挙式を予定されている花嫁さまには特におすすめのアレンジとなっています。

 

 

セミオーダーのように多種多様なコーディネイトが楽しめるのは、ドレスデザインがシンプルだからこそ。

 

色とりどりの小花を使ったブーケを合わせれば、かわいく。

憧れのマリアベールとのコーディネイトなら、クラシカル。

総レースのロンググローブを付けると、モダン。

変幻自在の優秀ドレスなら、あなただけの理想のコーディネイトが見つかるはず♪

当サロンのスタッフと一緒に、とっておきのアレンジを探しませんか?