Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

写真映えばっちり!挙式会場「Coeur et coeuR」のご紹介

数多くの挙式会場と提携しているルーブル・ブライダルサロン。
本日は、そのなかでも特にこれからの季節にぴったりの会場“Coeur et coeuR”の魅力をご紹介いたします!
 
 
Coeur et coeuR最大の魅力は、なんといっても屋上でのロケーションフォト!
挙式前に設けたフォトセッションでは、壮大な景色をバックに素敵なお写真が撮影できるんです♪
緑あふれるガーデンでのお写真は、さわやかなムードたっぷり。
どこまでも続く青い空とのコントラストも、ほかでは味わえないおすすめポイントとなっています◎
 
 
高い位置から撮った写真だと、こんなイメージに!
こちらの花嫁さまのように、長いトレーンが特徴のウエディングドレスをチョイスするのもおすすめ。
ウッドデッキに広がる繊細なレースは、なんともドラマチックな雰囲気を作り出してくれていますよね♪
全天候型の会場ですが、雲ひとつない晴天での撮影はよりいっそう素敵な写真が残せること間違いなし!
五月晴れのシーズンや、夏ウエディングをご予定の方は必見です。
 
 
自然光のなかでの撮影は、どんな照明にも勝る美しさ♪
緊張もあり、どうしても堅くなってしまう当日撮影も、柔らかな日差しのもとでなら知らず知らずのうちに自然な表情になれるはず。
 
 
実はまだまだほかにも、おすすめポイントはたくさんあるんです!
1つ目は、披露宴でのお食事が中国料理であること。
食べ慣れたフレンチやイタリアンと比べ、ちょっぴり珍しい中国料理。
これなら、ご親族さまやご上司の方といった人生の先輩方にもお料理をお楽しみいただけるはず◎
ほかとは違うお料理ジャンルで、特別感が演出できるのも嬉しいポイントです。
 
さらに、シックな会場の雰囲気は夕方挙式にもぴったり。
辺りを染めゆく夕陽やキラキラと輝く夜景をバックにした挙式は、思わずため息がこぼれてしまうほどの美しさ。
お昼間に挙げるお式とはガラリとイメージが変わり大人ウェディングに…
どんな花嫁様のイメージにも合わせることのできる会場です♪
 
 
さて、いかがだったでしょうか?
素敵なお写真が残せるというのは、挙式会場を選ぶ上でとっても重要なポイントですよね。
多種多彩なロケーション・雰囲気での撮影が叶うCoeur et coeuR。
これから挙式会場・お衣装を探すというカップルさまは、ぜひご検討くださいませ♪
当サロンスタッフが、会場にぴったりのお衣装・小物類をご案内させていただきます。
 

「June Bride ★ Dress Fair」開催♪6月1日(土)〜

6月というと日本は梅雨シーズンということもあり、お出かけが億劫になってしまう季節でもあるかもしれません。

しかし、皆さんもご存知の通り「6月の花嫁は幸せになれる」という言い伝えがあります。

由来などは諸説ありますが、ギリシャ神話に登場するゼウスの妃で結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月であることから、とされています。

ジューンブライドの取り入れ方は決まっておらず、6月に結婚式を挙げるカップルもいれば、入籍日を6月にするカップルがいたりと方法はさまざま。

そこで当サロンでは幸せになれるとされている6月にドレスを決めていただけるよう、ブライダルフェアを開催することにいたしました!

 

 

【June Bride ★ Dress Fair】

2019年6月1日(土)〜30日(日)

 

明日6月1日(土)から30日(日)までの期間、ブライダルフェアを開催いたします。

秋・冬に挙式を控えている新郎新婦さま必見の当ブライダルフェア。

スタッフいちおしのドレスを数多く取り揃えておりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

ご来館予約はスタッフまで♪

 

 

 

レースとくすみカラーで叶える“大人かわいい”♪先輩カップルさまのご紹介

本日ご紹介する先輩カップルさまは、人気会場「Coeur et coeuR」にて挙式をされたお二人。

新郎さまは、ドレス選びの際もめんどくさがる素ぶりをいっさい見せることなく、一緒に悩んでいる優しい姿がとても印象的でした。

新郎さまが優しく寄り添ってくれるだけで、大変なドレス選びも楽しいひとときになりますよね♪

穏やかで、お話のしかたもかわいらしい新婦さま。

いつでもキラキラの笑顔で接してくださる新婦さまとの時間は、スタッフにとっての憩いの時間となっていました。

 

 

ウエディングドレスには、繊細なつくりが魅力的な総リバーレースデザインの1着をチョイス。

リバーレースとは、細い糸をより合わせて作られたレースのことを指し、その複雑な模様が描き出す優美な表情が特徴です。

クラシカルな、袖付きデザインという点もポイント♪

ショートグローブとの相性も抜群で、気品あふれるコーディネイトとなりました◎

 

 

こちらのドレスは、ビジューなどのキラキラしたパーツを使用していないのも特徴。

レースデザインのみとすることで、よりいっそうレースの美しさが際立つ1点となっています♪

シックな挙式会場にもぴったりの、落ち着いた雰囲気が素敵ですよね◎

実はこちら、新婦さまが初めてサロンにお越しになられた際に一目惚れしたドレスなんです。

ほかにも気になるドレスは数多くあったそうですが、やはり第一印象の良さからこちらの1点にご決定されたとのこと。

新婦さまにとって、運命のドレスだったのかもしれません♪

 

 

カラードレスは、人気のブルーグレーの1点をチョイス。

かわいらしさと大人っぽさを兼ね備えた人気のカラーで、新婦さまが持つキュートさをより引き出してくれたように思います◎

新郎さまが選ばれたダークグレーのタキシードとの相性もバッチリでした♪

 

 

ヘッドドレスは、くすみ系カラーの花材を取り入れた生花に。

カラードレスと組み合わせると“大人かわいい”が叶う、とっておきのスタイリングとなりました。

 

 

いかがだったでしょうか?

リバーレースデザインや、くすみ系カラーをポイントにした今回のスタイリング。

トレンド感だけでなく、落ち着いたレディっぽさも取り入れたコーディネイトなので、幅広い年齢の新婦さまに楽しんでいただけるはず♪

気になる方は、ぜひお気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。

 

 

 

高砂ソファウエディングでのドレス選びポイント!

これまで、披露宴では新郎新婦さまは高砂席に座るのが主流とされていました。

しかし、カジュアルウエディングが広まっている今、新たなスタイルでの披露宴が増えているんです。

それは、新郎新婦さまは高砂席ではなくソファ席に座って過ごすというスタイル。

ゲストとの距離も近く、同じ時間を過ごしているという空気感が味わえるという点から人気となっているんです。

とっても魅力的なこのスタイルですが、実際ゲストからドレスはどんな風に見えているのでしょうか?

これから、さらに増えていくであろうソファスタイル。

そこで今回は、ソファスタイルで披露宴をされる場合のドレス選びについて、ご紹介していきます♪

 

 

まず、高砂席とは違い座っている際にも、ゲストからドレスがよく見えるのがポイントです。

高砂席の場合はトップス部分が最も目立ちますが、ソファ席の場合はスカートの裾部分がより印象的ですよね◎

そのため、裾部分にレースがあしらわれたデザインや、チュールが重なったデザインなどは特におすすめ♪

 

 

こちらのドレスのように、座った際も形が崩れてしまわないリボンデザインもおすすめです。

さらにリボンのおかげで座っている際にも縦のラインが生まれるので、座っていながらスタイルアップ効果も期待できちゃいます◎

 

 

薄いチュールの下から覗く花柄がドラマチックなこちらのドレス。

立っている際はバストアップに目線が集中してしまうものですが、ソファ席ならこのデザインの魅力を存分に発揮できるはず!

 

 

座った際に、チュールの海に溺れてしまいそうなデザインのドレスも素敵♪

ボリューミーなスカートなら足元をすっぽりと覆ってくれるので、多少は足元の気を抜いてもOK!

ずっと足を揃えて座っているのは大変ですもんね♪

 

 

ご紹介したドレスにある通り、ソファ席でのご披露宴なら裾デザインが印象的なドレスを選ぶのがおすすめです!

さらに、座った時の姿勢も重要。

 

 

深くは座らず浅く腰掛け、背筋をピンと伸ばして座るのが大切です。

猫背になるとウエスト部分の布がたるんでしまい、ドレスのシルエットが崩れてしまう心配があります。

時間をかけて選んだとっておきのドレスが、どんなシーンもとびきり輝いて見えるように。

挙式・披露宴のスタイルに応じてアドバイスさせていただきます♪

 

 

 

好評企画!人気ウエディングヘアのご紹介♪

多種多様なウエディング情報をご紹介している当ブログ。

その内容は多岐にわたりますが、なかでもご好評いただいているのが“ヘアスタイル特集”なんです!

そこで本日は、最新ヘアスタイルトレンドをご紹介したいと思います♪

 

 

まずは、根強い人気を誇るアップスタイル。

デコルテラインを美しく見せてくれるビスチェタイプのドレスはもちろん、今季も人気が続いているオフショルダーデザインなど幅広いデザインと相性が良いのが魅力です♪

ポイントは、きっちりとまとめてしまわないこと!

トップ部分から大きめのウェーブをかけ、手ぐしでまとめあげたようなナチュラル感が最旬トレンドとなっています◎

ヘッドドレスは、カチューシャタイプのものがおすすめ。

かわいらしさのなかに気品を秘めた、“大人かわいい”スタイリングに仕上がります。

 

 

先ほどと同じアップスタイルですが、こちらはより大人っぽさを演出できるシニヨンデザイン。

低めの位置で作ったお団子は、ロイヤルウエディングを思わせる高い気品を演出できるのが魅力♪

しっとりとした美しさが特徴のヘアスタイルなので、年齢を問わず楽しめるのもポイントです。

お顔周りの後れ毛を多めに取れば、丸顔さんは特に嬉しい“小顔効果”が期待できちゃいます◎

 

 

こちらは、近年特に人気が高まっているローポニースタイル。

写真のように生花×リボンなど、さまざまな種類のヘッドドレスがマッチするのがおすすめポイントの1つです♪

動くたび・話すたびにゆらゆらと揺れ動くポニーテールは、なんだかロマンチックなムードを演出してくれます。

子どもっぽいと思われがちなポニーテールも、低い位置で結ぶだけで大人の女性らしいスタイリングに◎

 

 

 

最後にご紹介するのは、ハーフアップスタイル。

髪の長さを問わず楽しめるため、ショートヘア〜ボブヘアの花嫁さまからの人気も高いヘアスタイルとなっています◎

ビスチェタイプのドレスなど、デコルテ部分がすっきりと出ているタイプのドレスがぴったり。

このヘアスタイルの特徴は、どのヘッドドレスとの相性も良いという点。

生花なら、愛らしいイメージに。

リボンカチューシャなら、上品なイメージ。

ビジューのバックカチューシャなら、大人っぽいイメージに。

なりたいイメージに合わせて、ヘッドドレスを選んでくださいね♪

 

 

お気に入りのお衣装を決めたあとは、それに合う小物とヘアスタイル探しが始まります。

「ヘアスタイルは顔の額縁」と言われるほど、スタイリングは重要なポイント。

そのため、悩んでいらっしゃる花嫁さまも多いんです。

「どんなヘアスタイルが流行っているのか」

「自分は一体どんなヘアスタイルが似合うのか」

メイクリハーサルではそれらを実際に試すことができるため、それまでに試してみたいヘアスタイルをピックアップするのが大切です◎

当ブログはもちろん、サロンにてご用意している資料を参考に、とっておきのスタイリングを見つけてくださいね♪

 

 

 

笑顔はじける前撮り撮影!先輩カップルさまのご紹介

爽やかな新録が広がるシーズンが到来♪

そんな緑が素敵な季節に前撮りをされた新郎新婦さま。

お二人から届いたお写真がとっても素敵だったので、今回はその様子をご紹介したいと思います!

 

 

お二人が前撮り撮影をされたのは、自然に囲まれたロケーションが魅力の鶴見ノ森迎賓館。

新婦さまのピュアホワイトのウエディングドレスと、グリーンのコントラストが素敵ですよね♪

新郎さまが着用されたタキシードは、柔らかな印象のチャコールネイビー。

通常のネイビーよりも青さを控えシックで上品な印象のこのお色味★

自然光のもと撮影されたお写真にぴったりの、優しげなスタイリングとなっています◎

 

 

お二人の前撮り撮影のテーマは“ピクニック”!

本番当日ではなかなか撮影できない、遊び心たっぷりのお写真が残せました。

準備時間もたっぷりと取れる、前撮り撮影ならではですね♪

お写真を見ていると、お二人の笑い声が聞こえてきそう!

お二人自身が楽しまれている様子に、スタッフまで嬉しくなってしまいました。

 

 

さまざまなロケーションで撮影が楽しめるのも、前撮りならでは。

多種多彩なカットの数々に、お写真を見返す時間も楽しいひとときとなるはず♪

ご結婚式でのウェルカムスペースに飾ったり、年賀状のお写真としてもぴったり!

どのお写真も素敵すぎて、どれを飾るか決めきれないかもしれませんね。

 

 

ご結婚式を挙げるにあたり、前撮り撮影をされるかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

当サロンにて前撮りプランをご利用いただいた新郎新婦さまは、どのお客さまも「前撮り撮影をして良かった!」と話してくださり、後悔されている方は1組もいらっしゃいませんでした。

反対に、「やっぱりしておけば良かった」と言葉を漏らすお客さまは多くいらっしゃいます。

悩んでいる方は、ぜひ1度スタッフまでご相談くださいませ。

スタッフ一同、皆さまのご連絡をお待ちいたしております。

 

 

 

平日挙式で1日満喫♪先輩カップルさまのご紹介

今回ご紹介する先輩カップルさまは、四季折々の自然が楽しめることでも人気の「鶴見ノ森迎賓館」にてご結婚式を挙げられました。

お二人が挙式をされたのは、平日のお日取り。

特に日本では結婚式=休日というイメージが強いですが、実はここ数年で平日挙式を選ばれるお客さまが増えているんです。

お仕事の都合や、お二人の記念日が平日にあたる場合など理由はさまざま。

平日挙式だと当日の利用がお二人だけということもあるため、会場を二人占めできる可能性が◎

ほかのカップルさまとの兼ね合いを気にする必要もないため、館内でのロケーションフォトをじっくり楽しめるというメリットもあります♪

平日利用なら通常よりリーズナブルにご利用できるお得なプランを用意されている会場もありますので、ぜひ1度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

ウエディングドレスにはサテン生地にゴールドの刺繍があしらわれた1着を選ばれた新婦さま。

お写真に残した際にもしっかりと存在感を放ってくれるゴールドの刺繍は、ロケーションフォトをゆっくり満喫できる会場にぴったり!

スカート部分に大胆に施した刺繍も、気品あふれるゴールドの糸のおかげで落ち着いた雰囲気にまとまっています◎

格式高いイメージと共に、柔らかな女性らしさも表現できる刺繍デザイン。

サテン生地の高級感と相まって、ロイヤルウエディングを思わせるスタイリングとなりました♪

 

 

ツヤ感が魅力のサテン生地スカートは、後ろ姿をよりロマンチックに演出してくれます◎

キュートなガーランドとグリーンの組み合わせが写真映えばっちりのロケーションで、とびきりの1枚となりました♪

 

 

お色直しでは和装をチョイスされた新婦さま。

日本の伝統文化「能」の衣装でも採用されている“唐織”の色打ち掛けは、色彩豊かな文様が印象的です◎

前面に季節の花々をあしらい、パステルカラーと原色の調和がポイントとなっています。

多種多彩な花を描くことで、和装が持つ上品な雰囲気にかわいらしさがプラスされているのが魅力♪

そんなお衣装に合わせたのは、おしゃれ好きな花嫁さまにオススメの「ボールブーケ」。

さまざまな花材を使用しているため、どんなお色味の衣装にもマッチするのが人気の秘密です♪

 

 

実はこちらのボールブーケは、新婦さまの手作りアイテムなんです!

ウエディング系の雑誌やウェブ上でも度々紹介されているように、ウェディングアイテムを手作りされる花嫁さまが増えている近年。

試行錯誤しながら完成させたアイテムは、よりいっそう愛着が湧くもの。

結婚準備でおいそがしいなかの作業ではありますが、ご結婚式にまつわる大切な思い出の1つとなるはずです♪

 

 

和洋折衷、それぞれの良いところを満喫されたカップルさま◎

さらに平日挙式にされたことで、大切な1日をめいっぱいお楽しみいただけました。

これから日取りを検討されるというカップルさまは、ぜひ1度平日での挙式を検討してみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介したほかにもメリットはたくさんございますので、お悩みの際はスタッフまでお声掛けくださいませ♪

皆さまのご来館をお待ちいたしております。

 

 

 

正統派なのに個性をアピール!技ありウェディングドレスのすすめ

大切な人と共にこれからの人生を添い遂げることを誓う結婚式は、まさに“幸せ”を象徴するシーンといえるかもしれません。

その素晴らしい1日に華を添えるのは、衣装はもちろんブーケやテーブルウェアなどウェディングアイテムの数々。

そのなかでも重要な役割を担っているウェディングドレス。

「ウェディングドレス=白」というイメージが強いかもしれませんが、実はそのほかにも様々な色やデザインのものがあることをご存知でしょうか?

 

「真っ白なウェディングドレスはちょっぴり気恥かしい…」

「ウェディングドレスは着たいけど、人と同じはいや!」

という花嫁さま必見!

バラエティに富んだウェディングドレスをご紹介いたします♪

 

 

まずは、おしゃれ好きな個性派花嫁さまにおすすめの花柄ウェディングドレス!

チュールやレースの下に花柄生地を忍ばせた、技ありデザインです♪

花柄が全面に出るデザインではないので、さりげなくガーリーな雰囲気をまとえるのがポイント。

白を基調としたレースやチュールを上に重ねることで“ウェディングドレスらしさ”がアップし、挙式シーンでもぴったりマッチします◎

キュートになりすぎるイメージの花柄も、くすみカラーを用いたこちらのデザインなら安心。

全体のトーンが落ち着くため、年齢を問わず楽しんでいただける“大人かわいい”世界観が生まれます。

 

 

ウェディングドレスに合わせて白が基調になりがちなブーケも、このドレスなら遊び心たっぷりのデザインのものだって楽しめちゃいます♪

花柄部分とリンクさせた花材を選べば派手すぎる印象もなく、統一感も◎

ご予算の関係上、ブーケは1つと決めている方もいらっしゃるかと思います。

白以外の色味もたくさん使われているこちらのドレスなら、カラードレスに合わせて作ったブーケだってマッチしてくれるはず。

ポイントは、ウェディングドレスや他の色味にも合うグリーンを基調とすること。

ここを押さえれば、無理にシンプルデザインのブーケを選ぶ必要もありません。

きっと、ブーケ選びも楽しくなるはず♪

 

 

こちらが、実際に花柄ウェディングドレスをご着用された花嫁さま♪

ドレスに強いお色味を使っていないため、自然光がたくさん降り注ぐナチュラルな会場にもぴったりです。

ショート丈のグローブも、爽やかでかわいらしい花柄デザインにマッチしていますね◎

 

 

次にご紹介するのは「ウェディングドレスにもゴージャスなムードをプラスしたい」という花嫁さまにぴったりの1着!

華やかさがグンと増す、ゴールドのウェディングドレスです。

ウェディングドレスが持つ“清潔感”や“研ぎ澄まされた美しさ”はそのままに、きらびやかな印象をプラスしたこちらのドレス。

ふわふわと空気を含んだ柔らかなチュールのおかげで、かわいらしさも兼ね備えているのもポイントです。

 

 

アクセントとなっている、ウエストマークのリボン。

ゴールドの光沢感のほかに、角度によってはカーキっぽいツヤ感があるのがポイントです。

見る角度やシチュエーションごとに異なる表情が見られるので、ゲストは一瞬だって花嫁さまから目を離せませんね♪

濃いお色味のリボンは、特に立った時・歩いた時のアクセントになるもの。

脚長効果は言わずもがなですが、引き締めカラーのリボンのおかげでウエストをきゅっと細く見せてくれるという点も注目ポイントの1つです◎

 

 

実際にご着用された花嫁さま。

ウエストのリボンは取り外しが可能なので、外してナチュラルなワントーンカラーにまとめるのもおすすめ◎

こうすることで、ゴールドドレスもキュートな印象に変身です♪

 

 

知っているようで知らないのが、ウェディングドレスの世界。

ウェディングドレスも、ほんの少しデザインを加えるだけで個性をアピールできるアイテムになるんです◎

正統派の美しさも兼ね備えた、個性派ウェディングドレス。

ルーブル・ブライダルサロンではご紹介したほかにも、多種多様なラインナップにてご用意しております♪

「スタンダードデザインのウェディングドレスに、いまいちしっくりきていない」という花嫁さま。

ぜひ当サロンスタッフへとご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

当サロンスタッフのご友人カップルさま♪ウェディングレポート

京都・東山の豊かな緑に囲まれた結婚式会場「京都ROKUSISUI」。

先日、こちらの会場で本番を迎えられた先輩カップルさまがいらっしゃいます。

 

 

ちょっぴり緊張した面持ちの新郎さまと、にっこりほほ笑む新婦さま。

実はこちらの新婦さま、当サロンスタッフのご友人さまなんです。

友人であるスタッフなら新婦さまのお好みを熟知しているということもあり、当サロンのお衣装をお選びくださいました♪

今回は、そんな新郎新婦さまの挙式・披露宴の模様をレポートしたいと思います。

 

 

ウェディングドレスに選ばれたのは、総ビジューをあしらった華やかなこちらのロングドレス。

お好みをしっかりと理解しているため、悩むことなくすんなりとご決定されました◎

お写真では分かりづらいかもしれないのですが、薄いピンク色の生地でできているのがこちらのドレスの特徴。

ピュアホワイトのドレスと比べると、特に肌なじみの良さは抜群!

血色感のある、健康的で女性らしい表情を演出してくれるのが嬉しいポイントです。

ドレス全体に入ったクリスタルのビジューは、新婦さまだけでなく隣に並ぶ大切な人の笑顔まで輝かせてくれました♪

 

 

総ビジューのドレスは、後ろ姿もとってもドラマチック!

新婦さまを照らすスポットライトの光を受け、キラキラと輝くバックショット。

きっと、ゲストにとって忘れられない1シーンになったはず◎

立ち姿をエレガントに見せてくれるロングドレスという点も、バージンロードで映えるポイントです♪

 

 

カラードレスには、シンプルなピンクサテンのドレスをチョイス。

ウェディングドレスではよく見るのですが、実はサテン生地を使ったカラードレスというのは珍しいんです♪

スタンダードなデザインながら、個性をしっかりとアピールできる優秀ドレスとなっています◎

かわいらしいイメージの強いピンク色も、サテン生地が持つ優雅さが加わることで大人っぽさをまとえるのもこのドレスの注目ポイント!

ウエスト部分に施されたリボンも、子どもっぽくなることなくスタイルアップ効果を発揮してくれています。

 

 

挙式当日、挙式・披露宴と列席したスタッフ。

お二人を担当している間、スタッフは友人だからこそ分かる視点から、新婦さまがより輝けるスタイルを追求しました。

ヘアスタイルから1つ1つの小物にわたるまで、新婦さまが本番で身につけているのは、たくさん相談しながら細部までこだわり抜いたアイテムばかり。

その姿を間近で見られるというのは、とても貴重なひとときとなりました。

 

 

友人としてはもちろん、スタッフとしても感慨深いものがあったこの経験。

新郎新婦さまにとって特別な1日となるご結婚式をお手伝いする身として、決して忘れられない思い出となりました。

改めて、誠実に・まっすぐにお客さまと向き合うことの大切さを感じました。

皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

奥が深いサテン生地の世界♪新たな魅力をご紹介!

ここ数年、ナチュラル志向の花嫁さまが増えたこともあり、ウェディングトレンドもナチュラルでかわいらしい“チュール”が人気の素材となっていました。

しかし、実は最近“サテン”生地を使ったドレスの人気が高まってきているのをご存知でしょうか?

サテン生地のドレスと一口に言っても、その種類は様々。

そこで今回は、それぞれのサテン生地が持つ特徴を当サロンのウェディングドレスと共にご紹介したいと思います♪

 

 

まずは通常のサテン生地を使用したこちらの1着。

サテン生地らしいハリ感が魅力で、クラシカルなロイヤルウェディングを思わせるデザインにマッチします◎

ビジューなどのキラキラと輝くパーツとの相性も良く、シンプルなデザインのドレスでも華やかに演出してくれるのが特徴です。

 

 

通常のサテンはほかのものと比べて特にハリがしっかりとしているため、後ろ姿のシルエットが美しく見えるのもおすすめポイントの1つ。

そのため、歩いている際もきれいなラインを保ってくれるので、挙式中の後ろ姿がいっそうロマンチックに見えるはず♪

こちらのお写真のように、繊細なデザインの刺繍レースとの相性も抜群です◎

 

 

こちらが“ミカドサテン”と呼ばれる生地を使用したドレス。

ほかのサテン生地と比べ、密度が高くボリューミーなのが1番の特徴。

サテン生地のなかでも最高級といわれるだけあり、その光沢は上品さと華やかさを兼ね備えています♪

ミカドサテン特有のボリュームたっぷりなシルエットは、シンプルなデザインでもしっかりと存在感を放ってくれるはず◎

 

 

袖のないビスチェタイプなら、デコルテラインをより美しく見せてくれるのがこの生地の特徴。

つややかな質感と気品あふれる輝きに、花嫁さまの表情まで明るく映し出してくれるはず◎

ステンドグラスのある大聖堂や、長いバージンロードのあるドラマチックな会場には特におすすめの素材となっています♪

 

 

最後にご紹介するのが、ナチュラル志向のトレンドも押さえられる“サテンオーガン”のドレスです。

サテン生地が持つリッチな光沢感に加え、チュール素材を思わせる柔らかさも併せ持ったこの生地。

“サテン”と“チュール”両方の魅力をいいとこ取りした素材は、こだわり派の花嫁さまも頷くぜいたくさです♪

 

 

サテン生地でありながら、ふんわりと優しい質感も兼ね備えたこちらの1着。

花嫁さまの動きに合わせて様々な表情を見せてくれるため、前撮り撮影にもうってつけです◎

また、ナチュラルなロケーションにもマッチするという嬉しいポイントも♪

レディな美しさも演出してくれるサテンオーガンのドレスなら、流行のガーデンウェディングでも魅力を存分に発揮してくれそうです♪

 

 

ナチュラルなデザインや素材がトレンドとなっている今。

本日のブログを通して、意外と知らないサテン生地の魅力に触れていただけたのではないでしょうか?

品のある質感はもちろん、スタイルを良く見せてくれるのがサテン生地の最大の特徴。

しかし、その魅力はまだまだあります◎

奥深いサテンドレスの世界を、覘いてみませんか?

当サロンのスタッフが、余すことなくご紹介させていただきます♪

気になる方はぜひ、スタッフまでお声掛けくださいませ。

 

 

 

先輩カップルさまのご紹介!二人のコーディネイトを楽しむウェディング♪

本日はキラキラの笑顔が眩しい、先輩カップルさまをご紹介いたします!

 

 

先日、鶴見ノ森迎賓館にてご夫婦となられたこちらのお二人。

周囲の人々の気持ちまで明るくしてしまうような、輝く笑顔が印象的な新婦さま。

挙式では、高級感あふれる総パールがポイントのウェディングドレスを選ばれました。

 

 

体のラインを美しく際立たせてくれるスレンダーラインのドレスは、新婦さまの持つ魅力を最大限に引き出してくれていました♪

縦のラインを強調するスレンダーラインは、スタイルアップが期待できるのもポイント。

 

 

さらにカラーを使った“アームブーケ”を組み合わせたことで、その効果は倍増です◎

“アームブーケ”とはカラーなどの背の高いお花を集め、茎の部分でシンプルに束ねたデザインのブーケのこと。

人気の“クラッチブーケ”とも似ていますが、スラリとした大人っぽさを演出できるのが“アームブーケ”の特徴です。

手に持った時、その長さから自然と腕に抱えるような持ち方になるのですが、それが名前の由来となっています。

スレンダーラインのドレスとアームブーケの組み合わせは、気品高いレディな雰囲気を生み出すのにぴったりです♪

 

 

カラードレスには、オリーブカラーの個性的な1着をチョイス。

ボリュームたっぷりのデザインなので、シックなカラーリングながらキュートな雰囲気も感じられます♪

ブーケの花材には、ドレスのオリーブカラー(=緑)の反対色である赤色のものを。

反対色の関係にあるカラーには、お互いの色を引き立たせる効果が。

ドレスとブーケ、どちらもしっかりと存在感を発揮しているのには、そんな“色が持つマジック”があったんです♪

 

 

新婦さまのお色直しに合わせて、新郎さまもモスグリーンのタキシードにお着替え。

最近では新郎さまのお色直しも当たり前になりつつあり、お二人一緒にコーディネイトをお楽しみいただけるようになってきました♪

緑は緑でも、モスグリーンといった深みのあるお色味を選べば、カラーのタキシードもシックな雰囲気にすることも◎

「正統派なイメージは保ちつつ、コーディネイトも楽しみたい」という新郎さまにはおすすめです。

 

 

これらのお写真は、挙式・披露宴を無事迎えられたお二人がご来館くださった際に頂戴したもの。

当日の様子を、様々なエピソードと共に話してくださったお二人。

お話を聞いたスタッフ自身も、まるで当日その場にいたような感覚を味わうことができました◎

当サロンのお衣装を着て迎えたその日が、素晴らしい1日となったこと。

心より嬉しく、そしてとても温かい気持ちになりました♪

 

 

サロンのこだわりがぎっしり!人気インポートドレスの登場♪

昨日4月1日はエイプリルフールでしたが、皆さんはどんな1日を過ごされましたでしょうか?

“罪のないウソ”をついてもいい日とされているエイプリルフールですが、実はほかに“綿抜(=衣替え)の日”ともいわれているんです◎

由来は、冬の間に詰めていた着物の綿を抜く慣習にあるとのこと。

ちなみに「四月一日」を「わたぬき」と読むのは、これが語源となっているそう。

呼び名の通り温かな日が増えてきた今日この頃、当サロンでは続々と新作お衣装が登場しております!

本日のブログでは、そのなかでも特にオススメの1点をご紹介したいと思います♪

 

 

ご紹介するのは、ウェディングドレス!

こちらはインポートドレスとなっていて、総レースのエレガントなデザインが魅力です♪

インポートドレス特有の優雅さや高級感が際立つレースづかいに、思わずうっとりしてしまいますね。

 

 

繊細なレースは、女性らしさをさりげなく表現してくれるのもポイント。

シンプルなデザインのなかにある、上質な素材感が好まれる現在のウェディングシーン。

そんな花嫁さまのリクエストに応えてくれるインポートドレスは、当サロンでもとっても人気となっております。

 

 

ただ、インポートドレスを選ぶ上でご注意いただきたいのがサイズ感とドレスライン。

というのも、海外の方と日本人では骨格が異なります。

そのため、ドレスを着用した際のサイズ感やラインの出方も大きく異なるんです。

特に身長差は大きく、インポートドレスは丈が長めに作られています。

そのまま着用してしまうと丈が余ってしまうことがあり、ドレス本来の美しいラインが出ないことも。

せっかくのインポートドレス、国産ドレスと同じようにベストな状態でお楽しみいただけるよう、当サロンでは綿密なサイズ調整を行っているんです。

ただ丈を短くするだけではなく、日本人女性の身体にフィットするよう調整を行うこと約半年。

ようやく完成した1着は、インポートドレスの良さを残したまま、新たなドレスとして生まれ変わりました♪

 

 

 

レース素材の魅力“透け感”がたっぷりのオフショルダーも付いたデザインで、近年のトレンドもばっちり!

 

 

この袖部分は取り外しが可能なので、お色直しなどでガラリと雰囲気を変えることも◎

おしゃれ好きな花嫁さまも納得の1点となりました。

 

 

いかがだったでしょうか?

花嫁さまが輝くためのとっておきの1着を選んでいただきたい!

そんな、ルーブル・ブライダルサロンの想いがふんだんに詰まったこちらの1着。

ぜひ1度ご試着してみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 13