Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

パーソナルカラー別♪おすすめカラードレス紹介

耳にする機会が増えてきた、パーソナルカラー診断。

パーソナルカラーとは、自分自身を最も美しく見せてくれる色のことを言います。

生まれ持った肌や髪・瞳の色によって異なるパーソナルカラーは、春・夏・秋・冬の4つのグループに分かれます。

パーソナルカラーを知れば、今までよりもさらに自身を魅力的に表現することができるため、お衣装選びの前に診断をされる花嫁さまがたくさんいらっしゃいます。

しかし、どのドレスがどのグループに属したカラーなのか、という判断は実はとても難しいのです。

そんなお悩みをお持ちの花嫁さまのため、本日はそれぞれのグループごとにおすすめのカラードレスをご紹介いたします!

 

<春(スプリング)>

1.レモンイエロー

春(スプリング)は黄みがかった色が似合うイエローベース。

同じイエローベースの秋(オータム)と比べ、より明るいお色味がぴったりのスプリングの方にはこちらの1着。

濁りのないフレッシュなイエローは、肌に透明感をもたらしてくれるはず♪

 

2.スカイブルー

一見派手な印象のこちらのドレスも、スプリングの方が身につけるとみずみずしさが溢れます◎

繊細なレース模様もピュアホワイトではなく、ほんの少し黄色がかった柔らかい色味の糸を使用しているので肌馴染みもばっちりです。

レースはトップス部分にも施されているので、デコルテラインを綺麗に見せてくれる効果も♪

 

<夏(サマー)>

1.ラベンダー

スプリングと対照的なもう1つのベースカラー・ブルーを持つのが夏(サマー)です。

青みがかった明るく淡いお色がぴったりのサマーの方には、ニュアンスのある中間色・ラベンダーがぴったり。

サマーのお肌や瞳の色にははっきりとした明るさよりも、白いベールを1枚まとったような明るさが似合うんです♪

 

2.エメラルド

明るい色が似合うサマーだけど、可愛らしいお色を着る勇気がない…という花嫁さまにはエメラルドのカラードレスがおすすめです。

優しい明るさを持ったお色で、グリーンという爽やかさが挑戦しやすいですね◎

髪を艶っぽく見せてくれる青みがかったエメラルドグリーンのドレスで、全身隙なしの素敵花嫁に♪

 

<秋(オータム)>

1.カーキ

スプリングと同様のイエローベース。

四季の秋を彷彿とさせる、黄金色や深い赤などの落ち着いた大人カラーがマッチします◎

雰囲気のあるアースカラーがぴったりなので、シックなカーキドレスも似合ってしまうのが秋(オータム)の素敵なところ◎

 

2.くすみピンク

落ち着いたカラーが得意なオータムにも、おすすめのピンクはあります♪

ちょっぴりダスティな大人っぽいピンクなら、オータムの方にもぴったり。

くすみカラーはファッション業界でも人気のキーワードなので、トレンド感もしっかり押さえられますね。

 

<冬(ウィンター)>

1.ローズピンク

同じブルーベースのサマーと同じくクールな印象のカラーが似合うのですが、より濃く鮮やかなお色味が似合うのが冬(ウィンター)の特徴です。

ピンクなら、写真のように美しい発色のドラマティックなローズピンクがおすすめ。

本来持つ肌の白さをより際立たせてくれる効果があるんです♪

 

2.ネイビー

キリッとシャープなネイビーのドレスもぴったり!

ウィンターの方が持っている、透明度の高い肌の質感や血色を綺麗に見せてくれます◎

 

 

 

それぞれキュート系とクール系の2着ずつご紹介させていただきました。

パーソナルカラーというのは、季節ごとに似合わない色があるというわけではなく、より似合う色があるということを教えてくれるもの。

診断済みの花嫁さまは、ぜひご自身のカラーをスタッフにお申し付けくださいませ。

花嫁さまの魅力を最大限に引き出してくれるお衣装をご用意させていただきます♪

 

 

 

お衣装選びの手助けに!先輩カップルご紹介♪

大阪・天満橋駅にある、アットホームで「こころとこころを繋ぐ」をコンセプトにしている結婚式場クーレクール。

先日この会場で晴れてご夫婦となられた新郎新婦さまがいらっしゃいます。

 

 

綺麗な青空がどこまでも広がっているこちらは、挙式前の屋上での1コマ。

明るくハキハキとしていて、決断の早い新婦さまは早い段階でウェディングドレスとカラードレスのどちらも2着ずつに絞られていました。

それぞれ、2着のうちどちらにするか。

悩んだ末、お衣装の決定はご自身のことを1番近くで見てこられたご家族さまと新郎さまに委ねられた新婦さま。

 

 

ウェディングドレスはアシンメトリーなデザインが印象的な1着をチョイス。

動きのあるデザインは、屋外などの開放的な空間での撮影にぴったりです。

すっきりとした質感のサテン生地とは対照的な、柔らかい生地のチュールを使ったこちらのドレス。

異素材を採用することで、個性的なラインが生まれるんです♪

奇抜になりすぎないように、シンプルなピュアホワイトのカラーでバランスを取っているのも注目ポイントですね◎

 

 

お色直し入場前のショットなのですが、リラックスした様子のお二人。

新婦さまが身にまとっているのは、夜空に瞬く星たちが散りばめられたようなネイビーのカラードレス。

深みのあるネイビーにキラキラと粒子の細かいラメを加えると、幻想的でロマンチックな雰囲気に♪

ヘッドアクセにもスワロフスキーがあしらわれた華やかなカチューシャを。

スカート部分のラメのように繊細な、小さな石を組み合わせたタイプなら上品な華やかさを演出してくれますね。

ボブヘアの新婦さまのスタイリングは、綺麗めのネイビードレスに合わせてアップに。

毛先をくるっと内側に折り込めば、短めのボブヘアもレディなアップスタイルに変身です◎

 

 

 

 

ご試着室の中だけでは、挙式当日のイメージがなかなか湧かないという新郎新婦さまには実際のお客さま写真をご紹介しています。

そうすることで、ご自身の花嫁さま像を客観的にイメージできるようになるんです。

さらに同じ会場の先輩カップル写真なら、より具体的に想像できるもの。

たくさんの先輩カップルがいるのも、お衣装ラインナップが豊富なルーブル・ブライダルサロンならでは。

何かお困りごとが出てきた時には、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

 

キラキラ輝くスワロフスキー!おすすめイヤリングのご紹介♪

お衣装やヘアスタイルと同じように、トレンドの変化があるブライダルジュエリー。

今季は顔周りが一気に華やぐ、大ぶりなデザインがトレンドとなっています。

アップスタイルやショートヘアにも合わせやすいこのデザインですが、つけてみて何だかしっくりこない、という花嫁さまもいらっしゃいます。

普段使いのアクセサリーとは異なるサイズ感というのも理由の1つかもしれません。

とは言え、トレンドはちゃんと押さえておきたいところ。

そこで今回は、そんなお悩みを解決してくれるスワロフスキーのイヤリングをご紹介します♪

 

 

小ぶりながらも存在感をしっかりとアピールしてくれるのが、スワロフスキーのおすすめポイント。

シンプルなヘアスタイルも、スワロフスキーの輝きで一気にあか抜けた印象に変身です♪

 

 

小さめサイズだからこそ、トレンドのバックカチューシャとも相性ぴったり!

さらにスクエアタイプのデザインで、ロイヤルウェディングを彷彿とさせるエレガンスな印象です。

この形には、あごのラインをすっきり綺麗に見せてくれるという秘密も。

小顔効果が期待できるデザインは、女性にとっては嬉しいところですよね。

 

 

しずくモチーフと丸型モチーフが複雑に組み合わされたこちら。

他にはないデザインで、こだわり派の花嫁さまも納得のイヤリングです◎

 

 

小ぶりのイヤリングなら、個性的なヘッドアクセとのバランスもばっちり!

画像のようなグリーンを合わせても素敵ですし、リボンを髪に編み込むスタイリングにもマッチしてくれるはず♪

 

 

個性的なデザインで、トレンドの一歩先をゆくおしゃれ花嫁さまになれるのがこちらのイヤリング。

しずく型とはまた少し違うスワロフスキーをメインにデザインされており、ゴージャス感のなかにも個性がキラリと輝いています♪

サイズが異なるスクエア型の石がいくつも使われているので、単調なデザインに見えないのも大切なポイントです。

 

 

最後にご紹介するのは、こちらの花びらをイメージした1点。

フラワーモチーフの可愛らしさと、スワロフスキーの上品な華々しさがぴったりとマッチ♪

同モチーフのヘッドアクセサリーと組み合わせれば、お顔周りがいっそう明るく華やぎます。

 

 

 

 

挙式やご披露宴では、常にライトアップされている花嫁さま。

そして、その光を受けてキラキラと煌めくスワロフスキー。

お顔周りにくるイヤリングにスワロフスキーをチョイスすることで、より印象的な花嫁姿になれちゃうんです。

小ぶりなデザインでも、しっかりと存在感を出してくれるのがスワロフスキーの1番のポイント。

お衣装選びの次は、ご自身のイメージにぴったりのブライダルジュエリーを探してみてくださいね。

 

 

笑顔溢れるウェディング!新郎新婦さまご紹介♪

 

キラキラの笑顔が眩しい新郎新婦さま。

今回は、円形のチャペルがドラマチックなゲストハウス、En Fanceでお式を挙げられたお二人をご紹介いたします♪

見ている方まで自然と笑顔が溢れてしまうような、そんな素敵なお二人。

新婦さまが選ばれたのは、ルーブル・ブライダルサロンのオリジナルドレスでした。

肩にかかるチュールが柔らかさと女性らしさを表現してくれているこちらのウェディングドレス。

ナチュラルな雰囲気は、新郎さまのベビーピンクのベストともぴったりマッチしています◎

 

 

挙式当日、ウェルカムスペースでゲストをお迎えしたのは手作りのパネル!

大好きだというスヌーピー風のタッチで、お二人をよく知るゲストは思わず笑顔になってしまいます。

パネルの新郎新婦さまが着ているのも、実際に着用されたお衣装です。

挙式で登場するお二人の姿を予感させる、素敵な仕掛けですよね♪

 

 

ウェディングドレスのバックスタイルはこちら。

ふんわりと肌が透けて見えるチュールにあしらわれたお花モチーフで、少女のような可憐さを。

そしてすっきりと肩甲骨が見えるバックスタイルでは、ぐっと大人の女性らしさを演出してくれる優秀ドレスです♪

チュールのお花に合わせて白のヘッド装花をチョイスすることで、コーディネイト全体に統一感を創出。

シンプルなデザインで飾らない美しさでありながら、バックスタイルやスカートなどラインが綺麗なのがこのドレスの特徴です。

 

 

挙式後、スタッフとの会話の中でこの日のことを「とっても最高!」と言葉にした新郎新婦さま。

本番までの長い準備期間でお二人の様々な表情を見てきたスタッフにとって、この言葉はとても嬉しいものでした。

ご結婚式が素敵な1日になるように、そのお手伝いを精一杯させていただくのが私たちの大切な役目です。

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

魅せ方・与える印象は多種多様♪袖付きカラードレス5選

近年人気の袖付きウェディングドレスですが、その人気の理由はどこにあるのでしょうか。

まず1つは、海外ウェディングのようなナチュラルな雰囲気を作りだせるから。

そしてもう1つが、露出部分を少なくすることで体型カバーをしつつも上品かつ可憐なイメージの花嫁さまになれるから、ではないでしょうか♪

もちろんその他にも理由はたくさんあるかと思いますが、花嫁さまのお声を聞いていると上記2つが理由として挙げられます。

 

袖付きデザインはウェディングドレスに多く見られますが、ルーブル・ブライダルサロンではカラードレスでも多数ご用意しております。

豊富な品揃えで、カラードレスでも袖付きのものを着たいという花嫁さまのご希望を叶えてみせます♪

 

 

まずはクリーングレーのお色味が新鮮な1着。

こちらはスリーブ部分がすべてレースとなっているのがポイント。

スタンダードなデザインで根強い人気を誇るフレンチスリーブタイプも、総レースになることで可憐な印象がぐっと増します♪

ビスチェタイプの襟元に組み合わされたバトー・ネックには、柔らかく肌が透けて見えるシフォン素材を使用。

肌の露出度を抑えながら、さりげなく覗くデコルテは気品溢れる花嫁さま像にぴったりですね。

 

 

次にご紹介するのは、女性らしいラベンダーカラーがゲストの視線を惹きつけること間違いなしのこちらのカラードレス。

柔らかな質感が特長で、ナチュラルな雰囲気を生み出してくれるエンパイアライン。

そのシルエットはギリシャ神話に登場する女神のようで、クラシカルな中にも優雅さを兼ね備えています◎

そして何より1番印象的なのが、ストンとレースが降りているポンチョ・スタイルの袖です♪

二の腕カバーに優れた袖付きデザインの中でも、特にカバー性の高いタイプとなっています。

オーガンジー素材なので、カバーしているということを感じさせないシルエットになっているのもおすすめポイントです。

 

 

モーヴピンクが生み出すのは、大人っぽさと少女のような儚さを併せ持った不思議な魅力。

そんな印象的なお色味のこちらのカラードレスは、ウエストから広がるボリューミーなチュールスカートがポイントです♪

一見すると子どもっぽくなりがちなチュール×ピンクの組み合わせも、くすみ系のピンクなので年齢を問わず楽しんでいただけるデザインに。

ウエストと胸元にあしらわれたピュアホワイトの刺繍はお花がモチーフ。

刺繍模様と同じように、ブーケには小花がたくさん入ったデザインのものを組み合わせたいですね。

そして、こちらの袖は不動の人気“オフショルダー”デザイン!

定番化しつつあるデザインも、ワンポイントとして刺繍を取り入れると新鮮ですね◎

左右両方の鎖骨がしっかりと見えるオフショルダーはお顔周りがすっきりとした印象になるので、写真のようなダウンヘアにもぴったり。

すずらんのような小ぶりでも存在感あるお花を使った花冠が似合いそうな1着です♡

 

 

デタッチド・スリーブと呼ばれるデザインにも見える、こちらの袖付きドレス。

取り外し可能だったり分離した袖のことをそう呼ぶのですが、ご覧の通りデザイン性の高さが特徴。

ドレスの細部にまでこだわり抜きたい!というおしゃれ好きの花嫁さまには特におすすめの1着です◎

そして、こだわり抜かれたのは袖のデザインだけではありません。

アクアブルーや淡いバイオレット、エメラルドグリーンなど数種類のカラーが重なり合って出来ているチュールスカートもこだわりのポイントです。

重なり具合や光の当たり方によってロマンティックに移り変わるお色味が、まるで美しく透き通る海のよう。

トップスからスカート上部にかけて散りばめられたストーンが、海の中でキラキラと輝く泡のように見えてきます♪

 

 

最後にご紹介するのは、シンプルデザインと深い紅の組み合わせでレディに仕上げてくれる1着。

スカートのサテン生地と胸元のチュール、それぞれ異なる質感を持った素材のコントラストが印象的です。

袖部分はトップスから続く繊細なレースとチュールの両方が取り入れられています。

デコルテがうっすらと透けて見えるチュールのおかげで、きつい印象になりがちな深紅も挑戦しやすいお色味になっていますね◎

袖のデザインをシンプルにすれば、濃い色のドレスでも派手なイメージにならないんです♪

 

 

多種多様な袖付きカラードレスをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した5着だけでも、魅せ方や与える印象は様々。

袖付きカラードレスでトレンドを押さえつつ、理想的なシルエット・印象のお衣装をご案内いたします。

当サロンスタッフまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

縁の下の力持ち!ブライダルインナー選びで大切なこと

新婦さまをご試着にご案内する際、私たちスタッフがドレスと同じくらい重要視しているのが“ブライダルインナー”についてです。

ウェディングドレスやカラードレスの下に着用するドレス専用のインナーなのですが、実は皆さんが想像しているよりずっと重要な存在なんです。

 

 

ドレスだけがぴったりサイズでもだめ。

例えば、いくらきっちりとサイズを合わせたドレスを着ていても、中に着るインナーが緩いとドレスの重さに耐えきれずにインナーがずれてきてしまいます。

ドレスのご試着経験がある方は分かるかもしれませんが、ドレスは見た目とは裏腹に重たいもの。

そのため、挙式やご披露宴中にずれてしまわないよう、しっかりとインナーとサイズを合わせることが必要になります。

普段のインナーとは全く異なるつくりなので、ブライダルインナーを着用するのは挙式・披露宴時の1回のみというのがほとんど。

見えるものではない上に1度しか着ないとなると、高価なものを選ばなくてもいいように思えますよね。

もちろん高価であれば良いというわけでもないのですが、そのお値段には大切な要素がふんだんに詰め込まれているんです。

 

ブライダルインナーを選ぶ際のポイントはいくつかあるのですが、中でも特に重要なのがこちらの2つ。

 

①ドレスの締め付けが強いので、インナーは緩くてもOKというのは間違い!

…上でもお伝えしましたが、重みのあるドレスを支えるにはぴったりと身体に沿ったインナーと合わせることが大切!

 

②カップ部分はワイヤー入りのものをチョイスすること!

…ぴたっと締めあげたドレスで胸元がつぶれてしまうと、全身のラインがだらしなく見えてしまうことも。

寸胴体型になってしまわないよう、バストのトップ位置を持ちあげてくれるものを選びましょう♪

 

 

この2つは必ず押さえていただきたいポイントです。

 

 

晴れの舞台を見えないところで支えてくれるブライダルインナー。

見えないからこそ、慎重かつ丁寧にチョイスすることが大切です◎

他にもチェックポイントがたくさんあるので、当サロンのスタイリストにご相談くださいませ。

サロンおすすめのブライダルインナーブランド「セモア」のラインナップと共にご案内させていただきます。

 

 

パイピングデザインで差をつける!個性派ウェディングドレス

新しくなったルーブル・ブライダルサロンのホームページ上では、今まで以上に数多くのドレスラインナップをご覧いただけるようになりました。

それでもまだまだご紹介しきれないほど多くのお衣装をご用意している当サロン。

今回は、多数存在するドレスの中からおしゃれな個性派花嫁さまも納得の1着をご覧いただきたいと思います♪

 

 

一見すると、アンティーク調でシックな装いのシンプルなウェディングドレス。

トップス部分からチュールスカートにかけて施された刺繍は、厚みのあるデザインでドレス全体に立体感を生んでいます。

繊細なつくりでありながら重厚感も兼ね備えているので、高級感ある佇まいが特徴です◎

ここまでだと、ベーシックなクラシカルドレスの印象を受けますよね。

おしゃれ花嫁さまにご注目いただきたい点は、他にもあるんですっ。

 

 

それは、通常だと隠してしまう裏地のパイピングを魅せるデザインとした点なんです♪

ドレスに限らず、衣服は何枚もの布(パーツ)を縫い合わせて作られています。

縫い目は異なる布が縫い合わせられていることから通常の2枚分の厚みがありデザインに影響しやすかったり、また、布の端は糸が飛び出てしまいほつれやすい箇所でもあります。

そのため、一般的にはテープ状の布でくるんであることがほとんど。

ここが上にも登場した“パイピング”と呼ばれる縫い代部分なんです。

 

スカートの裾部分を見てみると、パイピングがデザインとなって足元にアクセントを持たせています◎

チュールだけだとふんわりと可愛らしいイメージになるところを、パイピングを取り入れることであか抜けた雰囲気に変化させているんです。

ほんのりと透けて見えるスカートのドット模様を、さりげなく際立たせてくれるのもこのパイピングならでは♪

 

 

挙式後のお写真撮影時には、ドットチュールの半袖を羽織ってイメージチェンジ。

ドレスとセットになっていて、追加料金を心配される必要もありません◎

袖がつくことでカジュアルダウンされるので、ガーデンでのパーティースタイルにもおすすめ。

 

 

オフショルダーデザインや、くすみカラーなど様々なトレンドが存在するウェディングシーン。

こちらのドレスなら、人とはちょっぴり違うこだわりを取り入れたいという、トレンドに敏感な花嫁さまにもきっとご納得いただけるはず!

ご紹介したお写真は、スタンダードなアップヘアのコーディネイトがマッチしていますが、ヘッドアクセやブーケを変えるとまた違った雰囲気に。

他のコーディネイトパターンも見てみたい、という方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

着こなし次第で挙式や披露宴はもちろん、2次会パーティーにもおすすめの1着となっております♪

 

 

オリジナルドレスたっぷり♪NEWパンフレットの登場!

ルーブル・ブライダルサロンのコンセプトは、「心から優しい気持ちになれるドレス」をお届けすること。

その想いを胸に、数々のドレスを作成しています。

挙式やご披露宴、前撮り撮影の当日。

新婦さまが袖を通すその日を、今か今かと待ち望んでいただけるような、そんな大切な1着となるように。

スタッフの願いがぎゅっと詰まったドレスが、たっぷりと掲載された新たなパンフレットが完成いたしました♪

 

 

パンフレットに掲載されているドレスは、どれも当サロンのオリジナル!

豊富なラインナップで、スタンダードなデザインからトレンドを押さえた個性派デザインまで。

他のどのお店にも置いていないドレスばかりなので、要チェックです。

 

 

このパンフレットに使われている写真はすべてルーブル・ブライダルサロン館内で撮影したもの。

撮影スポットが数多く存在する当サロンならでは◎

そしてこれらスポットは、大変ご好評いただいている館内前撮りプランのフォトスポットでもあるんです。

お衣装パンフレットでありながら、前撮り撮影のイメージも膨らませていただけます♪

 

 

柔らかくも美しい発色のこちらのカラードレスたち。

ドレスが持つそれぞれのお色を忠実、且つ綺麗に写真におさめるためには光が重要となります。

そのため、館内で撮影を行った当パンフレットのドレスは自然光がたっぷりと入るご試着室で撮影。

どの写真もいっさい加工することなく掲載しており、ドレスそのもののお色味をご確認いただけます◎

 

 

ルーブル・ブライダルサロンにご来館いただいた方にお渡ししているパンフレットは、今回ご紹介した他にもご用意しております。

ご試着の後は当サロンのパンフレットと共に、ご自宅でゆっくりとお衣装を吟味するのもまた楽しいひととき。

一度しかないお衣装選び、じっくりたっぷりとお楽しみくださいませ♪

 

隠れた魅力がたっぷり♪マーメイドラインドレス

プリンセスラインにAライン、スレンダーラインにエンパイアラインなど。

誰しも一度は聞いたことがある、ドレスラインの名称の数々。

特に女性は耳にする機会が多くありますが、それぞれの特徴やメリットなどは意外と知られていません。

定番人気のプリンセスラインやAラインであれば目にする場面が多い分、自身が着用した際のイメージもしやすいですよね。

それに比べて他のラインは、シルエットなら何となく知っている程度という花嫁さまがほとんどです。

そのためイメージが湧きづらく、結果試着することなく他のラインのドレスに決定するという流れに。

そこで今回は意外と知られていないドレスラインの中から、マーメイドラインドレスの魅力に触れていただきたいと思います♪

 

 

身体のラインが出るイメージから高いハードルを感じてしまい、敬遠されがちなマーメイドラインのドレス。

こちらのタイプのウェディングドレスは何と言ってもバックスタイルが魅力的。

しなやかな曲線美を描く女性らしいくびれを際立たせてくれるのが特徴です◎

そしてその名の通りマーメイドの尾びれのように広がっていくスカートは、単調になりがちな身体全体のラインにメリハリを生んでくれています。

スタイルに自信がないと着られないんじゃ…というお声をよく聞きますが、ご安心ください。

当サロンではお1人お1人の身体に合わせて、ぴったりのお衣装をご用意させていただいております。

気になるパーツこそラインを見せた方がほっそりと見えるもの◎

 

 

フロントスタイルはこちら。

デコルテから二の腕にかけてのパーツが気になるという方には、こちらで着用しているオーバー袖を羽織るのもおすすめ。

ドレスそのものがシンプルなデザインなので、華美になりすぎることなく着こなせるはずです♪

オーバー袖が胸元を程良くカバーしてくれているため、あごのラインがすっきりと見えるのも嬉しいポイント。

おすすめヘアは髪全体にウェーブをかけた後にまとめあげた、波打つ表面が綺麗なアップヘア。

横顔美人になれること間違いなしです!

 

 

そして、このドレスが持つ1番の魅力はリバーレースと呼ばれる繊細なレースにあります。

細い糸をより合わせて作られるリバーレースは、大量の糸を使用するため編み上がりまでに多くの時間を要します。

また繊細な糸を使用することから高度な技術が必要とされ、機械編みのレースのなかでは最高級品とされているんです。

“レースの王様”とも言われるリバーレースは、クラシカルで上品な印象。

マーメイドラインデザインの持つ優雅さが加わると、気品溢れるロイヤルウェディングを彷彿とさせます♪

さらに、ドレスの下地部分には総スパンコールがあしらわれていて、動くたび瞬くドレスにうっとりとしてしまいます。

 

 

すらりとした見た目からクールな印象を抱かれやすいマーメイドラインのドレス。

ですが、実はレースの種類や組み合わせる小物によって、柔らかく上品な雰囲気にも変身できちゃうんです。

他のラインのドレスは試着したけど、マーメイドタイプはまだ…という花嫁さまはぜひ1度お試しくださいませ。

 

 

ブルーの可憐なドレスで気分はまるでプリンセス♪

挙式会場が決まり、さあ次はお衣装!という時にぶつかるお悩みの1つに「本番のイメージが湧かなくてしたいこと・着たい衣装が思いつかない」というものがあります。

これまでにご友人やご親戚の挙式・披露宴に参加はしていても、自分自身が花嫁になるという実感はなかなか湧いてこないですよね。

そんなお悩みをお持ちの新婦さまのため、本日はルーブル・ブライダルサロンのお衣装で本番を迎えられた新郎新婦さまをご紹介いたします!

 

 

挙式はハワイで執り行われたため、会場「En Fance」で披露宴を開かれたこちらのお2人。

新婦さまの横に並びはにかんだ笑顔を浮かべた、ちょっぴりシャイな新郎さま。

消防士のため、制服に身を包んでのご披露宴となりました。

そして、笑顔が可愛らしい新婦さまが身にまとったのは、ほんわかとした優しい雰囲気にぴったりなブルーのカラードレスでした。

このお衣装チョイスには、実はとっても素敵な理由があるんです。

それは新郎さまにとって一世一代のプロポーズでの出来事にあります。

なんと新郎さま、ディズニーがお好きな新婦さまのためにガラスの靴をご用意してプロポーズされたんだそう♪

 

憧れのシーンを実現してくれた大切な思い出を胸に、新婦さまはブルーのドレスを選ばれました。

スカートの裾部分にあしらわれた刺繍など、随所に散りばめられたプリンセスらしくも上品な可愛さ。

ドレスの持つ上質な美しさを活かすため、ヘアアクセサリーにはボンネをチョイス。

今季トレンドのボンネは、ボブヘアにもぴったりですね♪

 

 

これまでにも、当ブログではルーブル・ブライダルサロンのお衣装をご利用いただいた新郎新婦さまをご紹介させていただいております。

より具体的なイメージを描くには、実際の花嫁さまのコーディネイトを見て想像を膨らませるのもおすすめ◎

ブログでご紹介した以外にもご案内可能なコーディネイトを数多くご用意しております。

まだまだ実感が湧かない…という花嫁さまも、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ち致しております。

春の訪れと共に♪新作ウェディングドレスのご紹介

関西でも暖かい日が増え、例年よりちょっぴり早く桜の花びらが舞う季節がやって来ました。

お休みの日にはお花見に繰り出すという方も多い今の季節、目に映る植物たちが少しずつ色づき始める景色に心躍る毎日です♪

そんなわくわく気分をいっそう盛り上げてくれること間違いなしのキュートなドレスが入荷いたしました!

 

 

オフショルダーデザインがトレンド感をしっかりと押さえてくれているこちらのウェディングドレス。

気になるデコルテラインも、オフショルダータイプのドレスなら綺麗に見せてくれるのが嬉しいポイントです。

胸元から肩口へと続く柔らかな曲線と華奢なシルエットが、女性らしさにいっそう磨きをかけてくれるはず◎

開けたデザインの胸元も、袖がついている事でさりげない肌見せになってくれています。

また、悩みの種になりがちな二の腕をカバーしてくれるのもオフショルダータイプの良いところ♪

挙式からご披露宴まで、どの瞬間・どの角度からもしっかりとフォローしてくれる優秀デザインです。

 

 

このドレスの特徴の1つに挙げられるのが、全体に柔らかく色味がかかったカラーリングです。

ピュアホワイトのウェディングドレスも素敵ですが、“大人可愛い”を演出するなら断然こちらのお色味がおすすめ。

お色味のあるドレスは生地の重なり方や、ライトの種類によって違った雰囲気に見えるのが特徴です。

そのため、室内での挙式や屋外での記念撮影など、シーンごとに異なる表情を見せてくれるんです♪

後日手元に届く写真たちがますます楽しみになりますね。

スカート部分には大きく広がるボリューミーなチュールが使われていて、なんともドラマチックな雰囲気◎

こちらのタイプのスカートなら、歩いている時に足元が見えづらいので慣れないヒールでの移動も安心です。

高めの位置に巻かれたウエストマークのリボンには、トップス・スカートに使われているどちらのものとも異なるサテン生地を使用。

カラートーンが同じでも異なる素材をバランス良く組み合わせることで、ドレス全体に立体感が生まれます。

トップスとスカートに同じモチーフの刺繍を施して統一感を持たせているおかげで、ちぐはぐな印象を与える心配もありません。

リボンの位置がハイウエスト気味なのもポイントで、スタイルアップが期待できちゃいます♪

 

 

バックスタイルもとっても印象的なこちらのドレス。

大きく波打つように結ばれ、足元まで緩やかに伸びるリボン。

腰全体を覆うサテンリボンはヒップラインをカバーする役目を担ってくれています◎

 

 

春の訪れと共に、ルーブル・ブライダルサロンでは続々と新作衣装が登場しています。

お花見散歩がてらお衣装探し、なんていかがでしょうか?

素敵なドレス・タキシードとの出会いが待っているかもしれませんよ♪

 

キーワードは“透け感”!トレンドドレスを一挙見せ♪

今季も続くウェディングシーン・トレンドのキーワードは“透け感”です!

ファッション業界でもその人気が衰えないシースルーデザインですが、ウェディング業界も例外ではありません♪

もちろんウェディングドレスだけでなく、カラードレスも同様に透け感のあるデザインが人気。

今回は、そんな“透け感”たっぷりなトレンドドレスの数々を、どどん!とご紹介させていただきます◎

まずは、シースルー×リボンのバックショットが可憐なウェディングドレス。

シンプルなレース使いとウエスト部分に施されたサテン生地のリボンが絶妙なバランスです♪

シースルー部分とサテンリボンのどちらも、デザインそのものはごくごくシンプル。

そのため、より一層花嫁さまの美しい後ろ姿が際立っているんです。

スカート部と同じレース模様が肩口にもあしらわれていて、背中から肩にかけてのラインを美しく演出。

一見シンプルなデザインながら、後ろ姿というゲストが最も目にする場所にトレンドデザインを取り入れたこちらの1着。

抜かりないおしゃれが、花嫁さまのセンスを光らせるデザインとなっています◎

最初に目を引く、虹色のチュールスカート。

こちらはチュールの透け感を利用し、様々な色の重なりによって虹の華やかな色彩を表現しています。

カラードレスというと1色のベースカラーがあり、その色をベースにデザインを展開していくイメージですよね。

ところが、こちらのカラードレスはベースカラーを設定しておらず、色とりどりのチュールから生まれる色の重なりを楽しめる1着となっているんです◎

見る角度や花嫁さまの動きによってカラーが変わるため、見るたびに発見があるのがこのドレスの1番の魅力。

何色も使用していながらデザインにまとまりがあるのも、トレンドのシースルーカラーのおかげです♪

くるみボタンが上品な雰囲気に磨きをかけている、こちらのウェディングドレス。

編み上げタイプも素敵ですが、柔らかくクラシカルなイメージにしたい方にはくるみボタンとレースの組み合わせがおすすめです◎

だけど、王道レディな雰囲気をしっかりと纏いながら、おしゃれ花嫁の名も手に入れたい♪

そんなこだわり花嫁さまにおすすめなのが、こちらのシースルーレースを取り入れたデザインです。

オフショルダーの袖と共に、程よい肌見せデザインに。

さりげなく肌が透けて見えるバックショットで、トレンドもしっかりと押さえた花嫁ルックが叶います。

次にご紹介するのは、ラベンダーとベビーピンクがロマンチックなカラードレス。

淡いペールトーンのピンクをベースとしたドレスに、ちょっぴりビビットなカラーのチュールをON。

すると柔らかな雰囲気から一転、ラベンダーカラーのアクセントが加わったドラマチックな色味が生まれるんです♪

その、どこかアンティークを思わせるカラーは、胸元に施されたお花モチーフのビーズデザインとぴったり◎

淡いピンクだけだと女の子っぽすぎるし、濃いカラーには挑戦しづらい…。

そんな花嫁さまのお悩みを解決してくれるのが、こちらのカラードレス♪

写真のように、スカートのお色味に合わせた花冠やブーケを組み合わせるのもおすすめ。

まるで、ヨーロッパの物語に登場するお姫さまのようです♡

繊細な造りのレースの間から覗くお花のモチーフが華やかなこちらの1着。

白地にお花モチーフだけでも素敵なのですが、薄くレースを重ねることで奥行きが生まれ、なんだかミステリアスな雰囲気に♪

スカート部分に重ねられたチュールにも、さりげなくお花の刺繍が施されているのもポイントです◎

異なる素材のお花モチーフがデザイン全体に深みを持たせてくれていますよね。

ウエストマークのリボンにはきらきらと輝くビジューが♪

スタイルアップもしっかりと叶えてくれる、優秀ドレスとなっています。

さらに注目なのが、こちらのドレスはレースの袖部分が取り外し可能なところ!

袖を取り外すだけで、その印象はガラッと変わりますよね◎

ミステリアスさが魅力だったのが、一気に少女のような可憐さに!

披露宴後のお見送りタイムでのイメージチェンジにぴったりです。

最後にご紹介するのは、すずらんモチーフのレースがトレンドをしっかりと押さえているウェディングドレスです。

「純粋」や「純潔」といった、花嫁さまにぴったりの花言葉を持つすずらんが近年ウェディングシーンで人気を博しているんです。

すずらんが今ウェディングシーンで人気なのは、その花言葉も理由の1つ。

さらに、その愛らしい姿も人気たる所以となっています♪

そんなキュートなすずらんの小さな花たちが散りばめられたドレスは、流行に敏感な花嫁さまにも自信を持っておすすめできる1着です◎

 

ウェディングドレスとカラードレスの両方に共通しているトレンド“透け感”デザイン。

その人気の理由は、女性らしい身体のラインをさりげなく且つ美しく演出してくれるから。

そして、シースルーのレースやチュールが折り重なって生まれる色味や質感。

それらはシーンごとに全く違った表情を見せてくれるからです。

今回ご紹介させていただいた通り、“透け感”デザインにも様々なバリエーションがあります。

自分にとって1番の“透け感”ドレスを探してみませんか?

ルーブル・ブライダルサロンでお待ちいたしております。

 

1 2 3 4 5 6 13