Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

意外と知らない!サテンドレスの魅力♪

花嫁さまがドレスを探される際、お好みに応じてさまざまなキーワードが登場します。

今なら「袖付きデザイン」などが人気ですが、トレンドに左右されることなくいつの時代も高い人気を誇るのが「シンプル」というキーワードなんです。

なかでもシンプルな生地として「サテン」が、ここ最近特に人気を集めています。

 

 

サテン生地が持つ最大の特徴は、ツヤ感。

しっとりとしたツヤ感は、さわやかさのなかに色気を含んでいるのが魅力的ですよね◎

女性らしい、やわらかな質感を表現できるのもポイントです。

 

 

そんな人気のサテン生地ドレスなのですが、実はご検討当初は候補外だったという花嫁さまが多くいらっしゃいます。

しかし「せっかくの機会だから」と着てみたところ、ラインの美しさやシンプルさが持つ優美さに魅了されてしまうんです♪

シンプルデザインのサテンドレスは高級感があり、ロイヤルウエディングで採用されることも多いほど。

憧れのロイヤルウエディングを目指すなら、まずはサテンドレスをご試着するのがおすすめです◎

 

 

体のラインはもちろん、デザインラインをより美しく見せてくれるのもサテン生地の特徴。

さらに、シンプルなデザインであっても、生地が持つ光沢感がさみしさを感じさせないのも嬉しいポイントです◎

 

 

トレーンなどのドレスデザインのほかにも、ヘッドドレスやブーケなどの小物類もしっかりと存在感を発揮できるのがサテンドレスの魅力なんです♪

ビジューがたっぷりとあしらわれたティアラや、スズランを使用した可憐なブーケなど。

シンプルなサテンドレスなら、どんなアイテムとも相性抜群!

自由なコーディネイトが楽しめちゃうんです。

 

 

いかがだったでしょうか?

ドレス選びをしている今、サテンドレスは候補に入れていなかったという花嫁さま。

ぜひ1度ご試着してみてはいかがでしょうか?

サテンドレスが持つ魅力のトリコになってしまうかもしれません♪

 

 

 

ルーブル・ブライダルサロンが送る“ドレス着用時の歩き方レクチャー”とは

お客さまに寄り添った接客を心がけているルーブル・ブライダルサロン。

ご結婚式が素晴らしい日となるよう、さまざまな角度からアドバイスをさせていただいています。

そのなかでも特に「そんなことまでしてくれるの?」と新郎新婦さまに驚かれるのが、最終フィッティングの際に行なっている“ドレス着用時の歩き方レクチャー”です。

 

 

ご結婚式当日は、新郎新婦さまにとって初めての経験ばかり。

さらに、たくさんの方々の視線が自分自身に集まるという、緊張して当然のシチュエーションに。

普段通りに歩こうと思っていても、なかなか上手くはいかないものです。

また、新婦さまは着慣れないドレスということもあり、歩きづらくよりいっそう堅くなってしまうもの。

お客さまによっては、「想像していたよりもドレスの裾を蹴りあげすぎてしまった…。」というお声も。

当サロンでは“歩き方レクチャー”を行うことで、少しでもドレスを着て歩くことに慣れていただければと考えています。

 

 

ドレス着用時に気をつけることは、実は“足の運び方”だけではないんです。

「ドレスを着る際は、裾を蹴りあげるように足を運ぶのがポイント」といわれていますが、それだけではありません。

・美しい姿勢を作るため、肩甲骨を寄せるように意識する。

・手はダラリと下ろさず、ひし形を作るように両手を揃える。

ポイントはこのほかにも数多くあります。

 

サロンによっては、こうしたレクチャーを行なっていないところもあります。

しかし、私たちルーブル・ブライダルサロンにとって、新郎新婦さまのご結婚式がとびきり素敵な思い出となることが何よりの願いです。

ささいに思えることも、挙式後に振り返ってみると大切な役割を担っていたということも多くあります。

ですが、新郎新婦さまにとってはすべてが初めての経験ですので、分からないことの方が圧倒的に多いはず。

私たちにできるサポートはすべて行う、というのが当サロンのモットー。

その1つとして、美しい立ち姿・歩き方を含めてしっかりとレクチャーさせていただいています!

ほかにもご不明な点があれば、どうぞお気軽にスタッフまでご相談くださいませ♪

 

 

 

スリムに美しく♪ドレス選びの際に大切な“細見え”のコツ!

ドレス選びの際、新婦さまの多くが「周りからどう見えるか」をポイントとされます。

「できるだけスリムに美しく見せたい!」と願うのが、乙女心というもの。

とはいえ、普段着ることのないドレスでは、どういったポイントを押さえるべきなのか分からないですよね。

そこで出番なのが、毎日ドレスを見ている私たちスタッフです!

日々さまざまなドレスを見ているからこそ分かる、“細見え”のコツとポイント。

当ブログをご覧の花嫁さまに、こっそりお教えしたいと思います♪

 

 

“細見え”最大の秘訣は、ドレープデザインにあります!

トップスからウエスト部分にかけて、ななめに入るドレープがポイント◎

ドレープによる“ねじれ効果”がウエストに影を生み、美しい“くびれ”を作り出してくれるんです。

そんな“細見え”ドレスを3着ご紹介いたします!

 

 

まずは、サテン生地を使用したシンプルデザインの1着。

さりげないドレープが入ることで、平坦になりがちなサテン生地の表面にも立体感が生まれています◎

ドレープの波部分にあわせて、キラキラと輝くビジューがあしらわれているのもポイント。

影を際立たせてくれるビジューのおかげで、ボリューム控えめのドレープでもしっかりと“細見え”を発揮してくれているんです♪

全体的にシンプルなデザインのこちらは、年齢や好みを問わずお選びいただける万能ドレスとなっております♪

 

 

2着目は、艶やかなサテン生地とやわらかなチュール素材がうまくマッチングしたデザインのこちら。

質感の異なる素材を組み合わせることで、おしゃれ度がグンとアップしています◎

また、大胆に波打つドレープもゲストの目を惹きつけること間違いなし!

ボリューミーなドレープデザインが目線を集めてくれるので、身長が気にならないというメリットもあるんです。

背が低いことにお悩みの花嫁さまには、ぜひお試しいただきたい1点です♪

こちらのドレスは胸元にもドレープがあしらわれているため、デコルテラインも美しく見せてくれています。

 

 

3着目にご覧いただくのは、レース刺繍とドレープを組み合わせたロマンチックなウエディングドレスです。

ドレープと聞くと、派手で個性的なデザインをイメージする方も多く、なかなか挑戦しづらいというお声も。

しかし、こちらのドレープデザインなら、そんなイメージも払しょくされるのではないでしょうか?

くびれ部分と胸元の2箇所のみにドレープを加えることで、さりげない“細見え”が叶うんです◎

 

 

ドレスはちょっとしたデザインの違いで、ラインの見え方がガラリと変わるもの。

小さなギャザーやドレープの絞り具合など、些細に思える違いこそ大きな変化をもたらします。

さらに、ドレスラインは着る人によっても違って見えるんです。

その違いは、やはりご試着に訪れた際に現れます。

もちろん花嫁さま自身でも実感されるのですが、最もその違いを感じられるのがお連れ様。

普段から花嫁さまを見ているからこそ、その違いが分かるんですね◎

意外と知られていない“細見え”のコツ、ぜひお衣装選びの際に役立ててくださいね♪

 

 

愛にあふれたマタニティウエディング♪先輩カップルさまをご紹介

10月も残すところあとわずかとなり、少しずつ冬の匂いが感じられる今日このごろ。

先日挙式を迎えられた先輩カップルさまより素敵なお写真の数々が届きましたので、ご紹介したいと思います♪

 

 

人気会場「シティプラザ大阪」にてご結婚式を挙げられたお二人。

いつも明るく朗らかなお二人のお式は、お腹のなかにいるお子さんと一緒に迎える“マタニティウエディング”でした。

お写真を見ても伝わってくる通り、とっても幸せそうなお二人。

そんな特別な1日に、ルーブル・ブライダルサロンのお衣装はもちろん、私たちスタッフが寄り添えたことを何よりも嬉しく思います。

 

 

挙式用とお色直し用の計2着、新婦さまはどちらもウエディングドレスを選ばれました。

挙式にて着用されたウエディングドレスは、V字ネックデザインのドレスをチョイス。

デコルテやお顔周りをすっきりと見せてくれるV字ネックは、世の女性の味方。

アップヘアを合わせたことで、新婦さまが持つ魅力の1つでもある笑顔がとってもきれいに見られました♪

やわらかなチュール素材をたっぷりと使用したこちらのドレス。

お腹に負担がかかりづらいデザインとなっているため、マタニティウエディングをお考えの方にはぜひ参考にしていただきたい1着です。

人気の袖付きデザインなので、トレンドもばっちりと押さえられます◎

 

 

着てみたいカラードレスのイメージが湧かなかった新婦さま。

お色直し用のドレスには、1着目とは雰囲気の異なるウエディングドレスをおすすめしました◎

意外と知られていないのですが、「お色直しはカラードレスしか着てはいけない」というルールはありません。

お気に入りのウエディングドレスが2着ある場合は、お色直し用として選んでもいいんです♪

 

そんな新婦さまが選ばれたのは、花柄のデザインが可憐なドレス。

胸元のレース刺繍だけでなく、スカート部分にも花柄があしらわれているのが特徴◎

このおかげで“ウエディングドレス感”が抑えられ、お色直しスタイルとしてお楽しみいただけました。

新婦さまが選ばれたブーケは、リーフ(=葉)メイン花材にしたボタニカルデザインのもの。

ナチュラルなのに個性を発揮できるボタニカルスタイルは、2019年秋・冬にも続くトレンドキーワード!

花柄はそんなボタニカルスタイルを思わせるデザインなので、トレンドもしっかりと押さえたコーディネイトに仕上がりました♪

 

 

いかがだったでしょうか?

「Wハッピー婚」とも呼ばれる、マタニティウエディング。

お子さまが大きくなった際、「結婚式ではあなたがお腹のなかにいたのよ」と思い出話を楽しめるという嬉しさが◎

今回ご紹介したお写真からも、愛にあふれた素敵な空気感が伝わってきますよね♪

お腹が大きくなることから、さまざまな制限が多いと思われがちですが、決してそんなことはありません!

経験豊富なスタッフが、お子さまの成長に合わせて臨機応変にお衣装合わせをさせていただきます。

マタニティウエディングに向けご来館を検討されている花嫁さまは、ご安心してお越しくださいませ。

ご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

先輩カップルのお写真を要チェック!リゾートウエディングを楽しむ秘訣♪

リゾートウエディング最大の魅力は、非日常空間を心ゆくまで楽しめるところにあります♪

お二人にとってはもちろん、ゲストにとっても大切な1日となる挙式・披露宴は、これから続く人生のなかでもかけがえのない思い出となるはず。

挙式会場は、そんな魅力を高めてくれる重要な役割を担っています◎

多種多様な挙式会場のなかでも特に“非日常感”が高まると人気なのが、星野リゾートの軽井沢ホテルブレストンコートにある「軽井沢高原教会と石の教会 内村鑑三記念堂」です。

自然に囲まれ、清々しくも厳かな静寂のなかで式が挙げられるこちらの会場。

関西にお住まいのお客さまからも人気のある会場ですが、長野県・軽井沢という立地から当日まで足を運ぶことができないという方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、実際にご利用になられた先輩カップルさまのお写真とともに、会場の雰囲気をご堪能いただければと思います!

 

 

90年以上の歴史を誇る「軽井沢高原教会」。

澄みきった空気が教会を包み、新たな未来への一歩を踏み出す晴れの日にぴったりです。

 

 

木のぬくもりが感じられる挙式会場には自然の光がたっぷりと降り注ぎ、お二人の笑顔もよりいっそう輝くはず。

入場時に奏でられるやさしいハープの音色は、緊張した新郎新婦さまの心を溶かしてくれるのではないでしょうか♪

長い年月をかけてたくさんの幸せを見守ってきた教会は、格式高い雰囲気。

深みのある木造建築には、ヴィンテージ調のクラシカルなドレスがぴったりです。

 

 

大自然に囲まれ、開放感あふれる雰囲気が伝わってくるこちらのカット。

ライトアップされた木々たちが美しく輝き、フォトジェニックなお写真が残せること間違いなしです◎

 

 

明治時代のキリスト教者・内村鑑三の手によって生まれた「石の教会 内村鑑三記念堂」。

「神が創造した天然こそが祈りの場である」という思想にふさわしく、石畳の先に現れる教会は重厚な美しさを放っています。

ほかにはないフォルムの教会なので、ゲストの記憶にも鮮明に残るのではないでしょうか♪

石とガラスが折り重なるアーチ状の天井からは、眩しいほどの光が。

お衣装が持つ魅力を、最大限に引き出してくれるはずです◎

 

 

こちらはベールアップの瞬間。

お二人をやさしく照らす光のおかげで、まるでドラマのワンシーンのようにロマンチックなカットに。

どんな些細なシーンも美しく彩ってくれるので、一瞬も目が離せませんね♪

 

.

 

 

無事式を挙げられ、ホッとひと息ついたご様子の新郎新婦さま。

緑に囲まれたリゾートウエディングは、より自然体な表情を引き出してくれる気がします◎

 

 

非日常的な空間での特別な体験を楽しむことができる、リゾートウエディング。

そう簡単に足を運ぶことができない場所だからこそ、先輩カップルさまのお写真は要チェックです!

ほかにもたくさんのお写真がございますので、リゾートウエディングを控えている新郎新婦さまは、ぜひスタッフまでお問い合わせくださいませ♪

 

 

 

サロンのマネキンコーデで学ぶ!ドレスとタキシードの相性♪

お衣装を選ぶ際、新郎新婦さまのお悩みポイントは数多く存在しますよね。

・自分自身がどんな衣装を着たいのか?

・ドレスやタキシードには、どういったデザインがあるのか?

・アレンジ方法や、どんなヘアスタイルがマッチするのか?

たくさんのご相談をいただくのですが、なかでも多いのが“ドレスとタキシードの相性について”のお悩みです。

ドレスとタキシードの組み合わせを考えるのは、初めていう方がほとんど。

そんな時こそ、私たちスタッフの出番です!

 

とはいえ、口頭での説明ではなかなかイメージが湧かないもの。

また、実際に着てみても客観視できない、ということも。

そこで当サロンでは、ゲスト目線でコーディネイトをご覧いただけるよう、店頭に新郎新婦さまのマネキンをご用意しております◎

季節感・トレンド感もチェックいただけるよう、月に1度お色直しをしているマネキンコーディネイト。

本日はそんなマネキンコーディネイトをいくつかご紹介したいと思います♪

 

 

新婦さまのドレスは、ビジューをあしらったライン使いが特徴の1着。

やわらかなピンクも、黒のラインがアクセントになり印象的なデザインに◎

新郎さまは、同じくライン使いがポイントとなるパイピングデザインのタキシードをチョイス。

“ラインを作る”ことで、一見個性的なドレスとの統一感も生まれ、技ありのコーディネイトとなりました!

 

 

グレージュカラーがトレンド感たっぷりのこちらのドレス。

タキシードには、ホワイト系の明るめカラーがぴったり!

統一感が出るように同じダークトーンのお衣装を合わせがちですが、あえて反対のトーンを選ぶのがポイント。

相反するトーンのカラーを合わせることで、それぞれがお互いを引き立ててくれるんです◎

もちろん、大人っぽく落ち着いた雰囲気を演出できるダークトーンで合わせたコーディネイトも素敵です♪

 

 

大胆にあしらわれたバラのデザインが目を引くこちらのカラードレス。

タキシードには、やさしい印象の白を合わせました◎

新郎さまか新婦さまのどちらかのお衣装に、しっかりと個性を主張してくれるデザインを選んだ場合は、色がぶつかってしまわないようにするのがポイントとなります。

 

 

いかがだったでしょうか?

新郎新婦さまがそれぞれに輝くコーディネイトも魅力的ですが、お二人が並んだ時により輝きを放つコーディネイトなら、もっともっと素敵なはず!

そんなコーディネイトを目指し、スタッフは日々精進しております♪

これからお衣装探しをスタートされる方、絶賛お衣装選び中の方、皆さまどうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

「年内挙式限定!Special Bridal Fair」開催♪10月1日(火)〜

 

10月に入り、2019年も残すところあとわずかとなりました。

暑さもやわらぐこの季節は、1年のなかでも人気の高いシーズン!

年内に挙式を控えている新郎新婦さまにとって、この10月がお衣装選びのラストスパートではないでしょうか?

そんな新郎新婦さまに向け、ルーブル・ブライダルサロンでは本日10月1日(火)より、スペシャルなブライダルフェアを開催いたします!

 

 

【年内挙式限定!Special Bridal Fair】

2019年10月1日(火)〜14日(月)

 

こちらのブライダルフェアは、2週間限定での開催。

ご成約のお客さまには、スペシャル特典をご用意いたしております!

さらに、今回は提携会場以外をご利用の新郎新婦さまからのご予約も承っております♪

小物選びはもちろん、ヘアスタイルなどについてもお気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、心をこめてご案内させていただきます。

 

 

多種多彩なラインナップを誇るルーブル・ブライダルサロンのフェアなら、とっておきの1着がきっと見つかるはず◎

ぜひこの機会をお見逃しなく!

ご来館予約はスタッフまで♪

 

 

 

袖付きドレスの大本命!ノースリーブドレスの魅力を紹介♪

これまで、ブライダルシーンでのドレスといえば、胸元が大きく開いた“ビスチェ”タイプが主流でした。

“ビスチェ”は肩ひもがないデザインを指し、デコルテはもちろん、バスト・ネックラインをきれいに見せてくれるのが特徴。

しかし当ブログでもご紹介している通り、近年は袖付きドレスが定番となっています。

オフショルデザインやノースリーブデザインなど、種類はさまざま。

実は、この“袖付き”というのは肩を隠すデザインを指しているため、ノースリーブドレスも含まれるんです◎

そこで今回は、ルーブル・ブライダルサロンにてご用意しているおすすめのノースリーブドレスをご紹介いたします!

 

 

1着目は、シースルー素材が特徴のこちら。

デコルテが透けて見えるシースルー素材を使用することで“抜け感”が生まれ、おしゃれ度がグンとアップ!

首元が詰まって見える心配もないので、ハーフアップなどのダウンヘアにもぴったりです♪

また、片側の胸元から肩にかけてあしらわれているフラワーモチーフの刺繍もポイント。

繊細な刺繍デザインは、カジュアルなイメージがあるノースリーブドレスに高級感をプラス。

年齢を問わずお選びいただけます◎

 

 

後ろ姿はこちら!

浮かび上がる肩甲骨は、ヘルシーな美しさをアピールするのにぴったりのパーツ。

大きく開けたバックショットですが、シースルー素材を使用することで露出を抑えられるんです◎

シャイな花嫁さまには、特にお試しいただきたい1着♪

さらに、かわいらしさをプラスしてくれている細めのリボンもポイント。

細部にまでこだわりの詰まった、“技あり”ドレスとなっています。

 

 

2着目はタンクトップタイプのドレス。

キュートなお花がたっぷりと敷き詰められたようなデザインは、ナチュラルな雰囲気のガーデンウエディングなどにぴったり。

胸元のカッティングが、“ハートカット風”なのも特徴です。

丸みを帯びたフォルムは、女性らしさを演出してくれています♪

さらに、ハートカットデザインはV字ラインを作ってくれるのもポイント。

デコルテをすっきり見せられるので、キラキラと輝くビジューネックレスとの相性も抜群です◎

 

 

レース素材が特徴の3着目。

首元は、さりげない肌見せが魅力の“ボートネック”を思わせるデザイン。

鎖骨に沿って曲線を描いているため、デコルテを見せながらも控えめな印象♪

 

 

バックショットはこちら。

最大の特徴は、くるみボタンを使用している点!

レース素材に合わせることで、甘すぎない“大人かわいい”を実現できるんです♪

また、くるみボタンはシンプルなデザインなので、主張しすぎないのもポイント。

レースの魅力を上手に引き出してくれています◎

 

 

神話に出てくる“女神”を連想させる、儚くも美しいデザインのこちらのドレス。

エンパイアラインのドレスなどにみられるタイプで、大人っぽさを演出したい方におすすめです。

肩部分のビジューをきれいに見せるため、アップヘアなどのすっきりとしたスタイルがベストマッチ◎

ざっくりと大きく開いた背中部分とのバランスを取るため、アップヘアのなかでもローポニーなどを合わせてみてくださいね。

動くたびに揺れる毛先が肌の上をすべり、うっとりとしてしまうほどの美しさを演出してくれるはず♪

 

 

首元の詰まり方や、デコルテ・背中の見え方によって印象が変わるノースリーブドレス。

多種多彩なラインナップを誇る当サロンでは、さまざまなデザインをご用意いたしております。

ぜひ1度ご試着にお越しくださいませ。

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

軽井沢「石の教会」ご利用♪先輩カップルさまのご紹介

今回は、軽井沢にある会場「石の教会 内村鑑三記念堂」にてご結婚式を挙げられた先輩カップルさまをご紹介いたします!

 

 

さわやかな緑を背景に、風になびかれたベールがなんともドラマチックなこちらのショット。

コントラストがはっきりとしたお写真は、夏ウエディングらしい鮮やかさが魅力です♪

やわらかなシフォン素材は、風に吹かれるロケーションフォトにぴったり。

新郎さまが選ばれたモスグリーンのタキシードも、ナチュラルな雰囲気を高めてくれていますね。

 

お写真のなか、太陽の光に負けないくらい眩しい笑顔を見せてくれている新婦さま。

明るく快活な新婦さまはおしゃべりが大好き!

とっても楽しそうに話すお姿に、スタッフもつられておしゃべりを。

あまりの楽しさに、ついつい時間が経つのも忘れてしまうほどでした♪

 

ちょっぴり恥ずかしそうな表情をしている新郎さまは、とっても優しい人。

普段からたくさんお話をされる方ではありませんでしたが、新婦さまがドレスについて悩んでいると、まっすぐ真剣に向き合ってくださる姿が印象的でした◎

そんな新郎さまのお衣装選びは、即決直感タイプ!

すぐにお気に入りのタキシードを見つけ、お決めになられました。

 

 

ご結婚式後、サロンまで足を運んでくださった新郎新婦さま。

挙式中に撮影された素敵なお写真の数々を、お持ちくださいました◎

ハネムーンには、フィンランドとスペイン・バルセロナに向かうと伺いました!!

長旅になるかと思いますが、素敵な旅路となっていますように♪

スタッフ一同、心より願っております。

 

 

 

 

 

デザインと付け方でガラリと雰囲気が変わる!ボンネの魅力をご紹介♪

現在、ウエディングシーンで注目を集めているヘッドドレスをご存知でしょうか?

当ブログでも過去に何度かご紹介したことのある“ボンネ”が、花嫁さまからたくさんのラブコールを受けて大人気となっているんです♪

しかし、日常シーンとはかけ離れている印象の“ボンネ”。

デザインの種類や付け方など、詳しくは知らないという方も多いかと思います。

そこで今回は“ボンネ”の魅力を紹介しつつ、コーディネイト例をご紹介いたします!

 

 

デザイン:リーフモチーフ、ビジューとパールを使用

付け方:ハーフアップヘア、左後ろ側

1つ目は、こちらのコーディネイト!

リーフモチーフを用いたナチュラル感とビジューの華やかさが、シンプルすぎず派手すぎない絶妙なバランスを可能に◎

“ボタニカルウエディング”がトレンドとなっていることもあり、リーフモチーフはおすすめデザインの1つとなっています。

上品にあしらわれたパールが、女性らしいあたたかさとやわらかさを表現。

大きめサイズのボンネですが、小ぶりのパーツを使用しているので、かわいらしい印象のハーフアップにもぴったりです♪

また、左後ろ側に付けているのもポイント。

式・披露宴中は新郎さまの左側に立つことがほとんどの新婦さま。

そのため、ゲストからしっかりと見ていただけるよう、ヘッドドレスなどは左側につけるのがベストなんです◎

 

 

デザイン:カチューシャタイプ、小ぶりのビジューとパールを使用

付け方:ゆるやかウェーブのシニヨンヘア、バックカチューシャ風にON

2つ目は、シンプルコーディネイトのこちら。

小さめサイズのパーツを使用しているため、ヘアスタイルもしっかりとアピールできるのがポイント◎

また、トレンドスタイルのバックカチューシャ風にセットしているのも特徴です。

挙式シーンなど、後ろ姿を見られる機会が多いウエディングコーディネイト。

バックカチューシャアレンジなら、後ろ姿もきらびやかな印象に仕上げてくれます♪

 

 

デザイン:フラワーモチーフ、ビジューをたっぷり使用

付け方:フェイスラインに沿って

最後にご紹介するのは、ボンネが抜群の存在感を放っているこちらのコーディネイト!

ボンネは、きらびやかなビジューをたっぷりと使用したデザイン。

フェイスラインに沿って付けることで、表情がパッと華やぐのがポイントです♪

お顔まわりの髪をキュッとまとめているので、小顔効果も期待できちゃいます◎

このコーディネイトにぴったりなのが、ショート~ボブの短めヘア。

ご結婚式に向けて髪を伸ばすという新婦さまは多いですが、お仕事の都合などから伸ばせない方もいらっしゃいます。

そんな花嫁さまにおすすめなのが、今回のコーディネイト。

大きめサイズのボンネは、首まわりがすっきりとしたヘアスタイルとの相性が抜群なんです!

ファッションでも、大きめトップス×スキニーパンツなどの「ゆる×ピタ」バランスは定番中の定番。

そんな「ゆる×ピタ」の法則は、ウエディングシーンでもおすすめです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

ご覧いただいたように、ボンネは「デザイン=大きさ」と「付ける位置」によってガラリと雰囲気が変わります。

ヘアスタイルのほかにも、お衣装のデザインやジュエリーとのバランスによってもイメージを変えられるのが最大の魅力の1つ。

「もっと“ボンネ”の魅力に触れたい!」という方は、ぜひスタッフまでお声掛けくださいませ♪

 

 

 

「美女と野獣」の世界を再現!先輩カップルさまの“コンセプトウエディング”

お衣装を選ぶ際、皆さんは何をポイントに決定されますか?

好きな色・ドレスライン・デザインetc…

さまざまなポイントがありますが、先日ご結婚式を挙げられたお客さまは”ある作品”をテーマにお衣装はもちろん、

装飾物までこだわり抜かれました。

今回は“コンセプトウエディング”を実現された、先輩カップルさまをご紹介したいと思います!

 

 

お写真を見て、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

新婦さまがテーマに選ばれたのは、ディズニー作品「美女と野獣」でした♪

ディズニーが大好きな新婦さま。

「ベルのドレスが着たい!」という熱い想いを胸に、当サロンへとお越しくださいました。

初来店の際から明確なイメージ像があったため、お衣装選びはとってもスムーズ♪

作品のなかでベルが着ていたような、鮮やかながらも上品な輝きを放つイエローのカラードレス。

新婦さまのイメージにもぴったりとはまったようで、ご結婚式当日はとっても素敵な笑顔が見られました◎

 

 

ポイントは、作品のなかでも目を引いた”ひだ”部分!

華やかな印象の”ひだ”は、まさにベルが着ていたドレスそのもの♪

細かなラメがあしらわれていて、日の光をうけて動くたびにきらめく点も魅力です。

 

夢や憧れに満ちた新婦さまの瞳は、キラキラと輝いていました。

そんな新婦さまのご希望を、しっかりと汲み取ってくださった優しい新郎さま。

隣で優しく見守られている姿が、とっても印象的でした。

 

 

ウエディングドレスには、つややかな光沢感が特徴の1着を選ばれた新婦さま。

ハート型にカットされた胸元のデザインが、キュートな印象のビスチェドレス。

丸みを帯びた女性らしいデザインは、新婦さまのやわらかな表情に華を添えてくれました。

 

 

カラードレスはもちろん、ウエディングドレスもとっても気に入ってくださった新婦さま。

ご結婚式当日には、手作りのミニチュアドレスをご用意されました。

細かなデザインまでしっかりと再現されたミニチュアドレスは、ゲストの方々からも大好評だったそう♪

ドレスそのものを手元に置いておくことは難しいですが、ミニチュアドレスなら大切な思い出とともにいつまでも残しておけるのが嬉しいですよね◎

 

 

「美女と野獣」が大好きな新婦さまのこだわりは、ドレス以外にも!

ウェルカムスペースには、作品のなかで重要な役割を担う”1輪の赤いバラ”が飾られていたり、

 

 

燭台や振り子時計、ティーカップセットが仲良く並んでいたり…。

登場するキャラクターをイメージしたアイテムもズラリと並び、まるで作品のなかに飛び込んだような世界観となっていました◎

 

 

いかがだったでしょうか♪

お衣装がなかなか決まらなくて悩んでいる新郎新婦さま、ぜひ“コンセプトウエディング”を1度検討してみては?

 

 

笑顔弾ける夏ウエディング!先輩カップルさまのご紹介♪

今年も厳しい暑さとなりましたが、皆さまどんな夏を過ごされましたでしょうか?

当サロンにお越しいただいた新郎新婦さまのように、お衣装探しに奔走されたという方も多いのではないでしょうか。

そんな中、7月中旬にご結婚式を迎えられた新郎新婦さまのお写真が早くも届いてまいりました!

本日はお衣装のご紹介とともに、素敵なお写真の数々をご覧いただきたいと思います♪

 

 

弾ける笑顔が素敵なこちらのお二人。

お写真の通り、とびきりキュートな笑顔が魅力の新婦さま。

物腰がやわらかで、話しているとこちらまで温かい気持ちになるような、とっても優しい方です♪

そんな新婦さまが選ばれたのは、ジョーゼット生地を使用したオフショルダーデザインのウエディングドレス。

ジョーゼット生地とは、表面が少しざらっとした”ちりめん素材”の一種を指します。

適度な重さがある生地のため、体にフィットし美しいシルエットを生み出してくれるのがポイント◎

また、動いたときにドレープ(=ひだ)が生まれるのも特徴です。

 

 

ふんわりと広がるトレーンは、ゲストの視線をひとり占めしてしまうほどに華やか♪

華やかさのなかにもキュートな1面があるAラインドレスは、新婦さまにぴったりのデザインでした。

トレーンにあしらわれたレース刺繍には、ドラマチックな雰囲気を高めてくれるという役割も。

チャペルにたたずむ新婦さまの後ろ姿は、思わず息をのんでしまうほどの美しさです。

 

 

カラードレスには、バックチュールが特徴のライムカラーの1点をチョイス。

ライムといえば、夏にぴったりのビタミンカラー。

元気なイメージが強いビタミンカラーですが、たっぷりのチュールのおかげで女性らしいカラーにまとまるんです♪

ウエストマークのリボンもポイント!

トレンドのくすみカラーを合わせることで、メリハリのきいたデザインに仕上がっています◎

 

どのドレスにするか、とっても悩まれていた新婦さま。

実は、ウエディングドレスもカラードレスも、元々はまったく別のもので考えていらっしゃいました。

そんな新婦さまを助けてくれたのは、ご友人の方々のアドバイスだったそう。

さまざまな表情を知るご友人だからこそ、新婦さまのキラキラ輝く笑顔を引き出すドレスを導き出せたのかもしれませんね♪

もちろん、新婦さまに寄り添ってくれていたのはご友人の方だけではありません。

いつもは新婦さまの意見を尊重してくださるやさしい新郎さまも、いざという時はしっかりと答えを出し、新婦さまを助けてくださっていました◎

二人三脚で準備を進められるお二人の姿に、なんだか私たちスタッフまで嬉しくなってしまいました♪

 

 

いかがだったでしょうか?

輝く太陽のもとでのお写真は、いつにも増してドラマチックな雰囲気たっぷり!

自然光は、ドレスの魅力をグンと高めてくれる重要なアイテムの1つ。

2020年の春夏ウェディングに向け、当サロンにてお衣装探しをしてみてはいかがでしょうか?

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております♪

 

 

1 2 3 4 5 6 21