Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

袖付きドレスの大本命!ノースリーブドレスの魅力を紹介♪

これまで、ブライダルシーンでのドレスといえば、胸元が大きく開いた“ビスチェ”タイプが主流でした。

“ビスチェ”は肩ひもがないデザインを指し、デコルテはもちろん、バスト・ネックラインをきれいに見せてくれるのが特徴。

しかし当ブログでもご紹介している通り、近年は袖付きドレスが定番となっています。

オフショルデザインやノースリーブデザインなど、種類はさまざま。

実は、この“袖付き”というのは肩を隠すデザインを指しているため、ノースリーブドレスも含まれるんです◎

そこで今回は、ルーブル・ブライダルサロンにてご用意しているおすすめのノースリーブドレスをご紹介いたします!

 

 

1着目は、シースルー素材が特徴のこちら。

デコルテが透けて見えるシースルー素材を使用することで“抜け感”が生まれ、おしゃれ度がグンとアップ!

首元が詰まって見える心配もないので、ハーフアップなどのダウンヘアにもぴったりです♪

また、片側の胸元から肩にかけてあしらわれているフラワーモチーフの刺繍もポイント。

繊細な刺繍デザインは、カジュアルなイメージがあるノースリーブドレスに高級感をプラス。

年齢を問わずお選びいただけます◎

 

 

後ろ姿はこちら!

浮かび上がる肩甲骨は、ヘルシーな美しさをアピールするのにぴったりのパーツ。

大きく開けたバックショットですが、シースルー素材を使用することで露出を抑えられるんです◎

シャイな花嫁さまには、特にお試しいただきたい1着♪

さらに、かわいらしさをプラスしてくれている細めのリボンもポイント。

細部にまでこだわりの詰まった、“技あり”ドレスとなっています。

 

 

2着目はタンクトップタイプのドレス。

キュートなお花がたっぷりと敷き詰められたようなデザインは、ナチュラルな雰囲気のガーデンウエディングなどにぴったり。

胸元のカッティングが、“ハートカット風”なのも特徴です。

丸みを帯びたフォルムは、女性らしさを演出してくれています♪

さらに、ハートカットデザインはV字ラインを作ってくれるのもポイント。

デコルテをすっきり見せられるので、キラキラと輝くビジューネックレスとの相性も抜群です◎

 

 

レース素材が特徴の3着目。

首元は、さりげない肌見せが魅力の“ボートネック”を思わせるデザイン。

鎖骨に沿って曲線を描いているため、デコルテを見せながらも控えめな印象♪

 

 

バックショットはこちら。

最大の特徴は、くるみボタンを使用している点!

レース素材に合わせることで、甘すぎない“大人かわいい”を実現できるんです♪

また、くるみボタンはシンプルなデザインなので、主張しすぎないのもポイント。

レースの魅力を上手に引き出してくれています◎

 

 

神話に出てくる“女神”を連想させる、儚くも美しいデザインのこちらのドレス。

エンパイアラインのドレスなどにみられるタイプで、大人っぽさを演出したい方におすすめです。

肩部分のビジューをきれいに見せるため、アップヘアなどのすっきりとしたスタイルがベストマッチ◎

ざっくりと大きく開いた背中部分とのバランスを取るため、アップヘアのなかでもローポニーなどを合わせてみてくださいね。

動くたびに揺れる毛先が肌の上をすべり、うっとりとしてしまうほどの美しさを演出してくれるはず♪

 

 

首元の詰まり方や、デコルテ・背中の見え方によって印象が変わるノースリーブドレス。

多種多彩なラインナップを誇る当サロンでは、さまざまなデザインをご用意いたしております。

ぜひ1度ご試着にお越しくださいませ。

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。