Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

人気プラン★前撮りフォト〜スタジオフォトVer.〜

先日ご予約がスタートした、当サロンの人気プラン“前撮りフォト”。

以前ブログでご紹介したのは、こちらのプランの1つとなる“ロケーションフォト”でした。

秋の紅葉や春の桜をバックにしたロケーションフォトもおすすめですが、実はこれとは別のプランもご用意しているんです!

 

 

それがこちらのルーブル・ブライダルサロン館内を活用した“スタジオフォトプラン”です♪

当サロンはパンフレット撮影も館内で行なっているほど、写真映えスポットが多数存在しています。

こちらのお写真は、先日こちらのプランを和装にてご利用されたカップルさまのものです◎

 

 

館内は白を基調とした内装になっているため、自然光を上手に取りこんだ美しいカットが残せます。

今回お客さまが選ばれたのは、黒の紋付き袴と赤の色打ち掛けでした。

キリリと凛々しいイメージの黒紋付きは、華やかな赤色のお着物との相性もぴったり◎

濡羽色(ぬればいろ)や烏羽色(からすばいろ)と表現されることもあるツヤのある黒色は、ベーシックでありながらも印象的なお色味です。

 

 

新婦さまの色打ち掛けは中央の黄色や裾元の藍色など、たくさんのお色を用いた華やかな1着。

どのお色も彩度の高さを統一しているので、派手すぎる印象もなくまとまりを感じさせてくれていますね◎

濃いお色味は、お顔やシルエットをくっきりと際立たせてくれるのがポイントです♪

 

 

来月の10月に挙式予定のお2人。

もともと前撮りフォトは予定していなかったそう。

しかし、初めてのご来館時から和装での撮影が気になっていたこともあり、今回の撮影となりました。

「撮影することを選んで、本当に良かった」とお2人が喜んでくださったのが何より嬉しい出来事でした。

 

 

ロケーション撮影やスタジオでのプランなど、前撮りフォトも幅広いラインナップでご用意いたしております。

お式を目前に控えている場合も対応可能ですので、少しでも気になっているという方はぜひお気軽にご相談くださいね。

 

 

毎年人気!秋の和装フォトウェディングをご紹介♪

酷暑となった2018年、平成最後の夏。

そんなひと夏も、もうそろそろ“晩夏”を迎えようとしています。

“晩夏”とは夏の終わりのことを指し、大体8月下旬から9月上旬のことを呼びます。

まだほんの少し残る夏の香りと早くも訪れる秋の音、その両方が感じられる今の季節。

春・夏ウェディングのお客さまは無事本番を迎えられ、当サロンには次の秋・冬ウェディングに向けてたくさんの新郎新婦さまがご来館くださる季節でもあります。

 

そんな新郎新婦さまにぜひともご紹介したいのが、ルーブル・ブライダルサロンのプランの中でも特に人気の前撮りプランです。

前撮り撮影で最も人気なのが、春の桜シーズンと秋の紅葉シーズン。

 

 

そんな人気シーズンの前撮りフォトプランの受付が、今年もスタートいたしました!

 

 

白無垢姿の新婦さまのお姿と、赤い絨毯とのコントラストが美しいこちらの1枚。

日本の伝統文化の1つである白無垢も、日本らしい紅葉をバックにすることでその魅力がいっそう引き出されていますよね♪

 

 

一口に紅葉といっても、撮影日が微妙に異なったり撮影場所が変わることによって葉の色目もまったく別のものに。

その日・その場所でしか残せないシーンがあるのも、ロケーションフォトの醍醐味ですね。

 

 

準備にかかる時間やヘアチェンジの難しさから挙式本番では挑戦が難しい“おかつら”も、前撮り撮影なら叶うんです◎

1度は夢見たことのある正統派の和装ウェディング、挑戦してみてはいかがでしょうか♪

 

 

打って変わって、こちらは赤や黄色の紅葉カラーとのコントラストが美しい洋装姿での前撮り写真。

もちろん、ルーブル・ブライダルサロンでは洋装でのフォトプランもご用意しております◎

輝く黄金色や、趣深い紅色の葉。真っ白なドレス。

それぞれとの対比で生まれる和洋折衷の雰囲気は、なんだかノスタルジックなおしゃれさがありますね♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

日本らしい風景を写真に収めるには打ってつけの、秋フォトウェディング。

毎年大好評のこのシーズン、今ならまだご予約可能となっております!

秋らしさがグンと増す9月に入ると、お問い合わせ数が急増いたします。

この機会をお見逃しなきよう、お早めのご予約がおすすめです♪

 

 

キュートもクールも叶う!オールマイティなラベンダーカラードレス

明日7月7日(土)は、ロマンチックな伝説が残る七夕ですね。

1年に1度しか会うことのできない、織姫と彦星。

今年は無事に再会を果たすことができるのでしょうか?

二人の間に架かる橋・天の川が見られるかどうかも、楽しみの1つですよね♪

星空に願いを託す7月7日。

今年は土曜日ということもあり、挙式・披露宴を控えている新郎新婦さまもたくさんいるはず◎

ルーブル・ブライダルサロンでは、そんなロマンチックな気分にぴったりの新作カラードレスが登場です!

 

 

今季もトレンドとなっているニュアンスカラードレスの中でも、特に人気なのがラベンダーカラー。

かわいらしさと大人っぽさの両方を併せ持つこのカラーは、幅広い年代の花嫁さまから人気を集めています。

ラベンダーカラーは青みの強いものや赤っぽいものなど、種類が豊富なのがポイント。

絶妙に異なるカラーバランスによって、クール系にもキュート系にもマッチするんです♪

今回ご紹介するドレスは、青み系のお色。

肌を明るく白く見せる効果や、肌ツヤを良く映し出してくれるのがおすすめする理由の1つ。

はっきりとした色には特にマッチするので、黒髪の花嫁さまにもぴったりです。

クールな印象の青みラベンダーに、ウエスト部分にあしらわれたサテンリボンでキュートさをプラス。

ヌーディーベージュのリボンなら、子どもっぽくなる心配もありませんっ。

 

 

バックスタイルを見てみるとよく分かるように、スカート部分のシフォンには細かなラメ加工が。

折り重なったウエスト部分はキラキラが強く、足元へいくほどにすっきりとしていくデザインです。

ラメのシフォンは動くごとに表情を変えるので、どんなシーンもゲストの視線を捉えて離しません。

 

 

プリンセスをテーマとしたウェディングにもおすすめの、こちらのカラードレス。

ラベンダーは、春夏秋冬どの季節も楽しんでいただけるオールマイティなカラーです。

これから秋冬のウェディングに向けてお衣装を探すという新郎新婦さまにも。

そして、直近でのパーティーや前撮り撮影をご検討中の方にも。

ぜひ1度はお試しいただきたい、当サロンイチオシのドレスとなっております♪

皆さまのご来館予約を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

お写真たっぷり!ドレス&白無垢フォトのご紹介♪

大正15年に誕生した、情緒溢れる会場“音羽山荘”。

近年のレトロファッションブームもあり、当サロンご利用のお客さまにもフォトロケーションとして大変人気となっています。

大正といえば、和と洋の文化が美しく融合した時代。

そんな時代の魅力がたっぷりと詰まったこの会場を、お式と前撮り撮影にて存分に満喫された新郎新婦さまをご紹介したいと思います♪

 

 

まずは、こちらのウェディングドレスを着用したショット。

純白のスカートと赤いじゅうたんのコントラストが、なんともロマンチックな1枚です◎

ブーケの花材には正統派のカラーをチョイスして、スタイリッシュかつ清楚な雰囲気に。

 

 

全体的にすっきりとしたシンプルデザインのドレスなので、ハーフアップのヘアスタイルで甘め要素をプラス◎

ヘアアクセサリーとして選ばれたシフォンのリボンが、風になびいて女性らしい柔らかさを演出していますね。

新郎さまはドレスの色に合わせて、白の紋付き袴をチョイス。

和と洋の組み合わせも、それぞれの衣装の色を合わせるだけで統一感が一気にアップします♪

さらに、新郎さまはこんなアイテムをプラス。

 

 

それが、こちらの蝶ネクタイ。

黒の蝶ネクタイが加わることで、会場にもぴったりな和洋折衷の独特な趣を深めつつ、コーディネイト全体を引き締める効果もあるんです◎

遊びをきかせた小物使いと、伝統的な紋付き袴の組み合わせはまさに“大人のおしゃれ”という雰囲気ですね。

 

 

別カットのお写真では背景に木々と人力車も加わり、異国情緒溢れる1枚となりました。

そんな非日常的なお写真のなかでも、いつもと同じ素敵な笑顔を浮かべるお二人の姿で“らしさ”もしっかりと表現しています♪

 

 

そして前撮りに新婦さまが選ばれたのは白無垢でした。

日本の伝統的な婚礼衣装である白無垢は、背筋が伸びるようなほんの少しの緊張感が加わるのが魅力の1つ。

新郎さまも黒の紋付き袴に着替え、お二人の雰囲気がガラッと変わりました。

小物の番傘と背景の石橋がロケーションと相まって、まるでタイムスリップしたかのような1枚に。

 

 

一方、こちらはお二人揃って扇子を持った可愛らしいショット。

動きのあるポージングに自然な笑顔で、見ているこちらまで笑顔になってしまいますね♪

新婦さまのまとめ髪も、鮮やかな色味が綺麗な生花によってより華やかに◎

色を持つのが髪飾りだけなので、白無垢そのものが持つ“白色”の美しさが際立ちます。

 

 

同じ会場でも、お衣装が和から洋に変わるだけで印象もまったく違うものに。

前撮り撮影ならお着替えの時間もゆっくりと取れるので、どのお衣装撮影も心ゆくまでお楽しみいただけます。

また、レトロな雰囲気を楽しめる音羽山荘では四季を楽しめるのも特徴。

これからの季節なら、夏の緑あふれる風景や華やかな紅葉など、素敵なお写真が残せること間違いなしのシーズンが目白押し!

挙式・披露宴を控え、前撮り撮影を検討中の新郎新婦さまはぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

大阪城で前撮り撮影!和装と洋装でガラリと雰囲気を変えて

今年はお天気の良い日が続き、例年より長く桜のシーズンを楽しむことができました。

1年を通して人気の前撮りプランですが、桜と共にお写真を残せる春は特に人気が高く今年も多くのお客さまがプランをご利用くださいました。

その中から、本日は大阪城での前撮り撮影を楽しまれたお客さまをご紹介いたします♪

それぞれ和装と洋装、異なるお衣装を選ばれた2組。

同じシチュエーションでも、和と洋で全く異なる雰囲気のお写真になるんです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

まずは洋装をチョイスされたこちらのお客さま。

大阪城をバックに、柔らかなアイスブルーのカラードレスが映えています♪

 

 

ゴロンと草むらに寝転べば、ナチュラルな雰囲気も楽しめちゃいます♪

まるでガーデンウェディングのような雰囲気で、思わず素の笑顔がこぼれてしまいますね◎

ふんわりと柔らかなチュールスカートが広がり、ロマンチックな雰囲気にも。

ヘッドアクセサリーには、ナチュラルなムードを高めてくれるグリーンモチーフがおすすめです。

 

 

前撮りプランなら、じっくりと時間をかけての撮影が可能。

そのため、様々なシチュエーションでたくさんのカットを残せるんです♪

挙式やご披露宴とは異なるお衣装も選んでいただけるので、イメージカットだけでなく全身カットも残せるというのも嬉しいですよね。

 

 

こちらは艶やかな紅色が美しい色打掛での前撮りショット。

桜をバックにしたこちらのカットは日本ならではの趣があり、洋装とはまた一味違った魅力が光ります◎

後ろ姿に華を添えてくれるピンポンマムは、色打掛に合わせた色とりどりのスタイリングがおすすめです。

 

 

大阪城をバックにしたこちらのカット。

古き良き日本の風景からお姫様が飛び出してきたかのようなシチュエーションは、和装でのロケーション撮影ならでは♪

和装をチョイスされた方は、ぜひ押さえておきたいショットですね。

 

 

番傘を持ったお2人そろってのショットは、奥に見える大阪城の姿も相まってモダンな雰囲気たっぷり!

大阪らしいスポットは数多くありますが、前撮り撮影としてお写真に残せる場所は限られています。

大阪生まれの新郎新婦さまや、これから大阪で新生活が始まるというお2人には特におすすめのプランとなっています◎

 

 

 

同じロケーション撮影でも、お衣装が変わればその印象もガラリと変わるもの。

挙式・披露宴とリンクさせたイメージでの撮影も素敵ですし、前撮りでしか残せないショットを押さえるというのもこのプランの醍醐味♪

和装・洋装、どちらにするか決められない!という花嫁さまは、ぜひ1度スタッフまでご相談くださいませ。

スタッフ一同、お問い合わせ・ご来館をお待ちいたしております。

 

ルーブル・ブライダルサロンのホームページが生まれ変わりました!

これまで、このブログはもちろん様々な情報をお届けしていたルーブル・ブライダルサロンの公式ホームページがこの度新しく生まれ変わりました!

 

 

トップページからご希望のお衣装やプランがワンクリックでチェックできるように。

探しやすさアップで、より多くの新郎新婦さまのお手伝いができるページとなりました♪

ルーブル・ブライダルサロンではドレスのほかにも、タキシードや和装など多種多様なお衣装ラインナップが。

その中の1つである参列衣装もご覧いただけるので、遠方にお住まいのご参列者さまにも気軽にお衣装をお選びいただけます♪

 

 

こちらのブログでもご紹介しているカラードレスも、一覧ページに!

掲載しているお衣装点数もこれまでと比べ、ボリュームアップされていて見応えたっぷりです。

続々と入荷する新作ドレスが掲載されていますので、要チェックページとなっています◎

ホームページ上で気になるお衣装が見つかった際には、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

ルーブル・ブライダルサロンの人気プランの1つ・フォトプランの詳細ページも新たに登場。

挙式や披露宴では洋装、和装姿は写真で残しておきたいというお2人のための和装プランや洋装プラン。

専属スタッフが同行するロケーションプランでは、お気に入りのスポットでのお写真撮影が叶います♪

少ない時間でもたっぷりと、そしてたくさんのショットを残せるとご好評いただいている館内フォトプランも。

実際のお写真もあわせてご紹介しているので、イメージも湧いてくるはず!

ホームページでイメージを膨らませた後は、お2人のご希望をスタッフにご相談くださいませ。

おすすめのお衣装やフォトロケーションをご案内させていただきます。

 

 

新郎新婦さまとの繋がりを何より大切に思うルーブル・ブライダルサロンで生まれたのがアニバーサリー事業です。

結婚記念日に始まり、お2人の大切な日は結婚式の日を境にどんどん増えていくもの。

マタニティー記念やお子様のお誕生日、親御様への感謝のプレゼントなど。

その1つ1つに寄り添えるよう、多くのプランをご用意しております。

ご家族皆さまの特別な1日に花を添える存在として、笑顔のお手伝いができますように。

そんな願いを込めて、スタッフ一同お待ちいたしております。

 

新しく生まれ変わったルーブル・ブライダルサロン公式ホームページへはこちらから。

http://louvre-bs.co.jp/

桜シーズン到来♪まだ間に合う!前撮りプランのご案内

暖かな春の陽気が続くなか、ルーブル・ブラダルサロンには多くの前撮り撮影のご相談が舞い込んでいます。

その理由は、1年の中でも人気の桜シーズンが訪れるから♪

日本を象徴する桜は、その凛とした可憐な美しさから和装との相性もバッチリ。

そのため、多くの新郎新婦さまが春シーズンでの前撮りを検討されています。

ところが、桜の性質もありシーズンが短く諦めてしまう方も多いんです。

当サロンではまだ桜シーズンでの前撮りプランに空きがございます!

気になっていたけど1度は諦めてしまった、という方はぜひお問い合わせくださいませ。

5(1)

オールシーズンを通して人気の前撮りプラン。

ルーブル・ブライダルサロンでは白無垢も多数ご用意しております。

模様によって少しずつ意味合いが異なる白無垢。

桜のお花をモチーフにしたデザインのものもあり、春シーズンの撮影にはぴったりです♪

5(2)

ロケーション撮影と共におすすめなのが、様々なスポットをご用意している館内撮影◎

番傘や扇など、ロケーション撮影時には使用していない小物を取り入れた撮影が人気となっております。

5(3)

白無垢はもちろん、色打掛も多数のラインナップでご用意。

当サロンの前撮りプランでは、数多くある和装すべての中からチョイスしていただけるんです◎

追加料金が発生する心配もなく、お気に入りの1着が選んでいただけるようになっております。

春の前撮り撮影では儚い美しさが魅力の桜と、とびっきりの1着で特別な1枚を残してくださいね♪

まだご案内できる枠がございますので、気になる方はぜひスタッフまでご相談くださいませ。

スタッフ一同、お待ちいたしております。

 

人気急上昇中♪袖付きウェディングドレス集

2017年ごろからその人気が急上昇しているのが、袖付きデザインのドレス。

お洋服でもそうですが、流行のデザインはたくさん作られる代わりにその違いが見つけづらくもなってしまいます。

普段目にする機会が少ないドレスは、特にそうですよね。

1つ1つのデザインの違いや特長を見つけられると、好みのデザインを探すのも楽しくなるもの。

そのためにも、たくさんの袖付きデザインのドレスを見て、比べて、自分の“好き”ポイントを探すのが大切になります◎

“好き”に気づくきっかけが見つかるよう、ルーブル・ブライダルサロンでは多種多様な袖付きデザインのウェディングドレスをご用意しております。

今回は、その中からタイプの異なるドレスをご紹介したいと思います。

7(1)

首元が詰まったタイプのこちらのデザインは、上品で清楚な雰囲気がたっぷり。

肌が薄く透けるシースルーの繊細なレースがV字ラインを描いて首元に。

アゴからデコルテまでの女性らしい曲線を、肌を露出させることなく演出してくれています♪

身頃と袖の縫い目がないフレンチスリーブは、肩と二の腕をすっきりと見せてくれる嬉しいポイントも◎

肩口にかかるレースが、女性ならではの華奢さを引き立ててくれます。

ネックレスはつけずに、レースと相性抜群のパールを大ぶりのイヤリングに取り入れるのがおすすめ。

ヘアスタイルも、美しい首元を際立たせてくれるアップヘアがぴったりです◎

7 (2)_s

スカート部分と同じ、チュール素材が使用されたこちらのドレスは儚げな美しさを表現。

チュール素材は女性らしい肌見せと、胸元が張って見えてしまうことの防止、2つの役割を果たしてくれています。

ボートネックと呼ばれる横に広く浅い首回りデザインなので、ダウンヘアやボブヘアにもマッチ◎

チュール袖が5分丈ほどの長さというのも大切なポイント。

肘上ほどの長さなので、女性が気になる二の腕もほっそりと見せてくれる効果があります♪

7(3)

スタンダードなラウンド型の襟元と、肩先にほんの少し袖がかかるタイプのこちら。

総柄のレースですが、襟と袖のどちらもすっきりとしたデザインになっているので、爽やかな印象を与えてくれます。

シンプルなデザインなので短めのネックレスをつけてもバランスが良く、髪型も幅広いスタイルに合いますね♪

デコルテラインをしっかりと、且つレースで女性らしく見せてくれるのもおすすめポイントの1つです。

7(4)

ロイヤルウェディングを彷彿とさせるレース使いが特長的なこちらの1着。

首詰まりタイプのようで、胸元はV字を描いたすっきりデザインのデコルテ。

長めの袖でありながらも、シースルーのレースで抜け感も演出しているスリーブデザイン。

相反するデザインをバランス良く取り入れているので、オリジナルなデザインのドレスがいい、というこだわりも叶えてくれます♪

一粒ダイヤのネックレスを合わせてもマッチしそうなデザインは、コーディネイトを想像するのが楽しくなりますね◎

7(5)

5着目にご紹介するウェディングドレスは、大ぶりのフラワーモチーフレースが華やかな印象。

2着目にご紹介したドレスと同じボートネックのようにも見えるのですが、バトーネックと呼ばれるこちら。

肩先にかかる程度の緩いカーブを描いていて、キュートさが際立つボートネックと比べ、大人の可愛さや柔らかさを引き出してくれています♪

小花柄のレースももちろん素敵ですが、大ぶりデザインになることでシックな華やかさを演出。

“大人だけど可愛い”を実現してくれる、おすすめの1着です♡

7(6)_s

お次はこちらの、フラワーレース×首つまりデザインが気品溢れる1着。

比較的小ぶりのフラワーレースなので、透けて見える肌の面積をちょっぴり多めに。

そこで生まれた抜け感が、おしゃれさと取っつきやすさを作り出してくれているんです。

総レースで、なおかつ長袖デザインとなると個性的なイメージがあり、挑戦しづらいという花嫁さまもいらっしゃいます。

こちらのデザインなら、カジュアル感も程よく取り入れられているので、親近感もあるはず♪

袖付きデザインの中でも、長袖タイプが気になっていたという花嫁さまにはぜひお気軽に試着していただきたい1点です!

7(ボレロ)

最後は、こちらのボレロ!

ボレロはドレスの印象を大きく変えるのに、最も簡単でおすすめの方法。

挙式中とご披露宴入場までの短い時間で、お衣装の印象を変えたいという花嫁さまの可愛いわがままも叶えてくれます♪

二の腕を出すのには抵抗があるけど、お気に入りのドレスが袖のないタイプだったという時にも大活躍◎

さらりと羽織るだけなので、身につけたドレスのイメージは崩さずに二の腕もしっかりとカバー。

こんなお悩みをお持ちの花嫁さまはぜひお声がけくださいませ。

 

一口に袖付きといっても、本当に数えきれないほどのデザインがある現在のウェディングシーン。

デコルテデザインや袖の長さが少し違うだけで、雰囲気はガラッと変わるもの。

その違いをご自身の肌で感じていただけるよう、様々なタイプのドレスをご試着いただければと思います。

今回ご紹介した以外にも、たくさんのウェディングドレスをご用意しております。

まずは1度ご試着にお越しくださいませ♪

スタッフ一同、ご案内できますことを楽しみにお待ちいたしております。

 

新作白無垢のご紹介・文様と唐織について♪

近年流行していることもあり、和装婚を選ばれる新郎新婦さまが増えてきました。

とは言え、未だ挙式をされるカップルの半数以上が洋装を選ばれているんだそう。

花嫁さまの声を聞いてみると、「憧れではあるものの、和装はハードルが高いイメージがあってなかなか選べない。」とのこと。

確かに和装と聞くと、格式が高く決まりごとが多い印象を受けますよね。

小物一つひとつにも意味があり、それらすべてを調べるとなると大変な作業というのも事実。

しかし、その事が壁となり和装を諦めてしまうのは、何よりももったいない。

そこで、今回はサロンに入ってきた新作の白無垢のご紹介と共に、“吉祥文様”と“季節柄”についてご紹介いたします。

“吉祥(きっしょう)”とは、おめでたいこと・この上ない幸福を意味します。

身につけているだけで福を呼ぶとも言われており、「鶴」や「松竹梅」「御所車」などの晴れ舞台にぴったりの文様が入るものを指します。

4(1)_s

その中でも、今回入荷したのは「御所車」の総柄デザインのこちらの1点。

「御所車」にも様々な種類がありますが、花があしらわれたものは「花車」とも呼ばれます。

室町時代に誕生した華道から、貴族や武家など身分の高い人たちの間では花を飾ることが風習となりました。

その華道への憧れから華麗な古典柄として、文様のモチーフにも選ばれたんだそう。

4(2)_s

繊細に施された花文様は絢爛なイメージにもぴったりです。

4(3)

“季節柄”とは字が表わす通り、その季節にぴったりの花や木・植物をモチーフにした文様のこと。

必ずしも季節に沿った文様を選ばなければいけないというわけではありませんが、挙式日に合わせてチョイスすれば粋な印象に♪

今回ご紹介した白無垢は、唐織の織物となっています。

“唐織”とは、糸を刺繍のように織り出す技法を用いた織物で、立体感のある豪華な印象が特徴です◎

それぞれの文様が、まるで立体的に浮き出ているかのように見えるので、写真に映えること間違いなしです♪

今回ご紹介したのは、白無垢の文様のごく一部。

他にも様々な文様や織物があり、その一つひとつはどれも日本人の文化に深く根ざしたものばかり。

難しく思えるかもしれませんが、調べてみると意外とすんなりと耳に馴染むはず。

白無垢や和装を考えているけど、どう選べばいいかが分からないという花嫁さま。

ぜひお気軽にスタッフにご相談くださいませ。

奥が深い和装の世界をご紹介させていただきます♪

着るだけでおしゃれ見え!新作TXのご紹介

普段着とは色合わせの方法もバランスの整え方も異なるTXのコーディネイト。

挙式・披露宴を控え、いざお衣装の試着へ向かったものの、何を選べば良いのか分からないと頭を抱えている新郎さまは多いのではないでしょうか。

そんな新郎さまにぜひご紹介したいTXが登場いたしました!

1

襟部分の白×黒のバイカラーがおしゃれなこちら。

白TXは全身のスタイルがはっきりと出る分、ハードルが高いと仰る新郎さまはたくさんいらっしゃいます。

けれど新婦さまのWDに合わせた時、お互いのお衣装が映えるお色味でもあるんです。

そんな時こちらの上下異なるカラーのTXなら、白でバランスを取りながらもパンツの黒が引き締めカラーに◎

足元に黒を持ってくることで、脚長効果が期待できるのも嬉しいところですね♪

近年のファッショントレンドでもあるバイカラーを取り入れたTX。

ネクタイにはさりげないアクセントとしてダークグレーのものをチョイスすれば、おしゃれ度がさらにアップです。

TXのコーディネイトは難しいものですが、今回ご紹介したTXのようにただ着るだけでも十分なほど全体のバランスが整うデザインも多く登場しております。

お衣装選びにお悩みの新郎さま、ぜひ一度ルーブル・ブライダルサロンへご来館くださいませ。

数多くあるTXの中からぴったりの1着をご案内させていただきます。

新郎新婦さまご紹介♪〜音羽山荘・挙式披露宴&後撮りプラン〜

四季折々の美しい日本を体感することのできる会場・音羽山荘。

古くから続く日本らしい風景はもちろん、大正モダンな造りは和装・洋装どちらにもマッチする人気会場です。

そんな和洋折衷な雰囲気が魅力の会場で9月に挙式を迎えられた新郎新婦さまをご紹介いたします。

当日新婦さまは白無垢、新郎さまは黒の紋付袴を選ばれました。

その後のご披露宴ではガラッと雰囲気を変え、WDを着てのご登場。

和と洋の魅力が詰まった会場にぴったりのお衣装チョイスとなりました♪

そして、こちらのお写真は本日行われた後撮りでのカットです!

20171128_101455103_iOS

新婦さまは色鮮やかな小花が随所に散らばる、華やかな色打掛をチョイス。

20171128_101603849_iOS

和装の花嫁5点セットと呼ばれる、「筥迫(はこせこ)」「帯締」「懐剣(かいけん)」「末広(=房付き扇子)」「抱え帯」はそれぞれオレンジ色を選ばれました。

打掛に施されている小花は、どれもほんの少しスモーキーなお色味。

5点セットに使われているオレンジも、くすみ系カラーとなっているのでバランス良くまとまっていますよね♪

そんなはんなり大人っぽい色打掛にはかんざしを合わせ、さらに大人っぽさアップ◎

20171128_101538124_iOS

生花を合わせてももちろん素敵なのですが、お顔周りがすっきりとまとまるかんざしもおすすめです。

アゴのラインを綺麗に、そして色打掛の襟元をより美しく見せてくれます。

おしゃれな新婦さまに合わせ、新郎さまは大正モダンなイメージにぴったりのブラウンの袴を着られました。

トーンを落としすぎないブラウンを選ぶことで、華やかな新婦さまの横に並ばれた時に色で負けてしまわないんです。

他にも、新郎さまの紋付袴も様々なカラーリングにて取り揃えています♪

そんな後撮りの最大の魅力は、挙式日とは異なるお衣装を着て撮影ができるというところ。

結婚式当日のお色直しに色打掛を選ぶと、お着替えに時間がかかってしまうのが悩ましいところ。

その点、後撮りの場合は準備にじっくり時間をかけられるので、特に花嫁さまには嬉しいですよね◎

時間を気にすることなく心ゆくまで撮影に集中できるので、様々なカットが残せるという点も。

20171128_101542312_iOS

挙式・披露宴とは一味違う雰囲気で、撮影を楽しまれたお2人♪

お2人のように、当日はばたばたといそがしい事を想定し後撮りを設定されるのもおすすめです。

その場合もしっかりとご試着・ご案内させていただきますのでご安心くださいね。

お問い合わせいただきましたら詳細をご紹介いたしますので、お気軽にお声がけくださいませ。

1 2