Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

スリムに美しく♪ドレス選びの際に大切な“細見え”のコツ!

ドレス選びの際、新婦さまの多くが「周りからどう見えるか」をポイントとされます。

「できるだけスリムに美しく見せたい!」と願うのが、乙女心というもの。

とはいえ、普段着ることのないドレスでは、どういったポイントを押さえるべきなのか分からないですよね。

そこで出番なのが、毎日ドレスを見ている私たちスタッフです!

日々さまざまなドレスを見ているからこそ分かる、“細見え”のコツとポイント。

当ブログをご覧の花嫁さまに、こっそりお教えしたいと思います♪

 

 

“細見え”最大の秘訣は、ドレープデザインにあります!

トップスからウエスト部分にかけて、ななめに入るドレープがポイント◎

ドレープによる“ねじれ効果”がウエストに影を生み、美しい“くびれ”を作り出してくれるんです。

そんな“細見え”ドレスを3着ご紹介いたします!

 

 

まずは、サテン生地を使用したシンプルデザインの1着。

さりげないドレープが入ることで、平坦になりがちなサテン生地の表面にも立体感が生まれています◎

ドレープの波部分にあわせて、キラキラと輝くビジューがあしらわれているのもポイント。

影を際立たせてくれるビジューのおかげで、ボリューム控えめのドレープでもしっかりと“細見え”を発揮してくれているんです♪

全体的にシンプルなデザインのこちらは、年齢や好みを問わずお選びいただける万能ドレスとなっております♪

 

 

2着目は、艶やかなサテン生地とやわらかなチュール素材がうまくマッチングしたデザインのこちら。

質感の異なる素材を組み合わせることで、おしゃれ度がグンとアップしています◎

また、大胆に波打つドレープもゲストの目を惹きつけること間違いなし!

ボリューミーなドレープデザインが目線を集めてくれるので、身長が気にならないというメリットもあるんです。

背が低いことにお悩みの花嫁さまには、ぜひお試しいただきたい1点です♪

こちらのドレスは胸元にもドレープがあしらわれているため、デコルテラインも美しく見せてくれています。

 

 

3着目にご覧いただくのは、レース刺繍とドレープを組み合わせたロマンチックなウエディングドレスです。

ドレープと聞くと、派手で個性的なデザインをイメージする方も多く、なかなか挑戦しづらいというお声も。

しかし、こちらのドレープデザインなら、そんなイメージも払しょくされるのではないでしょうか?

くびれ部分と胸元の2箇所のみにドレープを加えることで、さりげない“細見え”が叶うんです◎

 

 

ドレスはちょっとしたデザインの違いで、ラインの見え方がガラリと変わるもの。

小さなギャザーやドレープの絞り具合など、些細に思える違いこそ大きな変化をもたらします。

さらに、ドレスラインは着る人によっても違って見えるんです。

その違いは、やはりご試着に訪れた際に現れます。

もちろん花嫁さま自身でも実感されるのですが、最もその違いを感じられるのがお連れ様。

普段から花嫁さまを見ているからこそ、その違いが分かるんですね◎

意外と知られていない“細見え”のコツ、ぜひお衣装選びの際に役立ててくださいね♪

 

 

ワンポイントアイテム♪柄デザイン蝶ネクタイ3選

ガーデンウエディングの定着やボタニカルコーディネイトの流行などもあり、カジュアルスタイルのウエディングが人気な現在。

そのトレンドは新郎さまのアイテムにも広がっており、ポップなデザインの小物類が数多く登場しています。

なかでもおすすめなのが、柄デザインの蝶ネクタイです◎

柄・デザイン・サイズ感など、豊富なラインナップでさまざまなタキシードにマッチするのが特長。

さらに、蝶ネクタイはワンポイントアイテムなので、気軽に挑戦できるのも嬉しいポイントです。

今回は、蝶ネクタイのなかでも特におすすめの3点をご紹介いたします♪

 

 

まずは、花柄デザインが個性的なこちらの1点。

一見派手になりがちな花柄も、ベースカラーをやさしげなイエローにすることでマイルドに仕上がっています◎

描かれている花々もペールトーンに統一しているので、子どもっぽい印象を与えてしまう心配もありません♪

明るい色味の蝶ネクタイは、ダークトーンのタキシードと相性抜群!

写真のようにダークブラウンのベスト×タキシードに合わせれば、ワンランク上のおしゃれが楽しめること間違いなしです。

 

 

2つ目は、ネイビー×ベージュの大人カラーにシルバーを加えた華やかな1点。

大人の落ち着いた雰囲気を演出しつつ、グリッター系のシルバーを合わせることで遊び心あるデザインとなっています◎

粒子の細かいラメが使用されているので、年齢を問わずお選びいただけるはず♪

さらに、タキシードの代表的なカラーであるネイビーとベージュを使っているのもポイント。

ネイビーカラー、白、ベージュと、どの色味のタキシードにもマッチします◎

 

 

最後にご紹介するのは、色鮮やかな花模様が個性的なこちらの1点。

濃い色味でありながらも華美な印象を与えないのは、彩度が低いスモーキーカラーを使用しているから。

どことなく北欧デザインを思わせるような、おしゃれ度の高い蝶ネクタイです♪

写真のようにシンプルデザインのタキシードはもちろん、モスグリーンやダークブラウンなどの個性派タキシードと合わせるのもおすすめ◎

 

 

いかがだったでしょうか?

タキシードが持つ堅く・フォーマルなイメージを、上手にカジュアルダウンしてくれるのが蝶ネクタイの特徴♪

今回ご紹介した以外にも、遊び心満点のデザインや、大人のおしゃれを楽しめるデザインも多数ご用意しています!

タキシードをご試着の際は、ぜひ1度試してみてくださいね。

 

 

3つのポイントで美しく♪猫背改善方法

毎日、たくさんの花嫁さまと接する私たちスタッフ。

お衣装のご相談はもちろん、挙式・披露宴での演出関係など、さまざまなお話をさせていただきます。

お話をさせていただく機会は挙式後にもあり、話題は当日のエピソードやご感想など。

もちろん、「ああしていれば良かったなあ」という後悔話もあります。

そんな後悔話のなかで最も多く耳にするのが、ご自身の“姿勢”について。

写真を見返してみると、想像していたよりも猫背になっていたということが多々あるそう。

挙式当日は普段とはまったく異なる状況のなか、緊張感やワクワク感からあっという間に時間が過ぎてしまいます。

そのため、姿勢にまで意識がまわらないというのが原因のようです。

そこで今回は、ほんの少しの意識の差で、あっと驚くほど見違える“姿勢を整えるコツ”をご紹介したいと思います!

 

 

Point.1

肩甲骨がしっかりと浮き出るように意識する!

 

このポイントは「巻き肩」を解消する方法でもあり、猫背改善にはかかせません♪

「巻き肩」とは、両肩が胸より前に出て、さらに内側を向いてしまっている状態を指します。

現代人に多いとされている「巻き肩」は、姿勢を悪く見せる要因の1つなんです。

そんな「巻き肩」を治すには、肩を後ろに引っ張ることで肩甲骨が浮き出るように意識することが重要◎

左右両方の肩甲骨を、背骨の中心に向かって寄せるイメージです。

こうすることで肩が開き、猫背が解消されます。

肩甲骨が浮き出ることで、後ろ姿が美しく見えるのもうれしいポイント。

同時に鎖骨もきれいに出てくるため、女性らしいデコルテが手に入るんです♪

 

 

Point.2

アゴは上げすぎないように意識する!

 

猫背になると、アゴは前に突き出してきてしまいます。

これは、背中から頭・顔の筋肉バランスを崩してしまう可能性があり、姿勢が悪く見えるだけでなく頬がたるんでくる危険性もあるんです。

ご結婚式に限らず、お顔がたるんでしまうことは何としてでも避けたいですよね。

アゴをきゅっと引くことで、猫背解消だけでなく、お顔まわりもスッキリ見せましょう♪

 

 

Point.3

ヒジは“くの字”に曲げる!

 

3つ目のポイントは、ヒジを”くの字”に曲げること。

おへその下でブーケを持つように意識すると、きれいな“くの字”になります◎

体と腕の間を、だいたい握りこぶし1つ分あけるのもポイント。

そうすることで、二の腕が押しつぶされることなく、ほっそりと見えるんです♪

 

 

今回ご紹介したポイントは、どれも簡単なものばかり。

ほんの少し意識するだけで、見え方はずいぶん変わるんです◎

とはいえ、当日に急に意識しようと思っても、なかなか難しいもの。

日頃から取り入れていれば、本番にはきっと意識せずともシャキッと美しい姿勢に。

ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

もちろん、こちらのポイントを抑える為にはきちんとご自身の体系に合ったブライダルインナーも欠かせません。

どうせ見えないし…そんなことはありません!!

結婚式当日身に付ける物に必要ないものなどありません。

スタッフにお声がけしてみて下さいね。

 

 

 

意外と知らない!デコルテデザインのすすめ

多種多彩なデザインが登場しているウエディングドレス。

当サロンにお越しの花嫁さまには、さまざまな角度からドレス選びのポイントをご紹介しています。

そのなかの1つに“デコルテのデザイン”があるのですが、実は意外と「気にしていなかった」という花嫁さまが多いんです。

そこで今回は、ご試着の際にぜひ注目していただきたい“デコルテデザインのすすめ”についてご紹介したいと思います。

 

 

まず最初にご紹介するのは、V字デザインのこちらの1着。

V字デザインが持つ最大の魅力は、首をスラリと長く見せてくれるという点にあります。

細く長い首は小顔効果があるという事もあり、昔から『美人は首が長い』と言われているんです。

「小顔になりたい!」という女性の夢を叶えてくれるV字デザインは、キュートにもクールにも仕上げられるのが嬉しいポイント。

写真のようにレース素材を使ったドレスなら、キュートなイメージ。

サテン生地の高級感あふれるドレスなら、クールビューティーなイメージ。

年齢を問わずお選びいただけるV字デザインは、ぜひ1度お試しいただきたいオールマイティさが強みです◎

 

 

次にご紹介するのは、ドレープをもちいた1着。

ドレープとは、布素材の流れに沿って自然に生まれるひだを活かしたデザイン技法の1つ。

美しいシルエットが魅力のドレープデザインはエレガントさを演出してくれるため、ロイヤルウエディングに憧れる花嫁さまには特におすすめです♪

 

また、ドレープをつくることで立体感が生まれるのもポイント。

胸元に自然な膨らみができるので、バストにボリュームがほしいという花嫁さまはぜひ試してみてくださいね。

 

 

最後の1着は、胸元のフラワーコサージュが印象的なこちらのドレス。

デコルテは、ゆるやかなハートカップデザインとなっています。

ハートカップとは、ビスチェの胸元がハート型にカットされているデザインを指し、デコルテラインが女性らしいラウンドを描いているのが特徴。

デコルテをすっきりと見せてくれるため、ハト胸さんなど、「胸元のボリュームを抑えたい」という花嫁さま必見のデザインとなっています◎

 

 

意外と知らない“デコルテデザイン”。

イメージをガラリと変えてくれたり、悩みを解決してくれたりと、実は大きな役割を担っているんです。

デコルテ部分を含めたバストアップは、着席時に最も視線が集まる場所。

そのため着席シーンが多い披露宴などでは、特に重視しておきたいポイントです◎

小さな違いに思えるかもしれないですが、デコルテデザインも個性を演出できる重要なパーツ。

それぞれのデザインが持つ魅力を楽しみつつ、お気に入りのドレスを見つけてくださいね♪

 

 

 

+ボンネで小枝カチューシャを使いこなして♪先輩花嫁さまのご紹介

当ブログでも何度かご紹介しているヘッドドレスの“小枝カチューシャ”。

ナチュラルなスタイルがトレンドとなった2018年から、根強い人気を誇るアイテム◎

特にバックスタイルに加えるスタイルが人気ですよね♪

しかし、こちらのアイテムをコーディネイトに取り入れようと検討している花嫁さまから、度々寄せられるお悩みがあるんです。

それが「正面から見たときに寂しい印象を与えてしまうのではないか」というもの。

確かに、後ろ側につけるコーディネイトだと正面からでは見えないんです。

そこで今回は、このお悩みを解消してくれる方法を、実際の花嫁さまのお写真と共にご紹介したいと思います◎

 

 

こちらが、小枝カチューシャをつけたバックスタイルです。

シンプルなアップヘアのアクセントにもなり、華やかな印象ですよね♪

もちろんこれだけでも充分かわいいのですが、こちらの花嫁さまは“ボンネ”をプラス。

 

 

いかがでしょうか?

ボンネが加わることできらびやかな印象がプラスされ、“ワンランク上のおしゃれ”といった印象に変身したと思いませんか♪

2種類のヘッドドレスを取り入れることは、派手になりすぎたり、“統一感のないコーディネイト”といった印象を与えてしまうこともあるんです。

そこで今回スタッフがおすすめしたのは、カチューシャと同じ“小枝”をデザインモチーフとしたボンネでした。

そうすることでナチュラルでかわいい雰囲気を保ちつつ、華やかさをプラスすることができました◎

 

 

ボンネを加えると、遠くから見てもこんなにきらびやか♪

2つのアイテムがバランス良く見える横顔は、特に印象的です。

 

 

 

ビジューのボンネは、お顔のラインに沿うように作られているのが特徴。

キラキラと輝くビジューで表情を明るく見せながら、小顔効果も期待できちゃいます◎

2つのアイテムもデザインそのものがとてもよく似ているので、耳の後ろ側の繋ぎ目も違和感を与えてしまう心配がありません。

お写真でご覧いただくと分かるように、360度どこから見ても隙のない美しさ。

挙式・披露宴では様々な角度からゲストの視線が届くので、いつ・どこから見られても120%の自分でありたいですよね♪

 

 

先日、結婚式場「En Fance(アンファンス)」で挙式を迎えられたこちらの花嫁さま。

トレンドアイテム「小枝カチューシャ」を見事に使いこなし、とっても素敵なコーディネイトとなりました♪

ボンネと組み合わせるこちらのコーディネイト、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

ご試着の際に、ぜひリクエストくださいませ◎

 

 

 

人気上昇中!タキシードアイテム・カマーバンドのご紹介

挙式・披露宴を控えた新郎新婦さまに、新作お衣装やアイテムなど様々な情報をお届けしている当ブログ。

本日は新たなアイテム“カマーバンド”についてご紹介させていただきたいと思います♪

 

 

こちらのお写真のウエスト部分に見えるアイテムを“カマーバンド”と呼ぶのですが、ご存知でしょうか?

「見たことはあったけど、名前は知らなかった」という新郎さまも多いはず。

カマーバンドの歴史は長く、かつてはタキシードを着る上での“三種の神器”といわれるほど重要なアイテムでした。

★豆知識

ちなみに、残りの2つは“拝絹(はいけん)”と“蝶ネクタイ”。

拝絹(はいけん)はタキシードや燕尾服(テイルコート)の衿部分を指します。

 

カマーバンドは主に、ベストの代わりとしてその役割を果たします。

そのため、ジャケットを羽織った時に気になる肩部分のゴワつきが解消されるんです◎

さらにウエスト部分がすっきり見えるというのも、カマーバンドの大きな特徴となっています。

 

 

こちらのお写真のように、カマーバンドを取り入れた際はベルトを使わないのが一般的。

緊張するシーンの多い挙式・披露宴では、普段は気にならない少しの締め付けも気になってしまうもの。

カマーバンドならその心配もありませんので、普段とは異なるウェディングシーンでものびのびと過ごせるはず♪

 

 

スタンダードな黒やネイビーなど、ダーク系カラーのタキシードに合わせるとスタイリッシュな印象に。

正統派な印象のカマーバンドと、茶目っけのある蝶ネクタイとの組み合わせもなんだか新鮮です♪

カマーバンドはハイウエスト効果もあるため、脚を長く見せてくれるのも特徴。

挙式会場でのヴァージンロードや披露宴でのテーブルラウンドなど、新郎新婦さまは歩くシーンが多いので、脚長見せは重要です◎

 

 

スタンダードなタキシードとの組み合わせももちろん素敵ですが、こんな個性派タキシードとの組み合わせはいかがでしょうか♪

実はこの写真、お花で隠れて見えないのですがカマーバンドを合わせたコーディネイトなんです。

ちょっぴり勇気が必要なおしゃれタキシードも、カマーバンドや蝶ネクタイを組み合わせることでクラシカルな印象が増し、挑戦しやすくなります◎

 

 

今季少しずつ人気が上昇しつつあるタキシードアイテム、カマーバンド。

近年のファッショントレンドでもある“レトロ感”と、スタイルアップが期待できる機能性の高さが特徴です。

ブログにてご紹介した以外にも、サロンでは数多くのお写真やコーディネイト例をご用意いたしております。

もっともっとカマーバンドの世

界に触れてみたいという新郎さま、ぜひスタッフまでお声がけくださいませ♪