Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

愛にあふれたマタニティウエディング♪先輩カップルさまをご紹介

10月も残すところあとわずかとなり、少しずつ冬の匂いが感じられる今日このごろ。

先日挙式を迎えられた先輩カップルさまより素敵なお写真の数々が届きましたので、ご紹介したいと思います♪

 

 

人気会場「シティプラザ大阪」にてご結婚式を挙げられたお二人。

いつも明るく朗らかなお二人のお式は、お腹のなかにいるお子さんと一緒に迎える“マタニティウエディング”でした。

お写真を見ても伝わってくる通り、とっても幸せそうなお二人。

そんな特別な1日に、ルーブル・ブライダルサロンのお衣装はもちろん、私たちスタッフが寄り添えたことを何よりも嬉しく思います。

 

 

挙式用とお色直し用の計2着、新婦さまはどちらもウエディングドレスを選ばれました。

挙式にて着用されたウエディングドレスは、V字ネックデザインのドレスをチョイス。

デコルテやお顔周りをすっきりと見せてくれるV字ネックは、世の女性の味方。

アップヘアを合わせたことで、新婦さまが持つ魅力の1つでもある笑顔がとってもきれいに見られました♪

やわらかなチュール素材をたっぷりと使用したこちらのドレス。

お腹に負担がかかりづらいデザインとなっているため、マタニティウエディングをお考えの方にはぜひ参考にしていただきたい1着です。

人気の袖付きデザインなので、トレンドもばっちりと押さえられます◎

 

 

着てみたいカラードレスのイメージが湧かなかった新婦さま。

お色直し用のドレスには、1着目とは雰囲気の異なるウエディングドレスをおすすめしました◎

意外と知られていないのですが、「お色直しはカラードレスしか着てはいけない」というルールはありません。

お気に入りのウエディングドレスが2着ある場合は、お色直し用として選んでもいいんです♪

 

そんな新婦さまが選ばれたのは、花柄のデザインが可憐なドレス。

胸元のレース刺繍だけでなく、スカート部分にも花柄があしらわれているのが特徴◎

このおかげで“ウエディングドレス感”が抑えられ、お色直しスタイルとしてお楽しみいただけました。

新婦さまが選ばれたブーケは、リーフ(=葉)メイン花材にしたボタニカルデザインのもの。

ナチュラルなのに個性を発揮できるボタニカルスタイルは、2019年秋・冬にも続くトレンドキーワード!

花柄はそんなボタニカルスタイルを思わせるデザインなので、トレンドもしっかりと押さえたコーディネイトに仕上がりました♪

 

 

いかがだったでしょうか?

「Wハッピー婚」とも呼ばれる、マタニティウエディング。

お子さまが大きくなった際、「結婚式ではあなたがお腹のなかにいたのよ」と思い出話を楽しめるという嬉しさが◎

今回ご紹介したお写真からも、愛にあふれた素敵な空気感が伝わってきますよね♪

お腹が大きくなることから、さまざまな制限が多いと思われがちですが、決してそんなことはありません!

経験豊富なスタッフが、お子さまの成長に合わせて臨機応変にお衣装合わせをさせていただきます。

マタニティウエディングに向けご来館を検討されている花嫁さまは、ご安心してお越しくださいませ。

ご来館を心よりお待ちいたしております。