Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

紅葉シーズンの前撮りにぴったり!おすすめ色打ち掛け3選

立冬を迎え、いよいよ寒さも本格化してきた今日このごろ。

前撮り撮影のなかでも人気の紅葉シーズンも、そろそろ本番を迎えようとしています。

そこで今回は、紅葉に映える色打ち掛け3選をご紹介いたします!

 

 

まずは、紫を基調としたこちらの1点。

古代紫(=こだいむらさき)という赤みを帯びた日本古来のくすみ系の紫で、大人っぽさを演出するのにぴったりです。

シボと呼ばれる凹凸が特徴的なちりめんの生地を使うことで、優しい雰囲気をプラスしてくれています。

「無病息災」や「気高さ」を意味する菊や、「長寿」を意味する縁起物として鶴が描かれていたりと、豪華な刺繍文様も特徴です。

 

 

2点目は、黒と白の美しい染め分けが魅力的なこちら。

染め分けとは生地を2色以上の色で染め分けることを指し、2色の境目が美しくぼかされているのが特徴です。

扇面と花車には色とりどりの刺繍が施されており、シックな色打ち掛けながら華やかさもしっかりと表現されています♪

 

 

3点目は、大人の魅力を引き出してくれること間違いなしの赤色打ち掛けです。

中国の唐から日本に渡ってきたとされ、長い歴史を誇る唐織(=からおり)を採用したこちらの1点。

独特の立体技法が特徴の織りということもあり、繊細かつ華やかな刺繍が全体的に施されているのがポイントです。

四季折々の花々が刺繍されており、存在感は抜群。

たくさんの花で満たされた御所車には、本来の「華やかさ」の象徴としてはもちろん、「幸せにあふれますように」という願いも込められているんです。

 

 

紅葉の美しさにも負けない、魅力たっぷりの色打ち掛け3選をお送りいたしました。

当サロンには、ほかにも多種多彩なお衣装をご用意しております。

紅葉での前撮り撮影を控えているという方はお気軽にお問い合わせくださいませ♪

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

ルーブル・ブライダルサロンが送る“ドレス着用時の歩き方レクチャー”とは

お客さまに寄り添った接客を心がけているルーブル・ブライダルサロン。

ご結婚式が素晴らしい日となるよう、さまざまな角度からアドバイスをさせていただいています。

そのなかでも特に「そんなことまでしてくれるの?」と新郎新婦さまに驚かれるのが、最終フィッティングの際に行なっている“ドレス着用時の歩き方レクチャー”です。

 

 

ご結婚式当日は、新郎新婦さまにとって初めての経験ばかり。

さらに、たくさんの方々の視線が自分自身に集まるという、緊張して当然のシチュエーションに。

普段通りに歩こうと思っていても、なかなか上手くはいかないものです。

また、新婦さまは着慣れないドレスということもあり、歩きづらくよりいっそう堅くなってしまうもの。

お客さまによっては、「想像していたよりもドレスの裾を蹴りあげすぎてしまった…。」というお声も。

当サロンでは“歩き方レクチャー”を行うことで、少しでもドレスを着て歩くことに慣れていただければと考えています。

 

 

ドレス着用時に気をつけることは、実は“足の運び方”だけではないんです。

「ドレスを着る際は、裾を蹴りあげるように足を運ぶのがポイント」といわれていますが、それだけではありません。

・美しい姿勢を作るため、肩甲骨を寄せるように意識する。

・手はダラリと下ろさず、ひし形を作るように両手を揃える。

ポイントはこのほかにも数多くあります。

 

サロンによっては、こうしたレクチャーを行なっていないところもあります。

しかし、私たちルーブル・ブライダルサロンにとって、新郎新婦さまのご結婚式がとびきり素敵な思い出となることが何よりの願いです。

ささいに思えることも、挙式後に振り返ってみると大切な役割を担っていたということも多くあります。

ですが、新郎新婦さまにとってはすべてが初めての経験ですので、分からないことの方が圧倒的に多いはず。

私たちにできるサポートはすべて行う、というのが当サロンのモットー。

その1つとして、美しい立ち姿・歩き方を含めてしっかりとレクチャーさせていただいています!

ほかにもご不明な点があれば、どうぞお気軽にスタッフまでご相談くださいませ♪

 

 

 

「石の教会」でナイトウエディング♪先輩カップルさまをご紹介

今回ご紹介する先輩カップルさまは、当ブログでも度々登場している人気会場「軽井沢 石の教会 内村鑑三記念堂」にてご結婚式を挙げられたお二人です。

 

 

とってもドラマチックなこちらの1枚。

お二人は、近年人気が高まってきているナイトウエディングを選ばれました。

「石の教会」が持つ厳かな雰囲気と、美しいライティングは相性抜群。

自然にあふれた会場でありながら、洗練された空気に満たされていました。

 

 

こちらは、ご両家親御さまと揃っての記念写真。

実はお父さまのモーニングとお母さまの留袖も、ルーブル・ブライダルサロンのもの。

ご親族さまのお衣装も多種多様なラインナップにて取り揃えているため、皆さまお気に入りの1点をお選びくださいました♪

 

自然体な笑顔が魅力の新郎新婦さま。

新郎さまはとっても楽しい方で、新婦さまを笑顔にさせるプロでした!

お二人の衣装選びは、どんな時も笑顔と楽しそうな笑い声であふれていました♪

 

新郎さまのお隣で、にっこりとキュートな笑顔を見せてくださっている新婦さま。

当サロンにご来館された当初は、緊張などもありご自身の希望をあまり話されませんでした。

そんな時こそ、私たちスタッフの出番です!

リラックスしていただける空間づくりを心がけ、少しずつコミュニケーションを取っていきました。

やがて緊張もほぐれたころに本音を聞かせてくださり、とっておきの1着を見つけることができたんです◎

 

新婦さまが選ばれたのは、サテン生地のシンプルなウエディングドレス。

トレンドの袖付きデザインとなっているのですが、ポイントはその長さにあります。

手首までしっかりと長さがあるちょっぴり珍しいタイプなので、トレンドデザインながらも、ほかとは違った魅力を演出できちゃうんです♪

さらに、気品高いイメージをつくれるのもポイント。

カジュアルなイメージの袖付きデザインも、長袖にすることで大人っぽく・格式高いデザインへと変身するんです。

 

そして、今回のコーディネイト最大のポイントはこちら!

 

 

新婦さまの後ろ姿を華やかに演出してくれる、ロングトレーンです!

古くからトレーンの長さは格式の高さを表しているといわれており、憧れのロイヤルウエディングでは定番のスタイルとなっています。

ゴージャスなイメージを持つロングトレーンは、サテン生地など落ち着いた質感のドレスと相性がいいんです◎

さらに今回はロングベールを組み合わせることで、息を飲むほど美しいカットが撮影できました♪

 

 

いかがだったでしょうか?

ルーブル・ブライダルサロンでは、ドレスのデザインはもちろん、会場ごとにおすすめのコーディネイトをご提案しております。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ♪

 

 

 

愛にあふれたマタニティウエディング♪先輩カップルさまをご紹介

10月も残すところあとわずかとなり、少しずつ冬の匂いが感じられる今日このごろ。

先日挙式を迎えられた先輩カップルさまより素敵なお写真の数々が届きましたので、ご紹介したいと思います♪

 

 

人気会場「シティプラザ大阪」にてご結婚式を挙げられたお二人。

いつも明るく朗らかなお二人のお式は、お腹のなかにいるお子さんと一緒に迎える“マタニティウエディング”でした。

お写真を見ても伝わってくる通り、とっても幸せそうなお二人。

そんな特別な1日に、ルーブル・ブライダルサロンのお衣装はもちろん、私たちスタッフが寄り添えたことを何よりも嬉しく思います。

 

 

挙式用とお色直し用の計2着、新婦さまはどちらもウエディングドレスを選ばれました。

挙式にて着用されたウエディングドレスは、V字ネックデザインのドレスをチョイス。

デコルテやお顔周りをすっきりと見せてくれるV字ネックは、世の女性の味方。

アップヘアを合わせたことで、新婦さまが持つ魅力の1つでもある笑顔がとってもきれいに見られました♪

やわらかなチュール素材をたっぷりと使用したこちらのドレス。

お腹に負担がかかりづらいデザインとなっているため、マタニティウエディングをお考えの方にはぜひ参考にしていただきたい1着です。

人気の袖付きデザインなので、トレンドもばっちりと押さえられます◎

 

 

着てみたいカラードレスのイメージが湧かなかった新婦さま。

お色直し用のドレスには、1着目とは雰囲気の異なるウエディングドレスをおすすめしました◎

意外と知られていないのですが、「お色直しはカラードレスしか着てはいけない」というルールはありません。

お気に入りのウエディングドレスが2着ある場合は、お色直し用として選んでもいいんです♪

 

そんな新婦さまが選ばれたのは、花柄のデザインが可憐なドレス。

胸元のレース刺繍だけでなく、スカート部分にも花柄があしらわれているのが特徴◎

このおかげで“ウエディングドレス感”が抑えられ、お色直しスタイルとしてお楽しみいただけました。

新婦さまが選ばれたブーケは、リーフ(=葉)メイン花材にしたボタニカルデザインのもの。

ナチュラルなのに個性を発揮できるボタニカルスタイルは、2019年秋・冬にも続くトレンドキーワード!

花柄はそんなボタニカルスタイルを思わせるデザインなので、トレンドもしっかりと押さえたコーディネイトに仕上がりました♪

 

 

いかがだったでしょうか?

「Wハッピー婚」とも呼ばれる、マタニティウエディング。

お子さまが大きくなった際、「結婚式ではあなたがお腹のなかにいたのよ」と思い出話を楽しめるという嬉しさが◎

今回ご紹介したお写真からも、愛にあふれた素敵な空気感が伝わってきますよね♪

お腹が大きくなることから、さまざまな制限が多いと思われがちですが、決してそんなことはありません!

経験豊富なスタッフが、お子さまの成長に合わせて臨機応変にお衣装合わせをさせていただきます。

マタニティウエディングに向けご来館を検討されている花嫁さまは、ご安心してお越しくださいませ。

ご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

アイデア満点!前撮りフォトプランで大活躍のアイテム集

ルーブル・ブライダルサロンでも人気の前撮りフォトプラン。

これまでにも何度かご紹介している通り、自然に囲まれたロケーションでの前撮りは年間を通して人気となっています。

人気の理由は数多くあるのですが、なかでも「小物を使ってのんびりと撮影が楽しめる」というのが重要なポイントとなっているようです◎

そのため、前撮りプランをご利用の新郎新婦さまは多種多彩なアイテムをお持ち込みされます。

ご購入品はもちろん手作りのアイテムも多く、思わずマネしたくなるものばかり!

ほんの一部にはなりますが、先輩カップルさまのお持ち込みアイテムをご紹介させていただきます♪

 

 

改元を迎えた2019年。

そんなアニバーサリーイヤーにぴったりなアイテムが登場しました!

それが、こちらの「令和」「謹賀新年」の文字が描かれた扇子です♪

前撮り撮影のお写真を年賀状に使用する、という新郎新婦さまはたくさんいらっしゃいます。

年賀状にぴったりのこのアイテム、取り入れない手はありませんね◎

 

 

緑に囲まれたロケーションでの撮影には、ナチュラル×手作り感のあるアイテムがぴったり!

なかでも、お二人直筆のメッセージが書ける黒板がおすすめです♪

白色チョークでシンプルにまとめても、色とりどりのチョークでポップに仕上げても素敵ですよね。

・準備期間が短く、アイテムを探しに行く時間がない。

・手作りアイテムをうまく作る自信がない。

そんなお悩みを抱えている新郎新婦さま必見のこのアイテム。

雑貨屋さんはもちろん、今なら100円均一でも簡単に手に入る黒板は最適です◎

 

 

和装ウエディングをご予定の新郎新婦さまに、ぜひ取り入れていただきたいのがこちら!

カラフルな折り紙で作った折り鶴たちです!

和紙を使って折られた鶴は、白無垢と紋付き袴の“和”な雰囲気にぴったりなアイテム。

簡単に作ることができるので、親御さまやご友人の方など、大切な人たちに1人1羽ずつ折ってもらうというのも素敵ですよね♪

前撮りフォトで活躍したあとは、結婚式のウエルカムスペースでご披露するのもいいかもしれません◎

 

 

お写真に花を添えてくれるアイテムたち。

先輩カップルさまのお写真には、お衣装やロケーションなど撮影内容に応じたさまざまなアイデアが詰まっています♪

それらを間近で見ているのが、私たちスタッフです。

前撮り撮影のアイテムで悩んでいる方は、ぜひご相談くださいませ◎

お二人にぴったりのアイデアをご紹介いたします。

 

 

先輩カップルのお写真を要チェック!リゾートウエディングを楽しむ秘訣♪

リゾートウエディング最大の魅力は、非日常空間を心ゆくまで楽しめるところにあります♪

お二人にとってはもちろん、ゲストにとっても大切な1日となる挙式・披露宴は、これから続く人生のなかでもかけがえのない思い出となるはず。

挙式会場は、そんな魅力を高めてくれる重要な役割を担っています◎

多種多様な挙式会場のなかでも特に“非日常感”が高まると人気なのが、星野リゾートの軽井沢ホテルブレストンコートにある「軽井沢高原教会と石の教会 内村鑑三記念堂」です。

自然に囲まれ、清々しくも厳かな静寂のなかで式が挙げられるこちらの会場。

関西にお住まいのお客さまからも人気のある会場ですが、長野県・軽井沢という立地から当日まで足を運ぶことができないという方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、実際にご利用になられた先輩カップルさまのお写真とともに、会場の雰囲気をご堪能いただければと思います!

 

 

90年以上の歴史を誇る「軽井沢高原教会」。

澄みきった空気が教会を包み、新たな未来への一歩を踏み出す晴れの日にぴったりです。

 

 

木のぬくもりが感じられる挙式会場には自然の光がたっぷりと降り注ぎ、お二人の笑顔もよりいっそう輝くはず。

入場時に奏でられるやさしいハープの音色は、緊張した新郎新婦さまの心を溶かしてくれるのではないでしょうか♪

長い年月をかけてたくさんの幸せを見守ってきた教会は、格式高い雰囲気。

深みのある木造建築には、ヴィンテージ調のクラシカルなドレスがぴったりです。

 

 

大自然に囲まれ、開放感あふれる雰囲気が伝わってくるこちらのカット。

ライトアップされた木々たちが美しく輝き、フォトジェニックなお写真が残せること間違いなしです◎

 

 

明治時代のキリスト教者・内村鑑三の手によって生まれた「石の教会 内村鑑三記念堂」。

「神が創造した天然こそが祈りの場である」という思想にふさわしく、石畳の先に現れる教会は重厚な美しさを放っています。

ほかにはないフォルムの教会なので、ゲストの記憶にも鮮明に残るのではないでしょうか♪

石とガラスが折り重なるアーチ状の天井からは、眩しいほどの光が。

お衣装が持つ魅力を、最大限に引き出してくれるはずです◎

 

 

こちらはベールアップの瞬間。

お二人をやさしく照らす光のおかげで、まるでドラマのワンシーンのようにロマンチックなカットに。

どんな些細なシーンも美しく彩ってくれるので、一瞬も目が離せませんね♪

 

.

 

 

無事式を挙げられ、ホッとひと息ついたご様子の新郎新婦さま。

緑に囲まれたリゾートウエディングは、より自然体な表情を引き出してくれる気がします◎

 

 

非日常的な空間での特別な体験を楽しむことができる、リゾートウエディング。

そう簡単に足を運ぶことができない場所だからこそ、先輩カップルさまのお写真は要チェックです!

ほかにもたくさんのお写真がございますので、リゾートウエディングを控えている新郎新婦さまは、ぜひスタッフまでお問い合わせくださいませ♪

 

 

 

じっくり選んでとっておきの1着を♪先輩カップルさまのご紹介

ようやく秋も深まってきた今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

秋はウエディングの人気シーズンということもあり、ルーブル・ブライダルサロンでは、本番を迎えた新郎新婦さまから素敵なお写真が続々と届いております◎

そのなかから今日は、人気会場「シティプラザ大阪」にて式を挙げられた先輩カップルさまをご紹介したいと思います!

 

 

「一生に一度のドレス選びだから、焦って決めたくない!」と、お早い段階でご来館くださった新婦さま。

ラインや色・素材など、さまざまなデザインのドレスを慎重にご試着されました。

そのなかから新婦さまが選ばれたウエディングドレスは、サテン生地のロングオフショルタイプ。

艶やかなサテン生地の魅力は残しつつ、バックスタイルは透け感が美しいこちらのドレス。

シティプラザ大阪のチャペルは、白大理石を使用したバージンロードが特徴。

洗練された美しさを誇るバージンロードが、新婦さまの後ろ姿をより魅力的に演出してくれていました♪

 

 

ユリの花がデザインテーマとなっていて、ドレス全体にあしらわれた大輪のユリ刺繍は、繊細さと華やかさを兼ね備えています◎

ご覧の通り、気品あふれるユリの花は写真映えもバッチリ!

ブーケももちろん、ユリを使ったキャスケードタイプ。

流れるようなシルエットが特徴のキャスケードブーケは、存在感も抜群。

新婦さまが選ばれたこちらのドレスは、ブーケとの相乗効果でさらに上品さを演出してくれていました♪

 

 

カラードレスには、ラベンダーパープルのチュールデザインの1着をチョイス。

女性らしいやわらかさがポイントのパステルカラー。

そのなかでも特におすすめなのが、こちらのラベンダーパープルなんです◎

披露宴会場などの離れた場所からでもしっかりと発色してくれるので、薄くぼやけて見えてしまう心配もありません。

また、太陽の光に映えるお色味でもあるので、シティプラザ大阪のようにガーデン付き会場にはぴったりの1着となっています!

 

 

いかがだったでしょうか?

挙式・披露宴は、自分たちのために大切な人たちが集まってくれる特別なひととき。

そんなかけがえのない1日だからこそ、お気に入りの衣装で過ごしてほしいというのが私たちスタッフの願いです。

じっくり・楽しく・納得がいくまで。

スタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

皆さまのご来館を、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

 

 

 

3つのポイントで美しく♪猫背改善方法

毎日、たくさんの花嫁さまと接する私たちスタッフ。

お衣装のご相談はもちろん、挙式・披露宴での演出関係など、さまざまなお話をさせていただきます。

お話をさせていただく機会は挙式後にもあり、話題は当日のエピソードやご感想など。

もちろん、「ああしていれば良かったなあ」という後悔話もあります。

そんな後悔話のなかで最も多く耳にするのが、ご自身の“姿勢”について。

写真を見返してみると、想像していたよりも猫背になっていたということが多々あるそう。

挙式当日は普段とはまったく異なる状況のなか、緊張感やワクワク感からあっという間に時間が過ぎてしまいます。

そのため、姿勢にまで意識がまわらないというのが原因のようです。

そこで今回は、ほんの少しの意識の差で、あっと驚くほど見違える“姿勢を整えるコツ”をご紹介したいと思います!

 

 

Point.1

肩甲骨がしっかりと浮き出るように意識する!

 

このポイントは「巻き肩」を解消する方法でもあり、猫背改善にはかかせません♪

「巻き肩」とは、両肩が胸より前に出て、さらに内側を向いてしまっている状態を指します。

現代人に多いとされている「巻き肩」は、姿勢を悪く見せる要因の1つなんです。

そんな「巻き肩」を治すには、肩を後ろに引っ張ることで肩甲骨が浮き出るように意識することが重要◎

左右両方の肩甲骨を、背骨の中心に向かって寄せるイメージです。

こうすることで肩が開き、猫背が解消されます。

肩甲骨が浮き出ることで、後ろ姿が美しく見えるのもうれしいポイント。

同時に鎖骨もきれいに出てくるため、女性らしいデコルテが手に入るんです♪

 

 

Point.2

アゴは上げすぎないように意識する!

 

猫背になると、アゴは前に突き出してきてしまいます。

これは、背中から頭・顔の筋肉バランスを崩してしまう可能性があり、姿勢が悪く見えるだけでなく頬がたるんでくる危険性もあるんです。

ご結婚式に限らず、お顔がたるんでしまうことは何としてでも避けたいですよね。

アゴをきゅっと引くことで、猫背解消だけでなく、お顔まわりもスッキリ見せましょう♪

 

 

Point.3

ヒジは“くの字”に曲げる!

 

3つ目のポイントは、ヒジを”くの字”に曲げること。

おへその下でブーケを持つように意識すると、きれいな“くの字”になります◎

体と腕の間を、だいたい握りこぶし1つ分あけるのもポイント。

そうすることで、二の腕が押しつぶされることなく、ほっそりと見えるんです♪

 

 

今回ご紹介したポイントは、どれも簡単なものばかり。

ほんの少し意識するだけで、見え方はずいぶん変わるんです◎

とはいえ、当日に急に意識しようと思っても、なかなか難しいもの。

日頃から取り入れていれば、本番にはきっと意識せずともシャキッと美しい姿勢に。

ぜひ試してみてくださいね♪

 

 

もちろん、こちらのポイントを抑える為にはきちんとご自身の体系に合ったブライダルインナーも欠かせません。

どうせ見えないし…そんなことはありません!!

結婚式当日身に付ける物に必要ないものなどありません。

スタッフにお声がけしてみて下さいね。

 

 

 

デザインと付け方でガラリと雰囲気が変わる!ボンネの魅力をご紹介♪

現在、ウエディングシーンで注目を集めているヘッドドレスをご存知でしょうか?

当ブログでも過去に何度かご紹介したことのある“ボンネ”が、花嫁さまからたくさんのラブコールを受けて大人気となっているんです♪

しかし、日常シーンとはかけ離れている印象の“ボンネ”。

デザインの種類や付け方など、詳しくは知らないという方も多いかと思います。

そこで今回は“ボンネ”の魅力を紹介しつつ、コーディネイト例をご紹介いたします!

 

 

デザイン:リーフモチーフ、ビジューとパールを使用

付け方:ハーフアップヘア、左後ろ側

1つ目は、こちらのコーディネイト!

リーフモチーフを用いたナチュラル感とビジューの華やかさが、シンプルすぎず派手すぎない絶妙なバランスを可能に◎

“ボタニカルウエディング”がトレンドとなっていることもあり、リーフモチーフはおすすめデザインの1つとなっています。

上品にあしらわれたパールが、女性らしいあたたかさとやわらかさを表現。

大きめサイズのボンネですが、小ぶりのパーツを使用しているので、かわいらしい印象のハーフアップにもぴったりです♪

また、左後ろ側に付けているのもポイント。

式・披露宴中は新郎さまの左側に立つことがほとんどの新婦さま。

そのため、ゲストからしっかりと見ていただけるよう、ヘッドドレスなどは左側につけるのがベストなんです◎

 

 

デザイン:カチューシャタイプ、小ぶりのビジューとパールを使用

付け方:ゆるやかウェーブのシニヨンヘア、バックカチューシャ風にON

2つ目は、シンプルコーディネイトのこちら。

小さめサイズのパーツを使用しているため、ヘアスタイルもしっかりとアピールできるのがポイント◎

また、トレンドスタイルのバックカチューシャ風にセットしているのも特徴です。

挙式シーンなど、後ろ姿を見られる機会が多いウエディングコーディネイト。

バックカチューシャアレンジなら、後ろ姿もきらびやかな印象に仕上げてくれます♪

 

 

デザイン:フラワーモチーフ、ビジューをたっぷり使用

付け方:フェイスラインに沿って

最後にご紹介するのは、ボンネが抜群の存在感を放っているこちらのコーディネイト!

ボンネは、きらびやかなビジューをたっぷりと使用したデザイン。

フェイスラインに沿って付けることで、表情がパッと華やぐのがポイントです♪

お顔まわりの髪をキュッとまとめているので、小顔効果も期待できちゃいます◎

このコーディネイトにぴったりなのが、ショート~ボブの短めヘア。

ご結婚式に向けて髪を伸ばすという新婦さまは多いですが、お仕事の都合などから伸ばせない方もいらっしゃいます。

そんな花嫁さまにおすすめなのが、今回のコーディネイト。

大きめサイズのボンネは、首まわりがすっきりとしたヘアスタイルとの相性が抜群なんです!

ファッションでも、大きめトップス×スキニーパンツなどの「ゆる×ピタ」バランスは定番中の定番。

そんな「ゆる×ピタ」の法則は、ウエディングシーンでもおすすめです◎

 

 

いかがだったでしょうか?

ご覧いただいたように、ボンネは「デザイン=大きさ」と「付ける位置」によってガラリと雰囲気が変わります。

ヘアスタイルのほかにも、お衣装のデザインやジュエリーとのバランスによってもイメージを変えられるのが最大の魅力の1つ。

「もっと“ボンネ”の魅力に触れたい!」という方は、ぜひスタッフまでお声掛けくださいませ♪

 

 

 

大好評!「アニバーサリーフォトキャンペーン」お写真集♪

6月~8月末の期間中で実施していた「アニバーサリーフォトキャンペーン」。

多くのお客さまにご利用いただきましたこと、スタッフ一同心より嬉しく思います。

人と人とのつながり。

それがいかに大切で素晴らしいものか、改めて実感することのできるひとときとなりました。

 

ご来館いただいたお客さまのなかから、いくつかお写真をピックアップしてみました。

素敵なお写真をたっぷりとご紹介いたします♪

 

 

1枚目は、新郎さま側の親御さまが撮影されたこちらのカット。

新郎新婦さまと一緒に、4人でのフォトプランをご満喫されました♪

お写真の通り、親御さまはちょっぴり照れくさそうな表情。

長年、お互いに“親の顔”で過ごしてきたため、なんだか恋人時代にタイムスリップしたような、とってもロマンチックなお写真となりました◎

 

 

こちらは、親御さまを撮影されている新郎新婦さまのお姿。

見ているだけで笑みがこぼれてしまうような、なんだかグッとくるシーンです。

銀婚式や金婚式など、ご結婚記念日のプレゼントとしてもぴったりでした◎

 

 

お子さまが生まれ、ご家族3人でのお写真撮影をご希望されたお客さま。

ご家族が増えた喜びが、ギュギュッと詰まった1枚となりました♪

お子さまの成長はとても早いので、今この瞬間にしか見られない姿をお写真に残すというのはおすすめ!

お宮参りや七五三など節目節目のお写真と見比べれば、成長を感じられる思い出の一枚となること間違いなしです◎

 

 

こちらは、当サロンをご利用された花嫁さまの妹さま。

ご結婚された際に式を挙げられなかったそうで、今回のご利用へとつながりました◎

さまざまな事情から、式を挙げられないカップルさまは多くいらっしゃいます。

もちろん式を挙げることがすべてではありませんが、“結婚すること”は大切な思い出の1つ。

そんな思い出を、将来、見返せる形で残すのはとっても素敵なことだと思うんです。

今回そのお手伝いができたことは、私たちスタッフにとっても何より嬉しい出来事でした。

 

 

4枚目は、以前当サロンのウエディングドレスをご利用されたカップルさまのお写真です。

ご結婚式当日はウエディングのみのご着用となったため、かねてからのご希望だったカラードレスを着ての撮影をされました♪

近年「ゲストと過ごす時間を少しでも多く取りたい」というお考えから、お色直しをしないカップルさまは増えています。

そんな時にぴったりなのが、今回の「アニバーサリーフォトキャンペーン」などを利用した後撮りです◎

当日はゆっくりと時間を取ることは難しいですが、フォトプランならのんびりと撮影することが可能。

お気に入りのカラードレスを身にまとい、撮影をめいっぱい楽しまれた花嫁さまの姿に、スタッフまで嬉しくなってしまいました。

 

 

ほかにも、ご紹介したいお写真がたくさん生まれた「アニバーサリーフォトキャンペーン」。

多くの方々に楽しんでいただき、スタッフも幸せのおすそ分けをたくさんいただきました♪

これからも“人と人のつながり”を大切にしながら、日々お客さまをご案内してまいります。

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

「美女と野獣」の世界を再現!先輩カップルさまの“コンセプトウエディング”

お衣装を選ぶ際、皆さんは何をポイントに決定されますか?

好きな色・ドレスライン・デザインetc…

さまざまなポイントがありますが、先日ご結婚式を挙げられたお客さまは”ある作品”をテーマにお衣装はもちろん、

装飾物までこだわり抜かれました。

今回は“コンセプトウエディング”を実現された、先輩カップルさまをご紹介したいと思います!

 

 

お写真を見て、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

新婦さまがテーマに選ばれたのは、ディズニー作品「美女と野獣」でした♪

ディズニーが大好きな新婦さま。

「ベルのドレスが着たい!」という熱い想いを胸に、当サロンへとお越しくださいました。

初来店の際から明確なイメージ像があったため、お衣装選びはとってもスムーズ♪

作品のなかでベルが着ていたような、鮮やかながらも上品な輝きを放つイエローのカラードレス。

新婦さまのイメージにもぴったりとはまったようで、ご結婚式当日はとっても素敵な笑顔が見られました◎

 

 

ポイントは、作品のなかでも目を引いた”ひだ”部分!

華やかな印象の”ひだ”は、まさにベルが着ていたドレスそのもの♪

細かなラメがあしらわれていて、日の光をうけて動くたびにきらめく点も魅力です。

 

夢や憧れに満ちた新婦さまの瞳は、キラキラと輝いていました。

そんな新婦さまのご希望を、しっかりと汲み取ってくださった優しい新郎さま。

隣で優しく見守られている姿が、とっても印象的でした。

 

 

ウエディングドレスには、つややかな光沢感が特徴の1着を選ばれた新婦さま。

ハート型にカットされた胸元のデザインが、キュートな印象のビスチェドレス。

丸みを帯びた女性らしいデザインは、新婦さまのやわらかな表情に華を添えてくれました。

 

 

カラードレスはもちろん、ウエディングドレスもとっても気に入ってくださった新婦さま。

ご結婚式当日には、手作りのミニチュアドレスをご用意されました。

細かなデザインまでしっかりと再現されたミニチュアドレスは、ゲストの方々からも大好評だったそう♪

ドレスそのものを手元に置いておくことは難しいですが、ミニチュアドレスなら大切な思い出とともにいつまでも残しておけるのが嬉しいですよね◎

 

 

「美女と野獣」が大好きな新婦さまのこだわりは、ドレス以外にも!

ウェルカムスペースには、作品のなかで重要な役割を担う”1輪の赤いバラ”が飾られていたり、

 

 

燭台や振り子時計、ティーカップセットが仲良く並んでいたり…。

登場するキャラクターをイメージしたアイテムもズラリと並び、まるで作品のなかに飛び込んだような世界観となっていました◎

 

 

いかがだったでしょうか♪

お衣装がなかなか決まらなくて悩んでいる新郎新婦さま、ぜひ“コンセプトウエディング”を1度検討してみては?

 

 

笑顔弾ける夏ウエディング!先輩カップルさまのご紹介♪

今年も厳しい暑さとなりましたが、皆さまどんな夏を過ごされましたでしょうか?

当サロンにお越しいただいた新郎新婦さまのように、お衣装探しに奔走されたという方も多いのではないでしょうか。

そんな中、7月中旬にご結婚式を迎えられた新郎新婦さまのお写真が早くも届いてまいりました!

本日はお衣装のご紹介とともに、素敵なお写真の数々をご覧いただきたいと思います♪

 

 

弾ける笑顔が素敵なこちらのお二人。

お写真の通り、とびきりキュートな笑顔が魅力の新婦さま。

物腰がやわらかで、話しているとこちらまで温かい気持ちになるような、とっても優しい方です♪

そんな新婦さまが選ばれたのは、ジョーゼット生地を使用したオフショルダーデザインのウエディングドレス。

ジョーゼット生地とは、表面が少しざらっとした”ちりめん素材”の一種を指します。

適度な重さがある生地のため、体にフィットし美しいシルエットを生み出してくれるのがポイント◎

また、動いたときにドレープ(=ひだ)が生まれるのも特徴です。

 

 

ふんわりと広がるトレーンは、ゲストの視線をひとり占めしてしまうほどに華やか♪

華やかさのなかにもキュートな1面があるAラインドレスは、新婦さまにぴったりのデザインでした。

トレーンにあしらわれたレース刺繍には、ドラマチックな雰囲気を高めてくれるという役割も。

チャペルにたたずむ新婦さまの後ろ姿は、思わず息をのんでしまうほどの美しさです。

 

 

カラードレスには、バックチュールが特徴のライムカラーの1点をチョイス。

ライムといえば、夏にぴったりのビタミンカラー。

元気なイメージが強いビタミンカラーですが、たっぷりのチュールのおかげで女性らしいカラーにまとまるんです♪

ウエストマークのリボンもポイント!

トレンドのくすみカラーを合わせることで、メリハリのきいたデザインに仕上がっています◎

 

どのドレスにするか、とっても悩まれていた新婦さま。

実は、ウエディングドレスもカラードレスも、元々はまったく別のもので考えていらっしゃいました。

そんな新婦さまを助けてくれたのは、ご友人の方々のアドバイスだったそう。

さまざまな表情を知るご友人だからこそ、新婦さまのキラキラ輝く笑顔を引き出すドレスを導き出せたのかもしれませんね♪

もちろん、新婦さまに寄り添ってくれていたのはご友人の方だけではありません。

いつもは新婦さまの意見を尊重してくださるやさしい新郎さまも、いざという時はしっかりと答えを出し、新婦さまを助けてくださっていました◎

二人三脚で準備を進められるお二人の姿に、なんだか私たちスタッフまで嬉しくなってしまいました♪

 

 

いかがだったでしょうか?

輝く太陽のもとでのお写真は、いつにも増してドラマチックな雰囲気たっぷり!

自然光は、ドレスの魅力をグンと高めてくれる重要なアイテムの1つ。

2020年の春夏ウェディングに向け、当サロンにてお衣装探しをしてみてはいかがでしょうか?

スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております♪

 

 

1 2 3 4 5 6 16