Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

小物あわせで多彩なコーディネイト!ホワイトタキシード特集

ご試着時「ホワイトタキシードを着るのは、なんだか気恥かしい」と口にされる新郎さま。

そのため、最初は黒やダークグレーのものを試される方がほとんどです。

しかし新婦さまやご家族さまのお話を聞いてみると「やっぱり定番の白を着てほしい!」というお声が多いのも事実。

周囲の方々からの後押しもあり、白色で決定されるという新郎さまも少なくありません。

とはいえ、新郎さまが持つ”気恥かしさ”もわかります。

そんなお悩みを少しでも解消すべく、今回は実際にホワイトタキシードを着用された新郎さまのお写真をご紹介いたします!

 

 

まずは、さわやかなロケーションフォトにマッチしているこちらのお写真!

白色は、誠実さ・清潔感を表現するのにぴったり。

挙式・披露宴に会社関係の方もお呼びしているという、“正統派ウエディング”を目指す方におすすめです。

また、白色は表情を明るく見せる“レフ板効果”も期待できちゃいます♪

緊張感あふれる表情を、キリッと凛々しく見せてくれるはず!

 

 

中にペールピンクのベストを合わせたこちらの新郎さま。

真っ白に統一はせず、差し色としてやわらかなピンク色を加えることで、よりやさしげな表情に♪

ホワイトタキシードも、小物類で色を加えればチャレンジしやすくなるんです。

お色直しの際、新婦さまのカラードレスと合わせてコーディネイトを組むのがスタッフおすすめ。

 

 

チェック模様のベストで、遊び心あるコーディネイトをされたこちらの新郎さま。

定番・王道なホワイトタキシードも、ベストを加えるだけでガラリと様変わり!

おしゃれ好きな新郎さまも納得のコーディネイトとなりました♪

チーフや蝶ネクタイなど、小物の組み合わせ次第でどんなイメージにも変身できちゃうのがシンプルカラー・白の強み。

「ウエディングシーンでもおしゃれを楽しみたい!」という新郎さまは、ぜひスタッフまでご相談くださいませ。

多種多彩なアレンジアイデアをご紹介させていただきます◎

 

 

「王道カラーすぎて挑戦しづらい」というホワイトタキシード。

しかし、せっかくの晴れ舞台なので、選択肢は狭めず心ゆくまで楽しんでいただきたいというのが私たちスタッフの願いです。

これからお衣装を探すという方。

お衣装探しをスタートしたものの、ホワイトタキシードはまだ着ていないという方。

ルーブル・ブライダルサロンスタッフまで、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

先輩カップルさまのご紹介!人気会場「シティプラザ大阪」で叶えるウエディング♪

当サロンでは、これまで数々の先輩カップルさまをご紹介してきました。

お衣装・小物選びはもちろん、式場選びの参考にしたりと大変ご好評いただいております♪

本日ご紹介するのは、大阪市内堺筋本町という好ロケーションでのウエディングが叶う会場「シティプラザ大阪」にて式を挙げられたカップルさまをご紹介いたします!

 

 

新婦さまがウエディングドレスに選ばれたのは、定番人気を誇るサテンオーガンの1着。

ツヤ感が魅力のサテン生地ドレスは、高級感たっぷりのロケーションフォトにもしっかりマッチ。

スタッフも息をのんでしまうほど、フォトジェニックな1枚が撮れました♪

 

 

カラードレスは、数多くの花嫁さまから支持を集めるローラアシュレイの1点をチョイス。

“大人かわいい”が叶うトレンド感たっぷりのパープルドレスは、新婦さまの肌をより白く・美しく演出してくれていました◎

ピンクなどの暖色系ドレスはかわいいイメージが先行しがちですが、くすみ系のパープルならほどよい“落ち着き感”もあるので年齢を問わず選んでいただけるのが魅力。

普段着ではブラックやブルーなど、クールな色を選ぶという新婦さまも挑戦しやすい色味となっています♪

さらに、こちらのドレスは胸元にあしらった刺繍が特徴的。

フラワーモチーフの刺繍にあわせてブーケを作るもよし。

同じく繊細な刺繍があしらわれたボンネットをあわせてもよし。

さりげないフラワーモチーフが、コーディネイトの幅をグンと広げてくれています◎

 

実はカラードレスを決める際、ギリギリまで2着のドレスで迷っていた新婦さま。

人によって異なりますが、こちらの新婦さまはご家族の皆さまの意見がドレス選びの決定打となりました。

ご家族の意見を取り入れたこともあり、お式当日の新婦さまはとびきりの笑顔で過ごせていたように見えました。

普段をよく知るご家族さまだからこそ、新婦さまが最も輝くドレスを見抜けたのかもしれませんね♪

 

 

ドレス選びの間も常に笑顔満開で、仲の良さが随所で感じられた新郎新婦さま。

そんなお二人らしく、ご披露宴の余興ではドレス当てクイズを楽しまれたそう。

 

 

写真は、余興用テーブルのコーディネイトを撮影したもの。

選択肢となるカラフルなドレス人形は、新婦さまの手作りなんだそう♪

手作りアイテムのヒントとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したほかにも、当サロンでは多数の先輩カップルさまのお写真をご用意しております。

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

意外と知らない!デコルテデザインのすすめ

多種多彩なデザインが登場しているウエディングドレス。

当サロンにお越しの花嫁さまには、さまざまな角度からドレス選びのポイントをご紹介しています。

そのなかの1つに“デコルテのデザイン”があるのですが、実は意外と「気にしていなかった」という花嫁さまが多いんです。

そこで今回は、ご試着の際にぜひ注目していただきたい“デコルテデザインのすすめ”についてご紹介したいと思います。

 

 

まず最初にご紹介するのは、V字デザインのこちらの1着。

V字デザインが持つ最大の魅力は、首をスラリと長く見せてくれるという点にあります。

細く長い首は小顔効果があるという事もあり、昔から『美人は首が長い』と言われているんです。

「小顔になりたい!」という女性の夢を叶えてくれるV字デザインは、キュートにもクールにも仕上げられるのが嬉しいポイント。

写真のようにレース素材を使ったドレスなら、キュートなイメージ。

サテン生地の高級感あふれるドレスなら、クールビューティーなイメージ。

年齢を問わずお選びいただけるV字デザインは、ぜひ1度お試しいただきたいオールマイティさが強みです◎

 

 

次にご紹介するのは、ドレープをもちいた1着。

ドレープとは、布素材の流れに沿って自然に生まれるひだを活かしたデザイン技法の1つ。

美しいシルエットが魅力のドレープデザインはエレガントさを演出してくれるため、ロイヤルウエディングに憧れる花嫁さまには特におすすめです♪

 

また、ドレープをつくることで立体感が生まれるのもポイント。

胸元に自然な膨らみができるので、バストにボリュームがほしいという花嫁さまはぜひ試してみてくださいね。

 

 

最後の1着は、胸元のフラワーコサージュが印象的なこちらのドレス。

デコルテは、ゆるやかなハートカップデザインとなっています。

ハートカップとは、ビスチェの胸元がハート型にカットされているデザインを指し、デコルテラインが女性らしいラウンドを描いているのが特徴。

デコルテをすっきりと見せてくれるため、ハト胸さんなど、「胸元のボリュームを抑えたい」という花嫁さま必見のデザインとなっています◎

 

 

意外と知らない“デコルテデザイン”。

イメージをガラリと変えてくれたり、悩みを解決してくれたりと、実は大きな役割を担っているんです。

デコルテ部分を含めたバストアップは、着席時に最も視線が集まる場所。

そのため着席シーンが多い披露宴などでは、特に重視しておきたいポイントです◎

小さな違いに思えるかもしれないですが、デコルテデザインも個性を演出できる重要なパーツ。

それぞれのデザインが持つ魅力を楽しみつつ、お気に入りのドレスを見つけてくださいね♪

 

 

 

高砂ソファウエディングでのドレス選びポイント!

これまで、披露宴では新郎新婦さまは高砂席に座るのが主流とされていました。

しかし、カジュアルウエディングが広まっている今、新たなスタイルでの披露宴が増えているんです。

それは、新郎新婦さまは高砂席ではなくソファ席に座って過ごすというスタイル。

ゲストとの距離も近く、同じ時間を過ごしているという空気感が味わえるという点から人気となっているんです。

とっても魅力的なこのスタイルですが、実際ゲストからドレスはどんな風に見えているのでしょうか?

これから、さらに増えていくであろうソファスタイル。

そこで今回は、ソファスタイルで披露宴をされる場合のドレス選びについて、ご紹介していきます♪

 

 

まず、高砂席とは違い座っている際にも、ゲストからドレスがよく見えるのがポイントです。

高砂席の場合はトップス部分が最も目立ちますが、ソファ席の場合はスカートの裾部分がより印象的ですよね◎

そのため、裾部分にレースがあしらわれたデザインや、チュールが重なったデザインなどは特におすすめ♪

 

 

こちらのドレスのように、座った際も形が崩れてしまわないリボンデザインもおすすめです。

さらにリボンのおかげで座っている際にも縦のラインが生まれるので、座っていながらスタイルアップ効果も期待できちゃいます◎

 

 

薄いチュールの下から覗く花柄がドラマチックなこちらのドレス。

立っている際はバストアップに目線が集中してしまうものですが、ソファ席ならこのデザインの魅力を存分に発揮できるはず!

 

 

座った際に、チュールの海に溺れてしまいそうなデザインのドレスも素敵♪

ボリューミーなスカートなら足元をすっぽりと覆ってくれるので、多少は足元の気を抜いてもOK!

ずっと足を揃えて座っているのは大変ですもんね♪

 

 

ご紹介したドレスにある通り、ソファ席でのご披露宴なら裾デザインが印象的なドレスを選ぶのがおすすめです!

さらに、座った時の姿勢も重要。

 

 

深くは座らず浅く腰掛け、背筋をピンと伸ばして座るのが大切です。

猫背になるとウエスト部分の布がたるんでしまい、ドレスのシルエットが崩れてしまう心配があります。

時間をかけて選んだとっておきのドレスが、どんなシーンもとびきり輝いて見えるように。

挙式・披露宴のスタイルに応じてアドバイスさせていただきます♪

 

 

 

先輩カップルのご紹介♪和装前撮りのとっておきコーディネイト

大切なお子さまの晴れ姿は、洋装・和装どちらも残したいというのが親心。

そんな親御さまの思いを受けて、和装での前撮り撮影をされた新郎新婦さまをご紹介いたします。

 

 

会場は、豊かな花と緑を中心にコーディネイトを作り上げていく「鶴見ノ森迎賓館」。

都会の真ん中で、まるでリゾート地を訪れたかのような雰囲気を満喫できる会場として、高い人気を誇っています。

そんな結婚式場を選ばれたお二人、挙式当日のお衣装には洋装をチョイスされました。

木の温もりが感じられる会場は、自然と笑顔が溢れてしまうようなナチュラルな雰囲気。

“洋”のイメージが強い会場なので、和装は合わないのではとお思いの方も多いかもしれません。

しかしお写真の通り、実際は自然に囲まれたナチュラルな空間だからこそ、和装がマッチするんです◎

それもそのはず、木造建築や日本庭園など、木・緑は古くから日本人が大切にしてきた重要なアイテムだからです。

 

 

新婦さまが選ばれた色打ち掛けは、手書き友禅。

伝統的な友禅のなかでも、特に高い技術を必要とする“手書き友禅”は、世界に誇る日本の伝統工芸品ともいわれています。

友禅には「京」「加賀」「東京」と様々な種類があるのですが、そのどれもが息をのむほどの美しさです。

 

新婦さまは、鮮やかな青ときらびやかな金色を大胆に使った1点をチョイス。

青地に金の文様が映え、とても華やかなデザインです◎

背景となっている木や緑とのコントラストもはっきりと出て、お写真になるといっそう美しいコーディネイトとなっています。

 

新郎さまは正統派の黒の紋付き袴をチョイス。

シックな黒が全体の良いアクセントとなり、立ち姿がなによりも美しいお写真が残せました♪

 

 

かしこまったイメージが強い和装前撮り。

しかしこちらの会場で緑のなか手をつないで歩くショットは、普段通りのお二人の様子が出ていてとっても素敵ですよね◎

背筋がピンと伸びるお衣装も、自然に囲まれた場所でなら肩ひじ張らず程良い緊張感が楽しめます。

 

 

親御さまのリクエストで撮影することが決まった、今回の前撮り写真。

きっかけは親御さまでしたが、当日の洋装とのバランスや会場イメージとの雰囲気を見ながらお衣装を選ばれることで、お二人にとっても忘れられないお写真となったはず♪

「鶴見ノ森迎賓館」×和装のように、一見マッチしないように思える組み合わせ。

しかし、お衣装のお色味やデザインによって素晴らしいコーディネイトとなるんです!

そんな組み合わせ例は、当サロンスタッフならよく知っております。

挙式・披露宴はもちろん、前撮りプランをご利用の際にもぜひご相談くださいませ。

とっておきのコーディネイトをご案内させていただきます♪