Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

意外と知らないベールの世界♪

今年は10連休となったゴールデンウィーク、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

当サロンでは、いつにも増してたいへん多くのお客さまがお越しくださいました。

ご案内させていただくなかで、花嫁さまからはたくさんのご質問が。

そこで今回は、花嫁さまからのご質問が多い“ベールの長さ”についてご紹介したいと思います♪

 

ルーブル・ブライダルサロンでは3種類の長さのベールをご用意しております。

 

 

まずはこちらのショート丈のベール。

新郎新婦さまから「思っていたよりも長かった」というお声をいただくように、実はバックスタイルでは腰あたりまでの長さがあります。

すっきりとしたシルエットが特徴なので、スカート部分にボリュームのあるドレスなどにぴったりです◎

 

 

ショートベールは可憐なイメージを演出してくれるので、全体の印象をかわいらしくまとめたいという花嫁さまにおすすめ♪

 

 

こちらはミディアム丈のベール。

ヒップラインをすっぽりと覆ってくれる長さがあるので、「下半身のラインが気になる」という新婦さまにおすすめのデザインとなっております◎

ショートベールと比べてみると分かる通り、二の腕にかかる部分が長いのも特徴。

女性にとって、悩みのタネになりがちな“二の腕”をカバーしてくれるというメリットもあるんです♪

 

 

ロングトレーンのドレスを着た時のバックスタイルでは、特に抜群のバランスを誇るミディアムベール。

歩くたびにふんわりと揺れるベールは、ドラマチックなムードを生んでくれること間違いなし!

ロイヤルウエディングなどをイメージした、「ロマンチックな雰囲気の挙式にしたい」という花嫁さまにぜひ1度ご試着いただければと思います♪

 

 

最後にご紹介するのが、こちらのロング丈のベール。

お写真の通り、ドレスのトレーンより長くなることも多いのがこちらのタイプ。

バージンロードを歩くときなど見た目にも華やかなので、古くから多くの花嫁さまに愛されているデザインとなっています♪

またエレガントな印象を与えるロングベールは、王道かつ正統派イメージを演出するのにぴったりです◎

 

 

ロング丈だと、「せっかくのドレスデザインが隠れてしまうのでは?」と不安に思う花嫁さまもいらっしゃるかと思います。

そんな時は、お写真のように透け感のあるベールを選ぶのがおすすめ。

スカート部分に施された繊細なレースデザインを生かしつつ、ロングベールでロマンチックなシルエットをプラスできちゃいます♪

 

 

ひとくちにベールと言っても、長さだけでなくさまざまなデザインがあるもの。

それだけたくさんあると、どれにするか決めるのもひと苦労ですよね。

ベールを選ぶ際、なによりも重要なのはドレスのバックデザインとの相性です。

リボンがあしらわれているキュートなデザインのドレスなら、リボンが隠れてしまわないようショート・ミドル丈のベール。

気品あふれる刺繍が魅力的なドレスなら、ロングベールのなかでも透け感たっぷりのデザインをチョイス。

当サロンではそんなドレスとベールの相性チェックもさせていただいております◎

ぜひお気軽にご相談くださいませ♪

 

 

 

奥が深いサテン生地の世界♪新たな魅力をご紹介!

ここ数年、ナチュラル志向の花嫁さまが増えたこともあり、ウェディングトレンドもナチュラルでかわいらしい“チュール”が人気の素材となっていました。

しかし、実は最近“サテン”生地を使ったドレスの人気が高まってきているのをご存知でしょうか?

サテン生地のドレスと一口に言っても、その種類は様々。

そこで今回は、それぞれのサテン生地が持つ特徴を当サロンのウェディングドレスと共にご紹介したいと思います♪

 

 

まずは通常のサテン生地を使用したこちらの1着。

サテン生地らしいハリ感が魅力で、クラシカルなロイヤルウェディングを思わせるデザインにマッチします◎

ビジューなどのキラキラと輝くパーツとの相性も良く、シンプルなデザインのドレスでも華やかに演出してくれるのが特徴です。

 

 

通常のサテンはほかのものと比べて特にハリがしっかりとしているため、後ろ姿のシルエットが美しく見えるのもおすすめポイントの1つ。

そのため、歩いている際もきれいなラインを保ってくれるので、挙式中の後ろ姿がいっそうロマンチックに見えるはず♪

こちらのお写真のように、繊細なデザインの刺繍レースとの相性も抜群です◎

 

 

こちらが“ミカドサテン”と呼ばれる生地を使用したドレス。

ほかのサテン生地と比べ、密度が高くボリューミーなのが1番の特徴。

サテン生地のなかでも最高級といわれるだけあり、その光沢は上品さと華やかさを兼ね備えています♪

ミカドサテン特有のボリュームたっぷりなシルエットは、シンプルなデザインでもしっかりと存在感を放ってくれるはず◎

 

 

袖のないビスチェタイプなら、デコルテラインをより美しく見せてくれるのがこの生地の特徴。

つややかな質感と気品あふれる輝きに、花嫁さまの表情まで明るく映し出してくれるはず◎

ステンドグラスのある大聖堂や、長いバージンロードのあるドラマチックな会場には特におすすめの素材となっています♪

 

 

最後にご紹介するのが、ナチュラル志向のトレンドも押さえられる“サテンオーガン”のドレスです。

サテン生地が持つリッチな光沢感に加え、チュール素材を思わせる柔らかさも併せ持ったこの生地。

“サテン”と“チュール”両方の魅力をいいとこ取りした素材は、こだわり派の花嫁さまも頷くぜいたくさです♪

 

 

サテン生地でありながら、ふんわりと優しい質感も兼ね備えたこちらの1着。

花嫁さまの動きに合わせて様々な表情を見せてくれるため、前撮り撮影にもうってつけです◎

また、ナチュラルなロケーションにもマッチするという嬉しいポイントも♪

レディな美しさも演出してくれるサテンオーガンのドレスなら、流行のガーデンウェディングでも魅力を存分に発揮してくれそうです♪

 

 

ナチュラルなデザインや素材がトレンドとなっている今。

本日のブログを通して、意外と知らないサテン生地の魅力に触れていただけたのではないでしょうか?

品のある質感はもちろん、スタイルを良く見せてくれるのがサテン生地の最大の特徴。

しかし、その魅力はまだまだあります◎

奥深いサテンドレスの世界を、覘いてみませんか?

当サロンのスタッフが、余すことなくご紹介させていただきます♪

気になる方はぜひ、スタッフまでお声掛けくださいませ。