Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

ルーブル・ブライダルサロンのホームページが生まれ変わりました!

これまで、このブログはもちろん様々な情報をお届けしていたルーブル・ブライダルサロンの公式ホームページがこの度新しく生まれ変わりました!

 

 

トップページからご希望のお衣装やプランがワンクリックでチェックできるように。

探しやすさアップで、より多くの新郎新婦さまのお手伝いができるページとなりました♪

ルーブル・ブライダルサロンではドレスのほかにも、タキシードや和装など多種多様なお衣装ラインナップが。

その中の1つである参列衣装もご覧いただけるので、遠方にお住まいのご参列者さまにも気軽にお衣装をお選びいただけます♪

 

 

こちらのブログでもご紹介しているカラードレスも、一覧ページに!

掲載しているお衣装点数もこれまでと比べ、ボリュームアップされていて見応えたっぷりです。

続々と入荷する新作ドレスが掲載されていますので、要チェックページとなっています◎

ホームページ上で気になるお衣装が見つかった際には、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

ルーブル・ブライダルサロンの人気プランの1つ・フォトプランの詳細ページも新たに登場。

挙式や披露宴では洋装、和装姿は写真で残しておきたいというお2人のための和装プランや洋装プラン。

専属スタッフが同行するロケーションプランでは、お気に入りのスポットでのお写真撮影が叶います♪

少ない時間でもたっぷりと、そしてたくさんのショットを残せるとご好評いただいている館内フォトプランも。

実際のお写真もあわせてご紹介しているので、イメージも湧いてくるはず!

ホームページでイメージを膨らませた後は、お2人のご希望をスタッフにご相談くださいませ。

おすすめのお衣装やフォトロケーションをご案内させていただきます。

 

 

新郎新婦さまとの繋がりを何より大切に思うルーブル・ブライダルサロンで生まれたのがアニバーサリー事業です。

結婚記念日に始まり、お2人の大切な日は結婚式の日を境にどんどん増えていくもの。

マタニティー記念やお子様のお誕生日、親御様への感謝のプレゼントなど。

その1つ1つに寄り添えるよう、多くのプランをご用意しております。

ご家族皆さまの特別な1日に花を添える存在として、笑顔のお手伝いができますように。

そんな願いを込めて、スタッフ一同お待ちいたしております。

 

新しく生まれ変わったルーブル・ブライダルサロン公式ホームページへはこちらから。

http://louvre-bs.co.jp/

人気デザインから王道まで!おすすめ黒留袖4選♪

子どもたちの晴れの舞台を、後ろから優しく見守る親御さまの姿。

主役である新郎新婦2人を支えるその姿はとても心強く、そして愛情深いもの。

陰ながら助けてくれるお母さまが身にまとうのは黒のお留袖。

花嫁さまの和装と同じように、お留袖にもたくさんの種類が存在することをご存知でしょうか?

 

3(1)

 

まず1着目はこちら。

帯と柄のどちらにも、柔らかな暖色を使用した優しいお色味が魅力的な1着です。

 

3(2)_s

 

文様も、赤や朱色・撫子色などのふんわりとしたカラーを中心とした小花がたくさん散りばめられています。

全体的なお色を見ても、すべて同系色でまとめているため派手になりすぎず、可憐な印象に。

 

3(3)_s

 

2着目にご紹介するのは、牡丹の文様が華やかなこちら。

牡丹の花は中国・唐の時代に「冨貴」の象徴、そして「百花の王」とも呼ばれています。

他のどの花よりも優雅で豪華であるということから、日本では江戸時代中期以降に人気を博したそう。

 

3(4)_s

 

花の文様は季節を選ぶとも言われていますが、牡丹は春〜初夏にかけて見頃を迎えるものと寒牡丹という冬にかけて花を咲かせるものがあり、季節を選ばないのも大切なポイントです◎

牡丹があしらわれているのは、メインデザインとしてではなく、あくまでも全体に華を添える役割として。

そのため、大輪の花のデザインだと目立ちすぎてしまうのでは、とお悩みの新婦さまのお母さまにもおすすめです♪

 

3(5)_s

 

3着目は松と梅の文様が印象的なこちら。

先にご紹介した2着と比べ、落ち着いたトーンのこちらの1着。

ご親族の方にもチョイスしていただきやすい1着ではないでしょうか♪

 

3(6)_s

 

松は常緑樹と呼ばれ、四季を通じてその葉を枯らすことのない植物。

そのため繁栄を意味すると言われている文様です。

また、松と同じくあしらわれている梅は、冬の厳しい寒さに耐えまだ寒さの残るうちから可憐な花を咲かせることから強い生命力をイメージさせるんだそう。

吉祥文様の代表とも言える松と梅が入った、シンプルながら風格のあるお留袖となっています◎

 

3(7)_s

 

最後にご紹介するのは、大きく描かれた“地紙”と呼ばれる扇の文様が特徴のこちらの1着です。

華やかな金色をベースに赤や桃色の牡丹・深みのある緑が美しい松と、色とりどりの文様がバランス良くあしらわれています。

 

3(8)_s

 

中でも目を引くのが、“地紙”の文様。

“地紙”とは扇に貼る紙の部分を指し、お留袖などの和服に描かれる際には、その紙の部分に様々な文様が配置されるんです。

そしてこの地紙がおめでたいとされる理由、それは「末広(すえひろ)」という名でも呼ばれる扇にあります。

「末広がり」という言葉の通りに、未来に向かってどんどん開いていく様からおめでたい文様の1つとなったのです。

 

身につけるものを1つ1つ手に取り、あれでもないこれでもないと思い悩む時間というのは、いくつになっても楽しいもの。

特に女性にとっては、心踊る大切な時間でもあります。

そんな楽しみを、新郎新婦さまの大切な方々であるお母さまやご親族さまにもめいっぱい満喫していただきたい。

ルーブル・ブライダルサロンではその思いを胸に、数多くのお留袖をご用意しております。

文様の意味や選び方についても、お気軽にご相談くださいませ。

皆さまのご予約をスタッフ一同、心よりお待ち致しております。

 

館内撮影で、前撮り和装もゆっくりたっぷり堪能できる!

挙式に披露宴その後には二次会と、お二人の晴れの日は予定ぎっしりで大いそがし!

特に挙式と披露宴は進行上、タイトなスケジューリングになってしまうこともしばしば。

そのため、憧れだった白無垢や色打掛はお着替えに時間がかかってしまうという観点から断念した、という方も多いんです。

代わりに前撮りをしようと、撮影スタジオを探して新たにお衣装も選んで…。

ただでさえいそがしい結婚式のご準備中、目が回る思いで和装姿を撮影するのはちょっぴりもったいないですよね。

正に今そんなお悩みにぶつかっているという方にご紹介したいのが、弊社内にて撮影をして頂ける前撮り和装です!

5 (4)

 

 

 

 

 

 

実は、弊社ホテル内にはたくさんの撮影ポイントがあるんです。

5 (2) 5 (1)

お衣装をしっかりと写した全身カットはもちろん、フォトジェニックなイメージカットも♪

時間に追われることなく、撮影そのものを楽しんで頂けるのも大きな魅力の一つです。

ホテル内での撮影なので、新たに撮影スタジオを探す必要も無くなります。

さらに、結婚式当日のお衣装選びと一緒に和装も選べるというメリットも。

前撮り撮影当日は、お二人のカットだけでなくご家族様での集合写真も撮影可能。

5 (3)

 

 

 

 

お二人の和装姿を楽しみにしてくださっているご親族様もお呼びして、ゆっくりと親族写真がお撮りできます♪

前撮り撮影のロケーションやお衣装などでお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

スタッフより、詳細をご説明させて頂きます。

どんなシーンでも華やか!ゲスト用の留袖、新作入荷!

既婚女性の着用する中では、最も格式の高い着物で、振袖の袖を落としたもの…「留袖」

黒留袖がベーシックではあるのですが、

新郎新婦の姉妹やいとこなど、ご年齢的に黒は…というゲスト様へきちんとしたお衣裳が必要な時は、「色留袖」はいかがでしょうか。

こちらは入荷したばかりの留袖。

dscn7442dscn7448

クリーム地とピンク地と、優しい色あいに淡く繊細な刺繍が華やか。

おめでたいお席にぴったりです。

派手すぎないので、幅広い年齢でお召いただけます。

柄も小さ目なお花が散りばめられており柔らかい印象のお着物です。

dscn7436 dscn7455

格式高い神前式にはもちろん、カジュアルムードのパーティでもなじみそうですね。

当サロンでは、このほかにも多彩なゲスト用お衣裳をご用意しております。

ゲストのお衣裳で迷われている時は、ぜひスタッフにご相談くださいね。

訪問着のレンタルもスタート

結婚式は、おふたりのご両親やご親族にとっても、晴れの舞台。
出席される皆様にとって、特別な一日になるように、
ゲスト用の訪問着のお取り扱いも、始めることにいたしました。
ゴールド、ピンク、グレー…

DSCN4143 DSCN3925 DSCN4022

お祝いの日にふさわしいカラーと華やかな柄を
多彩にご用意しております。

せっかくの記念の日だからこそお着物でご参列されませんか?

きっと残る写真も華やかで心に残る一枚になるのではないでしょうか?

20代のご友人から、お母様世代、おばあ様世代まで
幅広いゲストの方にご満足いただけます。
お衣裳選びから、結婚式を楽しんでくださいね