Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

ブライダルエステサロン“ワヤンサラ”特別優待券のご案内

結婚式当日に向けて準備するものは、会場や衣装・小物類といったアイテムだけではありません。

特に花嫁さまはヘアカラーやネイルにまつげエクステなど、準備物は多岐にわたります。

準備の際時間やコスト以上にかかるのが、お店のチョイスやご予約などの下準備なんです。

なかでもエステサロンは馴染みがないという方も多く、「どのサロンにすれば良いのか悩んでいました」というお声をよく聞きます。

そこで今回は、当サロンおすすめのエステサロンとおすすめコースをご紹介いたします♪

 

 

こちらがおすすめのブライダルエステ専門店“ワヤンサラ”です。

ブライダルエステを専門にしているため、先輩花嫁さまからのご紹介実績が業界随一なのも安心ポイントの1つ。

さらに各地域の“地域保健法”に基づいた衛生・設備基準を満たしている専門店として、業界で唯一の保健所認可を受けているという点もポイントですね◎

 

 

サロンが決まって、次に悩むのがどのコースにするかということ。

調べれば調べるほどに、「あれもこれも」と混乱してしまって…という方におすすめなのが“背中シェービング”です!

効果を実感しづらいエステですが、“背中シェービング”は施術するのとしないのとではその違いが一目瞭然◎

というのも、ドレスというのは普段はなかなか目に触れることが少ない“背中部分”が最も衣服だからです。

ゲストの視界に入ることも多いので、当日はボディファンデーションを使用します。

この時お顔と同じように、シェービングをしているかどうかでファンデーションのノリが大きく変わってきます。

 

ご予約・施術時期の目安については、

<予約>挙式の21日〜14日前まで

<施術>挙式の7日〜前日まで

上記の通りとなっております。

 

 

エステと聞くと、高価で敷居が高いイメージがあるかもしれません。

そんなお悩みをお持ちの花嫁さまのため、ルーブル・ブライダルサロンご紹介の「特別優待券」をご用意いたしました!

お気に入りの衣装を、今の自分が自分史上最もキレイと胸を張って身につけていただけますように。

まずはぜひ無料相談会に足を運んでみてくださいませ◎

 

 

今回ご紹介したサロン“ワヤンサラ”のパンフレットや「特別優待券」は、すべて当館試着室内のテーブルにてご用意いたしております♪

ご試着にお越しの際は、ぜひお気軽にお持ち帰りくださいませ。

 

 

先輩カップル紹介!音羽山荘でのパパママ婚♪

本日ご紹介する先輩カップルさまは、お子さまとご一緒に式を挙げるスタイル“パパママ婚”でのお客さまです。

 

 

5歳になるお子さまとの笑顔が、とってもナチュラルなこちらの1枚。

幸せがこちらにまで伝わってくるような、素敵なお写真ですよね!

 

 

ご結婚当初、式は挙げないというお考えだった新郎さま。

しかしお子さまも大きくなった今年なら、ということで当サロンにお越しになられました。

経緯を話してくださった新婦さまの嬉しそうな表情は、今でも忘れられません♪

お若いながらも、とってもしっかりしたお2人。

必ずお2人そろってご来館される姿は仲睦まじく、うらやましくなってしまう程でした。

 

晴れの日の舞台としてお2人が選ばれたのは、豊かな緑が美しい“音羽山荘”。

お衣装は白無垢とウェディングドレスの2パターンをチョイスされました。

 

 

その中から、ウェディングドレスでのショットをご紹介します◎

ドレスを着用することで、和洋折衷な雰囲気を楽しめるのがこの会場の特徴。

なんてことない街並みも、ドラマチックな風景に様変わりです♪

 

混じりけのないピュアホワイトカラーでそろえたお2人のお衣装。

夏ウェディングらしい、鮮やかな緑の葉をたくわえた木々とのコントラストが見事な1枚に仕上がっています。

 

 

バストアップのショットには、お顔周りに動きが出るサイドダウンのヘアスタイルがおすすめ!

サイドダウンスタイルもキラキラと輝くビジューのヘッドアクセサリーを合わせれば、ナチュラルになりすぎる心配もありません◎

 

 

今回ご紹介した“パパママ婚”や“W(ダブル)ハッピー婚”など、挙式スタイルも多種多様になりつつある近年。

日本らしい伝統的なスタイルももちろん素敵ですが、大切なのは形式そのものではありません。

何よりも大切なのは、新郎新婦様、そしてお2人に関わる人たちが“幸せ”を実感し笑顔でいられること。

タイミング・場所・挙式スタイルは、お2人にとってのベストを選ぶのが1番です。

そしてお衣装選びなどで思い悩んだ時には、遠慮なく“プロ”を頼ってください。

いつでも新郎新婦さまのお力になれるよう、スタッフ一同ご来館をお待ちいたしております♪

 

 

ドレスのご紹介!トレンドのソファスタイル披露宴にぴったり♪

ウェディングシーンでは、お衣装やヘアスタイルのトレンドと同様に挙式スタイルも変化していくことをご存知でしょうか?

ブライダル業界に身を置いている人にしか、そのトレンド状況は届いてこないもの。

しかし、これから挙式・披露宴を迎えようとしている新郎新婦さまにとっては、何より必要な情報です。

本日のブログでは、まさに今移り変わりつつあるウェディングシーンでの流行をお届けしたいと思います◎

 

 

披露宴では、新郎新婦さまは高砂(たかさご)と呼ばれる席に座るのが一般的。

しかし、近年のカジュアルで親しみやすいウェディングが好まれる傾向にある事も影響し、この高砂スタイルが変化してきました。

それが、高砂席を作らずに新郎新婦さまのお席としてソファを用意するスタイルです。

ソファ席であれば、ゲストテーブルとの高低差が生まれることもありません。

そのため、新郎新婦さまとより近い距離で過ごしていただけるんです◎

 

 

披露宴での座席スタイルが変わると、共に変化するのがゲストの目線。

ソファ席になることでゲストとの間を隔てるものがなくなり、お衣装全体がゲストの視界に入ることになります。

そのため、これまでのバストアップだけではなくドレス全体が見られることを考慮して、お衣装を選ぶ必要が出てきました◎

 

本日のブログでは、新たな披露宴スタイルでもゲストの視線を釘づけにできちゃうドレスたちをご紹介いたします♪

 

 

たとえば、スカートの裾にレースがたっぷりとあしらわれているドレス。

レースなら派手すぎるイメージもないので、気品あふれる大人の女性らしい雰囲気が手に入るはず♪

 

 

また、レースは小さな動き1つで重なり方が変わるもの。

花嫁さまが動くたび表情を変えるので、どの瞬間もけっして見逃すことができません◎

 

 

 

ほかにも、スカートやトップス部分にポイントがついているものもおすすめ。

アクセントが1つあるだけで、ゲストに与える印象も変わるもの。

こちらのドレスのように、ベースカラーはシンプルなお色味でも大胆にあしらわれたコサージュでゲストの視線を独り占めです♪

 

 

こちらのドレスのように、裾に異なるデザインを取り入れるのも人気となっています◎

同じ素材を使用していてもカッティングやレースのデザインが異なるだけで、座った際にドラマチックな動きを見せてくれるんです。

 

 

さらに、スカートのベースカラーとトレーンのお色がツートンカラーになっている個性派デザインも♪

トレンドをしっかりと押さえたツートンカラーで、おしゃれな花嫁さまも納得の1着です。

このツートンカラーに合わせて、新郎さまのチーフやネクタイを選んでみるのもおすすめ♪

 

 

ドレスを選ぶ際のポイントとしてよく挙げられるものには、お色味・ドレスライン・生地の素材、などがあります。

昨今の挙式・披露宴スタイルの変化から、更に“どのシーンでどんな風に見られるか”も選択ポイントに加えるべきかもしれません。

どう見られるかはどう見せたいか、に繋がるもの。

その点を考慮することで、新婦さまの目指す花嫁さま像を叶える近道になる可能性も◎

ご試着の際、ご自身のウェディングスタイルをぜひスタッフにお聞かせくださいませ。

お2人のウェディングシーンにぴったりのお衣装をご用意させていただきます♪

 

 

毎年人気!秋の和装フォトウェディングをご紹介♪

酷暑となった2018年、平成最後の夏。

そんなひと夏も、もうそろそろ“晩夏”を迎えようとしています。

“晩夏”とは夏の終わりのことを指し、大体8月下旬から9月上旬のことを呼びます。

まだほんの少し残る夏の香りと早くも訪れる秋の音、その両方が感じられる今の季節。

春・夏ウェディングのお客さまは無事本番を迎えられ、当サロンには次の秋・冬ウェディングに向けてたくさんの新郎新婦さまがご来館くださる季節でもあります。

 

そんな新郎新婦さまにぜひともご紹介したいのが、ルーブル・ブライダルサロンのプランの中でも特に人気の前撮りプランです。

前撮り撮影で最も人気なのが、春の桜シーズンと秋の紅葉シーズン。

 

 

そんな人気シーズンの前撮りフォトプランの受付が、今年もスタートいたしました!

 

 

白無垢姿の新婦さまのお姿と、赤い絨毯とのコントラストが美しいこちらの1枚。

日本の伝統文化の1つである白無垢も、日本らしい紅葉をバックにすることでその魅力がいっそう引き出されていますよね♪

 

 

一口に紅葉といっても、撮影日が微妙に異なったり撮影場所が変わることによって葉の色目もまったく別のものに。

その日・その場所でしか残せないシーンがあるのも、ロケーションフォトの醍醐味ですね。

 

 

準備にかかる時間やヘアチェンジの難しさから挙式本番では挑戦が難しい“おかつら”も、前撮り撮影なら叶うんです◎

1度は夢見たことのある正統派の和装ウェディング、挑戦してみてはいかがでしょうか♪

 

 

打って変わって、こちらは赤や黄色の紅葉カラーとのコントラストが美しい洋装姿での前撮り写真。

もちろん、ルーブル・ブライダルサロンでは洋装でのフォトプランもご用意しております◎

輝く黄金色や、趣深い紅色の葉。真っ白なドレス。

それぞれとの対比で生まれる和洋折衷の雰囲気は、なんだかノスタルジックなおしゃれさがありますね♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

日本らしい風景を写真に収めるには打ってつけの、秋フォトウェディング。

毎年大好評のこのシーズン、今ならまだご予約可能となっております!

秋らしさがグンと増す9月に入ると、お問い合わせ数が急増いたします。

この機会をお見逃しなきよう、お早めのご予約がおすすめです♪

 

 

先輩カップル様 ~当日レポート(*^_^*)~

鶴見ノ森迎賓館にて、お式を挙げられましたお客様のご紹介です。
 

 

挙式当日は、ウエディングドレス・カラードレス・和装の
3点をお召しになりました。


 


 

お衣裳選びのときから、本当にお2人との時間が楽しくて
いつも笑っていたように思います。
いつもニコニコ明るく気さくな新婦様は、
いらっしゃるだけで周りの皆をハッピーにしてくれるそんな素敵な方です♪

そんな新婦様ととっても仲良しで何事にも丁寧な新郎様。
優しさが滲み出た笑顔とトークで楽しい時間を作ってくださったこと、本当に感謝しております。
 

ご家族様とも、一緒にご来店下さり、
お二人共本当にお似合いなお衣裳を、皆様でチョイスされました。

 


結婚式当日のお写真を拝見すると、
こちらもとても幸せな気持ちになります。
一生忘れることのできない素晴らしい1日を過ごされたことと思います。

初めてお会いしたときから長い準備期間を一緒に
お手伝いさせて頂けたこと、
数あるドレスショップの中からルーブルでお決め頂けたこと、心より嬉しく思います。
 

 

これからもドレスコーディネーターとして、
新郎新婦さま・ご家族さまの大切な結婚式の
お衣裳のお手伝いを精一杯務めていきます。
どうぞお気軽に何でもご相談くださいませ。

先輩カップルご紹介♪ナチュラル×ガーリーコーディネート

こちらは、円形の温かみあるチャペルが特徴の会場・En Fanceにて式を挙げられた先輩花嫁さまのお写真です。

 

 

ウェディングドレスとしてチョイスされたのは、シンプルかつ高級感のあるサテン生地の1着。

1番のポイントは、写真映えバッチリのロングトレーン♪

かつては長ければ長いほど、身分の高さを表したとされるトレーン。

現代では長いデザインのものはゴージャスなイメージがありますが、サテン生地なら優雅で気品あふれるイメージに。

トレンドのオフショルダーを取り入れているので、“伝統的なスタイル”と“今っぽさ”のバランスも抜群ですね。

 

 

ピュアホワイトのサテン生地は光を優しく反射してくれるので、室内でもお顔を明るく見せる“レフ板”の効果も発揮。

ブーケに使用されているグリーンと、会場の雰囲気との相性も◎。

 

 

ヘッドアクセサリーは、キラキラと輝くリーフデザインのものをチョイス。

いつでも明るくにこやかな新婦さま。

ヘッドアクセサリーも含めたドレスのご試着を、いつもとても楽しみにしてくださっていました。

新郎さまは「どちらが似合うか」「どれが良いか」など、新婦さまの言葉1つ1つにしっかりと向き合ってくれる優しい方でした。

そんなお2人の姿に、スタッフの心もとても温まりました♪

 

 

カラードレスは、かわいらしいラベンダーカラーの1着を選ばれました。

ふんわりと広がるチュールスカートも、ボリュームを抑えることでナチュラルなイメージに。

折りかさなるチュールが自然な色の濃淡を生み出し、動くたびロマンチックな雰囲気を演出していました。

サイドに下ろした髪にあしらったピンク系の生花たちのおかげで、ガーリーさもしっかりと表現◎

 

 

先輩カップルさまの実際のコーディネートを見ると、より当日のイメージが湧いてくるもの。

まだまだ本番の様子がイメージできないという方や、コーディネートに迷っているという方。

先輩カップルさまのお写真を見て、理想のコーディネートを見つけてくださいね♪

多数のお写真をご用意して、スタッフ一同ご来館のご予約を心よりお待ち致しております。

 

 

最新トレンド情報!人気ブーケデザイン4選

花嫁さまの手元を華やかに彩るブーケ。

あまりイメージがないかもしれませんが、実はブーケにもトレンドがあるんです◎

いわゆる派手婚と呼ばれるスタイルや昨今人気のナチュラルスタイルなど、流行のウェディングスタイルと共に変化していくのがブーケトレンド。

そしてそのブーケは、コーディネイトを考える上でとても重要な役割をはたしています。

そこで今回は、普段なかなか知る機会の少ないブーケのトレンドについてご紹介したいと思います♪

 

 

まずはこちらのリーフブーケ!

ゲストハウスなどでのガーデンウェディングが流行となり、ナチュラル志向が強まっている昨今のウェディングシーン。

もちろんコーディネイトの面でもその傾向は見られています◎

これまではガーベラやバラなどの色とりどりの花々をメインとしたブーケが主流でしたが、お写真のようなリーフ(葉)をメインとしたブーケが今のトレンド♪

柔らかなチュールや繊細なレース使いが特徴の、女性らしいドレスをカジュアルダウンしてくれるのがこのタイプ。

キュートさに寄りすぎてしまわないよう、上手にバランスを取ってくれるんです。

お花がメインのブーケと比べ、予算を抑えられるのもリーフブーケの良いところ◎

リーズナブルなブーケなので、その分でお色直しに合わせてブーケを変えることもできちゃいますね。

 

 

続いては、こちらのクラッチブーケ。

これまでのブログでも何度か登場しているほど、現在最も人気なブーケタイプの1つです♪

その特徴はグリーンやお花たちを、摘んできたそのままの形で1つに束ねたかのようなナチュラル感にあります。

通常ブーケは長さや太さの異なる植物を綺麗に揃え、水分を含ませた布などで包んで作るもの。

こちらの方がお花の持ちが良いとされているので、挙式・披露宴から2次会までと長時間の利用を考えている場合は通常タイプがおすすめです◎

反面、クラッチブーケはデザイン性が高く、より写真映えするタイプのため前撮り撮影などにもぴったりです♪

 

 

1種類のお花を中心にスズランを添えたクラッチブーケなら、一気にかわいらしいイメージに!

2次会などで活躍するショート丈のドレスなどにもマッチしそうですね。

 

 

次にご紹介するのは、こちらのボタニカルブーケです。

最初にご紹介したリーフブーケと同様に、お花を使わずにリーフなどを中心としたタイプ。

トレンド感やデザイン性の高さが抜群なので、おしゃれに敏感なこだわり派の花嫁さま必見です◎

リーフは1枚ごとの形や大きさの差も大きく、色味も異なるため色合いの違いも楽しめます。

お写真のほかに今流行になりつつあるのが、多肉植物をメインとしたボタニカルブーケ。

特徴的なフォルムがおしゃれで、また個性もバッチリ表現できると話題になっているんです♪

お花やリーフを中心としたブーケに、1種類の多肉植物を加えるだけで全く違った印象に。

ドレスのデザインも選ばないので、1度試してみてはいかがでしょうか★

 

 

最後にご覧いただきたいのが、こちらのリースブーケ。

定番デザインが大多数を占めるブーケ選びのなかでも、目新しいイメージのあるこちらのタイプ。

腕に通せるという持ちやすさや見た目のインパクトから、実は今、人気に火がつきそうなデザインなんです♪

キャンドルサービスやお写真撮影でのテーブルラウンドなど、披露宴は特に移動するシーンが多いもの。

そのため、動きやすさはぜひとも押さえておきたいところ。

リースブーケなら腕を通すだけでOKなので、移動中も両手を空けておけるのが嬉しいですね◎

日本ではまだまだチョイスする人が少ないこちらのブーケなら、人とかぶってしまう心配もありません。

人とは違う、個性にあふれたウェディングをしたいという花嫁さまにも打ってつけです!

挙式後おうちで飾る際には、飾る場所を選ばないというメリットも。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

ネット環境が整ったこともあり、ドレストレンドなどもキャッチしやすいこの頃。

しかし、ブーケの最新トレンドまではなかなか耳に入ってこないことも確かです。

当サロンのスタッフは、お衣装だけでなくウェディングに関する幅広い流行をチェック◎

お衣装選びと共に、様々な面でのコーディネイトをお楽しみいただければと思います。

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

ドレス×ブーケの組み合わせで作る!“お二人らしさ”を詰め込んだウェディング♪

挙式・披露宴の当日、お二人らしさを表現するポイントは数多くあります。

そのなかでも、最初にゲストをお出迎えするウェルカムスペース。

お二人のウェディングの第一印象となるそこは、“らしさ”を存分にアピールしたいところですよね♪

先日挙式を迎えられたこちらの先輩カップルは、ウェルカムスペースをお二人らしく「ナチュラル」で「親しみやすい」スペースに作り上げられました◎

 

 

BIGサイズのウェルカムベアはインパクト大!

ベアが抱えるのは、レセプションへと案内する木製看板。

なんだか、森のパーティーに迷い込んだような楽しげな雰囲気にあふれています♪

ナチュラルでかわいらしいイメージに合わせ、ウェディングドレスはチュールのオフショルダーデザインをチョイス。

 

 

今回の先輩花嫁さまのコーディネイトで注目いただきたいのは、ドレスとブーケの組み合わせ方!

こちらのウェディングドレスには、トレンドを押さえたグリーン多めのクラッチタイプを組み合わせました。

お花畑から摘んできてそのままざっくりと束ねたようなスタイルで、海外ウェディングを彷彿とさせるようなナチュラル感が魅力のブーケです。

そんなブーケとマッチするのが、ドレス全体に施されたリーフ刺繍♪

モチーフとして取り入れられているので、強すぎることのないさりげない主張なのも大切なポイントです。

 

 

カラードレスは、トレンドのくすみカラーの中からピンクグレーを選ばれました◎

かわいらしさと共に、大人っぽさも兼ね備えたカラーリングが魅力のこちらのドレス。

個性派のリースブーケを組み合わせて、人気カラーのドレスも自分らしくアレンジです♪

ブーケの花材もはっきりとした色味のものは使わず、中間色を中心に。

小物も含めた全体のカラートーンを合わせれば、キュートなピンクもレディな雰囲気に仕上がるんです◎

さらに、リースブーケの良いところは遊び心あるデザイン性だけではないんです。

それは挙式後プリザーブド加工をした時に分かります。

ボックスなどに入れて保存する事が主とされるブーケですが、リース型なら新居のドアなどに飾れちゃうんです!

思い出がたくさん詰まったブーケを、いつでも目の届く場所に飾っておけるのは嬉しいですね。

 

 

 

 

ウェルカムスペースのデザインから、ドレス×ブーケの組み合わせまで。

細部に渡って“らしさ”をしっかりと詰め込んだ新郎新婦さま。

当サロンのスタッフは、お衣装コーディネイトだけでなく、こうした多岐に渡る様々なアイディアも目にしております。

お衣装を含め、お悩みごとが出てきた際にはお気軽にご相談くださいませ。

 

 

人気リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」に研修に行ってきました!

先日スタッフ研修のため、山梨県と長野県の県境に位置する星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」に行ってきました!

世界的建築デザイナー“マリオ・ベリーニ”が手掛けたことでも有名な、こちらのリゾートホテル。

ワイン向けぶどうの名産地である山梨県・長野県らしく、毎日ワイン学校が開かれています。

他にも、大人から子どもまで幅広い世代の方が楽しめるアクティビティが目白押し!

ブライダルロケーションとしても抜群の会場。

今回の研修ではチャペルやパーティー会場を見て、ここにはどんなお衣装が合うのかを学んできました◎

 

 

まるでヨーロッパの街に降り立ったかのように錯覚してしまうほど、美しい街並み。

滞在型リゾートホテルなので、おしゃれでのんびりとした雰囲気を心ゆくまで楽しめます♪

 

 

挙式会場はガーデンタイプのチャペルで、光と風に包まれた空間「ZONA」。

優しい自然光がたっぷりと降り注ぐ、緑豊かな空間での挙式が叶います。

ガーデンウェディングらしいナチュラルデザインのドレスもぴったりですが、どこか厳かな雰囲気も感じさせるこの会場には、クラシカルなデザインも似合いそうです♪

 

そしてこの会場1番の魅力は、何と言ってもメインストリートにある「アンブレラステージ」です!

季節によって変化する「アンブレラ・スカイ」は写真撮影スポットとしても話題ですよね。

シンプルなドレスに映える、色とりどりのアンブレラ。

 

 

その場に立つだけで、ドラマチックな気分を満喫できること間違いなしです!

海外映画のワンシーンのようなお写真が残せるこの場所で、とっておきの1枚を残してみてはいかがでしょうか♪

メインストリートは四季折々の表情があり、どの季節もとっても素敵なんです。

どのシーズンで挙式を迎えるか、というのもうれしい悩みどころですね。

 

 

実はこの会場、こんなに素敵なポイントがたくさんあるにも関わらず距離的に関西からのカップルさまは少ないそう。

確かに山梨県と長野県の県境と聞くと、遠くに感じてしまいますよね。

しかし実際は、リゾートウェディングとして人気の軽井沢と距離を比べてみても、大きな差はないんです◎

 

 

リゾートウェディングをご検討中のカップルさま。

また、今回のブログで「リゾナーレ八ヶ岳」についてもっと知りたい、と思ってくださったカップルさま。

研修でたっぷりと魅力を学んできたスタッフに、ぜひお声掛けくださいませ♪

 

 

 

お写真たっぷり!ドレス&白無垢フォトのご紹介♪

大正15年に誕生した、情緒溢れる会場“音羽山荘”。

近年のレトロファッションブームもあり、当サロンご利用のお客さまにもフォトロケーションとして大変人気となっています。

大正といえば、和と洋の文化が美しく融合した時代。

そんな時代の魅力がたっぷりと詰まったこの会場を、お式と前撮り撮影にて存分に満喫された新郎新婦さまをご紹介したいと思います♪

 

 

まずは、こちらのウェディングドレスを着用したショット。

純白のスカートと赤いじゅうたんのコントラストが、なんともロマンチックな1枚です◎

ブーケの花材には正統派のカラーをチョイスして、スタイリッシュかつ清楚な雰囲気に。

 

 

全体的にすっきりとしたシンプルデザインのドレスなので、ハーフアップのヘアスタイルで甘め要素をプラス◎

ヘアアクセサリーとして選ばれたシフォンのリボンが、風になびいて女性らしい柔らかさを演出していますね。

新郎さまはドレスの色に合わせて、白の紋付き袴をチョイス。

和と洋の組み合わせも、それぞれの衣装の色を合わせるだけで統一感が一気にアップします♪

さらに、新郎さまはこんなアイテムをプラス。

 

 

それが、こちらの蝶ネクタイ。

黒の蝶ネクタイが加わることで、会場にもぴったりな和洋折衷の独特な趣を深めつつ、コーディネイト全体を引き締める効果もあるんです◎

遊びをきかせた小物使いと、伝統的な紋付き袴の組み合わせはまさに“大人のおしゃれ”という雰囲気ですね。

 

 

別カットのお写真では背景に木々と人力車も加わり、異国情緒溢れる1枚となりました。

そんな非日常的なお写真のなかでも、いつもと同じ素敵な笑顔を浮かべるお二人の姿で“らしさ”もしっかりと表現しています♪

 

 

そして前撮りに新婦さまが選ばれたのは白無垢でした。

日本の伝統的な婚礼衣装である白無垢は、背筋が伸びるようなほんの少しの緊張感が加わるのが魅力の1つ。

新郎さまも黒の紋付き袴に着替え、お二人の雰囲気がガラッと変わりました。

小物の番傘と背景の石橋がロケーションと相まって、まるでタイムスリップしたかのような1枚に。

 

 

一方、こちらはお二人揃って扇子を持った可愛らしいショット。

動きのあるポージングに自然な笑顔で、見ているこちらまで笑顔になってしまいますね♪

新婦さまのまとめ髪も、鮮やかな色味が綺麗な生花によってより華やかに◎

色を持つのが髪飾りだけなので、白無垢そのものが持つ“白色”の美しさが際立ちます。

 

 

同じ会場でも、お衣装が和から洋に変わるだけで印象もまったく違うものに。

前撮り撮影ならお着替えの時間もゆっくりと取れるので、どのお衣装撮影も心ゆくまでお楽しみいただけます。

また、レトロな雰囲気を楽しめる音羽山荘では四季を楽しめるのも特徴。

これからの季節なら、夏の緑あふれる風景や華やかな紅葉など、素敵なお写真が残せること間違いなしのシーズンが目白押し!

挙式・披露宴を控え、前撮り撮影を検討中の新郎新婦さまはぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

先輩カップルさまご紹介!鶴見ノ森迎賓館でナチュラルウェディング

先月・5月は新緑シーズンという事もあり、1年のなかでも特に人気の高いウェディングシーズン。

そのため、当サロンのお衣装で挙式を迎えられた先輩カップルさまもたくさん誕生されました♪

今回はそのなかから、人気挙式会場である鶴見ノ森迎賓館にてお式を挙げられたお二人をご紹介いたします。

 

 

まずはこちらの前撮り撮影でのショット。

鶴見ノ森迎賓館の人気ポイントの1つでもある、緑あふれるロケーション。

新婦さまのウェーブヘアも、ナチュラルな雰囲気にぴったりマッチしています♪

前撮り撮影では、小物を使った自由度の高いカットを押さえられるのがポイント。

お二人の手には、ここ数年で人気がグンと上がったチョークボードが。

鶴見ノ森迎賓館のような自然に囲まれた会場や、ガーデンウェディングには特にぴったりのアイテムですね◎

 

 

そしてこちらがご結婚式当日のお写真です。

新婦さまは前撮り時と同じウェディングドレスを着用されているのですが、髪型をダウンヘアからアップヘアに。

ヘアスタイル1つでガラッと印象が変わるので、手軽に異なるコーディネイトが楽しめるのは女性の特権でもありますね。

 

今回新婦さまが選ばれたウェディングドレスは、生地にゴールドが入ったタイプ。

眩しいほどの美しさが魅力のピュアホワイトのドレスも素敵ですが、新婦さまはほんのりお色味が入ったタイプの方がしっくりくる、とのこと。

新婦さまの魅力を熟知していらっしゃるお母様のご意見も同じものだったので、お衣装はすぐに決まりました◎

ご入場時は、トレンドのサッシュリボンを使ったアレンジで♪

リボンをささっと巻くだけの簡単アレンジで、かわいらしさと上品さがプラスできちゃうおすすめのコーディネイトです。

ウエスト部分のアクセントになっているチュールは、腰の位置を高く見せてくれるスタイルアップ効果も!

 

新郎さまはスタンダードなネイビーのタキシードと思いきや、実はオレンジのスティッチが◎

シルエットそのものはシンプルに、けれどスティッチデザインと鮮やかカラーでアクセントをつけた技ありタキシードなんです。

由緒正しい神聖さと、様々なアレンジが加えられる遊び心。

お二人のお衣装は、迎賓館の持つそれぞれの特徴を存分に発揮できるコーディネイトとなりました♪

 

 

 

 

会場とお衣装はとても密接な関係にあります。

今回の先輩カップルさまのように、コーディネイト次第でそれぞれの魅力を最大限に引き出すことも可能なんです。

提携会場はもちろん、近郊情報についてもしっかりと熟知しているスタッフがおすすめのお衣装をご提案させていただきます。

既に会場を決定された方、お衣装探しと同時に会場も探していらっしゃる方。

ぜひ一度ルーブル・ブライダルサロンにお越しくださいませ♪

 

 

先輩花嫁さまをご紹介!チャペルでの色打掛ウェディング♪

“ゲストとの距離感を大切に”をコンセプトに、幸せいっぱいな新郎新婦さまを送りだしている会場・En Fance。

これまでにも何度かご紹介させていただいている通り、ルーブル・ブライダルサロンの提携挙式会場となっています。

円形のチャペルが印象的で、都会の真ん中という好立地でありながら非日常的な雰囲気を満喫できるというのがこの会場の魅力。

今回は、そんな素敵な結婚式場でお式を挙げられた先輩花嫁さまをご紹介したいと思います。

 

 

はにかみ笑顔がとってもキュートなこちらの新郎新婦さま。

お写真の通り、お二人は色打ち掛けと紋付き袴姿でお式を挙げられました♪

いつでも穏やかな表情で、スタッフにもとても優しくお声をかけてくださるお二人。

とっても仲良しで、お衣装の好みもぴったりマッチ。

お気に入りのお衣装もすぐに見つかりました◎

新婦さまは、柔らかなクリーム系カラーがベースの生地にカラフルな花々を刺繍した1点。

暖かみにあふれた色使いは、新婦さまの優しい笑顔をよりいっそう明るく演出してくれていますね♪

新郎さまは根強い人気の黒羽織×縦縞袴のコーディネイト。

凛々しさを際立たせてくれる黒は全体の印象を引き締める効果もあり、様々なタイプの挙式会場にマッチするおすすめのカラーです◎

お二人の晴れ姿は、開放感たっぷりのEn Fanceのチャペルにぴったりでした!

 

 

今回プレ花嫁さまにご注目いただきたいのが、新婦さまのヘッド装花です。

ピンポンマムと呼ばれるお花がメインに構成され、すべて生花でできています◎

ピンポンマムとはその名の通り、ピンポン球のように花びらがまん丸に広がっているマム(=菊)の1種。

オランダで生まれた花ですが、和・洋どちらのアレンジにも使いやすく、かわいらしい見た目から特にウェディングシーンではとても人気の品種となっています。

花言葉は数々ありますが「君を愛す」「真実」「高貴」などが有名です。

色味としては白や赤・緑などもありますが、今回は刺繍糸に合わせて黄色・オレンジの暖色系をチョイス♪

 

 

ピンポンマムは春夏と秋冬という年2度に旬のシーズンが分かれています。

シーズンごとにリリースされるお色味も異なるので、ブライダルシーンには特にぴったりなんです!

さらに実モノの植物とバランスよく組み合わせれば、シンプルなアップヘアも一気に華やかな印象に◎

最近は生花だけでなく実モノを合わせるのがトレンドとなっているので、ヘッドアクセに生花を考えている方はぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

チャペルでの和装婚もスタンダードになりつつある近年。

前例が少なかったこれまでは、和装でのチャペル式を断念された花嫁さまも多くいらっしゃいます。

これからはそんな固定概念にしばられることなく、とっておきのお衣装を着て挙式も披露宴も過ごしていただけるはず!

周りに同じような経験をした人がいなくてイメージが湧かずに悩んでいる、そんな新郎新婦さまはぜひスタッフにご相談くださいませ。

当サロンの先輩花嫁さまをご紹介させていただきます♪

 

 

1 2 3 4 5 6