Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

チャペルで和装フォト♪前撮りフォトプランのレポートです!

以前よりご紹介させていただいている、ルーブル・ブライダルサロンの人気プラン「前撮りフォトプラン」。

なかでも、和装スタイルが映える秋の前撮り撮影はとっても人気◎

そこで今回は、先日式場での前撮り撮影を行われたカップルさまの撮影風景をご紹介いたします!

 

 

お二人のご結婚式当日のお衣装は、ウェディングドレスとカラードレスの洋装でした。

しかし、お二人には和装姿のお写真も挙式会場で撮影したいとのご希望が。

とはいえ、お色直しにかかる時間の問題から和装姿での当日撮影は難しいもの。

そのため、前撮り撮影をチャペルにて行うこととなったのです◎

前撮り撮影なら時間の制限などがないため、チャペルでの撮影も可能なのが嬉しいポイント♪

お二人にも、心ゆくまで撮影をお楽しみいただきました!

 

 

新婦さまは、鮮やかな赤色に鶴の文様が刺繍された色打ち掛けをチョイス。

華やかさと厳かな雰囲気が日本らしい、素敵なコーディネイトとなりました♪

新郎さまが選ばれたのは、定番人気の黒の紋付き袴。

黒の短髪姿がよくお似合いの、凛々しく力強い雰囲気のある新郎さまにぴったりでした◎

 

 

ナチュラルなウッド感が魅力のチャペルだったため、撮影当日は赤毛氈(あかもうせん)をご用意。

お茶室や結納式で登場したりと日本の伝統的なアイテムである赤毛氈を使用することで、チャペルが一気に“和”の雰囲気に♪

ほかにも番傘などのアイテムを加え、世界観をしっかりと作り上げていきます。

こちらは、新年のご挨拶となる年賀状にもぴったりのカットとなりました◎

 

 

もちろん、立ち姿も撮影いたしました!

前撮り撮影の最大の魅力は、挙式当日には難しい時間をかけた撮影ができること。

実は、ウェディングフォトというのは1カットごとに細かなセッティングが入るため、とても時間がかかるんです。

美しいお写真を残すためには、ヘアスタイルやメイクのお直しだけでなく、目線や指先の向きに至るまで細かくチェックしていくことが必要となります。

つまり時間に制限のある当日撮影では、限られたカットしか残せないのです。

その点、時間に余裕のある前撮り撮影ではたくさんのカットを残すことができちゃいます♪

この日の撮影でも、座ってのショットやお衣装の文様が綺麗に見える立ち姿での撮影など、数々のお写真を残すことができました。

 

 

いかがだったでしょうか?

意外と目にすることの少ない、前撮り撮影の様子。

こうしてレポートを見ることで、「自分だったらこんなカットを残したいな」とイメージが膨らんできますよね♪

前撮りフォトプランをご検討中のお客さまは、ぜひ1度スタッフまでお問い合わせくださいませ。

撮影当日の流れやお写真イメージなど、じっくりとご説明させていただきます◎

 

 

 

おすすめロケーション集★前撮りプランのすすめ

格安航空会社の普及をきっかけに、その人気が急上昇しているのがリゾートウェディングです。

非日常的な空間で、特別なひとときを過ごせるリゾートでのウェディング♪

その人気上昇と共に、ご利用が増えているのが当サロンにてご用意している「和装前撮りプラン」です。

リゾートウェディングでは、基本的に洋装をされることがほとんど。

そのため、和装での前撮り撮影をされる新郎新婦さまが増えたんです◎

そんな新郎新婦さまのご要望にお応えして、当サロンでは様々なロケーションでの和装前撮りプランをご用意いたしております。

 

 

1つ目は、ルーブル・ブライダルサロン内のスタジオで撮影するプラン。

これまでのブログでも何度かご紹介させていただいている通り、サロン内にはフォトスポットがたくさんあるんです♪

室内での撮影のため、天候に左右される心配もありません。

しかし、館内は自然光がたっぷりと入る間取りとなっておりますので、明るくキレイなお写真を残すことができます◎

 

 

2つ目は大阪城公園をバックにした、壮大なお写真が残せるプラン。

お2人の生まれ育った地・出会いの場所・これから大阪に生活を移す、などなど。

大阪で撮影することに重きを置いていらっしゃる新郎新婦さまには、特に人気のプランとなっています。

 

 

大阪城公園での撮影が人気な理由の1つに、桜フォトが撮れるという点があります◎

儚くも美しい桜色の花びらが一面に広がる様は、日本ならでは。

打ち掛けの文様を花で揃えるのも素敵ですし、番傘などのレトロな雰囲気あふれる小物を使っての撮影もおすすめです♪

 

 

3つ目は大阪随一の日本庭園がある場所として知られる、大仙公園での前撮りプランです。

水面が鮮やかに風景を映し出す池や、雄大な自然が圧巻の景色!

春には桜、秋には紅葉を楽しめる大仙公園ならではの四季折々のお写真が残せるのも魅力の1つとなっています♪

お写真のように、白打ち掛けと木々のコントラストを楽しむも良し。

赤の色打ち掛けを身にまとい、紅葉のなかに溶け込む幻想的な1枚を楽しむのもまた良しです♪

 

 

前撮り撮影は、ウェディング当日とはまた異なるお衣装でのショットを残せるのも魅力ですが、実はほかにも魅力はあるんです。

それは、前撮りであればゆっくりと撮影時間を取ることができるため、同行された親御さまやご親族の方との撮影も楽しんでいただけるという点。

挙式や披露宴での撮影は、常に時間に追われているもの。

そのため、あらかじめ決めておいたスポットやポーズでしか撮影ができないんです。

限られた時間の中では、特に親御さまなどを含めたご親族さまとの撮影にかけられる時間というのはごくわずかとなってしまいます。

そんなご家族皆さまとの時間を大切にしたいという想いも叶えてくれるのが、前撮りプランの良いところ。

当サロンの前撮りプランで、ゆったりと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

おしゃれ花嫁さま必見!グリーンカラーの新作掛下登場♪

11月に入り、秋から冬へとだんだん季節が移り変わっていく今日この頃。

ブライダルシーンでは、紅葉などの日本らしい景色が増えてくるこの季節は特に、和装の人気が高まるシーズンでもあります。

そこで今回は、和装のなかでも人気がグングンと上昇している色打ち掛けの掛下アレンジをご紹介したいと思います◎

 

 

そもそも、掛下とは何かといいますと、白無垢や色打ち掛けの下に着ている着物のことを指すのですが、そのお色味は“白”と昔から決まっていました。

白無垢はすべてを白で統一するものとされていましたし、文様などで豪華さを表した色打ち掛けを引き立てるものとされていたからです。

しかし、挙式スタイルに始まり、お衣装や小物など様々なシーンが多様化してきた近年。

“掛下は白”という決まりも取り払われ、コーディネイトをもっと自由に楽しむというスタイルが増えてきました。

 

とはいえ、白がベーシックとされていた掛下のアレンジは難しいもの。

普段着とも異なるため、そのコーディネイト方法に頭を悩ませている花嫁さまも多いのではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちサロンスタッフの出番です♪

新作の掛下を使ったコーディネイトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ご紹介するのは、こちらの柔らかなグリーンの掛下です。

若草色とも呼べる優しいお色味の掛下には、同じくふんわりとしたカラーリングの色打ち掛けがぴったり。

ピンクや黄・朱色などたくさんのお色味が使われていますが、ペールトーンで統一されているので派手な印象はありません◎

もちろん、白の掛下との組み合わせも格式高く上品な雰囲気で素敵です。

ですが、グリーンの掛下を合わせることで色打ち掛けの淡いカラーが浮かび上がり、その魅力が存分に発揮されるんです♪

 

 

“末広(すえひろ)”と呼ばれる扇子や、化粧ポーチの役割を果たす“筥迫(はこせこ)”は、えんじ色のものをチョイス。

全体的に淡いお色味のコーディネイトなので、引き締め効果のあるカラーを足してあげるのがポイントです◎

 

 

新郎さまとのコーディネイトバランスも重要。

カラーリングはグリーンで合わせて統一感を出せば、2人が並んだ時にちぐはぐな印象を与える心配もありません♪

袴のグリーンには、深い色味のものを持ってくるのがオススメ。

グリーンが持つ知的なイメージに、凛々しさがプラスされること間違いなしです◎

 

 

ちょっぴり難易度が高い掛下アレンジ。

だからこそ、コーディネイトの幅が一気に広がるので、おしゃれ好きな花嫁さまにはぜひとも挑戦していただきたいアイテムです◎

ルーブル・ブライダルサロンでは多種多様な掛下と、たくさんのコーディネイトパターンをご用意しております。

一歩先を行く掛下アレンジを、どうぞお楽しみくださいませ♪

 

 

大人かわいいレースデザイン♪オリジナルカラードレスが完成!

以前のブログで、もう間もなく完成するとお伝えさせていただいたオリジナルカラードレスが、遂に完成いたしました!

それが、こちらのネイビーカラーのドレスです♪

 

 

レディな装いを楽しめる、シックでちょっぴり大人っぽいデザインに仕上がりました。

トップスに使用したのは、レースのみ。

ビジューなどのキラキラと輝く素材をあえて使わないことにより、レースの質感をいっそう楽しめるのがポイントです◎

繊細なつくりのレースは、高級感やエレガントさを表現するのにぴったり。

対して、袖付きデザインはとっつきやすくかわいらしいイメージがあります。

相反する要素を取り入れることで、双方の最大の魅力が同時に手に入る欲張りデザインなんです♪

 

 

素肌×レースは「大人っぽくてまだまだ挑戦できない」という花嫁さまもどうぞご安心を!

デコルテ部分にシースルーレースが施されているため、肌見せもカジュアルダウンできるという点がこのドレスの長所でもあるんです◎

鎖骨まわりをさりげなく覆う薄いレースは、儚げで美しい花嫁さまの表情に華を添えてくれること間違いなし!

1粒パールや、チョーカー型のネックレスとの相性も抜群。

シンプルなデザインだからこそ、小物で遊びを利かせられるのもこちらのドレスの醍醐味となっています♪

 

 

スカートには、つやつやとした光沢感が魅力のサテン生地を使用。

光が当たることによって生まれる陰影が、スカートを立体的に見せてくれるんです◎

単調なイメージになりがちなシンプルデザインのスカートも、光沢感のおかげで表情豊かな印象に♪

 

 

腰元の切り返し部分には、さりげなくリボンのようなウエストマークが。

これにより、ワンカラーのドレスでも脚長・スタイルアップが期待できます♪

また、フロント部分と同様に繊細なレースがあしらわれているので、美しい肩甲骨をさりげなくアピールできるのもポイントです◎

肌見せ面積も抑えめなので、年齢や列席者の顔ぶれを問わずお楽しみいただけます。

 

 

多くのお客さまよりご好評いただいているオリジナルドレスシリーズ。

花嫁さまの夢とスタッフの想いがぎゅっと詰まったオリジナルドレスは、今回ご紹介した以外にも続々と登場しております♪

人気シリーズとなりますので、ご試着予約はお早めに!

詳しくはスタッフまで、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

秋の夜長にぴったり!イメージ膨らむ新作ドレス

秋もだんだん深まり、過ごしやすい日が続く今日この頃。

“秋の夜長”は結婚式や披露宴などについて、じっくり考えるのにぴったりの季節ですね。

そんな夜のお供として当ブログを楽しんでいただけるよう、本日も新作ドレスをご紹介したいと思います。

 

 

今回ご紹介するのは、こちらのウェディングドレス。

フレア袖が可憐な印象の1着です◎

空気を含みふんわりと広がった袖は、気になる二の腕もカバーしてくれる優れモノ。

袖部分には透け感のある素材を使用しているので、重たい印象になる心配もありません。

 

 

肩部分にビジューがあしらわれているのも、注目ポイントの1つ。

シンプルデザインの中のワンポイントとして輝くビジュー。

女性らしさ満点のフレア袖デザインに加わることで華やかさが格段にアップしています♪

 

実はこのフレア袖、取り外しが可能なんです!

取り外すと、すっきりとしたシルエットのビスチェタイプに早変わり。

ビスチェタイプはデコルテラインを美しく演出してくれるので、トレンドのハーフアップヘアにもぴったりです◎

 

取り外し式袖の最大の特長は、何と言ってもイメージチェンジが簡単・素早くできるところ!

ささっと取り外すだけで良いので、短い時間でのスタイルチェンジを可能に。

挙式から披露宴へと移る際のプチお色直しにおすすめです♪

 

 

全体にメリハリが生まれるよう、ウエスト部分にはタックが施されています。

これにより、フレア袖を付けたボリューミーなシルエットもすっきりと見せることができているんです!

反対に、袖を取り外せばトップスがシンプルなラインとなり、スカート部分をよりドラマチックに印象づけてくれます◎

 

 

バックスタイルは、リボンで編み上げたコルセット風。

フロントショットとは打って変わって、ちょっぴりレトロでロマンチックな雰囲気です。

長く伸びたリボンが、単調になりがちな後ろ姿にも動きを出してくれています◎

 

ヘアスタイルも、袖付きならウエストと同じようにリボンを編み込んだダウンヘア。

袖なしなら、髪を1つにまとめた三つ編みヘアなどが似合いそうですね♪

 

 

秋の夜長にぴったりの、イメージが次々と膨らむおしゃれな1着。

小物が加われば、コーディネイトの幅はさらに広がります。

思い描いた理想のスタイリングは、ぜひ当サロンで実際に試してみてくださいね♪

様々な小物や、たくさんのアイディアをご用意してお待ちしております。

 

 

先輩カップル紹介!京都で和装婚★レトロモダンなウェディング♪

今回の卒花先輩のご紹介は和装婚でお式を挙げられたお二人★
京都祇園にある会場でお式を挙げられました!!
 

 

挙式とお色直しまでの時間は、色打掛と黒の紋付袴で過ごされたお2人。

華やかな刺繍がポイントの色打掛は、京都祇園に佇む格式高い会場の雅な雰囲気にぴったり。

にっこりと微笑まれたときの笑顔がとってもかわいらしい新婦さま。

選ばれた柔らかな色調の色打掛は、穏やかな表情が魅力の新婦さまとの相性も抜群♪

 

 

全体的に女性らしさと柔らかさが際立つ色打掛なので、髪型はキュッと結い上げたアップスタイルに。

普段は優しくキュートな新婦さまですが、お仕事のお話になると一変。

責任感の強さがキリリと表れた表情はとてもカッコよく、私たちスタッフの背筋も伸びる思いでした。

 

 

お色直し後のお衣装には、ウェディングドレスとネイビーカラーのタキシードをチョイス。

創業から480年ほどの歴史を誇る式場との、レトロ×モダンな雰囲気がとっても素敵でした◎

新婦さまは艶やかな黒髪とのコントラストが美しい、ピュアホワイトのドレス。

スカートは、チュールとレースが立体的に折り重なったデザインがポイント。

ウェディングフォトで最も多いシチュエーションの立ち姿も絵になる、技ありデザインとなっています♪

 

 

挙式当日もリラックスムードで過ごされていたお2人。

肩肘張らない和やかな雰囲気は、普段から仲良しなお2人ならではでした♪

表情豊かな新婦さまを見つめる新郎さまですが、このお姿はご試着時から変わらないもの。

様々なお衣装にお着替えされる新婦さまに、新郎さまは「キレイだよ」「かわいいよ」とまっすぐにお声をかけられていました。

そんな愛情表現をしっかりとされる新郎さまのお姿に「新婦さまのことを心の底から愛していらっしゃるんだなあ」とスタッフの胸も熱くなりました。

新郎さまのジェントルマンっぷりは、お写真からも伝わってきますね◎

 

 

数年前と比べると、和装から洋装へのお色直しが増えてきた今日この頃。

白無垢からウェディングドレスや、色打掛からカラードレスなど、組み合わせも様々です。

どんな組み合わせが合うかは、会場の雰囲気によっても変化するもの。

そんな時に参考になるのが、先輩カップルさまの素敵なお写真の数々です。

ルーブル・ブライダルサロンではたくさんの資料をご用意しておりますので、ぜひご自身にとってのベストな組み合わせを見つけてくださいね♪

 

 

 

人気プラン★前撮りフォト〜スタジオフォトVer.〜

先日ご予約がスタートした、当サロンの人気プラン“前撮りフォト”。

以前ブログでご紹介したのは、こちらのプランの1つとなる“ロケーションフォト”でした。

秋の紅葉や春の桜をバックにしたロケーションフォトもおすすめですが、実はこれとは別のプランもご用意しているんです!

 

 

それがこちらのルーブル・ブライダルサロン館内を活用した“スタジオフォトプラン”です♪

当サロンはパンフレット撮影も館内で行なっているほど、写真映えスポットが多数存在しています。

こちらのお写真は、先日こちらのプランを和装にてご利用されたカップルさまのものです◎

 

 

館内は白を基調とした内装になっているため、自然光を上手に取りこんだ美しいカットが残せます。

今回お客さまが選ばれたのは、黒の紋付き袴と赤の色打ち掛けでした。

キリリと凛々しいイメージの黒紋付きは、華やかな赤色のお着物との相性もぴったり◎

濡羽色(ぬればいろ)や烏羽色(からすばいろ)と表現されることもあるツヤのある黒色は、ベーシックでありながらも印象的なお色味です。

 

 

新婦さまの色打ち掛けは中央の黄色や裾元の藍色など、たくさんのお色を用いた華やかな1着。

どのお色も彩度の高さを統一しているので、派手すぎる印象もなくまとまりを感じさせてくれていますね◎

濃いお色味は、お顔やシルエットをくっきりと際立たせてくれるのがポイントです♪

 

 

来月の10月に挙式予定のお2人。

もともと前撮りフォトは予定していなかったそう。

しかし、初めてのご来館時から和装での撮影が気になっていたこともあり、今回の撮影となりました。

「撮影することを選んで、本当に良かった」とお2人が喜んでくださったのが何より嬉しい出来事でした。

 

 

ロケーション撮影やスタジオでのプランなど、前撮りフォトも幅広いラインナップでご用意いたしております。

お式を目前に控えている場合も対応可能ですので、少しでも気になっているという方はぜひお気軽にご相談くださいね。

 

 

先輩カップル紹介!音羽山荘でのパパママ婚♪

本日ご紹介する先輩カップルさまは、お子さまとご一緒に式を挙げるスタイル“パパママ婚”でのお客さまです。

 

 

5歳になるお子さまとの笑顔が、とってもナチュラルなこちらの1枚。

幸せがこちらにまで伝わってくるような、素敵なお写真ですよね!

 

 

ご結婚当初、式は挙げないというお考えだった新郎さま。

しかしお子さまも大きくなった今年なら、ということで当サロンにお越しになられました。

経緯を話してくださった新婦さまの嬉しそうな表情は、今でも忘れられません♪

お若いながらも、とってもしっかりしたお2人。

必ずお2人そろってご来館される姿は仲睦まじく、うらやましくなってしまう程でした。

 

晴れの日の舞台としてお2人が選ばれたのは、豊かな緑が美しい“音羽山荘”。

お衣装は白無垢とウェディングドレスの2パターンをチョイスされました。

 

 

その中から、ウェディングドレスでのショットをご紹介します◎

ドレスを着用することで、和洋折衷な雰囲気を楽しめるのがこの会場の特徴。

なんてことない街並みも、ドラマチックな風景に様変わりです♪

 

混じりけのないピュアホワイトカラーでそろえたお2人のお衣装。

夏ウェディングらしい、鮮やかな緑の葉をたくわえた木々とのコントラストが見事な1枚に仕上がっています。

 

 

バストアップのショットには、お顔周りに動きが出るサイドダウンのヘアスタイルがおすすめ!

サイドダウンスタイルもキラキラと輝くビジューのヘッドアクセサリーを合わせれば、ナチュラルになりすぎる心配もありません◎

 

 

今回ご紹介した“パパママ婚”や“W(ダブル)ハッピー婚”など、挙式スタイルも多種多様になりつつある近年。

日本らしい伝統的なスタイルももちろん素敵ですが、大切なのは形式そのものではありません。

何よりも大切なのは、新郎新婦様、そしてお2人に関わる人たちが“幸せ”を実感し笑顔でいられること。

タイミング・場所・挙式スタイルは、お2人にとってのベストを選ぶのが1番です。

そしてお衣装選びなどで思い悩んだ時には、遠慮なく“プロ”を頼ってください。

いつでも新郎新婦さまのお力になれるよう、スタッフ一同ご来館をお待ちいたしております♪

 

 

ドレスのご紹介!トレンドのソファスタイル披露宴にぴったり♪

ウェディングシーンでは、お衣装やヘアスタイルのトレンドと同様に挙式スタイルも変化していくことをご存知でしょうか?

ブライダル業界に身を置いている人にしか、そのトレンド状況は届いてこないもの。

しかし、これから挙式・披露宴を迎えようとしている新郎新婦さまにとっては、何より必要な情報です。

本日のブログでは、まさに今移り変わりつつあるウェディングシーンでの流行をお届けしたいと思います◎

 

 

披露宴では、新郎新婦さまは高砂(たかさご)と呼ばれる席に座るのが一般的。

しかし、近年のカジュアルで親しみやすいウェディングが好まれる傾向にある事も影響し、この高砂スタイルが変化してきました。

それが、高砂席を作らずに新郎新婦さまのお席としてソファを用意するスタイルです。

ソファ席であれば、ゲストテーブルとの高低差が生まれることもありません。

そのため、新郎新婦さまとより近い距離で過ごしていただけるんです◎

 

 

披露宴での座席スタイルが変わると、共に変化するのがゲストの目線。

ソファ席になることでゲストとの間を隔てるものがなくなり、お衣装全体がゲストの視界に入ることになります。

そのため、これまでのバストアップだけではなくドレス全体が見られることを考慮して、お衣装を選ぶ必要が出てきました◎

 

本日のブログでは、新たな披露宴スタイルでもゲストの視線を釘づけにできちゃうドレスたちをご紹介いたします♪

 

 

たとえば、スカートの裾にレースがたっぷりとあしらわれているドレス。

レースなら派手すぎるイメージもないので、気品あふれる大人の女性らしい雰囲気が手に入るはず♪

 

 

また、レースは小さな動き1つで重なり方が変わるもの。

花嫁さまが動くたび表情を変えるので、どの瞬間もけっして見逃すことができません◎

 

 

 

ほかにも、スカートやトップス部分にポイントがついているものもおすすめ。

アクセントが1つあるだけで、ゲストに与える印象も変わるもの。

こちらのドレスのように、ベースカラーはシンプルなお色味でも大胆にあしらわれたコサージュでゲストの視線を独り占めです♪

 

 

こちらのドレスのように、裾に異なるデザインを取り入れるのも人気となっています◎

同じ素材を使用していてもカッティングやレースのデザインが異なるだけで、座った際にドラマチックな動きを見せてくれるんです。

 

 

さらに、スカートのベースカラーとトレーンのお色がツートンカラーになっている個性派デザインも♪

トレンドをしっかりと押さえたツートンカラーで、おしゃれな花嫁さまも納得の1着です。

このツートンカラーに合わせて、新郎さまのチーフやネクタイを選んでみるのもおすすめ♪

 

 

ドレスを選ぶ際のポイントとしてよく挙げられるものには、お色味・ドレスライン・生地の素材、などがあります。

昨今の挙式・披露宴スタイルの変化から、更に“どのシーンでどんな風に見られるか”も選択ポイントに加えるべきかもしれません。

どう見られるかはどう見せたいか、に繋がるもの。

その点を考慮することで、新婦さまの目指す花嫁さま像を叶える近道になる可能性も◎

ご試着の際、ご自身のウェディングスタイルをぜひスタッフにお聞かせくださいませ。

お2人のウェディングシーンにぴったりのお衣装をご用意させていただきます♪

 

 

プレ花婿に向けて♪おすすめタキシード8選!

お盆休みも開け、いよいよこれから結婚式に向けた準備が本格始動するというカップルさまは多いのではないでしょうか。

挙式会場選びやお衣装探しなど、やることリストは盛りだくさんですね。

なかでも苦労するというのが、意外にも新郎さまのタキシード選びなんだそう。

女性と比べてみると、タキシードに関する情報が少ないというのも理由の1つかもしれませんね。

そこで今回は、そんなお悩みを抱えた世の新郎さまのためにも、イマドキのタキシード事情を一気にご紹介したいと思います!

 

 

まずはストライプ模様のジャケットが印象的な1着!

柄ありのタキシードだと、派手になりすぎるのではと不安に思っている新郎さまも多いかもしれません。

落ち着いたネイビーカラーなら知的な印象ですし、ストライプも細めのラインを選ぶことで爽やかなイメージに!

シーズンに応じて中に合わせるベストのお色味を変えるのもオススメ◎

これからの秋・冬シーズンならダークブラウンを合わせて、シックな雰囲気にまとめてみるのも良いですよね♪

 

 

ホワイト×ピンクの組み合わせなら、一気にロマンチックなコーディネイトに大変身♪

ピンクの中でも、近年トレンドにもなっているくすみ系の“モーヴピンク”などを選ぶことで落ち着いた印象に。

新婦さまのお衣装が、お花等のモチーフを取り入れたキュート系ドレスの場合にもぴったりです!

 

 

こちらの、ブラウンのタキシードならかわいらしくもクールな印象に◎

大人の男性らしい落ち着きを演出しつつも、組み合わせる小物によって遊び心を加えられるのがおすすめポイントの1つ!

明るいお昼間のウェディングを予定されている方や、ガーデンでのフォトセッションがある方には特におすすめです。

 

 

次にご紹介するのは、タキシード全体と襟元のツートンカラーが目を引く1着。

シンプルなグレーも、質感のある素材のものを選ぶことでありきたりな印象を与えてしまう心配もありません。

個性派ドレスの新婦さまとの相性も抜群です♪

 

 

続いては正統派なカラーリングが爽やかなこちらの1着!

注目ポイントは、衿端に施された白色のパイピングラインです♪

パイピングとは、縫い合わせた布の端がほつれてしまわないように布で挟むことを言います。

元々は解れ止めとして生まれたこの技術ですが、今ではタキシードなどでも装飾として使用されるように。

シンプルになりがちなタキシードも、パイピングが加えられることで一気にあか抜けた雰囲気に大変身です♪

どこかにアクセントが欲しいと思いながらも、やっぱり個性的すぎるデザインには挑戦しづらい…。

そんな新郎さまにぜひともおすすめしたいタキシードの1つです◎

 

 

タキシードの定番人気カラー・白もやはり高い人気を誇っています♪

正統派なイメージがあるので、ご親族の方中心の挙式・食事会を予定されている新郎さまや大聖堂などでの挙式を予定されている方には特におすすめ◎

 

 

シンプルでデザイン性が少ないイメージのある白色タキシードですが、襟元やポケットの部分など隠れたおしゃれポイントがたっぷり!

2次会などではカラーベストにチェンジするなど、コーディネイトの幅が広いという点にも注目です◎

 

 

最後にご紹介するのは、こちらのオールブラックコーディネイト!

タキシードの定番カラー“白”も素敵ですが、よりスタイリッシュに見えるのが“黒”が持つ魅力です♪

全体像がすっきりとして見えることと、何より脚長効果が期待できるのも大きなポイント◎

こちらの新郎さまのように、ワンカラーにまとめたコーディネイトならブートニアの存在感がアップ。

それにより、新郎新婦さまのコーディネイトが持つ統一感がいっそう増しますね。

 

 

友人の結婚式に参列した際、どうしても新婦さまのお衣装に目がいってしまうという方は多いはず。

しかし、新郎さまのタキシードだってお2人のウェディングを作り上げる重要なポイントです。

そしてスタッフが何よりも強く感じているのは、新郎さまにも新婦さまと同じくらいお衣装選びのひとときを楽しんでいただきたいということ。

どんなタキシードがあって、どのデザインがどんなイメージを与えるか。

それらを知ることで、タキシード選びもきっと楽しくなるはず!

今回ご紹介させていただいたタキシードたちを参考に、ぜひとびきりのコーディネイトを見つけてくださいね♪

 

 

毎年人気!秋の和装フォトウェディングをご紹介♪

酷暑となった2018年、平成最後の夏。

そんなひと夏も、もうそろそろ“晩夏”を迎えようとしています。

“晩夏”とは夏の終わりのことを指し、大体8月下旬から9月上旬のことを呼びます。

まだほんの少し残る夏の香りと早くも訪れる秋の音、その両方が感じられる今の季節。

春・夏ウェディングのお客さまは無事本番を迎えられ、当サロンには次の秋・冬ウェディングに向けてたくさんの新郎新婦さまがご来館くださる季節でもあります。

 

そんな新郎新婦さまにぜひともご紹介したいのが、ルーブル・ブライダルサロンのプランの中でも特に人気の前撮りプランです。

前撮り撮影で最も人気なのが、春の桜シーズンと秋の紅葉シーズン。

 

 

そんな人気シーズンの前撮りフォトプランの受付が、今年もスタートいたしました!

 

 

白無垢姿の新婦さまのお姿と、赤い絨毯とのコントラストが美しいこちらの1枚。

日本の伝統文化の1つである白無垢も、日本らしい紅葉をバックにすることでその魅力がいっそう引き出されていますよね♪

 

 

一口に紅葉といっても、撮影日が微妙に異なったり撮影場所が変わることによって葉の色目もまったく別のものに。

その日・その場所でしか残せないシーンがあるのも、ロケーションフォトの醍醐味ですね。

 

 

準備にかかる時間やヘアチェンジの難しさから挙式本番では挑戦が難しい“おかつら”も、前撮り撮影なら叶うんです◎

1度は夢見たことのある正統派の和装ウェディング、挑戦してみてはいかがでしょうか♪

 

 

打って変わって、こちらは赤や黄色の紅葉カラーとのコントラストが美しい洋装姿での前撮り写真。

もちろん、ルーブル・ブライダルサロンでは洋装でのフォトプランもご用意しております◎

輝く黄金色や、趣深い紅色の葉。真っ白なドレス。

それぞれとの対比で生まれる和洋折衷の雰囲気は、なんだかノスタルジックなおしゃれさがありますね♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

日本らしい風景を写真に収めるには打ってつけの、秋フォトウェディング。

毎年大好評のこのシーズン、今ならまだご予約可能となっております!

秋らしさがグンと増す9月に入ると、お問い合わせ数が急増いたします。

この機会をお見逃しなきよう、お早めのご予約がおすすめです♪

 

 

先輩カップル様 ~当日レポート(*^_^*)~

鶴見ノ森迎賓館にて、お式を挙げられましたお客様のご紹介です。
 

 

挙式当日は、ウエディングドレス・カラードレス・和装の
3点をお召しになりました。


 


 

お衣裳選びのときから、本当にお2人との時間が楽しくて
いつも笑っていたように思います。
いつもニコニコ明るく気さくな新婦様は、
いらっしゃるだけで周りの皆をハッピーにしてくれるそんな素敵な方です♪

そんな新婦様ととっても仲良しで何事にも丁寧な新郎様。
優しさが滲み出た笑顔とトークで楽しい時間を作ってくださったこと、本当に感謝しております。
 

ご家族様とも、一緒にご来店下さり、
お二人共本当にお似合いなお衣裳を、皆様でチョイスされました。

 


結婚式当日のお写真を拝見すると、
こちらもとても幸せな気持ちになります。
一生忘れることのできない素晴らしい1日を過ごされたことと思います。

初めてお会いしたときから長い準備期間を一緒に
お手伝いさせて頂けたこと、
数あるドレスショップの中からルーブルでお決め頂けたこと、心より嬉しく思います。
 

 

これからもドレスコーディネーターとして、
新郎新婦さま・ご家族さまの大切な結婚式の
お衣裳のお手伝いを精一杯務めていきます。
どうぞお気軽に何でもご相談くださいませ。

1 2 3 4 5 6