Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

前撮り撮影@鶴見ノ森 迎賓館♪素敵なお写真をご紹介

和装での前撮り撮影をご希望された新郎新婦さまより、素敵なお写真の数々が届きました。

緑に囲まれた人気会場「鶴見ノ森 迎賓館」にて撮影されたのですが、今回はブログをご覧の方にだけ特別にご紹介したいと思います♪

 

 

こちらはチャペルでの1枚。

お写真の通り、いつも明るく笑顔いっぱいのお二人。

私たちスタッフとのお打ち合わせの際も笑顔がたえず、思わず羨ましくなってしまうほど。

お二人とのお打ち合わせは、スタッフにとっても幸せなひとときでした♪

 

 

赤の色打ち掛けを選ばれた新婦さま。

華やかな刺繍模様は、緑にあふれた「鶴見ノ森 迎賓館」の雰囲気にぴったり!

美しい黒髪に添えられた生花のヘッドドレスも、華やかさをグンと高めてくれていました♪

 

お写真でも伝わってくる通り、撮影中も自然体の笑顔をたくさん見せてくれたお二人。

カメラマンとの対話のなかで、じっくりとリラックスムードを作ること。

これも、ゆっくりと時間をかけて撮影ができる前撮りプランの魅力の1つです♪

 

 

年賀状にもぴったりなこちらの1枚!

「鶴見ノ森 迎賓館」はナチュラルなお写真はもちろん、型物(かたもの)写真のようにしっかりとポージングをしたお写真も残せるのがポイントです。

 

 

会場ごとの魅力と、お二人らしさをしっかりと残すことができる前撮り撮影。

ルーブル・ブライダルサロンではオールシーズンご予約を受け付けておりますので、前撮り撮影をご予定の方はぜひお問い合わせくださいませ♪

 

 

 

アイデア満点!前撮りフォトプランで大活躍のアイテム集

ルーブル・ブライダルサロンでも人気の前撮りフォトプラン。

これまでにも何度かご紹介している通り、自然に囲まれたロケーションでの前撮りは年間を通して人気となっています。

人気の理由は数多くあるのですが、なかでも「小物を使ってのんびりと撮影が楽しめる」というのが重要なポイントとなっているようです◎

そのため、前撮りプランをご利用の新郎新婦さまは多種多彩なアイテムをお持ち込みされます。

ご購入品はもちろん手作りのアイテムも多く、思わずマネしたくなるものばかり!

ほんの一部にはなりますが、先輩カップルさまのお持ち込みアイテムをご紹介させていただきます♪

 

 

改元を迎えた2019年。

そんなアニバーサリーイヤーにぴったりなアイテムが登場しました!

それが、こちらの「令和」「謹賀新年」の文字が描かれた扇子です♪

前撮り撮影のお写真を年賀状に使用する、という新郎新婦さまはたくさんいらっしゃいます。

年賀状にぴったりのこのアイテム、取り入れない手はありませんね◎

 

 

緑に囲まれたロケーションでの撮影には、ナチュラル×手作り感のあるアイテムがぴったり!

なかでも、お二人直筆のメッセージが書ける黒板がおすすめです♪

白色チョークでシンプルにまとめても、色とりどりのチョークでポップに仕上げても素敵ですよね。

・準備期間が短く、アイテムを探しに行く時間がない。

・手作りアイテムをうまく作る自信がない。

そんなお悩みを抱えている新郎新婦さま必見のこのアイテム。

雑貨屋さんはもちろん、今なら100円均一でも簡単に手に入る黒板は最適です◎

 

 

和装ウエディングをご予定の新郎新婦さまに、ぜひ取り入れていただきたいのがこちら!

カラフルな折り紙で作った折り鶴たちです!

和紙を使って折られた鶴は、白無垢と紋付き袴の“和”な雰囲気にぴったりなアイテム。

簡単に作ることができるので、親御さまやご友人の方など、大切な人たちに1人1羽ずつ折ってもらうというのも素敵ですよね♪

前撮りフォトで活躍したあとは、結婚式のウエルカムスペースでご披露するのもいいかもしれません◎

 

 

お写真に花を添えてくれるアイテムたち。

先輩カップルさまのお写真には、お衣装やロケーションなど撮影内容に応じたさまざまなアイデアが詰まっています♪

それらを間近で見ているのが、私たちスタッフです。

前撮り撮影のアイテムで悩んでいる方は、ぜひご相談くださいませ◎

お二人にぴったりのアイデアをご紹介いたします。

 

 

森の中のウエディング♪「鶴見ノ森迎賓館」先輩花嫁さま特集

多数の挙式会場と提携を結んでいることが魅力の1つでもある、ルーブル・ブライダルサロン。

なかでも人気なのが、大阪鶴見区にある「鶴見ノ森迎賓館」です。

1990年に花博が開催されたことで知られるこの場所は、大阪の都心でありながら豊かな緑を満喫できる絶好のリゾートウエディングスポット。

今回はそんな「鶴見ノ森迎賓館」にて式を挙げられた、“先輩花嫁さま特集”をお送りいたします♪

 

 

まずご紹介するのは、木のぬくもりが感じられるチャペルでのお写真。

壁や天井にはたくさんの木が使用されており、肩肘はらないナチュラルなウエディングをご希望の花嫁さまにぴったりのチャペル。

大きな窓からはたっぷりの自然光が入り、お二人の表情を明るく輝かせてくれること間違いなしです。

また、窓の外に大きな木や緑があふれているのも“森の中”をテーマにした会場ならでは♪

 

 

挙式・披露宴中の撮影でも、魅力的なロケーションがたっぷり!

ウッドチェアに腰かけたお二人は、いつもと変わらない自然な笑顔。

会場の雰囲気にぴったりな、グリーンのガーランドもキュートですよね♪

 

 

こちらは、「こもれびガーデン」での1枚。

その名の通り木々の間から光が差すこの場所では、挙式後にゲストとのひとときを楽しむことができるんです◎

とってもおしゃれなテントのなかには、色とりどりの花や緑がたっぷり。

アフターセレモニーのお時間も、ゲストと素敵なお写真を残していただけます♪

 

 

当日は、約4,000坪にもなる広い会場のすべてがお二人の貸しきり。

そのため、ボートに乗って入場するというサプライズ演出もできちゃうんです。

まるで物語の主人公になったかのような演出に、思わず心が躍ってしまいます♪

日常では得られない特別な体験の数々が、大切な1日に彩りを添えてくれるはず。

 

 

数々の提携会場のなかでも、高い人気を誇る「鶴見ノ森迎賓館」は非日常空間でスペシャルな演出ができるのも大きな魅力。

“森の中”をテーマにしたこちらの会場には、ご紹介した花嫁さまが着られていたような優しいカラーリングとやわらかなお衣装がぴったり◎

お衣装にぴったりの小物はもちろん、会場の雰囲気にマッチするブーケデザインなどトータルコーディネイトをご提案させていただきます。

今回ご紹介した以外にも、先輩花嫁さまのお写真を多数ご用意しております。

スタッフまでぜひお気軽にお声掛けくださいませ♪

 

 

笑顔はじける前撮り撮影!先輩カップルさまのご紹介

爽やかな新録が広がるシーズンが到来♪

そんな緑が素敵な季節に前撮りをされた新郎新婦さま。

お二人から届いたお写真がとっても素敵だったので、今回はその様子をご紹介したいと思います!

 

 

お二人が前撮り撮影をされたのは、自然に囲まれたロケーションが魅力の鶴見ノ森迎賓館。

新婦さまのピュアホワイトのウエディングドレスと、グリーンのコントラストが素敵ですよね♪

新郎さまが着用されたタキシードは、柔らかな印象のチャコールネイビー。

通常のネイビーよりも青さを控えシックで上品な印象のこのお色味★

自然光のもと撮影されたお写真にぴったりの、優しげなスタイリングとなっています◎

 

 

お二人の前撮り撮影のテーマは“ピクニック”!

本番当日ではなかなか撮影できない、遊び心たっぷりのお写真が残せました。

準備時間もたっぷりと取れる、前撮り撮影ならではですね♪

お写真を見ていると、お二人の笑い声が聞こえてきそう!

お二人自身が楽しまれている様子に、スタッフまで嬉しくなってしまいました。

 

 

さまざまなロケーションで撮影が楽しめるのも、前撮りならでは。

多種多彩なカットの数々に、お写真を見返す時間も楽しいひとときとなるはず♪

ご結婚式でのウェルカムスペースに飾ったり、年賀状のお写真としてもぴったり!

どのお写真も素敵すぎて、どれを飾るか決めきれないかもしれませんね。

 

 

ご結婚式を挙げるにあたり、前撮り撮影をされるかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

当サロンにて前撮りプランをご利用いただいた新郎新婦さまは、どのお客さまも「前撮り撮影をして良かった!」と話してくださり、後悔されている方は1組もいらっしゃいませんでした。

反対に、「やっぱりしておけば良かった」と言葉を漏らすお客さまは多くいらっしゃいます。

悩んでいる方は、ぜひ1度スタッフまでご相談くださいませ。

スタッフ一同、皆さまのご連絡をお待ちいたしております。

 

 

 

平日挙式で1日満喫♪先輩カップルさまのご紹介

今回ご紹介する先輩カップルさまは、四季折々の自然が楽しめることでも人気の「鶴見ノ森迎賓館」にてご結婚式を挙げられました。

お二人が挙式をされたのは、平日のお日取り。

特に日本では結婚式=休日というイメージが強いですが、実はここ数年で平日挙式を選ばれるお客さまが増えているんです。

お仕事の都合や、お二人の記念日が平日にあたる場合など理由はさまざま。

平日挙式だと当日の利用がお二人だけということもあるため、会場を二人占めできる可能性が◎

ほかのカップルさまとの兼ね合いを気にする必要もないため、館内でのロケーションフォトをじっくり楽しめるというメリットもあります♪

平日利用なら通常よりリーズナブルにご利用できるお得なプランを用意されている会場もありますので、ぜひ1度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

ウエディングドレスにはサテン生地にゴールドの刺繍があしらわれた1着を選ばれた新婦さま。

お写真に残した際にもしっかりと存在感を放ってくれるゴールドの刺繍は、ロケーションフォトをゆっくり満喫できる会場にぴったり!

スカート部分に大胆に施した刺繍も、気品あふれるゴールドの糸のおかげで落ち着いた雰囲気にまとまっています◎

格式高いイメージと共に、柔らかな女性らしさも表現できる刺繍デザイン。

サテン生地の高級感と相まって、ロイヤルウエディングを思わせるスタイリングとなりました♪

 

 

ツヤ感が魅力のサテン生地スカートは、後ろ姿をよりロマンチックに演出してくれます◎

キュートなガーランドとグリーンの組み合わせが写真映えばっちりのロケーションで、とびきりの1枚となりました♪

 

 

お色直しでは和装をチョイスされた新婦さま。

日本の伝統文化「能」の衣装でも採用されている“唐織”の色打ち掛けは、色彩豊かな文様が印象的です◎

前面に季節の花々をあしらい、パステルカラーと原色の調和がポイントとなっています。

多種多彩な花を描くことで、和装が持つ上品な雰囲気にかわいらしさがプラスされているのが魅力♪

そんなお衣装に合わせたのは、おしゃれ好きな花嫁さまにオススメの「ボールブーケ」。

さまざまな花材を使用しているため、どんなお色味の衣装にもマッチするのが人気の秘密です♪

 

 

実はこちらのボールブーケは、新婦さまの手作りアイテムなんです!

ウエディング系の雑誌やウェブ上でも度々紹介されているように、ウェディングアイテムを手作りされる花嫁さまが増えている近年。

試行錯誤しながら完成させたアイテムは、よりいっそう愛着が湧くもの。

結婚準備でおいそがしいなかの作業ではありますが、ご結婚式にまつわる大切な思い出の1つとなるはずです♪

 

 

和洋折衷、それぞれの良いところを満喫されたカップルさま◎

さらに平日挙式にされたことで、大切な1日をめいっぱいお楽しみいただけました。

これから日取りを検討されるというカップルさまは、ぜひ1度平日での挙式を検討してみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介したほかにもメリットはたくさんございますので、お悩みの際はスタッフまでお声掛けくださいませ♪

皆さまのご来館をお待ちいたしております。

 

 

 

正統派なのに個性をアピール!技ありウェディングドレスのすすめ

大切な人と共にこれからの人生を添い遂げることを誓う結婚式は、まさに“幸せ”を象徴するシーンといえるかもしれません。

その素晴らしい1日に華を添えるのは、衣装はもちろんブーケやテーブルウェアなどウェディングアイテムの数々。

そのなかでも重要な役割を担っているウェディングドレス。

「ウェディングドレス=白」というイメージが強いかもしれませんが、実はそのほかにも様々な色やデザインのものがあることをご存知でしょうか?

 

「真っ白なウェディングドレスはちょっぴり気恥かしい…」

「ウェディングドレスは着たいけど、人と同じはいや!」

という花嫁さま必見!

バラエティに富んだウェディングドレスをご紹介いたします♪

 

 

まずは、おしゃれ好きな個性派花嫁さまにおすすめの花柄ウェディングドレス!

チュールやレースの下に花柄生地を忍ばせた、技ありデザインです♪

花柄が全面に出るデザインではないので、さりげなくガーリーな雰囲気をまとえるのがポイント。

白を基調としたレースやチュールを上に重ねることで“ウェディングドレスらしさ”がアップし、挙式シーンでもぴったりマッチします◎

キュートになりすぎるイメージの花柄も、くすみカラーを用いたこちらのデザインなら安心。

全体のトーンが落ち着くため、年齢を問わず楽しんでいただける“大人かわいい”世界観が生まれます。

 

 

ウェディングドレスに合わせて白が基調になりがちなブーケも、このドレスなら遊び心たっぷりのデザインのものだって楽しめちゃいます♪

花柄部分とリンクさせた花材を選べば派手すぎる印象もなく、統一感も◎

ご予算の関係上、ブーケは1つと決めている方もいらっしゃるかと思います。

白以外の色味もたくさん使われているこちらのドレスなら、カラードレスに合わせて作ったブーケだってマッチしてくれるはず。

ポイントは、ウェディングドレスや他の色味にも合うグリーンを基調とすること。

ここを押さえれば、無理にシンプルデザインのブーケを選ぶ必要もありません。

きっと、ブーケ選びも楽しくなるはず♪

 

 

こちらが、実際に花柄ウェディングドレスをご着用された花嫁さま♪

ドレスに強いお色味を使っていないため、自然光がたくさん降り注ぐナチュラルな会場にもぴったりです。

ショート丈のグローブも、爽やかでかわいらしい花柄デザインにマッチしていますね◎

 

 

次にご紹介するのは「ウェディングドレスにもゴージャスなムードをプラスしたい」という花嫁さまにぴったりの1着!

華やかさがグンと増す、ゴールドのウェディングドレスです。

ウェディングドレスが持つ“清潔感”や“研ぎ澄まされた美しさ”はそのままに、きらびやかな印象をプラスしたこちらのドレス。

ふわふわと空気を含んだ柔らかなチュールのおかげで、かわいらしさも兼ね備えているのもポイントです。

 

 

アクセントとなっている、ウエストマークのリボン。

ゴールドの光沢感のほかに、角度によってはカーキっぽいツヤ感があるのがポイントです。

見る角度やシチュエーションごとに異なる表情が見られるので、ゲストは一瞬だって花嫁さまから目を離せませんね♪

濃いお色味のリボンは、特に立った時・歩いた時のアクセントになるもの。

脚長効果は言わずもがなですが、引き締めカラーのリボンのおかげでウエストをきゅっと細く見せてくれるという点も注目ポイントの1つです◎

 

 

実際にご着用された花嫁さま。

ウエストのリボンは取り外しが可能なので、外してナチュラルなワントーンカラーにまとめるのもおすすめ◎

こうすることで、ゴールドドレスもキュートな印象に変身です♪

 

 

知っているようで知らないのが、ウェディングドレスの世界。

ウェディングドレスも、ほんの少しデザインを加えるだけで個性をアピールできるアイテムになるんです◎

正統派の美しさも兼ね備えた、個性派ウェディングドレス。

ルーブル・ブライダルサロンではご紹介したほかにも、多種多様なラインナップにてご用意しております♪

「スタンダードデザインのウェディングドレスに、いまいちしっくりきていない」という花嫁さま。

ぜひ当サロンスタッフへとご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

先輩カップルさまのご紹介!二人のコーディネイトを楽しむウェディング♪

本日はキラキラの笑顔が眩しい、先輩カップルさまをご紹介いたします!

 

 

先日、鶴見ノ森迎賓館にてご夫婦となられたこちらのお二人。

周囲の人々の気持ちまで明るくしてしまうような、輝く笑顔が印象的な新婦さま。

挙式では、高級感あふれる総パールがポイントのウェディングドレスを選ばれました。

 

 

体のラインを美しく際立たせてくれるスレンダーラインのドレスは、新婦さまの持つ魅力を最大限に引き出してくれていました♪

縦のラインを強調するスレンダーラインは、スタイルアップが期待できるのもポイント。

 

 

さらにカラーを使った“アームブーケ”を組み合わせたことで、その効果は倍増です◎

“アームブーケ”とはカラーなどの背の高いお花を集め、茎の部分でシンプルに束ねたデザインのブーケのこと。

人気の“クラッチブーケ”とも似ていますが、スラリとした大人っぽさを演出できるのが“アームブーケ”の特徴です。

手に持った時、その長さから自然と腕に抱えるような持ち方になるのですが、それが名前の由来となっています。

スレンダーラインのドレスとアームブーケの組み合わせは、気品高いレディな雰囲気を生み出すのにぴったりです♪

 

 

カラードレスには、オリーブカラーの個性的な1着をチョイス。

ボリュームたっぷりのデザインなので、シックなカラーリングながらキュートな雰囲気も感じられます♪

ブーケの花材には、ドレスのオリーブカラー(=緑)の反対色である赤色のものを。

反対色の関係にあるカラーには、お互いの色を引き立たせる効果が。

ドレスとブーケ、どちらもしっかりと存在感を発揮しているのには、そんな“色が持つマジック”があったんです♪

 

 

新婦さまのお色直しに合わせて、新郎さまもモスグリーンのタキシードにお着替え。

最近では新郎さまのお色直しも当たり前になりつつあり、お二人一緒にコーディネイトをお楽しみいただけるようになってきました♪

緑は緑でも、モスグリーンといった深みのあるお色味を選べば、カラーのタキシードもシックな雰囲気にすることも◎

「正統派なイメージは保ちつつ、コーディネイトも楽しみたい」という新郎さまにはおすすめです。

 

 

これらのお写真は、挙式・披露宴を無事迎えられたお二人がご来館くださった際に頂戴したもの。

当日の様子を、様々なエピソードと共に話してくださったお二人。

お話を聞いたスタッフ自身も、まるで当日その場にいたような感覚を味わうことができました◎

当サロンのお衣装を着て迎えたその日が、素晴らしい1日となったこと。

心より嬉しく、そしてとても温かい気持ちになりました♪

 

 

先輩カップルのご紹介♪和装前撮りのとっておきコーディネイト

大切なお子さまの晴れ姿は、洋装・和装どちらも残したいというのが親心。

そんな親御さまの思いを受けて、和装での前撮り撮影をされた新郎新婦さまをご紹介いたします。

 

 

会場は、豊かな花と緑を中心にコーディネイトを作り上げていく「鶴見ノ森迎賓館」。

都会の真ん中で、まるでリゾート地を訪れたかのような雰囲気を満喫できる会場として、高い人気を誇っています。

そんな結婚式場を選ばれたお二人、挙式当日のお衣装には洋装をチョイスされました。

木の温もりが感じられる会場は、自然と笑顔が溢れてしまうようなナチュラルな雰囲気。

“洋”のイメージが強い会場なので、和装は合わないのではとお思いの方も多いかもしれません。

しかしお写真の通り、実際は自然に囲まれたナチュラルな空間だからこそ、和装がマッチするんです◎

それもそのはず、木造建築や日本庭園など、木・緑は古くから日本人が大切にしてきた重要なアイテムだからです。

 

 

新婦さまが選ばれた色打ち掛けは、手書き友禅。

伝統的な友禅のなかでも、特に高い技術を必要とする“手書き友禅”は、世界に誇る日本の伝統工芸品ともいわれています。

友禅には「京」「加賀」「東京」と様々な種類があるのですが、そのどれもが息をのむほどの美しさです。

 

新婦さまは、鮮やかな青ときらびやかな金色を大胆に使った1点をチョイス。

青地に金の文様が映え、とても華やかなデザインです◎

背景となっている木や緑とのコントラストもはっきりと出て、お写真になるといっそう美しいコーディネイトとなっています。

 

新郎さまは正統派の黒の紋付き袴をチョイス。

シックな黒が全体の良いアクセントとなり、立ち姿がなによりも美しいお写真が残せました♪

 

 

かしこまったイメージが強い和装前撮り。

しかしこちらの会場で緑のなか手をつないで歩くショットは、普段通りのお二人の様子が出ていてとっても素敵ですよね◎

背筋がピンと伸びるお衣装も、自然に囲まれた場所でなら肩ひじ張らず程良い緊張感が楽しめます。

 

 

親御さまのリクエストで撮影することが決まった、今回の前撮り写真。

きっかけは親御さまでしたが、当日の洋装とのバランスや会場イメージとの雰囲気を見ながらお衣装を選ばれることで、お二人にとっても忘れられないお写真となったはず♪

「鶴見ノ森迎賓館」×和装のように、一見マッチしないように思える組み合わせ。

しかし、お衣装のお色味やデザインによって素晴らしいコーディネイトとなるんです!

そんな組み合わせ例は、当サロンスタッフならよく知っております。

挙式・披露宴はもちろん、前撮りプランをご利用の際にもぜひご相談くださいませ。

とっておきのコーディネイトをご案内させていただきます♪