Louvre bridal salon

Blog

TOP > blog

紅葉シーズンの前撮りにぴったり!おすすめ色打ち掛け3選

立冬を迎え、いよいよ寒さも本格化してきた今日このごろ。

前撮り撮影のなかでも人気の紅葉シーズンも、そろそろ本番を迎えようとしています。

そこで今回は、紅葉に映える色打ち掛け3選をご紹介いたします!

 

 

まずは、紫を基調としたこちらの1点。

古代紫(=こだいむらさき)という赤みを帯びた日本古来のくすみ系の紫で、大人っぽさを演出するのにぴったりです。

シボと呼ばれる凹凸が特徴的なちりめんの生地を使うことで、優しい雰囲気をプラスしてくれています。

「無病息災」や「気高さ」を意味する菊や、「長寿」を意味する縁起物として鶴が描かれていたりと、豪華な刺繍文様も特徴です。

 

 

2点目は、黒と白の美しい染め分けが魅力的なこちら。

染め分けとは生地を2色以上の色で染め分けることを指し、2色の境目が美しくぼかされているのが特徴です。

扇面と花車には色とりどりの刺繍が施されており、シックな色打ち掛けながら華やかさもしっかりと表現されています♪

 

 

3点目は、大人の魅力を引き出してくれること間違いなしの赤色打ち掛けです。

中国の唐から日本に渡ってきたとされ、長い歴史を誇る唐織(=からおり)を採用したこちらの1点。

独特の立体技法が特徴の織りということもあり、繊細かつ華やかな刺繍が全体的に施されているのがポイントです。

四季折々の花々が刺繍されており、存在感は抜群。

たくさんの花で満たされた御所車には、本来の「華やかさ」の象徴としてはもちろん、「幸せにあふれますように」という願いも込められているんです。

 

 

紅葉の美しさにも負けない、魅力たっぷりの色打ち掛け3選をお送りいたしました。

当サロンには、ほかにも多種多彩なお衣装をご用意しております。

紅葉での前撮り撮影を控えているという方はお気軽にお問い合わせくださいませ♪

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

和装なら日本髪!先輩花嫁さまに学ぶ日本髪のすすめ

近年、前撮りではもちろん挙式・披露宴での利用者も増えてきている和装。

白無垢や色打ち掛けなど、多くの方が古き良き日本の文化を楽しまれています。

とはいえ、“日本髪”をされる花嫁さまはまだまだ多いとは言えません。

非日常体験が詰まったウエディングシーンのなかでも、特に触れる機会が少ないからかもしれませんね。

日本髪をした自身の姿が想像できないことや、日本髪が持つ魅力を知らないことも原因の1つなのだと考えています。

日本髪の良さ・魅力を1人でも多くの方に知ってもらいたい!

そこで本日のブログは、実際に日本髪をされた花嫁さまのお写真とともに、その魅力をお伝えしたいと思います♪

 

 

まずは、風情ある会場にて式を挙げられたこちらの花嫁さま。

会場が持つ趣深い雰囲気に、古典柄やちりめん加工が施された打ち掛けがぴったりでした。

そしてポイントとなるのが、日本髪。

毛流れに沿って結う日本髪は、日本人特有の黒々とした髪のツヤ感を最も引き出すとされています。

髪を染めている女性が多い現代だからこそ、ご結婚式に向けて黒髪にするというのもいいかもしれません♪

 

 

また、結った姿はどの角度から見ても丸みをおびたシルエットをしていて、その曲線が女性らしさをグンと高めてくれます◎

実は意外と知られていないのですが、日本髪のおかつらにも多種多様なサイズ・形があり、花嫁さま一人ひとりの頭やお顔の形に合わせてお選びいただけます。

そのため、「フェイスラインが目立たないようにしたい」というご希望も叶えられんです◎

 

 

華やかなゴールドをベースカラーとした打ち掛けに合わせ、髪飾りもゴールドのアイテムを選ばれたこちらの花嫁さま。

日本髪を彩る髪飾りは、認知度が高い「かんざし」のほかに「かのこ」などさまざま。

それぞれデザインもバラエティに富んだラインナップとなっているため、多彩なアレンジをお楽しみいただけます。

スタッフと一緒にお衣装や小物類とのカラーバランスを見つつ、コーディネイトを満喫くださいませ♪

 

 

やはり古くから伝統的とされているだけあり、多くの日本人女性にマッチする日本髪。

「まだ少し抵抗がある…」

「似合うかどうか不安…」

一生に一度だからこそ、日本古来のヘアスタイルもとっても素敵です♡

ぜひ、一度はお試し下さいね♪

 

 

 

 

親御さまも主役!新作留袖のご紹介♪

毎月、続々と新作お衣装が登場しているルーブル・ブライダルサロン。

豊富な品揃えでご用意しているのは、新郎新婦さまのお衣装だけではございません♪

親御さまがご着用になる“モーニング”や“留袖”にも、新作が登場していることは意外と知られていないかもしれません。

そこで今回のブログでは、新たに入荷した留袖をご紹介いたします♪

 

 

今回新たに加わったのは、留袖の人気デザイン・花柄をあしらった1着です。

華やかなだけでなく、女性らしさと共にやさしげな雰囲気をまとえるのが花柄デザインの特長◎

公の場で身につけるお衣装らしい格式高いイメージは保ちつつ、かわいらしさも表現できるのがおすすめポイントとなっております。

刺繍デザインが緩やかなカーブを描いていることもあり、柔らかな雰囲気も感じられますね♪

 

 

使用されているモチーフは、大きくわけると“鶴”、“松”、“花車”の3つが挙げられます。

和装のモチーフには、1つ1つ異なる意味合いが込められているもの。

 

たとえば、“鶴”は「生命力の豊かさ」や「長寿」を意味し、古くから縁起の良い鳥としてお祝いの場での文様として親しまれてきました。

さらに鶴は1度夫婦となると一生添い遂げる唯一の動物とされているため、夫婦円満を願うモチーフとしても人気となっています。

 

“松”は、極寒であっても決して緑をたやすことのない植物。

寒さに負けず青々とまっすぐに伸びる“竹”と、冬の寒さが明けた頃にいち早く花を咲かせる“梅”。

これら3つの植物は「逆境にあっても節操を守る」ものとして「三寒三友」と呼ばれ、お祝いの席ではかかせないモチーフとして尊ばれてきました。

 

“花車”は、言葉の通りに花々を乗せた牛車の文様。

牛車は平安時代に貴族が乗っていたとされる乗り物で、「格式の高さ」や「高貴さ」を表すモチーフとされています。

車に積まれている美しい花々は四季折々のもの。

そのため、季節を問わず着用していただけるんです♪

 

 

和装の文様に込められた意味合いは、日本独自の美しい文化が反映されています。

大切なお子さまを送り出すお衣装として、それぞれのモチーフにご自身の願いを託してみるのも素敵ですよね。

 

「結婚式の主役は新郎新婦だから」と話す親御さまがほとんど。

しかしホストである新郎新婦さまにとって、ご結婚式は周囲の方々に感謝を伝えるための1日です。

そしてお二人にとっての大切な人たちのなかには、当然親御さまも含まれています。

つまり、ご結婚式は親御さまのためのものでもあるんです♪

留袖にもトレンドや人気のデザインがあります。

大切な1日を過ごすお衣装として、お気に入りの1着を見つけていただければと思います◎

ご試着にもぜひお越しくださいませ。